So-net無料ブログ作成
検索選択
生産性・時間・断捨離・習慣 ブログトップ
前の10件 | -

物は味方次第ー時間がないという人ほど時間を使っている [生産性・時間・断捨離・習慣]


やることがあまりに多すぎて、いくら時間があっても足らないような状態にずっと悩んでいました。


そんな時、「それは時間を無駄にしていない証拠。時間という資産を有効に使えている証拠。時間を価値創出とか成長という有意義なものに転換出来ている証拠。無駄に時間を潰すよりはずっといい。」という知人の言葉を聞いて楽になれました。


学生の頃、ただなんとなく過ごすだけで、時間を無駄に浪費していた時期がよくあったのですが、その時と比べたら全然いいです。


忙しい時ほど、迷わず行動するようになり、目の前のことに集中するようになり、結果として、多くのことを達成するようになります。逆に、時間がいくらでもあると思えば、あれこれ理由を付けて行動しなかったり、集中できずに枝葉末節なことにとらわれたりして、結果として何も達成できなくなります。


「あの時、有効に使えていた時間はどのくらいだろうか」「今、あの時の何倍の成果を出せているだろうか」「どちらが充実しているだろうか」と考えれば、忙しさも肯定できます。


といってもリラックスする時間も大事だと思います。外の空気を吸いに行ったり、瞑想したり、友人との会話でストレスと解消したり、そういうもので生産性をあげることができれば、その時間も有意義な時間なのです。


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


断捨離ー「まだ使えるかも」「いつか使うかも」がNGな理由 [生産性・時間・断捨離・習慣]


今朝も、結構断捨離をしました。書籍、服、ブラウザのブックマークなど。なんだか最近は、断捨離ばかりしているような(笑) このブログに投稿している記事も、最近は、断捨離関係が多めかな、、


ま、それはともかくとして、断捨離して、気分も体も軽くなったし、視野も広がったような気がしています。これからまた新しいものが入ってきそうです。


今回の断捨離でも改めて思ったのですが、「まだ使えるかも」「いつか使うかも」とは考えない方がいいですね。断捨離の本にもよく書かれていますが、「今の自分にとって本当に必要なものだけを残す」ことが大事なんだと思います。


「まだ使えるかも」というのは、本当に必要なものではないということだし、「いつか使うかも」というのも、少なくとも今は使わないということだし、そのいつかもほぼ来ないのです。


僕自身、「まだ使えるかも」「いつか使うかも」とは考えない、もしくはそう考えた時点で断捨離する、という自分ルールを設けたらやりやすくなりました。これで後悔したことはほぼないです。


使うかどうか分からないものをとっておくよりも、本当に必要なもので生きることの方が大事、また、「いつか」のために生きるよりも、今を生きることの方が大事ですよね。


仮に後悔しても、それはそれでいいと僕は思います。「あの時のやり方は失敗だったんだな」と気づけば、痛みも覚えるし、断捨離する際の基準がより自分にあったものに改善されていきます。失敗しなければ改善できないということ、失敗は次に活かせばいいということです。


断捨離について勉強して実践するようになってから、本当にシンプルな生活ができるようになりました。


「たくさんあることが豊か」という価値観もありますが、僕とてしては、「シンプルこそが豊か」だと考えています。シンプルというのは無駄が少ないということです。本当に大事なものに集中できるようになるし、新しいものも入ってきやすくなるので、結果的に豊かになります。


時間は有限なのでなるべく本当に大事なものに集中したいですよね。


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


必要でない物を買うとお金や物の循環が悪くなる原理 [生産性・時間・断捨離・習慣]


必要なモノだけを買う
→モノを使う
 (モノの価値を活かす)
→断捨離出来る
→スッキリする
→新しいモノが入ってくる


この逆は、
必要のないモノばかり買う
→モノを使わない
 (モノの価値を活かさない)
→断捨離出来ない
→溜まっていく
→新しいモノが入ってこない。


これに気づくまでに、
どれだけの時間がかかったことか。


セールやポイント制度にとらわれたり、
見栄をはろうとして、必要のないモノを
買ってしまうのは避けたいですね。


モノだけでなく、
お金の循環も悪くなると思います。


p.s.
以前、お金を使わないために
僕が普段心がけていることを
書きました。ご参考まで。
無駄にお金を使わないための心掛け-11選


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


朝の1時間は昼の〇時間に匹敵する [生産性・時間・断捨離・習慣]


朝の1時間は、昼の3時間に
匹敵するというのは真実です。
たとえ労働時間が同じでも、
夜遅くまで残業したときと比べて、
生産性は格段に向上します。 

          ー直江文忠ー



朝は、頭が整理されているし、
空腹だから(他に血液をとられないから)
頭もよく働きます。


静かなので集中できます。


邪魔されない安心感から、
いいアイディアも閃きやすいです。


早起きするようになってから、
いい成果が出せるようになってきました。


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


7つの習慣ー忙しい時ほど運動 [生産性・時間・断捨離・習慣]


多くの人が「運動する時間などない」と考えがちだが、これは何ともゆがんだ考え方だ。効果的な運動に要求される時間とは、一週間のうち3時間から6時間。一日おきに30分費やせばいいのである。それが残りの162時間から165時間の生活にどれだけ大きな好影響を及ぼすかを考えれば、こんなに効率の良い投資はほかにない。

引用元:スティーヴン・R・コヴィー著「7つの習慣」



街路樹.jpg



今年の元旦から、ほぼ毎日、30分程度のウォーキングするようにしていますが、仕事が捗るようになってきました。自分の感覚(曖昧ですみません)としては、1.2倍くらい生産性が向上した気がしています。


(自分の感覚が正しいとすれば、)これは、10時間働いた場合、以前の12時間分の成果を生み出す、ということ、つまり、30分の運動により2時間生み出せたことになります。


頭も体もつながっているので、「体の調子が悪くて頭の調子が良い」とか、「体の血行が良くて頭の血行が悪い」ということはないと思います。常に連動しているものだと思います。


これまでの僕は、「仕事が忙しいから運動はできない」と考えていたのですが、この経験から、「忙しい時ほど運動しよう」と考えるようになってきました。


「たまにスポーツするようにしたら学校の成績が伸びた」「ラジオ体操を職場で取り入れたら売上が伸びた」という話もよくありますね。


[関連記事]
ビジネスマン必見-忙しい時ほど運動した方がいい理由
あれだけウォーキングが嫌いだった僕がなぜ好きになれたのか?


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


お金の執着の手放し方ー諦めると明らかになる [生産性・時間・断捨離・習慣]


2年くらい前かな、、読んでいた断捨離関連の本にこんなことが書いてありました。


『お金に対する執着やコンプレックスが強い人ほど、「これだけ置けば豊かに見えるだろう」と考えて、部屋を物で埋め尽くそうとします。でも、たくさんの物があっても、実際の生活では使わない物ばかり。しかも、代用品なので、本当の欲求が満たされることはなく、「無駄にお金を使い続ける」という負のループにはまってしまう。当然、運気は下がるし、本質的な問題解決もできなくなる。』


これを読んだ時、「まさに自分のことだ」とショックを受けました(笑)


春の隅田川.jpg



こういう場合は、思い切って手放すことなんですよね。断捨離以外にも、禅的思想やB層・洗脳マーケティングなども学んで、徹底的に手放すようにしました。


お金や物で何かを満たそうとすれば、心は動かなくなってきます。心が動かなくなれば、視野が狭まって、本来の実相が見えなくなってしまいます。感謝すべきものにも感謝できなくなっていきます。


徹底的に手放したことで、本来の心を取り戻し、お金にはかえられない豊かさに気づけるようになってきました。例えば、人の温かさ、自然界の恵み、自分の健康や成長など。心も満たされるようになってきました。


こっちの方が全然生きやすいです。執着があればあるほど心は病みやすくなっていきます。幸せであったとしても、執着により幸せを感じる心を失ってしまえば幸せにはなれないのです。


これは仏教でいう「諦観」ですね。(諦観:アキラめて執着を手放せば、物事の本質がアキラかになる。アキラめた方が解決しやすい。)


本当に豊かな人は、手放せる人、そして与える人です。


p.s.
すみません。最近、似たような記事ばかりかな、、テーマを変えていきます。


p.p.s.
執着は幻想です。手放せれば、執着しているもの以上に豊かなものが自分のもとにやってきます。こちらの記事も参考にしてください。
>> 「執着=幻想」だと気づけば、引き寄せられる


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


セールにとらわれていると何を失うのか? [生産性・時間・断捨離・習慣]


ある時から、一部を除いてセール品を買わないようにしました。広告もきりがないので見ないようにしています。一旦、「買わない」「見ない」と決めてしまえば、結構楽なもんです。本当に大事な事に集中できます。


ショッピングカート.jpg



今思えば、セール品は、ゴミになりやすいです。本当に必要かどうかより、割安感、割引率、不足感、競争意識で買ってしまうからです。仮に価値あるものであってもその真価が生かされません。掃除の手間も増えてしまいます。


また、必要のないものばかりで生活していると、本当に必要なものが分からなくなって、余計に買い物に失敗しやすくなります。


タイムセールもやめました。「1時間後、〇〇でタイムセールします」は、その時間まで、店内をうろうろさせ、他の商品を見せるため、にぎわい感を出すため、お腹を空かせるため、


セールにとらわれていると、お金と時間を無駄にしやすいのです。


あと、「自分は貧しい」という前提が潜在意識に刷り込まれ、真の豊かさから遠ざかっていきます。「いいもの安く手に入れたい」という思考は、「自分は貧しいからいいもので生活できない」という現実を引き寄せるでしょう。


本当に豊かな人であれば、セールとか関係なく、必要な物には必要なだけのお金を支払うはずです。


p.s.
以前、お金を使わないために僕が普段心がけていることを記事にしました。ご参考まで。
無駄にお金を使わないための心掛け-11選


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


苦労して築き上げたものを手放す勇気 [生産性・時間・断捨離・習慣]


かつての僕は物作りに関する研究や仕事をよくしていました。この分野のスキルを身に着けるために、結構苦労しました。本を何百冊も読んだり、高いセミナーに行ったり、その分野の著名人にコンサルティングしてもらったり、


でも手放そうと考えています。今時代が変わっています。物質パラダイムは終焉を迎えます。僕は製造業に勤めている知人が結構いるのですが、「もう物質的な成長はあまりない」「仕事量が減る一方で、リストラが増えている」という話をよく聞きます。


人というのは、苦労して身に付けたスキルに執着する面があると思います。そのスキルに実際以上の価値があると思い込んだり、もう時代遅れなのにいつまでもこだわったりなど、


これらの執着を手放せるかどうかで、それ以降の生き方が決まってきます。手放せなければ新しいものは入ってきません。


昔のやり方や成功体験にとらわれて本質を見失うことはあります。もう通用しなくなっているのに、自分の利益を守るために、他の人の足を引っ張るような年配の人たちを何人か見てきました。


これからは個人の時代では、物よりも精神・感性・体験です。「苦労したから」という考えは介さずに、潔く手放していきます。


組織依存も同様です。特に大手企業に勤める人にありがちですが、会社の看板、実績、人脈、情報など、恵まれた環境に依存していると、自分の本当の実力というものを把握しにくいんですよね。手放せなければ、組織がなくなった時に苦労すると思います。


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


仕事の効率化ー後回しにしていた仕事を一気に片づける [生産性・時間・断捨離・習慣]


ここ最近は、
頭があまり働きませんでした、、


それで、昨日は、
創造的・分析的な仕事を一旦やめ、
後回しにしていた細かい作業を
一気に片づけました。


・身内へのメール返信
・パソコンの設定変更
・事務的な手続き
・ブックマークの整理
・買い物
・整理整頓


など、こういうのって
意外と脳のスペースを
消費していたりしますね。


今は、かなり頭が
スッキリしています。


今日は、いつも以上に
仕事が捗るような気がしています。


[関連記事]
何故オバマ、ジョブズ、ザッカーバーグはいつも同じ服なのか?
断捨離のコツ!〇〇を減らすと迷いから解放される!


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


何故オバマ、ジョブズ、ザッカーバーグはいつも同じ服なのか? [生産性・時間・断捨離・習慣]


ほぼ毎日同じスーツを着ると知られているオバマ元アメリカ大統領の言葉をシェアします。


「私は常にグレーか青色のスーツを着用している。こうすることで私が下さなければならない決断の数が減るんだ。何を食べるか、何を着るか決める余裕はないし、他に決断しなくてはならないことが山のようにあるからね。」


桜.jpg



ちなみに、Facebookのマーク・ザッカーバーグは、いつもグレーのTシャツとジーンズで、アップルのスティーブ・ジョブズは、いつも黒のタートルネックとジーンズです。彼らがそうする理由も、オバマさんと同じだそうです。


僕自身も、忙しい時や課題が多い時は、同じようなものを食べて、同じようなものを飲んで、同じような服を着ています。髪型とか靴も気にしないです。


いちいち迷ったり、誘惑と戦わなくて済むようになるので、余計な脳のメモリ消費が減りますね。それだけ、使える時間が増え、集中力が向上し、アイディアも閃くようになります。


似たようなものとして、「やらないことリスト」を作るのも大事だと思います。「テレビを見ない」「コンビニに行かない」「夜飲みに行かない」「二度寝をしない」など。


「やることリスト」を作る人は結構いると思うのですが、それよりも、「やらないことリスト」の方がずっと大事な場合もあると思います。「やることリスト」に書いた言葉って、イメージや執着が生まれて、手放せなくなる場合もあるんですよね。


ちなみに、「やらないことリスト」に「テレビを見ない」「コンビニに行かない」「夜飲みに行かない」「二度寝をしない」を加えたら、同時に、無駄遣い、暴飲暴食、ゴミ処理、二日酔い、寝すぎによるだるさなどからも解放されました。


やはりシンプル・イズ・ベストですね。


[関連記事]
断捨離のコツ!〇〇を減らすと迷いから解放される!
断捨離時に知っておきたい-知らぬ間に買わされる仕組み


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


前の10件 | - 生産性・時間・断捨離・習慣 ブログトップ
脳力サポート