So-net無料ブログ作成
検索選択
反省・改善・自分の責任 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

環境を味方にするとは? 盲点になりやすいが超大事 [反省・改善・自分の責任]


今日から新年度ですね。


ここ最近で、住む場所を
変えた知人が何人かいます。


その中の一人が


 近くに、コンビニや居酒屋が
 たくさんあるマンションに
 引っ越したんだけど、
 ついつい食べ過ぎちゃうし、
 なんか仕事に集中できないし、
 夜更かしも多くなりそう。
 間違えたかな、、


と言っていて、
思わず笑ってしまいました(笑)


経営コンサルタントの
大前研一さんもよく仰っていますが、


住む場所による影響はとても大きく
人間が人生レベルで変わってくること
もありえると僕は思います。


僕が大学時代住んでいた
ところの近くに、立ち読みOKの
大きな本屋さんがありました。


暇さえあれば、
この本屋さんに出向いて、
立ち読みをしていました。


(もちろん立ち読みだけでなく、
 購入することもありました。)


今の僕が、
相手の悩みに応じた本を紹介できたり、
毎日記事を書けたりするのは、
こういう環境だったからかなと思います。


こういう環境でなければ、
紹介できるものも記事ネタも
なかったと思います。


何が言いたいかと言うと、
何をするにも、何を目指すにも、
環境を味方にできるかどうかで
方向性や結果が変わってくるのでは、
ということです。


その知人は、痩せたい願望が
あるみたいなのでちょっと心配です。


食べ物のない環境で
痩せることは簡単ですが、
食べ物がたくさんある環境で
痩せるのは大変です。


「あなたのために言っている」は危険? [反省・改善・自分の責任]


今日の記事はネガティブです。


「あなたのために言っている」
と言いながら、一方的に、
相手を責めている人を見かけました。


正直、僕は、
「あなたのために言っている」
という言葉が好きではありません。


もちろん、
場合にもよるものですが、


本当に相手のためを思っている人が、
「あなたのために言っている」
という前置きをするかな、、?


純粋な思いやりから、
そんな言葉が出てくるかな、、?


本当に、相手のためを
考えているのであれば、
一方的な態度は
とらないと思うんですよね。


「あなたのために言っている」
という言葉をつかうことにより、
自分がしていることを、正当化
している人もいるかなと感じます。


つまり免罪符です。


この免罪符を使われると
反発できません。


もし反発すれば、
人の善意をないがしろにするやつ、
とみなされてしまいます。


本当に相手のことを
考えている人が
こんなことをするのかな?


あくまで個人的な見方です。


もちろん、
場面や話の流れにもよります。


「失敗や悩みはあった方がいい」と思えるようになってきた [反省・改善・自分の責任]


失敗や悩みがあるのは、
いいことだと思います。


失敗するのは挑戦している証拠、
悩むのは改善の意志がある証拠。


それだけ成長していけるのです。


逆に、
何の失敗も、何の悩みもない
日々というのは、何の成長
もなく無為に過ごす日々です。


もっと言うと、
若い時ほど、失敗や悩みが
あった方がいいと思います。


人生を80年とした場合、
60才で得たものは
20年しか活かせませんが、
30才で得たものは
50年活かすことができます。


若い時に、
失敗したり、悩んだりした人ほど、
よりパワーアップした
自分で生きていけるのです。


もちろん、より長生きすれば、
より活かす期間が長くなります。


なので日々挑戦、日々改善です。


これができる人は、
いつまでも元気で若くて、
長生きもしやすいのです。


ジョブズ・イチローが取り入れる禅的生活とは?簡単に出来る例を紹介 [反省・改善・自分の責任]


他人の価値観に
振り回されないように、
余計な悩みを抱えないように、
無駄なものをそぎ落とし、
限りなくシンプルに生きる。
それが"禅スタイル”。

ちょっと「習慣」を変えるだけ。
ちょっと「見方」を変えるだけ。

シンプルに考える癖をつけると、
悩みがすっと消える。
シンプルな習慣を身につければ、
生きるのはずっとラクになる。

引用元:枡野俊明著「禅、シンプル生活のすすめ」



南禅寺.jpg


僕は、数年前から、
「自分一人の時間を持つ」
「思考や生活をシンプルにする」
「本質的なものだけを見る」
「小さなことにも感謝の意識を持つ」
といった禅的な思想を取り入れています。


特に意識しているのが、
反省をするときです。


具体的なやり方としては、
まず、部屋を綺麗に掃除します。


そして、食べ物、情報、
音、匂い、明かりなど、
なるべくインプットを遮断します。


こうすれば、認識するのは、
自分の感情や思考だけになり、
必然的に、自分自身と
向き合うようになってきます。


多忙、情報過多、
見栄、体裁、損得勘定
により隠されていたものを、
把握できるようになり、
答えが見つけやすくなるのです。


執着に気づいたり、
思い込みを外せたり、
不毛な感情から解放されたり、


そうやって、
改善しやすくなっていくのです。


また、我欲が取り払われ、
感謝の意識も生まれていきます。


全然気づかなかったけど、
あれが成功したのはあの人のおかげだな、
といったことに気づいてくるのです。


これは禅的生活の一例ですが、
物には恵まれているけど、
なんだか生きにくい、という現代は、
こういう意識が大事かなと思います。


禅的生活と対照的なのが、
物に囲まれた生活です。


物がたくさんある方が豊かだ、
という価値観に僕は懐疑的です。


余計なものを手放せば、
雑念や迷いから解放されて、
気持ちに余裕が出てきます。


本質的なものに集中するようになり、
(例えば、誰かのものよりも個性
消費よりも生産、停滞よりも創造)
結果的として自分自身が
豊かになってくるように思います。


p.s.
枡野俊明さんの書籍
「禅、シンプル生活のすすめ」は
気軽に禅思想を学びたい方、
シンプル生活をしたい方におすすめです。
レビューはこちらに書いてあります。
>> 前提知識不要!手っ取り早く禅の思想を取り入れたい場合はこの本!


簡単に起業できるからこそ、苦労を買ってでもするべし [反省・改善・自分の責任]


やはり、「何年もずっと月収が5桁だったけど、入塾後2、3ヵ月で7桁に」「今は仕組み次第で誰でも増やしていけることをお伝えしたい」といったSNS起業塾の宣伝には懐疑的です。


今起業ブームですが、生き残るのはほんの一部です。1年後には40%、5年後には15%、10年後には6%と減っていきます。


飛びつきやすく、すぐに結果が出るものというのは、テクニック的なこと、誰でもコピー可能なこと、表面的なことでしかなく、何も身につかないんですよね。それらが通用しなくなったとき、対応できなくなるのです。


僕の周りで成功している人って、苦労人ばかりです。起業したけど何年もうまくいかず、食べるものがなかった、4畳半のアパートに引っ越した、借金が出来てしまった、精神を病んでいたなど。


だから成功したのです。苦労したからこそ、自分に向き合って、「どうすれば自分を変えられるか」「どうすれば人のお役に立てるのか」を必死で考えたんです。


時代や仕組みに依存した手法というのは、長期的に成功する人が最もやらないことだと僕は思う。


手法が通用しなくなった時、塾運営者は、収入がなくなるだけでなく、依存体質の人のクレーム処理に追われるような気がしてならない、、


安岡正篤氏の言葉をシェアします。

『枝葉末節のものほど、非常に移り変わりが激しいから影響力が大きく見えるが、それはまことに陰であり響であって空しいものだ。すぐに消えてしまう。 本質的なるものの影響は影響ではなくって、それはもう骨髄に入る。ものになる。身になる。身につく。これは影響ではなくって感化という。』

引用元:安岡正篤著「安岡正篤一日一言」



これは納得-増税は有難いメッセージ [反省・改善・自分の責任]


僕の知り合いが面白いことを言っていました。


『消費増税や煙草増税というと、みんな嫌がって反対するが、本当は、「今のこの生活をこのまま続けますか?」「この機会に見直してみませんか?」という有難いメッセージなんだ。』


確かに、あれこれ商品やサービスに依存するのではなく、既に身近にあるものや、自分に元々ある力を活かせば、消費が減る分、税負担も減ってきます。


例えば、風邪をひいたとき、薬を買えば消費税がかかりますが、自分にある自然治癒力を活かせば消費税はかかりません。レストランやコンビニなどで外食・中食していれば消費税はかかりますが、自分で野菜や米を作ったり、調理をしたりすれば、消費税は減ってきます。喫煙すれば煙草税がかかりますが、禁煙すれば煙草税はかかりません。


僕は元々喫煙者でしたが今はスッパリやめました。禁煙したいと思った理由はいくつもあるのですが、大きな理由としては、「煙草増税の度に重い気分になるのが嫌だった」からです。もし煙草がずっと安いままだったら、今も喫煙者だったかもしれません。


『人生にはおもしろくないことがたくさん起こる。それは全て自分に責任がある。何かを気づかせるために起こるということを知っておいたほうがいい。この世に起こることは全て必然で必要、そしてベストのタイミングで起こる。』松下幸之助


増税というのは、個人の問題というよりは社会全体の問題。みんなで、物質至上主義、貨幣経済、大量生産・大量消費について、考え直すべき時期なのかもしれません。


[関連記事]
仏陀の教え!得ることは不自由、捨てれば自由!


島田紳助氏の名言-若さの値段 [反省・改善・自分の責任]


島田紳助さんの言葉をシェアします。


『年をとった人間は、若さが買えるなら1億円だって払う。だから、若いということは、ポケットに1億円持っているのと同じ。でも使わないでいると、なくなってしまうお金なんだよ。だから、使わないと。』


確かに。


「今すぐ1億円あげるよ。その代わりに20歳年をとるけどね。」と言われたら断ると思う。若さとか、時間というものには、そういった価値があるんですよね。20代であれ、50代であれ、どの世代でもそうだと思います。


僕自身、10代後半から20代前半の過ごし方には後悔しています。遊んでいたとか、怠けていたというわけではないのですが、時間管理・健康管理・目標管理をしながら、もっと様々な経験を積んでおけばよかったなと。


大して成長しないまま、資産もないまま、年を重ねてしまったように思います。


ただ悩むだけで行動しないとか、表面的なものにとらわれるとか、一時的な利益を追い求めるとか、いらないです。

 
「タイム・イズ・マネー」「タイム・イズ・ライフ」という意識で精一杯生きていきます。


[関連記事]
なぜ「してしまったこと」より「しなかったこと」に後悔するのか?


無理は禁物-お酒を飲んで体の声を聞く [反省・改善・自分の責任]


最近少しだけ
お酒を飲むようにしているのですが、
何故か泣いてしまいます(笑)


具体的な何かがあって、泣くのではなく、
よく分からないまま泣いてしまうのです。


多分、毒出し・好転反応
みたいなものだと思います。


疲労とか我慢とか変化があるから、
体の方が、ここぞとばかりに、
リセットしようとしているんだと思います。


体の声ですね。


やはり理性で気持ちを
抑えつけてはいけません。


大脳辺縁系の働きが抑制されて、
感情のデトックス力が弱まるし、
喜怒哀楽を表現できなくなるようです。
当然、パフォーマンスも低下します。


泣くのはかっこ悪い、
という風潮もありますが、泣ける時に
泣いておいた方がいいと僕は思います。
笑える時が早く来ます。


現代人が環境問題に無頓着になる原理 [反省・改善・自分の責任]


最後の木が切られたとき、
最後の川が毒されたとき、
最後の魚が釣られたとき、
ようやくあなたは、
お金が食べられないことを悟るだろう
(アメリカンインディアンのことわざ)


現代は、自然界の恵みが人間の
都合のいいように使われているし、
社会毒もまき散らされています。


自然界に、再生・浄化作用が
あったとしても、追いつかない
レベルだと思います。


個人主義・競争原理の
学校教育を受けていると、
自分の利益、立場、問題だけに
フォーカスしがちですが、


本来は、一人ひとりが、
個人を超えた人類共通の問題に
携わっているべきなんですよね。


「見る力」「見抜く力」
というものがあります。


本物と偽物を見分ける力であったり、
物事の本質を捉える力であったり、
目に見えない世界を感じとる力であったり、


本来そういう力があったとしても、
エゴに支配されてしまうと、
自分にとって都合のいい情報しか
入ってこなくなるのです。


個人を超えた問題に
取り組もうとしなくなるのです。


生きていくために
必要なのはお金ではないこと、
自然というものがお金には
代えられないものであること
に気づくべきです。


お金は食べれません。


今ある恩恵に感謝せず、自然を大事にせず、
「お金がないと不幸」という人は、
お金が手に入っても振り回されるだけです。


縁なき衆生は度し難し-聞く耳を失ったら同時に自分も失う [反省・改善・自分の責任]


縁なき衆生は度し難し・・・
仏縁のない者は、すべてに
慈悲を垂れる仏でも救えない。
転じて、人の忠告を聞こうとも
しない者は救いようがない。
         ―仏教―



人の忠告を聞く耳を失ったら、
同時に自分も失います。


自分だけでは
気づけないこともあるからです。


自分を失った人間には
何もできません。


今の僕は苦難の最中です。


知人に改善点を
洗い出してもらおうと思います。


前の10件 | 次の10件 反省・改善・自分の責任 ブログトップ
脳力サポート