So-net無料ブログ作成
検索選択
健康・体質改善・気分転換 ブログトップ
前の10件 | -

僕がタワーマンションよりも古民家を選ぶ理由 [健康・体質改善・気分転換]


タワーマンションに否定的な専門家の書籍やブログを読んでいました。「基本的にデメリットばかり」「マスコミに誘導されている」「見栄のためでしかない」という意見がよくありますね。


僕自身は、「見晴らしがいい」「施設が充実している」「同じ建屋に職場がある」といった理由で住む人もいると感じていますが、同時に、中には見栄でしかない人もいるかなとも感じています。


高層ビル.jpg



マスコミは言いませんが、「健康リスクがある(一昨日の記事参照)」「管理費だけでも大金」「災害時に閉じ込められる」「空気が浄化されない」「下に降りるまでに時間がかかる」「荷物を運ぶのが大変」「引きこもりがちになる」など、デメリットばかりなんですよね。


本当に価値のある家は、化学工業製品ではなく天然木材を使った家、地面に立てた安定感や自然観のある家だと思います。


こういう家は、木が息をしている(寒暖や乾湿の調整している)し、季節の変化に順応するし、化学物質による腐食もないので、長生きするんですよね。最近の家は30年も持たない(表面的には大丈夫そうでも見えないところはボロボロ)と言われているのに対し、手入れ次第で、200-300年持つと言われています。 


「次はこれ」「その次はあれ」となんの愛着がないまま消費していく現代では、手入れというものが蔑ろになっていきますが、本来、手入れというものは、「モノを大切に扱いたい」「最大限に活かしたい」という精神によるもので、価値のあるものだと僕は思います。


僕の地元には古民家が多いのですが、何世代にもわたって大事に手入れがされてきたものばかりで、そこには人の温かい心が宿っているようにも感じます。


昔から哲学者(ニーチェ、ゲーテなど)が指摘しています。「物質文明において、愛に生きることができないと、虚無感を埋めるためにステータスにお金を使うようになり、本当に価値あるものが失われていく」と。


事実、法規制や職人技術の未継承といった理由から、こういった昔ながらの家が建てられなくなってきており、専門家はこの動きを危惧しています。


これから、「人口減少→空室率増→一世帯当たりの管理費負担増」「首都直下型地震の脅威」といったことから、タワーマンションのニーズが下がっていくという話があります。だからこそ、「東京オリンピック前」「消費増税前」と言いながら、ここぞとばかりにセールスしてくるという話もあります。


何かの参考になれば幸いです。


体調を壊す? タワーマンションより古民家を選ぶべき理由 [健康・体質改善・気分転換]


タワーマンションのセールスを受けました。「ただ住んでいるだけで自慢できますよー」「遊べる施設や便利な商業施設が色々あって贅沢できますよー」とよく言っていました。


正直、タワーマンションはあまり住みたくないです。そんなところに住むお金もないのですが、仮にあったとしても住まないと思います。


高層ビル.jpg



高いところに住むと、人は体調を壊すんですよね。


窓を開けられない、またそれにより洗濯物を干せないので、室内の空気が悪くなる、、、気圧が低いので血液循環が悪くなる、、、土がないし、微生物や動物もいないので、自然界の循環システムが働かない(体内で気が巡らない)、、、高層ビルは耐震構造ではなく制震構造、つまり地震時にあえて揺らすように作られているので、ちょっとした風でも微妙に揺れて平衡感覚がおかしくなる、、、


体調面以外でも、下に降りるまでに時間がかかる、荷物を運ぶのが大変、引きこもりがちになる、災害時に身動きがとりにくくなるなど。


本当に贅沢な家は木でできた古臭い家です。木というものは建材となっても呼吸し続け、寒暖や乾湿を調整してくれます。通気性がよいので、空気がこもらないし、結露も起こしません。それだけ腐食もないのです。化学物質による毒被害がありません。そして温かいです。


これから東京オリンピック開催前、また消費増税前ということで、セールスが多くなってくると思いますが、何かの参考になれば幸いです。


意外に知られていないー体の声を聞けないと人はどうなる? [健康・体質改善・気分転換]


デトックスの世界で、
よく言われることとして、
体が浄化されてくると、
本能が働くようになってくる、
というものがあります。


僕自身、最近は、
「今自分は何を食べるべきか」
といったことが、直感で
分かるようになってきました。


自転車.jpg


この前、
「なんかだるいな、、」
「むくんでいて体が重いな、、」
という時に食べたくなったのが赤飯です。


質のいい小豆で赤飯を炊いて、
黒ゴマをたっぷりふりかけて、
よく噛みながらいただきました。


一晩寝たらだるさが解消し、
水分が大量に排泄され、
フットワークが軽くなってきました。


五行論で言えば、
「だるい」「むくみ」というのは
腎臓に毒があるということ、
小豆と黒ゴマは腎臓を養う食べもの。


人間には本能というものがあり、
体の方は、その時に必要な
栄養素が分かっているんですよね。


「そういうのはたまたま」と
本能を信じない方もいらっしゃいますが、
僕は信じています。


梅干を見ると唾液が出てくるように、
熱いものに触ると手を引っ込めるように、


頭を使うよりも先に
同じような体の反応を呈するのは、
DNAに刷り込まれたもの、つまり、
生命が生きていくために必要なもので、
(体が浄化されていれば、)
的外れなことはないと思うのです。


むしろ思考や知識に頼る方が
危険なのではないかと僕は思います。


現代の学校教育は教科書中心主義、、、
知識偏重になることで、
本能や直感を活かせなくなるんですよね。


自分に答えがあったとしても、
外側を向いてしまう可能性が
あるということです。


また、知識として自分にないものや
知識で対応できない問題を
解決できないということにもなります。


「尽く書を信じれば、則ち書無き如かず」


これは、もし書物に書いてあることを
全て信じるのなら書物などはいらない、
という意味の孟子の言葉です。


今、病気になる人が急増していますが、
何かを盲信しているところが原因と
なっている場合もあると僕は思います。


[関連記事]
洗脳されている?病気を治すには常識よりも良識


日常生活をスポーツジム化するメリット [健康・体質改善・気分転換]


かつて、
ジムに通っていましたが、
今は通っていません。


「ジムまでの移動時間が
 もったいないかな」


「屋外で運動した方が
 気持ちいいし健康かな」


と考えたからです。


よく言われることですが、
体を鍛える機会というものは、
わざわざジムに通わなくても、
日常生活の中にたくさんあります。


・掃除
・洗濯物干し
・農作業
・車を使わずに歩く
・エレベータではなく階段を使う


もちろん、その人その人の
生活の仕方にもよりますが、
ジムに比べて、


・人に感謝される
・太陽を浴びれる
・新鮮な空気を吸える
・季節の変化を感じれる
・環境負荷が軽減される


といった効果を
得られやすいんですよね。


人間関係やメンタル面においても、
いい影響があると考えています。


[関連記事]
ジム不要-僅か7秒でムキムキになれる筋トレ法


悩み事に向き合うのは体調を整えてから [健康・体質改善・気分転換]


人生において、
悩み事というのは尽きませんね。


どちらかと言えば、
目標や理想を追い求めるほど、
壁にぶち当たり、
悩み事が増えていきます。


モンテネグロ.jpg


この3ヵ月くらい、
ずっと悩んでいた事があったのですが、
「もう分からん」と一旦投げ出しました。


そして、積極的に、
リフレッシュをするようにしました。


ウォーキング、半身浴、
レイキ、鍼灸、涙活など。


鍼灸は久しぶりで、
かなり気の巡りが
よくなった気がしています。


そして、ある日の朝、
起きたら、閃くものがありました。


すぐに悩みの解決に
つながるようなものではないですが、
進展がありそうな気がしています。


やはり、健康第一。


悩み事に向き合う上でも、
体調というものは大事だと思います。


悩み続けて疲れてしまうと、
思考力も発想力も
鈍っていくんですよね。


夜眠れなくなることで、
疲労も蓄積しています。


雑念や執着が生まれて、
無駄に膨らませてしまうことも
ありえると思います。


まとめ:
悩み事に向き合うのは、
体調を整えてから。


砂糖や煙草をやめるための考え方 [健康・体質改善・気分転換]


あるケージ内に、
麻薬入りの水と普通の水があります。


そこに1匹だけ入れられたマウスは、
麻薬入りの水ばかりを飲み、
麻薬中毒になってしまいます。


一方で、仲間やパートナーと
一緒に入れられたマウスは、
普通の水を好んで飲み、
麻薬中毒にはならないのだそうです。


※スタンフォード大学
 ゴールドシュタイン教授の
 ラットパーク実験


つながりが大事なんですよね。


現代は人間関係が希薄、
かつ中毒になりやすいものが
たくさんある時代です。


酒、煙草、糖質、甘い物など、


お金さえあれば、
自分の裁量で、短時間で、
確実に手に入ってしまう
快楽がたくさんあります。


中には法に触れるものに
手を出してしまう人もいます。


「人間関係は自由にならないが、
 麻薬は自分の自由になる」


麻薬中毒者がよく言う言葉です。


確かに、自分の望む人間関係は
欲したからと言って
確実に手に入るものではありません。
お金でも買えません。


だからこそ、
素晴らしいんだと僕は思います。


なんでも自分の自由になったら
干渉するものが何もない、
つまり、自分一人しかいない
ということになります。


その世界には、
思いやりも学びも多様性もないのです。


もっと言えば、
満たされない心の隙間を
埋めてくれる何かを
探すしかないということです。


僕は砂糖や煙草をやめる時、
このような見方で、
内観をするようにしていました。


結果的に大したお金もかけず、
変な執着もなく、
縁を切ることができました。


そして、人間関係も
劇的に改善されたと感じています。


「速やかならんと
 欲すれば則ち達せず、
 小利を見れば則ち大事成らず」
           -論語ー


中毒物質を得るよりも、
良質な人間関係を得る方が
ずっと難しいですが、
充実感がありますね。


何かの参考になれば幸いです ^^


真の健康は病気から生まれる [健康・体質改善・気分転換]


一昨日の朝から昨日の夜まで、35時間くらいぶっ通しで働いたのですが、無事に乗り切ることができました。その後、いつもより睡眠時間が2、3時間増えた程度で、普通に過ごせています。


以前の僕だったら、途中で諦めたか、倒れたか、そこまでいかなくてもその後3日間くらいはボロボロだったと思います。


僕の体調がよくなってきたのは、一度病気になったからです。病気になったからこそ、生活習慣や生き方を根本的に見直すことができました。


体の不快症状がなくなって、体力やスタミナが身について、頭の回転がよくなって、精神が鍛えられて、余計なモノを手放して、自分なりの疲労回復法・リフレッシュ法が分かってきました。


病気になって大分時間を潰したと思っていたのですが、根本的に見直せる時間をとれたことで、むしろそれ以降中身の濃い時間を過ごせるようになりました。人生はどれだけ長く生きるかよりも、どれだけ質の高い時間を過ごせるかですよね。


時間を生み出す方法として、速読法や短眠法を身に着けたり、整理整頓や断捨離をしたりというのがよくありますが、健康体になってしまうのが一番だと思います。


また、ここまで回復するのにそれなりの苦労もありましたが、その苦労があったからこそ健康で過ごせることに感謝できます。当たり前のように手に入れたものは有難さに気づきにくいですが、苦労して手に入れたものは大事にしますよね。


アクティブレストー積極的に体を動かしながら疲れをとる [健康・体質改善・気分転換]


少し前から、
「アクティブレスト」
というものを学んでいます。


特に欧米で、
今注目を浴びている疲労回復法で、
積極的に体を動かしながら疲れをとる、
というものです。



公園.jpg



疲労回復といえば、
「体を休ませる」「ゆっくり寝る」
といったことを考えがちですが、


体を動かした方が、血行がよくなって、
疲労物質の排泄がスムーズになるので、
疲労回復が早まる場合があるんですよね。


方法としては、
激しいスポーツをしたり、
延々とランニングをするというよりは、


10〜20分程度の
ウォーキングやヨガなど
軽めの運動が好ましいようです。


普段デスクワークばかりで、
運動する機会のない人は
試してみる価値があると思います。


僕自身も、以前から、
「少し疲れたな」という時に、
ウォーキングをするようにしていますが、
疲労回復が格段に早まったと感じています。


また、汗をかいて気分がスッキリするし、
新鮮な酸素が入ってくるので、
思考力も高まるように感じています。


やはり、人間にとって
運動は必須なんですよね。


疲れているから運動できないと言う人は、
知らず知らず負のループに
はまっているかもしれません。


時間がないから運動できないと言う人は、
生産性を下げる結果として
時間を無駄にしているかもしれません。


 「体を動かしながら疲れをとり、
  仕事の質や時間効率を高めていく」


運動不足になりがちな現代、
こういう見方も大事だと思います。


p.s.
精神疲労についても多分同じですね。
笑うこと、歌うことが効果的だと思います。


目を閉じて感じてみるというリフレッシュ法 [健康・体質改善・気分転換]


僕は、どんなに仕事で忙しくても、
外に出て休憩するようにしています。
深呼吸、ストレッチ、空を見上げるなど、
どれもリフレッシュされてきますよね。


そして、最近、
「これもいいよ」ということで、
知人に教えてもらったのが、
「目を閉じて感じてみる」ということ。


目を閉じてみると、それまで
感じなかったものを感じるように、
あるいは感じ方が強くなってきます。


僕の場合、
太陽の温かさ、風の心地良さ、
花の香り、鳥のさえずりを感じます。


一旦、損得勘定や課題から解放され、
「今」に集中するようになります。


経験的に、3分もやれば、
心が穏やかになって、
感性が研ぎ澄まされて、
それからの仕事が捗るようになります。


みなさんも、是非、
疲れた時に試してみてください ^^


こちらもあわせてお読みください。
>> 疲れている人必見!「空を見上げる」ことによるリフレッシュ効果!
>> 夜空を見上げることで陰陽調和


夜空を見上げることで陰陽調和 [健康・体質改善・気分転換]


「青い空を見上げるのが好き」という記事をたまに投稿していますが、同時に、「夜空を見上げるのも好き」です。


僕は、都会に住んだことも、田舎に住んだこともありますが、都会から田舎へと引越したある時、「夜空ってこんなに綺麗だったんだ・・」と感動して、涙が出そうになったことがあります。


夜空.jpg



東京などの都会では、一晩中、街灯やネオンで光っているし、大気汚染による光の乱反射もあるので、星の輝きを感じることができなくなります。逆に、信号もコンビニも高いビルもないような田舎では、星の光のみになりその光が際立ってきます。


「そう言えば最近夜空を見てないな」という方は是非見てみてください。ストレス解消、自律神経のバランス回復、視力回復、見上げる動作による姿勢改善・呼吸改善など様々な効果があるようです。


陰も陽もどちらも必要で、どちらかに偏れば行き詰ります。


人は自分の都合ばかりを考えていると、作為的にあれこれすることで、本質が見えなくなり、問題解決から遠ざかっていきますが、これは、人工的な光や大気汚染の中で、星の美しさが見えなくなるのと同じこと。


人は自分を偽ろうとしたり、現実逃避をすると、真に輝きを放つものが分からなくなって、枝葉にとらわれていきますが、これも同様。


中庸こそがパーフェクトです。


[関連記事]
疲れている人必見!「空を見上げる」ことによるリフレッシュ効果!


前の10件 | - 健康・体質改善・気分転換 ブログトップ
脳力サポート