So-net無料ブログ作成
検索選択
生産性・自己管理・時間・断捨離 ブログトップ
前の10件 | -

話題の書籍「エッセンシャル思考」のレビュー&要点のシェア [生産性・自己管理・時間・断捨離]


・多忙により心身が疲弊するばかり
・どうでもいい仕事に振り回されて本当に大事な仕事ができない
・あれもこれもやろうとして結局全てが中途半端に終わってしまう
・常に走り続けているのに成果が出ていない


このように感じることはないでしょうか?


もしあるなら、グレッグ・マキューンの書いた「エッセンシャル思考」という書籍がおすすめです。現状を見直すためのヒントが得られると思います。




「エッセンシャル思考」というのは、余計なものは排除し、本質的なものだけに集中して、最大限の成果を上げましょう、ということです。


そのための、本質の見極め方、重要でないものを断ち切り方、優先順位の決め方、限りある時間やエネルギーの効果的な使い方などを教えてくれます。


僕はこれを読み、頭が整理されたし、物の見方も大きく変わりました。


やるべきことが明確になった分、迷いもなくなったので、これから余計なものをたくさん捨てられそうです。ストレスが軽減されたり、生産性が向上したり、流れが変わったりするのではないかとワクワクしています。


また、自分の周りにいる成功者は、この本が示す内容に当てはまっているように感じました。


やはり結果をだすためには「シンプル・イズ・ベスト」です。今後、複雑な問題に直面した際には、この書籍を読み返してみようと思います。


以下、主たるメッセージを抜粋してシェアします。(※そのまま引用ではなく、僕が全体の意味やニュアンスをくみとりリライトしたもの。)


【全ては実行できない】
人は「どれも大事」「全部やりたい」とつい考えてしまうものだが、欲張れば欲張るほど動きにくくなるし、判断も出来なくなる。人には容量があるので、全てを実行することなんて出来ない、ということである。なので、「何かを取り入れるということは、何かを捨てること(トレードオフ)」という意識を持ってほしい。余計なものを捨ててこそ、重要なものを生かす余地が生まれるのである。優先事項がたくさんあるのは、何も優先していないのと同じである。こういう決断は難しい場合もあるが、この先やってくるであろう数々の決断の手間を省いてくれることを知っておいて欲しい。


【依頼を断る】
本質的なものに集中するためには、人からの依頼を断ることも時には必要である。断りにくかったり、嫌な気分になったりするかもしれないが、引き受けることで、何週間、何か月と後悔する時間が生じるよりはずっとマシである。この時、目的を明確にすることがポイント。目的が明確でないと人はどうでもいいことに時間とエネルギーを費やすことになるが、常にここを明確にしておけば、それを理由に、人からの依頼を断ることが出来る。


【睡眠をとる】
我々の最大の資産は自分自身であり、これを守るためには十分な睡眠時間をとることが大事である。「時間が勿体ないから」と、睡眠時間を削ってまで仕事をする人もいるが、これは生産性を下げる一方である。我々は睡眠中に、疲労やバランスの回復、脳にある情報の整理などを行っている。これにより効率性や創造性を高めたり、病気のリスクを軽減したりすることができる。結果的に、より少ない時間でよりよい成果を生むようになる。


【遊びは可能性を広げてくれる】
大人になると「時間の無駄」「くらだらない」という理由から子供の頃のように遊ばなくなるが、実は遊びこそが可能性を広げてくれる。遊びは、好奇心が刺激され、脳を奮い立たせ、人を行動的にさせる。そこから思いもよらないアイディアや、新たなつながりが発見され、視野が一気に広がる。


【立ち止まる】
立ち止まらずに、忙しく動き回れば、それだけ結果がついてくると考えている人もいるが、それは間違いだ。動き回る量と成果が比例することはない。本当は、立ち止まる時間こそが、生産性を高め、前に進むための最短コースを教えてくれる。立ち止まって、調査したり、意見交換をしたり、立て直したりすることで初めて本当に重要なものを見極めることが出来るのである。


【小さなことをコツコツと】
すぐに大きなことを達成しようとしたり、一度に多くのことを望んだりする人もいるが、結果的に得るものは少ない。これよりも、地道に小さな成功を積み重ねた方がずっと確実で生産的だ。小さな成功は次の小さな成功を生み、やがて大きな成功へとつながっていく。この時、モチベーションを上げるために、進捗を目に見える形にすることがポイント。ある心理学の研究により、人間のモチベーションに対して最も効果的なのは、「前に進んでいる」という感覚であることが報告されている。日々の小さな進捗を評価していくことで、目標までの道は楽しく、満足感に満ちたものとなる。小さくても前進しているという手応えがあれば、未来の成功を信じられる。


【意味のない投資はやめる】
人には、「すでに多くのお金や時間を費やしたから」という理由だけで、取引を続けてしまう心理的傾向(サンクコストバイアス)がある。望みがないことや、損をしていることに気づいているのに、「ここでやめたら今までの投資が無駄になる」と思うあまりに、投資を重ねてしまうのだ。この場合、投資額が増えれば増えるほど抜け出すことが難しくなると考え、きっぱりとやめるべきである。


【バッファをとっておく】
我々は予測不可能な世界に生きており、不測の事態はいつでも起こり得る。例えば、自分ではコントロールできないトラブルに見舞われたり、仕様変更を余儀なくされたり、作業範囲が広がったりなど。なので、不測の事態が引き起こすダメージを緩和するために、予めバッファ(貯蓄、余裕、緩衝)を計画に組み込んでおく必要がある。


【人生は短いので行動あるのみ】
人生はあまりに短い。だからこそ、限られた時間を大切に使う意識を持つべきである。勇気を出してどんどんチャレンジしよう。失敗ではなく可能性にフォーカスしよう。あれこれ迷ったり、先延ばしをしていれば人生はすぐに終わってしまう。


【今が大事】
過去の失敗や未来への不安にとらわれるのは、人としてごく自然なことだ。ただし、過去や未来のことを考えるたびに、目の前の大事なことがおろそかになるという事実も忘れてはならない。


以上です。




nice!(13)  コメント(0) 

やる気を出す音楽は色々聴いてきたがこれが一番かな [生産性・自己管理・時間・断捨離]


僕は音楽の力を
借りることがよくあります。


音楽療法的な意味で病気の治療をする時、
アイディア量産のためにα波を出したい時、
気持ちを切り替えたい時、涙活したい時、


こういった時に、
Youtubeで探して聞いています。


最近聴いているのはこの曲。
不思議なくらいやる気が湧いてきます。







これまでも色々試してきましたが、
個人的にこれは一番かもしれません。
大学受験の時に知っておきたかった。


こちらの記事もあわせてお読みください。
>> どうやるの?超簡単にリフレッシュできる音楽療法!


nice!(13)  コメント(0) 

過激なやり方...と噂の時間術の本を読んだら本当に過激だった [生産性・自己管理・時間・断捨離]


書籍レビュー
ダン・ケネディ著
「屁理屈なし社長のための時間の使い方 改訂版」


屁理屈なし 社長のための時間の使い方 改訂版.jpg


「なぜこんなにも時間がないんだろう?」
「もっといいやり方があるんじゃないか?」


これは、ここ数年、
僕がずっと悩んできたことです。
時間術の本も色々と読んできました。


時間術の本って、
気のきいたことを言っているわりに
全然効果のないものや
理屈は分かるけど実践しにくいものが
よくあるかなと僕は感じていますが、


このダン・ケネディの本に
書いてあるものについては、
すぐに使えて、すぐに変化を
実感できるものばかりという印象です。


基本的に、
ダン・ケネディのノウハウというのは、
綺麗事とか、かっこつけとか、理屈とか、
そういったことがなく、
実用的なものが多いように思います。


中には過激な内容もありますが、、^^;
姿をくらませろ、携帯電話に出るな、
邪魔者を意のままに操れ、、など


この本を読んで、
時間に対する概念が変わりました。
特に、自分がどこで時間を浪費しているか、
これが痛いほど分かりました。


>> 「屁理屈なし社長のための時間の使い方 改訂版」


nice!(8)  コメント(0) 

断捨離のヒントー自己肯定感を下げるモノとは? [生産性・自己管理・時間・断捨離]


最近、仕事において、進むべき道というか、自分の強みを活かせるところが明確になってきたので、これに伴い、その道には必要のないPCデータや書籍を断捨離しています。


昔読んでいたブログの記事にこんなことが書いてありました。(うろ覚えで正確ではないです。)


『勉強でも、スポーツでも、人間関係でも、残念な結果になってしまった経験は誰にでもあると思う。例えば「3ヶ月間一生懸命にTOEICの勉強をしたけれど結局スコアは大して変わらなかった」「学生時代はサッカー部に入って頑張っていたけどずっと補欠だった」など。実はこういう残念な気持ちはモノに宿っている。TOEICの例で言えば参考書や机に、サッカーの例で言えばサッカーシューズや卒業アルバムに宿っている。それが自分の部屋に置いてあるならそれは考え物。なぜなら、無意識的に「残念な自分」を思い出すことで、自己肯定感を下げてしまうからだ。』


今断捨離しているPCデータや書籍には、苦手意識のあるところや、理解が中途半端なところが結構あるんですよね。これを機に自己肯定感アップを狙います。


最強の時間術-時間がない人ほど時間を使っている [生産性・自己管理・時間・断捨離]


時間術の本にこんなことが書いてありました。


もしも、今あなたが自分の人生の時間が足りないと思っているとしたら、あなたはすでに時間を味方につけていると言えます。大きな目標を持っている人ほど、逆算した時に、時間が足りないと思うからです。逆算すると焦りが生まれます。でも、その焦りこそ、自分にとって時は貴重なのだということを痛感させ、急ぐ気持ちを生み出し、ゴールまでの最短コースを探させるのです。

引用元:齋藤孝著「最強の人生時間術」



僕も、かつて在籍していた職場で、こういう教えを受けました。時間がない人というのは、時間がないからこそ、先延ばしせずに行動するし、周りに流されないし、枝葉を断捨離できるし、集中力が高まるんですよね。それだけ成果を出しやすいのです。そういう事例をたくさん見てきました。


また、僕の場合、時間が欲しいからこそ、生産性を高めるために健康に気を使うようにしています。例えば、多少高くても無添加、無農薬、天然のものを食べたり、鍼灸で気のめぐりを整えたり、ウォーキングをしたりなど。これは生産性が高まるだけでなく、老化が抑えられ寿命も延びるので、使える時間が増えますね。


時間がないという人ほど、時間を味方にしているのです。


p.s.
斎藤孝さんの「最強の人生時間術」は面白い考え方が多いのでおすすめです。時間術に関心のある方はチェックしてみてください。







なぜ寂しさを克服すると使える時間が増えるのか? [生産性・自己管理・時間・断捨離]


最近読んだ時間術の本にこんなことが書いてありました。


人は本当にさびしくなる前に、さびしい状態を回避するため、時間という資本を取り崩して、とりあえずのコミュニケーションでさびしさをごまかしてしまうという性質があります。ということは、このさびしさ対策をしないと、基本的に十分な時間は手に入らないということです。

引用元:齋藤孝著「最強の人生時間術」



自転車.jpg



僕は経験的にすごく分かります。


学生時代、とても孤独な時期があって、テレビのお笑い番組に依存していました。それである程度は孤独感がまぎれるのですが、だからこそ現状を変えようという意欲がなくなって、結果的に時間を無駄にしてしまう、ということがありました。


また、20代後半、本当は家で資格取得のために勉強をしなくてはいけない状況だったのですが、当時の仕事の責任があまりに重く、一人になるのが怖くて、やたら飲み会を開いて時間を潰してしまう、ということがありました。


齋藤孝さんの言う通り、さびしさは時間の浪費につながると思います。


僕が変わってきたのは、潜在意識や代替医療を学んで、自分で心のケアをするようになってからです。インナーチャイルドにアプローチしたり、心の毒をデトックスしたりすることで、不動心みたいなものが芽生え、お笑い番組や飲み会がなくても全然大丈夫になりました。


さびしさに限らず、心がしっかりしていれば大抵のことは乗り越えられます。根幹的な問題を解決すれば枝葉の問題も解決するのです。


お金を使わない東大卒の生活から学ぶ [生産性・自己管理・時間・断捨離]


「年収100万円の豊かな節約生活術」という本(リンクは記事下部に)を読みました。著者は、東大を出て一流企業に勤めていたが、30才で退職し、それからの20年間、定職に就かずに生きてきた自称プータローの方です。


節約のためというより、「どうすれば生活がシンプルになるか」「どういった浪費があるか」に気づきたくて読みました。


ただ安く済ませるための方法論が書かれているのではなく、「いかにあるものを活かすか」「いかに無駄を省くか」「いかに工夫して質を高めるか」といったことが書かれています。


生活全般に関わってくるような内容ですが、著者がかなりの料理好きで、それに関する内容が多いですね。「格安食材でいかに素晴らしい料理を作るか」ということを考えておられます。僕も料理をするので参考になりました。料理本としても読めると思います。


大量生産・大量消費の現代ですが、たくさん稼いで、たくさん買うことが必ずしも幸せなわけではない、ということに気づかせてもらえます。著者の言葉から、「お金や物がなくても知恵や見方次第でいくらでも人生は豊かになる」「創意工夫することが楽しくて生きがい」ということが伝わってきました。お金を使わなくなると、それまでお金で解決してきた問題に取り組むようになるので、創造性や達成できた時の満足感が増すんですよね。


貨幣経済において、お金の使い方を見直すことは、生き方を見直すことにつながってきます。生産や消費を増やすこと、お金を稼ぐことにこだわった結果、体を壊して医療費負担が増えたり、詐欺が増えたり、環境が破壊されたりする現状を見ると、こういう生き方もありかなと僕は思います。


節約したい人、生活をシンプルにしたい人、料理が好きな人におすすめです。




「捨てる」以前に「買わない」という選択 [生産性・自己管理・時間・断捨離]


大量生産・大量消費の問題に取り組む人たちが作ったネット動画を見ていました。「どんなに頑張って運動しても、大手メディアの力には敵わず、思うように進まない、、」「インターネットで個人メディアを持てるようになってきたが、それでも大手にはまだまだ敵わない、、」というメッセージでした。



買い物.jpg




現代は大量生産・大量消費の時代、、、次から次へと新しいモノに飛びついては、次から次へと断捨離していく時代、、、


企業が新しくモノを作ると、企業とメディアが新しい価値観を作り、その度に新しい消費行動が起こります。どんなに流行したモノも、少し時間が経過すると、メディア側の誰かが、「カッコ悪い」「時代遅れ」という情報を流します。


消費活動と言うのは作為的に行われているんですよね。欲望を刺激されて、購買を繰り返すことは、とても寂しいことだと思うことがあります。


もちろんモノにより生活が向上したり、問題が解決することもあると思います。料理が好きで大事な人に食べさせたいから美味しく作れる道具を買う、健康のために運動したいからフットサルシューズを買う、自分を高めるために本を買って気づきを得る、こういう消費は、モノに対する愛情が芽生えやすく、大切にするようになるので良いと思います。


でも、最新のスマホや家電が出る度に乗り換えるとか、「今年はこれが流行る」という情報の度に新しく着るものを買い揃えるとか、そういう刹那的な消費は寂しい気がしています。


モノにも魂は宿ると思うし、欲しくても買えない人もいるだろうし、これだけ移り変わりが激しいと、どこかに負担がかかってしまうと思うんですよね。自然界を壊したり、ゴミが増えたりなど。


大量生産・大量消費の問題は、誰もが考えるべき問題だと思います。


追い詰められるのも悪くない [生産性・自己管理・時間・断捨離]


少し追い詰められています、、


でもこういう状況は、
嫌いでありません(笑)


人間というのは、
追いつめられている時に、
パフォーマンスが
引き出されてきます。


集中力、発想力が高まって、
誘惑にとらわれなくなって、
感性が敏感になって、


それまで、
思いつかなかったことを
突然思いついたり、


それまで
感じることがなかったものを
突然感じたり、


新しい自分の能力を発見したり、


そうやって、創造性が増して、
いい仕事ができるようになるのです。


逆に、安住の地にいると、
怠けがちになって、周りに流されて、
大した成果がないまま
時間だけが過ぎていくのです。


「東京ー大阪は超近い」と思う理由 [生産性・自己管理・時間・断捨離]


僕はあまり旅行に行かない人です。


絶対に行かないわけではなく、
箱根など比較的近場の温泉地に
旅行に行ったことは何度かありますが、


「それ以上は遠くて行きたくない」
「大阪とか東北とかは億劫だ」
という思考でずっと生きてきました。


でもよくよく考えみれば
全然遠くないんですよね(笑)


東京ー大阪間は
新幹線で2時間半ですが、
これはとても近いと思います。


夜行バスも
8~9時間とよく聞きますが、
これでも近いと思います。


何を言っているのか
よく分からないですよね(笑)


科学の発達した便利な時代に
生きていると錯覚することもあるかな
と思うのですが、


新幹線やバスのない時代に
生きていた人から見れば、
あっという間レベルだと思うんですよね。


江戸時代の人は、
東海道の東京ー大阪間を歩く際、
13~15日かかったそうです。


飲食費・宿泊費もばかになりません。
雨風にさらされることもあるし、
疲労も蓄積していくのです。


こう考えたら、
めちゃくちゃ近いですよね。


江戸時代の人から見れば、
2時間半なんてありえない早さだし、
ただ座っているだけでいいなんて、
快適すぎると思うのです。


気づくの遅いな~(笑)
もっと行動しなきゃ


前の10件 | - 生産性・自己管理・時間・断捨離 ブログトップ
脳力サポート