So-net無料ブログ作成
検索選択
挑戦・試練・自助努力・継続 ブログトップ
前の10件 | -

仏教の変毒為薬ー辛いことがあっても今ここから人生を始められる [挑戦・試練・自助努力・継続]


これ以上ない借金を背負ったり、
仕事で手に負えないトラブルが起きたり、
医者も投げ出すような病気になったり、


不思議なもので、
こういった逆境経験のある人ほど、
後に成功している例がよくあると感じます。


また、そういう人達は、
自分にとって必要な経験だった、
と口を揃えて仰います。


僕も、逆境というものを、
多少は経験しましたが、振り返ってみると、
逆境の時ほど、普段得られない
貴重な学びがあったりするんですよね。


仏教には「変毒為薬」
という言葉があります。


逃げたくなるような逆境に、
遭遇することはあるかもしれないが、
それを克服していってこそ、
大きな人間的成長があり、新しい
世界を見れる、といった意味です。
(結果的に、毒が薬として作用する)


よく言われる、
「人間万事塞翁が馬」
「艱難汝を玉にす」
と似ていますが、
もっと深い意味があります。


薬と毒というのは、
明確に区別できるものではありません。


それは薬なのか、それとも毒なのか、
これは場合により変わってくるものです。


同じものであっても、
その配合の仕方、量、
飲む人の体調、タイミングにより、
薬として作用する場合もあるし、
毒として作用する場合もあるのです。


そして、これは、
人生においても同様なんです。


様々な事が人生では起こりますが、
それが望ましい結果につながれば、
それは薬だったと言えるし、
そうでなければ、それは毒だった、
ということになるのです。


また、それまで、
毒として作用していたものも、
一旦状況がよくなってしまえば、
一切が薬となります。
もちろん、その逆もあります。


こう考えると、
全ては自分次第なのです。


境遇が、
自分の幸・不幸を決めるのではなく、
自分の捉え方、活かし方によって、
全てが決まってくるのです。


「何があっても自分の糧にする」
という見方をすれば、
境遇に幸も不幸もないのです。


どんなに辛く
受け入れがたい過去があったとしても、
今ここから始めることができるのです。


「幸」は「辛」に「一」を足したものです。


辛いことがあっても、
そこに何かを足せば幸せになれるのです。


これは、NLPや引き寄せの世界で言う
「リフレーミング」に通じるものですね。


[関連記事]
日記を読み返していて「悩みはあった方がいい」と思えた
逆境時にはこれを読んで!僕が逆境時に意識している4つの名言!


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


独自の成長論ー能力・センス・学歴・資格よりも大事なもの [挑戦・試練・自助努力・継続]


人生というのは、「何事も挑戦」「何事も経験」だと最近感じます。今の僕の生きるの力となっているのは、能力・センス・学歴・資格といったものよりも、経験により掴み取ったものばかりです。能力・センス・学歴・資格によるものなんてほんの一部です。


子どもの頃から、これまでに経験したことは、財産として自分に蓄積されています。思い出せなくても、体や脳が覚えていて、必要な状況になればすぐに引き出されてきます。


学生時代では、あらゆるジャンルのアルバイトをしたこと、あらゆるジャンルの書籍を読んだこと、就職活動の時に自己分析したこと、人間関係に悩んで色々な人に相談したこと、


社会人になってからは、プレゼンや折衝の場数を踏んだこと、システム設計の仕事をしたこと、体調不良をきっかけに自分なりの健康法を確立したこと、長時間労働という境遇から、自分なりの時間管理法・断捨離法を確立したこと。


これら全ての経験が、自分の財産として蓄積されています。


「このスキルはあの仕事をした時に身に着けたものだな」「この考え方はあの苦しい時代に見出したものだな」という感覚があります。また「あの経験があったからこそ今回成功できた」「あの経験があったからこそ誰々さんの悩み解決につながった」ということがよくあります。


経験というのは本当に財産だと思います。


一般的に財産というと、金銭的なものですが、それは使えばなくなります。一方で、経験はなくならないし、人の役に立つ力・お金を稼ぐ力として恒久的に使えます。税金もかかりません。誰かにとられることもありません。もっと言えば、難しいものほど、他の人が経験していないものほど、大きな財産になります。


こう考えると、「いずれ役に立つときがくる」「いずれより大きな財産になる」というマインドが生まれてくるんですよね。チャレンジ精神が湧いてくるし、どんな経験にも感謝できるようになってくるのです。


いつも同じことを言うようですが、正解主義・減点主義の学校教育の刷り込みがあると、「失敗できない」「評価を下げたくない」という意識が生まれて、チャレンジできなくなるのですが、これは本当に勿体ないと僕は思います。(参考記事


あと、ペーパーテストによる評価制度にとらわれていると、知識を蓄積するだけで満足してしまうのですが、これも同じく勿体ないと思います。(参考記事


やはり、いくら学歴や資格があっても、いくら才能やセンスに恵まれていても、体験から何かをつかみ取ろうとしない人は何も積み上がっていきません。


余計なメンタルブロックを外して、どんどんチャレンジして、自分なりの財産を積み重ねていきます。


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


「報酬がなくてもやりたい」と思わせるには? [挑戦・試練・自助努力・継続]


「とにかくゲームが好き」という人たちを集めて、とある実験が行われました。


グループを2つに分けて、グループAには、ゲームをクリアするごとにお金を与え、グループBには、ゲームをクリアしてもお金を与えませんでした。


するとどうなるでしょう?


休憩時間に、グループBは楽しくゲームをするのですが、その一方で、グループAはゲームをしなくなりました。


本来、内発的動機(自分が好きだからそれを行う)で行っていたことに、外発的動機(外的な何かの影響を受けてそれを行う)を与えると、外発的動機のために動くようになってしまう、ということです。


これは社会心理学で有名な実験です。


「お金・評価が得られるなら行動をする」「お金・評価が得られないなら行動をしない」 こういうことって結構あるような気がしています。例えば、学校の勉強、仕事、家事など。


できることなら内発的動機で動きたいですよね。


外発的動機であれば、「しんどい」「どうやって楽をしようか」「どう言い訳しようか」という意識が生まれやすく、内発的動機であれば、「機会に感謝」「勉強させてもらっている」「どう改善しようか」という意識が生まれやすいと思います。


ネットビジネスに取り組み始めた時の僕は、「どうすれば収益が増えるか?」ばかりを考えていました。でもうまくいかないんですよね。ある時から、「どうすれば相手のメリットになるか?」「どうすれば成長できるか?」と考え始めたのですが、それからモチベーションが出てきて、いいアイディアも湧くようになって、収益も増えるようになってきました。


僕の知り合いに、「報酬はないけれど仕事の仕方を学べるから」と、2年くらい、ある成功者の付き人をしていた人がいます。彼は今大成功しています。その人から学んだビジネスのマインドやノウハウと、その時形成した人脈を活かしているからです。


報酬なんて考えない方がいいんです。報酬を手放せる人ほど後からついてきます。


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


年をとること、年を重ねることの素晴らしさとは? [挑戦・試練・自助努力・継続]


「若さはそれだけで価値」
「若い時は若さの価値が分からない」
「知らないうちに年をとってしまった」


なぜだか、最近、
こういう言葉がよく入ってきます。


僕に対する、何かの
メッセージなのかもしれません。


桜と仲の良い夫婦の散歩.jpg


「ずっと若くいたい」
と思うことはたまにありますが、
年をとることは避けられません。


大事なのは、年のとり方ですね。


何もせずに、ただ年を
とっていくのだけは絶対に嫌です。


時間と共に、自分を成長させたり、
財産(知恵、知識、スキル、人脈)
になるものを積み重ねていきたいです。


現代で言えば、
自分が作った記事や動画などの
コンテンツも財産になると思います。


もちろん、知恵や知識を得る度に
それをコンテンツ化していく、
ということでもよいと思います。


質やニーズにもよりますが、
コンテンツは、それ自体で
集客や収益につなげることができます。


年齢とともにストックが増え、
それが価値を生み続けるような
仕組みも作っていこうと思います。


誕生日の度に、
がっかり落ち込むのではなく、


毎年、成長と増えた財産を喜ぶような、
またそれを周りとシェアしていくような
年の重ね方をしていきたいものです。


p.s.
特集記事「書籍のレビュー記事一覧」を更新しました。


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


ボロボロになるまで何度も読みたい成功哲学本 [挑戦・試練・自助努力・継続]


成功哲学の分野で有名な書籍
「7つの習慣」のレビューを書きます。


7つの習慣-成功には原則があった!.jpg


著者のS・R・コヴィー氏は、
世界的に高い評価を受ける
経営コンサルタントで、
この「7つの習慣」は企業研修でも
よく使われる有名な成功哲学本です。


成功に関する文献を
調査、分析、整理し、
導かれた普遍的な原理原則を
「7つの習慣」として体系化しています。


ちなみに、テクニックに
ついてはあまり書かれていません。
著者は、テクニック中心で
生きることに批判的です。


相当にボリュームのある本ですが、
端的に言えば、


他律や他責、甘えなど、
他への依存を断ちきり、
主体的に個としての自分を成長させた上で、
他との相乗効果を生み出していくこと
(依存→自立→相互依存)


この方法論を
説いているのだと思います。


主体性マインドや物の見方の養い方、
自分自身を知るための方法、
自己管理能力・生産性・影響力の高め方、
創造的な協力体制の築き方


など、社会的成功に
必要な要素は十分におさえてあります。


また組織論や人格論に
フォーカスした部分もあり、
人間関係の豊かさや精神的な成功
にもつながる内容だと思います。


ただ、すぐに
実践できるような内容ではないし、
分厚くて、難解な表現もあるため、
何度も繰り返し読み、実践化・習慣化
していかなければ身につかないと思います。


そういう意味で、
本気で自分を変えたい人向けです。


僕自身、何度も読み返していますが、
その度に、あいまいな点、断片的な点が
統合されてきています。


そして、出来ることから
素直に実践していくことで、
問題や非効率を生み出していた
習慣を特定できるようになってきたし、
個としての自分も強化されてきました。


それだけ仕事の進め方や時間の使い方、
人間関係も好転してきたように思います。


若いころから読んでいれば、
仕事の面でも、プライベートの面でも、
もっと良い人生になっていたかな、、
と少し後悔しています(笑)


自己啓発や成功哲学に
興味のある方は是非読んでください。






★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


人生は苦難があった方がいい理由 [挑戦・試練・自助努力・継続]


難の無い人生は無難な人生
難の有る人生は有り難い人生

     -筆談ホステス斉藤里恵-



かつて壮絶な「難」と
対峙したことがあります。


かなり悩み苦しみました。
時間もかかりました。


今になってわかるのは、
その「難」は自分にとって
有難い出来事だったということ。


「難」があったおかげで
これまでにない創造性を発揮できたし、
結果として、潜在能力も引き出せました。


人は、上手くいかないときほど、
あれこれ調べたり、自分の頭で考えたり、
工夫したり、試行錯誤したりしますが、


その過程で、楽をしていては得られない
力が身についてくるんですよね。


そして、その力は、それ以降の
自分の人生を豊かにしてくれるのです。


また、「難」があったからこそ、
支えてくれる人、健康、自然の恩恵、
そして何気ない日常に
感謝するようになりました。


「難」を経験できて良かった。


有難う!!


[関連記事]
松下幸之助流-台風をプラスに捉えてみる
どんな逆境であってもこう考えれば乗り越えられる


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


松下幸之助流-台風をプラスに捉えてみる [挑戦・試練・自助努力・継続]


台風の時期には、平生の確固たる信念に数倍した強いものをもって、じっと辛抱し、それを見守り、やがて過ぎ去っていけばその後片付けをする。その際には、とんだ看板はよりよき看板にする。さらに店が荒れればよりよきものにつくり替える。そうすると、台風を転機として、お互いの商売はそこに再建され、さらに改善されていく。

引用元:松下幸之助著「松翁論語」



ピンチの時には改善点が洗い出せるということ。今の僕に必要な言葉です。


ピンチとチャンスは同時にきます。自分の人生を振り返ってみればどれもそうでした。本当チャンスに恵まれている。


松下さんの例えは分かりやすい。


あと、マイナスをどうプラスに捉えるか、ということについて松下さんの右に出る人はいないです。
 
 
[関連記事]
松下幸之助氏の名言から学ぶ「禍転じて福と為す」生き方の本質
経営の神様!松下氏の物の見方を学びたいならこの本!


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


苦難の時、いつも心掛けている7つのマインドセット [挑戦・試練・自助努力・継続]


苦難に対峙したとき、僕がいつも
心掛けている7つのマインドセット
 
 
①苦難は今の自分にとってはネガティブ
 なことでも、それを乗り越え成長した
 未来の自分からみればポジティブなこと
 
②人生や人情の機微というのは苦労しない
 と分からない。達成感や誇りもなく、
 努力の真価や人の痛みも分からずに
 生きていくのはそれはそれでつまらない。
 
③自分にしか歩めない道で
 得られたものは、自分の価値になる。
 
④苦難から得られた知恵や教訓は
 人に伝えることでも活かされていく。
 
⑤人間は追いこまれないと
 潜在能力は引き出されない。
 
⑥苦難を乗り越えた、
 という経験は自信につながる。
 
⑦何気ない日常に感謝できるようになる。
 
 
以上です。
 
 
今の僕は苦難の最中ですが、上記の
ようなことを意識して取り組んでいます。
 
 
苦難に対して前向きなイメージを
もつことで、やりがいを見出し、疲れや
苦労を充実感に転換するようにしています。
 
 
この経験を通して、目先の利益に
惑わされない、不毛な感情に支配されない、
周りに依存しない、未来の不安に負けない、
そんな精神力を身に着けたいです ^^


[関連記事]
努力の天才イチローの名言をシェア!継続は力なり!継続は財産なり!
神田昌典の名言!問題が起こらない場所がひとつだけある!それは○○


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


どんな逆境であってもこう考えれば乗り越えられる [挑戦・試練・自助努力・継続]


今の僕は逆境の最中にいます。


体調不良(毒出し)、、、
度重なる仕事上のトラブル、、、
近しい人の災難、、、


今逆境でも、


・1年後には忘れている
・命まで取られるわけじゃない
・自分だけに雨が降るわけではない
・全て自分が引き寄せている


こう考えれば
大抵の事は乗り越えられるかな。


乗り越えられるだけでなく
成長というギフトも与えられます。


| 人生でうまくいかないことがあれば
| 思いだそう。飛行機が大空に羽ばた
| くためには、逆風に向かって離陸し
| なければならない、ということを。
| (ジェームズ・スベンソン)


青い空.jpg



どんなに辛い現実であっても、
自分(の潜在意識)が引き寄せています。
これはオカルトでも比喩でもなく
厳然たる事実です。


思考が現実化する原理が書かれている
左脳系スピリチュアル-サトリさんの
電子書籍を読んで腑に落ちました。


苦しみ、恐れ、厳しさ、後悔、、、
それら全て自分自身が創造している
と理解できた時の解放感、安堵感、癒し
は今でも忘れません。


自分の人生は自分の責任です。


人のせいにするだけ無駄。
環境のせいにするだけ無駄。


「全て自分が創造している」
「自分の努力次第で道は開ける」
と考えた方が人生は絶対楽しいです。


p.s.
サトリさんの電子書籍の
販売ページは最近リニューアルされました。
気なっていた方はご確認ください。
>> 引き寄せの法則の真実


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


羽生善治氏より-知識だけではNG [挑戦・試練・自助努力・継続]


「覚えた」から「理解した」までの
工程で得られる「経験」を得なければ、
「知識」は「知恵」にならず、「知恵」
でなければ「知識」は生かせない。

             -羽生善治-



全くの同感です。


いくら「知識」を得ても
「経験」しなければ
あまり意味がないです。


現代の学校教育は知識偏重教育。


「経験」がなくても
「知識」さえあれば評価がもらえますが、
これは色々と弊害を生んでしまうと思う。


「知識」を得たからと知って、
その本質を知れるわけでないですよね。


僕の知る限り、「知識」だけで満足
している人ほど、成長していません。


「経験」せずに「知恵」がないまま、
あれこれ論じたり、物事を
動かそうとしてしまうのですが、
本質とのズレがあるので、
なんの成果も出ないのです。


本当に「経験」は大事だと思う。


主体的に行動してこそやる気が出るし、
自分の頭で考えてこそ脳が活性化されるし、
試行錯誤するからこそ、言語化・
体系化できないことを学びとれるし、
自分の体験として得たもの、感じたもの
こそが最も信頼できるのです。


そして、その過程で得たものは、
苦労や感動があるから身に付きやすいのです。


p.s.
ノウハウコレクターや
指示待ち人間といったものも、
「知識」だけで対応しようとするから
かなと思うことがよくあります。
>> 「ノウハウコレクター」は正解主義の弊害ではないか?
>> 学校教育の正解主義は指示待ち人間を増やす


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ



前の10件 | - 挑戦・試練・自助努力・継続 ブログトップ
脳力サポート