So-net無料ブログ作成
ビジネス・金運 ブログトップ
前の10件 | -

近江商人の商売十訓 [ビジネス・金運]


いいものを見つけたのでシェアします。


『近江商人の商売十訓』


近江商人の商売十訓.jpg



nice!(9)  コメント(0) 

促成栽培的ビジネスで成果を出すと後悔する [ビジネス・金運]


僕が新卒である会社に入社した時、当時の上司にこんなことを言われまた。


「若い時の苦労は買ってでもして欲しい。絶対に役に立つときが来るから。絶対に苦労して良かったとその経験に感謝できる日がくるから。最近は、楽に結果を出すために、小手先のノウハウやツールが横行しているがそれらを避けて、自分の力で道を拓いて欲しい。楽な道を探し出したら大変だぞ。成長しないまま、遠回りして、時間を潰して、後悔することになるからね。」


同じような教えを受けた人は結構いるように思います。


最近の、SNS起業やネットビジネスでは、「こういう演出でフォロワーが増える」「こういうテクニックで成約率が増える」「この自動ツールでショートカットできる」といった小手先の手法で、楽に大きな成果を出す人が増えてきていますが、そういう人ほど消えていきます。


僕自身も、過去に、「楽をして稼ぎたい」と思ったことは何度もありますが、色々自分で経験してみたり、諸先輩方の話を聞いてみた結果、「うまい話ほどしっぺ返しがある」という結論にたどり着きました。


「楽に結果を出せる」というのは、言ってみれば、促成栽培と同じです。促成栽培というのは、加温、加湿、光線などにより、人為的に作物の収穫期を早める栽培方法のことです。経済性や商品価値を高めることを目的として行われますが、この方法で育った作物には当然栄養がないし、種も淘汰されやすいものになります。


「速やかならんと欲すれば則ち達せず、小利を見れば則ち大事成らず」論語


結局地道にやっていくことが大事だと思います。読書で知識を増やしていくこと、試行錯誤しながら知恵を積み重ねていくこと、どうすれば人様のお役に立てるかを考えること、自分と向き合って弱点を克服すること、自分を追い込んで潜在能力を引き出すこと、逆境で精神を鍛えることなど。


特に若い時ほどこうした方がいいと思います。人間としての基礎を作っていく時期に、小手先の方法で結果を出してしまうと、成長しないまま、勘違いしたまま、年を重ねてしまうことになります。


nice!(9)  コメント(0) 

下積みの必要性 [ビジネス・金運]


フリーのライターとして、長期の契約をいただくことや、ボーナスを支給してもらうことが増えてきました。ようやくここまで来たかという感じです。と言ってもIT企業に勤めていた頃の収入と比べたら全然まだまだです。


湾岸.jpg



フリーのライターは、最初、1時間に100円も稼げないのがほとんどです。朝から晩まで1日中書き続けて1000円にもならないとか、何時間もかけてマニュアルを読みながらトライアル記事を作成したが結局不採用とか、そういったことがザラにあります。(※ある程度企業で経験を積んだ後にフリーになった場合などは別)


でも悪い事ばかりではありません。熱心に続けていれば、顧客(出版社や人気メディア運営者など)に文章を添削してもらえたり、独自のノウハウを教えてもらえたり、強みを見つけてもらったり、そういった成長の糧となるものが得られます。続くかどうかはここに意義を見出せるかどうかですね。


最初は稼ぎなんてなくていいんです。その方が誘惑と戦わなくて済むので自己研鑽に集中できます。人の役に立とうとすること、および日々気づきを積み重ねていくこと、この2つを意識して自己研鑽に集中していれば、仕事が広がっていくし、お金も後からついてきます。


根本的な力を身に着けたいので、引き続き下積み生活を続けていきます。


nice!(23)  コメント(0) 

ロボットが仕事が奪うのは人間が人間らしさを取り戻すため [ビジネス・金運]


これからは、ロボットが人間の代わりに働くような時代になってきます。人間にしかできない仕事をしていくためには、人間ならではの感性を磨いていく必要がありますね。


ある知人と「 " 感性を磨いていく " というのは、ある意味で " 手放していく " ということではないか」といった話をしていました。


スイッチ一つで失敗することなく目的を達成してくれる家電があったり、生産や調理の方法を知らなくても普通に食事ができたり、起きた瞬間にスマホなどでその日の天気が瞬時に分かってしまったり、お金さえ払えば何もしなくても目的地についてしまったり、、、現代の生活はかなり便利になりましたが、それだけ感性を使う機会が減っていますね。


あと、自分の頭で考えなくても学校に通っていればそれなりにうまくいく理論や方法論が分かってしまいます。自分と言うものがなくてもメディアが作った価値観に触れていれば自分を保つことができます。ある意味それが「正しい」「かっこいい」と評価されたりしますが、よくよく考えてみればロボットとして生きていくようなものですね。


文明の利器、常識、刷り込みといったものを手放さずに、感性を磨いていくのは難しいことなのかもしれません。


こういったことも考慮して、最近、最新の調理器具をあえて使わずに、例えば土鍋と直火で鍋料理や炊き込みを作るなど、わざわざ手間のかかる料理をするようにしています。香りの変化を気にしながら時間配分を考えたり、沸かす音や湯気で熱を判断したりと、五感を使っているので、感性が磨かれているような実感があります。


こういった料理は面倒なようでかなり楽しいです。感性とも関連すると思いますが、常に感動があるというか、創造性が発揮されてくるというか、生きている実感が湧いてくるんですよね。これを仕事にしようかなと考えることもよくあります。


ロボットに仕事が奪われる時代もそう悪いものではなく、ある意味、人間らしい感性を取り戻せるチャンスではないかと捉えています。ロボットにはロボットに適した仕事をしてもらい、人間は人間にしかできない仕事に専念する、そんな時代のような気がしています。


nice!(14)  コメント(0) 

ネットビジネスに取り組む理由-僕は将来を悲観している [ビジネス・金運]


2年前から、個人ビジネスとしてネットビジネスに取り組んでいます。個人で健康関連のサイトを運営しており、そこで広告収入を得ています。


最近、ご縁があって、ネットビジネスで成功している数名の方から、仕事を請け負うようになりました。仕事を通して、ノウハウや成功法則を学ばせてもらっています。実は報酬としてはかなり低いのですが(失礼 ^^)、得た学びにより収益がアップしているので全然いいのです。


こういう話をすると、「お金のことばっか考えて、、」「もっと大事なことがあるでしょ、、」みたいなことを言ってくる知人がいます。でも僕は「今動かなきゃまずくない」って思います。


「リストラ、倒産、減給、非正規雇用が増えてきている、、、」「ロボットが導入され人のやる仕事が減ってきている、、、」「年金制度・生活保護制度の崩壊? 老後の対策があまかった、老後破産してしまうかも、、、」


こういった話は昔からありますが、より増えた気がしてなりません。もう時間の問題なんですよね。誰もが個人としてビジネスに取り組んでいくべき時代なのです。


「その時になったら考えよう」「なんとかなるだろう」と楽観的な見方をしている人もいますが、正直思考停止ではないかと僕は思います。


もちろん楽観的な見方も大事ですが、これについては流れを止められないし、自分ではコントロールできない事態が突然くるので(組織や国の制度は個人レベルではどうにもできないので)、悲観的になった方がいいと僕は思います。少なくとも、生活する上で必要最低限レベルのお金を個人で稼げるようになるまでは。


悲観的な見方をした上で、できるだけの対策を講じておくこと、リスクを最小限にしておくこと、これではじめて楽観的になれるんだと思います。


nice!(11)  コメント(0) 

ネットビジネス成功者と仕事をして分かった成功法則 [ビジネス・金運]


最近、ネットビジネスで月100万円以上稼いでいる数名の方から、仕事を請け負うようになりました。仕事を通して、ネットビジネスのノウハウや成功法則を学ばせてもらっています。(念のために断っておきますが、僕自身がネットビジネスで月100万円レベルを稼いでいるわけではありません。全然です。また、あくまで一定の指示のもとで仕事の一部を請け負っているだけで、僕に裁量や影響力があるわけではないです。)


[僕の思うネットビジネス成功者の共通点]
①とにかく行動している
②組織や国に依存していない
③ネットビジネス大百科がバイブル


①とにかく行動している:
ネットビジネスの世界でよくあるのが、「ネットでお金を稼ぐイメージが湧かない」「メルマガとかを読んでもさっぱり分からない」というもの。実は僕も最初はそうでした。頭が痛くなって投げ出そうと思ったことは何度もあります。でもパソコンを使い始めた時と同じで、ある程度継続していれば分かってくるし、可能性の広がりを感じて楽しくなってきます。あと彼らは「自分には才能がないからできないよ・・」とは考えていません。とにかく大量行動、とにかく試行錯誤ということ。ネットビジネスで成功する人って意外に普通の人です。


②組織や国に依存していない:
企業の倒産やリストラ、年金制度(生活保護も?)の破綻、誰でも出来る仕事の機械化・システム化など、これからは、自分から動かないとまずい時代になってきます。ネットビジネスに成功している人はこのあたりの認識がしっかりしています。「その時になったら考えよう」「なんとかなるだろう」と楽観的な見方をしている人はいませんね。もちろん楽観的な見方も大事ですが、これについては本当に「食べるものがない」というレベルにまでなるので悲観的になった方がいいと思います。悲観的な見方をした上で、できるだけの対策を講じておくこと、リスクを最小限にしておくこと、これではじめて楽観的になれるんだと思います。


③ネットビジネス大百科がバイブル:
ネットビジネス大百科とは、車椅子の天才起業家-和佐大輔さんが作った情報商材で、ネットビジネス業界で最も売れているものです。10年経った今でも勢いは衰えてないようです。成功する人はこれを何度も繰り返し学んでいるんですよね。「ネットビジネス大百科は価格の10倍以上の価値がある」「10万円、20万円払って塾に入るよりもこれを何度も繰り返し学べ」と教わりました。一応リンクを貼っておきます。>> ネットビジネス大百科


以上。


仕事を通して、大事な事を再確認させていただきました。繰り返しになりますが、自分から動かないと本当にまずい時代になってきます。今のうちに収入源を増やしていきます。


nice!(16)  コメント(0) 

作業をしながら成功ノウハウを吸収できる仕事 [ビジネス・金運]


あるWebライティング案件において、
僕の文章の読みやすさを
クライアント様に評価していただき、
報酬を上げていただきました。


基本的に、文章が読みやすいと、
読み手の滞在時間が
長くなる傾向があるんですよね。


Googleに価値あるサイトと認識され、
検索において上位表示されやすくなり、
それだけアクセスが増えるのです。


ここを評価していただけたことで、
取り引きが始まった時と比べ
報酬は3倍以上になりました。


ちなみにこの案件は、
ネットビジネスのノウハウも
同時に学べるものです。


実際に成功している人の
ノウハウを学べる機会なんて
ほとんどないんですよね。


勉強代が差し引かれた分を
報酬としていただいていると考えれば
僕にとってはかなりの高額報酬になります。


ここで得たものを活かすことで、
また不労所得を増やしていきます。


神田昌典さんをはじめ、
様々な方が仰っていますが、
これから会社がなくなっていきます。


年金、助成金、生活保護など、
国の制度にも頼れない時代になっていきます。


「リストラ」「倒産」
「非正規雇用増」「年金もらえない」
という話は昔からありますが、
最近になってよく聞くのは「老後破産」。


これは深刻な問題に発展しやすいです。
時間の経過とともに
あらゆるものが衰えていくからです。


今のうちに不労所得を作っておきます。


nice!(15)  コメント(0) 

矛盾してない? 起業塾運営者は本当に成功しているの? [ビジネス・金運]


1848年、アメリカのカリフォルニアで、ゴールドラッシュと呼ばれるものが起きました。「どこどこに金脈があるみたい」「一般人でも億万長者になれるぞ」という情報が広がり、それを狙う人が我先にと殺到したのです。実は、この時、一番儲けた人は金を掘っていないようです。一番儲けた人は金を掘る道具を売っていた人だというのです。


似たようなビジネスモデルは他にもありますね。最近話題になっていて、「ぼったくり?」「中身がないよね?」といった批判のある「SNS起業」「キラキラ起業女子」の起業塾も正にこれではないかと僕は思います。


「〇〇(例えばコーチ・コンサル)で起業し、SNSでたくさんのお客様を集め、たった数ヶ月で月収7桁を達成しました。稼げる方法を教えます。」といった話がありますね。


これは考え物で、「高額なセミナーや情報商材の販売→ほとんどの人はそれで成功しない→お金を払う人が損をした分主催者が儲ける」「主催者が儲けたお金をコミュニティ内で回す→特定の人に稼いでいる感を出す→そこに憧れて人が集まってくる」といったことが起きているんですよね。


セミナーの内容としても、「いかに凄い人感・賑わい感・セレブ感を演出をするか」「いかに買いたい気持ちを刺激するか」「いかにアルゴリズムの裏をかいて拡散させるか」といった枝葉の話ばかりだそうです。僕もチェックしていますが、リーク情報がネット上で増え、疑問の声も増えています。本当に大事なのは、「演出」「操作」「アルゴリズム」といった枝葉ではなく、「自分はお客様のお悩みを解決できるかどうか」ですよね。


そして、僕が特に不思議に感じるのが、こういう人は、コーチ・コンサルから一旦離れ、起業塾メインに活動するようになるんですよね。コーチ・コンサルで起業して成功しているのに、人のためにならない起業塾をやるのはなぜなんでしょう・・・ 


「たった数ヶ月で月収7桁」という話が魅力的に聞こえるのも分かりますが、一時的なものではないかと僕は思います。


植物をみたとき、根幹よりも、花や葉の方が変化も動作も大きいし見た目も派手です。花が咲いたら人や虫が集まるし、風が吹いたら葉がゆれます。しかし同時に不安定で永続性がありません。


起業塾運営者は、本当に起業で成功しているのでしょうか? 根幹がしっかりしているのでしょうか? 長期的に取り組んでいけるものなのでしょうか? 本当に起業で成功しているなら、人の役に立たないビジネスをわざわざしないと思います。


nice!(18)  コメント(0) 

USP(独自の強み)が分からない人におすすめしたい書籍 [ビジネス・金運]


現代はインターネット社会、
Facebook、ブログ、Youtubeなど、
誰もが無料で自分のメディアを
持つことができる時代ですね。


インターネットによる
マーケティングを学んで、
事業を拡大させていく人や、
自分なり商品を作って
起業する人などが増えてきています。


業種・業態は、
コンサル・コーチ・セミナー講師
などの先生型ビジネス、
飲食店・美容院・治療院・不動産
などの店舗型ビジネス、
デジタルコンテンツ配信、物販など。


でも、このインターネット
によるマーケティングでは、
多くの人が表面的なテクニックで
結果を出してしまうことが
問題視されています。


「自分に実力があるかどうか」
「自分の商品に価値があるかどうか」
「どうすればお客様のお役に立てるか」
といった本質よりも、


「いかに賑わい感を出すか」
「いかにアルゴリズムの裏をかくか」
「いかに顧客心理を操作するか」
といった枝葉末節なことに
力を注いでいるということです。


表面的なテクニックは
いずれ使えなくなります。
それが世に広まったり、
時代が変わったりする度に、
「次はこれ」「次はあれ」と
追い続けなければなりません。


つまり、自分自身を成長させない限り、
いつまでも周りの環境に
振り回されてしまうのです。
根っこがもろい植物と同じで、
その成長や生存が外界に左右されるのです。


周りに振り回されない
不動のものを手に入れるためには、
独自の強み(USP)を見つけて
伸ばしていくことですね。


独自の強み(USP)を見つけるためには、
以前から紹介しているリッチ・シェフレンの
「インターネットビジネスマニフェスト」
がおすすめです。


全世界で200万人以上の起業家が読んだ
伝説のレポートで、強みを活かした
ビジネスの仕方について教えてくれます。


著者のリッチ・シェフレンは、
表舞台にはあまり出てきませんが、
グーグルやマイクロソフトなどの
超大手企業からマーケティングに関する
コンサルを依頼されるほど人です。


自分の強みでビジネスができれば、
余計なノウハウで時間を潰さなくなるし、
自分に自信がついてくるし、
魅力的な人を引き寄せるようになります。
 
2,980円で販売されていたものですが、
テストマーケティング中により、
無料(送料は有料)となっています。


誰もが認める書籍なので、
この機会にチェックしてみてください。


リンク先のレビューにも書いてあるように、
目から鱗が落ちるような内容です。


 ↓  ↓  ↓


「インターネットビジネスマニフェスト」を無料(送料は有料)でもらう


首から下が一生動かない...絶望から始まった億稼ぐ起業家の物語 [ビジネス・金運]


書籍レビュー




これは、数々のヒット商品と飛ばし、また多くの人を成功へと導き、ネットビジネス界のカリスマと言われている和佐大輔さんの書籍です。(彼の作った情報商材「ネットビジネス大百科」は、ネットビジネス界で最も売れている情報商材として有名)


和佐さんは体に障害があります。12歳の時、海にあるテトラポッドに頭から激突し、頸椎を損傷し、首から下が動かなくなったのです。


でも彼はそこで終わりません。17歳の時にネットビジネスで起業し、わずか1年で年収1億円という健常者でさえ不可能に近いレベルの大偉業を成しえたのです。


肉体的制限、物理的制限がありながらも「自分の力でどうやって稼いでいくか」「自分が社会に提供していける価値は何なのか」を真剣に考え、健常者でさえ難しい偉業を成しえたのです。


こちらのドキュメンタリー動画を見れば、和佐さんの雰囲気が伝わってくると思います。




書籍の内容としては、

・どういう事故が起きて、どういう生活になったのか
・ネットビジネスで成功するまでに一体何をしたのか
・ネットビジネスの可能性
・自分という商品価値の高め方
・独自の人生哲学・ビジネス哲学

など


特に重要なのは、自分の価値を創造していくためには、およびそれを社会に提供していくためにはどうすればよいか、という部分だと思います。


和佐さんの壮絶な体験や実績に裏付けられた言葉には深みがあります。常人では気づかないようなところや、批判を恐れて言えないようなところまで踏み込んでおり、そこがとても参考になります。


また芯の強さが並ではないということも伝わってきます。没個性化しやすい現代、学べるところはたくさんあると思います。


首から下が動かないのに年収1億円です。五体満足の人が言い訳することなんてできません。僕は、これを読み「出来ない理由」というものを考えなくなりました。


年収1億円を達成した今でも、周りに依存せず自分の力で生きていこうと、自分を高めて社会に価値を提供していこうと、あれこれチャレンジされています。


我々は、和佐さんと真逆のことをしていませんか、、五体満足の体をもちながらも何も行動しなかったり、、周りに依存したり、、言い訳したり、、


もしそうであれば、和佐さんの経験や考え方を是非学んでください。「出来ない理由」なんて考えなくなるし、目の前に可能性が広がるでしょう。


大変なことがあった知人に、この書籍をプレゼントするようにしていますが、ものすごく感謝されますね。「自分なんて全然恵まれている」「乗り越える勇気をもらった」とよく言っています。




こちらの無料メルマガもおすすめです。4つどれも勉強になります。以前あった「RESET:本当に生きたかった人生を取り戻す方法」は廃刊になりました。和佐さんは、積極的な方を優遇するため、ある程度登録者が増えた場合は廃刊にしています。他の4つが廃刊になるかもしれませんので、ぜひこの機会に登録してください。


>> 和佐大輔物語・絶望篇&希望篇
>> 割り箸1本で10年連続1億稼ぎ続ける方法
>> 凡人のためのBreak Rule 2016
>> 和佐大輔の1億稼ぐ最強のチーム論


※登録したら何らかの義務が発生してしまうといったことはないし、「なんか違う、、」ということであればすぐに解除できます。ご安心ください。


前の10件 | - ビジネス・金運 ブログトップ
脳力サポート