So-net無料ブログ作成
健康・体質改善・気分転換 ブログトップ
前の10件 | -

「これで簡単に痩せますよ」に飛びついている限り痩せない [健康・体質改善・気分転換]


かつての僕はかなり太っていました。身長が177cmであるのに対し、体重が80kg近くにまでいきました。でも今はダイエットに成功し65kgくらいです。


ダイエット法として取り入れたのは、「温活」「筋トレ」「糖質制限」の3つがメインです。


【温活】
現代ではあまり重要視されませんが、「冷えは万病の元」です。体が冷えているだけで心身に不調が起こり、ダイエット面にも影響を及ぼしてきます。半身浴、靴下の重ね履き、湯たんぽ、陽性食品の摂取など、こういった温活をすれば、「内臓が元気になって基礎代謝向上」「脂肪分解酵素の活性化」「脂溶性毒の排泄により脂肪の燃焼効率向上」「体が温まれば心も温まりストレス食いが減る」といった効果で痩せやすくなっていきます。僕の個人的な感覚としては、いくらあれこれダイエット法を試したとしても、体が冷えていれば根本的には変わらないかな、と感じています。


【筋トレ】
一般的に、筋トレは辛いイメージがありますが、アイソメトリクス(静的筋肉強化法)は超簡単でかつ効果も高いです。やり方としては、例えば、写真のように、胸の前で両手を合わせて、筋肉に80~90%の力を込めながら、両手を押し合い7秒キープ、その後脱力。(他にも色々とやり方があります。) 笑ってしまうほど簡単ですが、これだけで、筋肉増強遺伝子にスイッチが入り、筋肉細胞が増殖し、燃焼しやすい体になっていくのです。世の中に知られてないのは利権があるからです。これが広まってしまうと、ジム業界が崩壊するようです。


アイソメトリクス.jpg



【糖質制限】
「肥満の原因は脂肪」と言われますが本当は違うんです。最近よく出版されている糖質制限系の本にも書かれていますが、本当の肥満の原因は糖質なんです。このあたりの認識が間違っていると痩せにくいですね。味の濃いおかずと白いご飯の組み合わせには嵌りやすいですが、しばらく食べなければ、「糖質を使った代謝」から「ケトン体(脂質)を使った代謝」に変わるので、欲しいと思わなくなります。


「温活」「筋トレ(アイソメトリクス)」「糖質制限」 僕はこの3つで無理なく自然に痩せていきました。(体が元気になる分、自分から体を動かすようになり、それでカロリー消費が増えたという面もあると思います。) どちらかというと、世の中の常識(大手メディアや企業が作った刷り込み)を疑って痩せていったということです。


ダイエットは、時間がかかったり、場合によっては辛さを伴うものなので、「誰でもすぐに簡単に痩せられるよ」というビジネスが生まれてきます。大手メディアや企業は、偏ったダイエット像を作ることで、ダイエット商品を売ろうとしてきますが、大抵が成功に結び付かないです。低カロリーでお腹が膨れる食品、身に着けるだけで体幹が鍛えられるベルト、燃焼系サプリメントなど、様々な商品がありますが、それで本当に痩せたという話はほとんど聞かないですよね。


僕はその裏をいったということです。僕が選んだ方法は、一見、時間がかかるようで、「余計なものにとらわれない」「大してお金がかからない」「持続的効果を発揮する」という意味で、長期的に見た場合、わりと楽な方法だと思います。


こちらの記事もお読みください。
>> 「なぜ冷えとりでスリムになるのか」を詳しくご説明いたします
>> 糖質の害を知りたい時に絶対に読むべき本
>> ジム不要-僅か7秒でムキムキになれる筋トレ法


貨幣経済や消費社会の風潮にとらわれていると、見失うものがあると思います。


nice!(22)  コメント(0) 

禁酒はしないけど「禁酒セラピー」を読んでよかった [健康・体質改善・気分転換]


アレン・カー氏が書いた
『禁酒セラピー』という本を読みました。


世の中にあるお酒に関する洗脳、
お酒に依存してしまう仕組み、
「気分がよい」は幻想もあるということ、
お酒は精神力ではやめられないこと、
などを教えてくれます。


僕がお酒をやめることは、
多分ないですが、
これはこれで勉強になりました。


本当、目からウロコの情報ばかり、、、
自分がこれまで認識していなかった
デメリットが結構あることに気づきました。


特に、上機嫌でいる時には
別の問題が発生している場合も
あるということ・・・


また、上機嫌だからこそ、
それに気づけなくなってしまう
ということ・・・


これから、
心の隙間を埋めるために飲むとか、
お酒が飲めなくてイライラする、
といったことがなくなりそうです。
それだけ生産性の高い時間や健康が手に入るかな。


個人的に賛同するかどうかは別として、
筆者のメッセージをいくつかシェアします。


・社会には、お酒に関する
 良いイメージばかりが浸透している。


・基本的に、飲酒習慣は負の連鎖でしかない。
 禁断症状から逃げるために飲んでいるだけ。
 飲むと気分がよくなるという人がいるが、
 本当は禁断症状から解放されてホッとしているだけ。


・飲酒習慣は徐々に身体を破壊していく。
 疲労や不快症状に繋がっていく。
 だからこそ、そこから解放されようと、
 お酒を欲しがってしまう
 (脳をマヒさせようとしてしまう)。


・自殺する人は現実逃避のために自殺する。
 お酒を飲む人は現実逃避のために飲んでいる。
 なのでお酒を飲む人は不幸だ。


・お酒はまずい飲み物。
 誰もが最初はまずいと思ったはず。
 でも飲めば飲むほど感覚が鈍っていくから
 まずくても飲めてしまう。


・酒を飲むと勇気が出るというのは錯覚。
 本当は恐怖感が鈍っているだけ。
 恐怖感があるからこそ、
 危険を回避して生きていけるのに。


・飲むと気分がよくなるという人がいるが、
 実際は、飲まずに健全な状態を保ちながら
 生活している方が、ずっと気分がよい。


・お酒を飲んでいる人が
 どういう言い訳をしているか、
 これを観察することは
 飲酒をコントロールすることに繋がってくる。


以上です。




僕自身、お酒については、
友達とかと適度な量を
たまに飲むくらいならいいかな
って思っています。


血行が良くなったり
副交感神経が優位になったり
すれば疲労回復力UP、


人と触れ合うことで
オキシトシン(愛情ホルモン)の
分泌量が増えれば自己肯定感や意欲UP、


いつもと違うことをすることで
アセチルコリンの分泌量が増えれば
ひらめき力や創造性UP、


といった効果が得られます。


nice!(17)  コメント(0) 

現代人特有の生きにくさはプロセスを大事にしないから [健康・体質改善・気分転換]


今日の昼、とあるお店で、バーベキューグリル、ダッチオーブン、コッヘル、キャンプケトル、飯盒、七輪、炭など、アウトドア料理の道具を物色していました。「あれも作りたい、これも作りたい」「この道具をこういう風に使いたい」とあれこれ妄想しながら。


アウトドア料理.jpg



今は、コンビニやファーストフード、デリバリーなどがあるため、みんなで集まって手間暇かけながら料理をする、ということが減ってきています。出来合いの物がすぐに食べられるのは便利といえば便利だと思います。時短になるし、労力がいらないし、特に失敗とかないし。でも、同時に失っているものもあるような、、


出来合いの物を食べている人ほど病気になる、やる気が出ない、といった傾向が、また孤食の人ほどコミュ障になる、精神が不安定になる、自分を見失う、といった傾向があるようです。


自分たちで一から料理をするというのは、一見面倒なようですが、そこに学び(少なくとも料理や自然に関する知恵は増えていくはず)、コミュニケーション(チャンス、情報交換、感謝)があるのです。成功した時には笑顔や感動も生まれてきます。「成長している」「(協力し合うことで)人の役に立てている」といった意識からセルフイメージも向上していくと思います。


さて、道具に関する調査はある程度終わったので、これから調理法に関する調査をしていきます。


nice!(23)  コメント(0) 

チャレンジ精神を高めるために腎臓の毒を出す [健康・体質改善・気分転換]


いつの間にか12月も下旬、、
一年があっという間すぎる、、
「これ本当にどうにかならないかな」
と毎年思います(笑)


「無駄に過ごすな」
「出会いや時間(命)を大事にしろ」
「どんどんチャレンジしていけ」
ということでしょうか。


さて、東洋医学で言えば、
冬は腎臓の毒出しをする時期です。


だるい、一時的な老化、腰痛、
耳鳴り、抜け毛、肌の乾燥、喉が渇く、
不安感、内向的、神経質、


例えば、こういった症状がある場合、
それは腎臓が内部に蓄積されている毒を
外に出そうとしているのかもしれません。


今の僕は、
体が重くて、疲れやすくて、
かつ漠然とした不安感を感じています。
日常生活をするだけでも大変、、
日課のウォーキングも一時中断にしています。


実は、4年前にも
似たようなことがありました。


毒出しが終わった後は、
これまでにないくらい
フットワークが軽くなり、
また不安感を感じにくくなった分、
行動力も増しました。


今は経過するのを気長に待ちます。


人生が短いのであれば、
チャレンジ精神が大事になってきます。
そのために腎臓の毒出しは
プラスに作用するでしょう。


nice!(22)  コメント(0) 

最近不安に思うこと&対策 [健康・体質改善・気分転換]


最近、「もしかしたら自分は燃え尽き症候群の一歩手前ではないか」と不安になることがあります。「生きることに意義を見出せない」といった深刻なレベルではなく、「なんとなくモチベーションが出ない」「集中力が続かない」といったレベルです。


昔、東洋医をしている知人に、「燃え尽き症候群は陰陽論で考えろ」と言われたことがあります。陰陽バランスが崩れて起きているのであれば、つまり活動し過ぎにより燃え尽きようとしているのであれば、あえて、それまでやってきた事と逆の事をやればよい、ということになります。


というわけで、最近は、日が暮れる頃に仕事を切り上げ、自分の部屋のベッドで横になりながら、ひたすら内観をしています。自分と向き合いやすくするよう、光、音、匂い、食べ物などのインプットもなるべく遮断するようにしています。


現代は、コンビニ、パソコン、インターネット、電飾(イルミネーションやネオン)といった便利なものがありますが、これが陰の時間を奪っているんですよね。昼に活動して夜は休息する(陰陽バランスをとる)、という当たり前のことが難しくなってしまうのです。次から次へと進めようとする僕は特に(笑)


夏があれば冬があるように、晴れの日があれば雨の日があるように、太陽と月が交互に地上を照らしているように、自然界には陰陽の法則が働いています。しばらく休んで、回復した時にまた全力を出せばよいのです。その方が生産的です。


nice!(27)  コメント(0) 

断食にはこんな素晴らしい効果がある!デトックス!リセット! [健康・体質改善・気分転換]


約5年前、心身の浄化のため、また自分の根性を叩きなおすため、1週間の断食にチャレンジしました。


「ファミチキ食べたい」「チョコ食べたい」と渇望しながらも「この苦しみの先に生まれ変わった自分がいる」と言い聞かせながら、ひたすら空腹地獄に耐えました。


復食するときに、泣きながら梅干粥をいただきましたが、飢餓解放感、美味しさ、温かさに感動し、食べれることは奇跡であり、恵みに感謝するようになりました。


また断食の排毒効果で心も体もスッキリし、胃腸もリセットされたのか、小食になったり、不自然な食べ物を避けるようになりました。


それから思い付く度に断食していますが、もうファミチキやチョコなどは食べれません。「この生物界に自然な形態では存在しない食べ物」という波動を感じます。つまり、かつての自分は不自然なものにとらわれていたのです。


今は日本の伝統食をなるべく自然な形で必要な分だけ感謝していただくようにしています。


日々の生活に、食に対する雑念がないので、本質的なものに集中できるし、使える時間やお金も一気に増えました。


たまには欠乏もよいと思います。一度断ち、あえて欠乏状態に身をおくことで、何気ない日常の豊かさに気づけるし、執着からも解放されるので本来の自分に戻れます。


というわけで、今日から思い付きで2日断食しようと思います。


nice!(30)  コメント(0) 

二日酔いで気づいた本当の幸せ [健康・体質改善・気分転換]


実は3日くらい前、二日酔いになってしまいました(笑)


せっかく天気が良くてもウォーキングできないし、目の前に美味しい食べ物があっても食べることができないし、笑顔になれないから人が離れていくし、、、かなり落ち込みました、、、


そして、当たり前に生活できることがどんなに幸せなことなのか、ということに気づかせてもらいました。本当の幸せって身近にあるんですよね。


20代後半、内蔵機能が著しく低下し、医師に「酷くなる一方ですので、お酒はもうやめてください」と言われていました。そして、それまで大好きだった飲み会を断るように。一緒に飲んでいた仲間を避けるように。「もうこれで、あの時みたいにみんなでバカ騒ぎすることもないのか・・・ 友達もいなくなるのか・・・」と絶望的になり、毎日が憂鬱でした。


それを考えれば今は本当に幸せ。今回の二日酔いで、改めてそれに気づかせてもらいました。


結論:本当の幸せは身近にある


nice!(17)  コメント(0) 

冬にしか咲かない花を見て… [健康・体質改善・気分転換]


4年くらい前から冷暖房を使わないようにしています。体温調節機能が正常化されたのか、熱い寒いがあまり気にならなくなりました。


寒くなってきた今日この頃ですが、布団から出たくないということがなく、早朝から普通に元気にウォーキングできています。


ウォーキング中気づきました。「この年になるまで、冬の花をあまり知らなかった」と。


これまで、寒い冬は外に出たくなかったから、あるいは出たとしても「すぐに屋内に入ろう」とばかり考えていたからだと思います。


同じことは夏にも言えます。


結論:冷暖房がいらなくなると四季を楽しめるようになる。


p.s.
寒くて仕方ない時は、おじぎ体操、スワイソウ、貧乏ゆすり、足裏マッサージ、アイソメトリクス・トレーニング、大椎・仙骨にカイロ、胸椎8番に愉気、空手チョップポイントのタッピング、笑活、ショウガ紅茶、爪もみなどがオススメです。ここで全ては説明しきれないので、詳しいところは調べてください。


nice!(12)  コメント(0) 

ほとんどの人が知らない?日本の家の寿命は極端に短いという事実 [健康・体質改善・気分転換]


今日は、
子供の頃によく遊んでいた地域を
ウォーキングしていました。


当時、最新とされていた住宅が
ボロボロになっていたり、
傾いていたり、解体されていたり、


在来工法の住宅はものによっては
100-200年もつとされていますが、
現代工法の住宅は、
20-30年しかもたないとされています。


これが世間で知られていないのは
住宅業界が隠しているからです。


なぜ在来工法が、
つまり古い方が長持ちするのか、
それは自然の理に即して
作られたものだからです。


なぜ現代工法が、
つまり新しい方がすぐにダメになるのか、
それはお金儲けのために
作られたものだからです。


価値観というものは、
本来的なものと、人為的に設定したものと、
2つがあるように僕は思います。


メディアでは、消費を促すために、
新しいものばかりが取り上げられていますが、
それが「古いものには価値がない」という
錯覚を生み出している気がしてなりません。


資源問題とも関連します。
経済を回すためには、
消費し続けなければ
ならないのかもしれませんが、
資源が有限であることを考えれば、、、


どんなにお金を稼いでも、
どんなにいい家に住んでも、


消費活動そのものを見直さない限り、
いつまでたっても、真の豊かさは
手に入らないだろうと僕は思います。


足るを知るが大事です。


足りていないものばかりに
目を向けてしまうと
メディアに踊らされ続ける、、、


  ↓  ↓  ↓


AllAbout-日本の家の寿命は約30年と短め…長持ちする条件は?


nice!(14)  コメント(0) 

今だから言える薄毛だった過去 [健康・体質改善・気分転換]


最近、自分の日記を読み返すことにはまっています。


ある日記に、「起床時に枕に抜け毛がたくさん」と書いてありました。今だから言えるのですが、20代後半、僕は薄毛でした。これは遺伝的なものではなく、疲労とストレスの蓄積によるものだと思います。


「もともと自分ですかないと間に合わないくらいフサフサだったのに…」「なんだか人の視線が気になるな…」と当時は本気で落ち込んでいました。人前に出ることも避けるようになりました。


日記を読み返すと、フサフサ感を演出できるシャンプー、育毛サプリ、育毛剤といったものもよく使っていたし、植毛も考えていたようです。でも今思えばそれは意味がない。効果があったとしても対症療法でしかない。


毒素や老廃物をデトックスすること、気血を巡らせること、メンタルを整えること、自然な食べ物を摂取することなど、基本的な事の方がずっと大事です。


やはり健康第一です。健康であれば、毎日快適だし、ありのままを表現できるし、余計なモノに時間やお金を使いません。今はフサフサですよ ^^


nice!(8)  コメント(0) 
前の10件 | - 健康・体質改善・気分転換 ブログトップ
脳力サポート
So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成