So-net無料ブログ作成
挑戦・試練・自助努力・継続 ブログトップ
前の10件 | -

勉強になった「血を吐いて一人前」という話 [挑戦・試練・自助努力・継続]


今日の昼、とある場所で、たまたま近くの席にいた年配の方々のお話を盗み聞きしていました。


『「苦労は買ってでもしろ」と言うけど本当にそう思う。若い時、食べるものがなかったり、よく分からない病気になったり、事業で大借金を抱えたり、逃げ出したくなるような苦労があったけどそれでよかった。なんとか現状を変えようと、たくさん本を読んだし、会う人会う人から学ぼうとしたし、自分自身にもよく向き合った。精神力や自己管理能力も身に着いた。苦労は自分のため。血を吐くほどの苦労をして一人前だな。』といった趣旨の内容でした。ここには書けないような凄い体験談も聞けました。


カフェ.jpg



僕も、苦労は買ってでもした方がいいと思います。他でもない自分のためです。たくさんのメリットがありますが、個人的には下記の2点において特に大きなメリットがあると感じています。


①多少の困難があっても、「あの時の地獄と比べれば全然大したことない」「あの時よりは楽に乗り越えられるだろう」と思えるようになります。人生全般において、悲観的になることやストレスを抱えてしまうことが減ってくるのです。耐性とか免疫といったものですね。そしてその困難を受け入れながらさらに成長していくのです。


②何気ない日常に感謝できるようになります。ただ単純に人とゆっくり会話ができるだけでも嬉しいのです。「色々な人のおかげ今の自分があるんだ」という考えにもなっていきます。苦労している分多くの人の相談にのれるようにもなります。こうなれば、人の思いやりや気持ちを知ることを通じて、人情の機微も備わっていくわけです。


僕の知る限り、苦労を避けて年を重ねてしまった人ほど、全然成長していないし、不平不満で生きています。苦は楽の種、楽は苦の種・・・ どちらか一方に意義があるのではなく、ふり幅の大きさがそのまま豊かさなのかなと。


その年配の方はこんなことも仰っていました。


「もうある程度年をとってしまったから、気力的にも体力的にもそういうことができなくなってきている。もう苦労からの進展がないと思うとなんとも寂しいな。」


ただなんとなく生きているよりは苦労した方がいいし、その苦労もできる時にしておいた方がいいのかもしれません。


ここには書けないですが、「どう見方を変えたか」「どう工夫したか」「乗り越えてどんな感動があったか」という話もしていて(具体性がなくてすみません)、本当にためになりました。年配の方の話は勉強になります。と言うより苦労した人の話が勉強になるのかな。オリジナリティ、深み、説得力、影響力がありますね。


nice!(7)  コメント(0) 

生きにくさを感じる人に贈りたい本No.1 [挑戦・試練・自助努力・継続]


大学時代、研究室の先輩に
こんな言葉を教えてもらいました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「楽処の楽は真楽にあらず。
 苦中に楽しみ得来たりて、
 わずかに心体の真機を見る。」


「楽しい状況で楽しいのは当たり前。
 苦しい状況で楽しさを見出してこそ、
 真の心の働きが得られる。」

中国古典「菜根譚(さいこんたん)」より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


その時、本来、大学近くの居酒屋で
ワイワイ飲む予定だったのですが、
急遽、研究室の仕事として、
徹夜である大規模なプログラムを
作らなければならない状況になったんですよね。


落ち込んでいたところに、
この言葉と様々なアドバイスをいただきました。


苦しい状況というのは、精神を鍛え、
潜在能力を引き出してくれます。
新しい自分を発見することで喜びを感じ、
自分に自信がついて、より多くの事に
チャレンジできる人間になっていきます。


逆に、苦しい状況から逃げていると、
いつまでも人間的成長がないし、
何か問題が起きた時に人のせいにしたり、
不平不満を言うようになっていくでしょう。


これまで、
様々な言葉に出会ってきましたが、
これは特に印象に残っています。
苦しい時、必ずと言っていいほど
思い出しています。


その先輩は、
「言葉の意味が体感的に分かってくると
 人生の楽しみが何倍にも増えるよ」
とも言っていました。
最近ようやく分かってきた気がします。


中国古典「菜根譚」は、
生きにくさを感じる人に
特におすすめの書籍です。


人生訓をまとめた書籍の中でも
最高傑作との呼び声が高く、
総理大臣や大企業創業者など、
各界リーダー達に愛されてきました。


「人よく菜根を咬みえば、則ち百事なすべし」


野菜の根っこ(菜根)は堅くて筋が多いですが、
これをよく噛みしめてこそ
真の味わいが分かってきます。
この野菜の根っこを噛みしめるように、
逆境を生き抜いていくこと。
これにより得られる豊かさもあると思います。


「菜根譚」には、噛みしめて味わうべき
哲理が簡潔な言葉で書かれています。
苦しい時、見方を変えるためのヒントが満載です。






nice!(16)  コメント(0) 

本当の幸せは大きな困難の後にやってくるという妙法 [挑戦・試練・自助努力・継続]


僕の好きな仏教の言葉に「大悪起これば大善来る」というものがあります。小さな善いことは、日常的に起こっているが、本当に善いことは、大きな困難や障害の後にやってくる、という意味です。


僕は一度体を大きく壊したことがあります。歩くことや食べることなど、当たり前のことができなくなり、医療費負担は月に10万円以上に、身長177cmに対し体重が50キロ以下に、職場の人に多大な負担をおしつけることに、どん底でした。


当時、病院に毎日点滴を打ちに行ったり、役所に何らかの手続きに行ったり、人事部や労務部の人と面談したり、目的もなく近所の公園に行ったりなど、日中に職場以外のところにいるので、普段見ないような人間模様を見ることになりました。そこである程度の人間関係もできて、普段聞かないような話も聞きました。


「もう何年も同じ状態、一生治らないかもしれない」「ローンを払えないから家を手放した」「これでもう出世はなくなった、降格もありえる」「もうまともな人生は歩めない」など、、意外とどん底を知っています。


でも、とても不思議なのが、こういう経験した人ほど、人間的に成長し、今幸せそうにしている例がたくさんあるということ。


今でもつながっている人がいますが、物の見方や体質を大きく変えたことで、それまで2~3倍もの成果を出せるようになったとか、会社は辞めざるを得なかったけど、だからこそ自分の可能性に挑戦できて、結果として大成功したとか、そういう話がよくあるんですよね。


この前、その中の一人と、メールでやりとりしていたのですが、「どん底になる前に思い描いていた理想の未来は、あのどん底がなければ永遠に来なかった。 " 大悪起これば大善来る " だな。」と言っていました。


この世には妙法というか、我々の理解を超えた何かがあると僕は感じています。引き寄せの世界では、「真の幸福はコンフォートゾーンの外にある」とよく言われますが、そこに行くためにはある程度大きなきっかけとなるものが必要なんだと思います。


p.s.
引き寄せの法則について学びたい場合は、左脳系スピリチュアルーサトリさんの電子書籍「引き寄せの法則の真実」がおすすめです。意識するしないに関わらず、常に引き寄せの法則は働いています。この書籍では、そのメカニズムが理論的に完全解説されています。


人生は苦しみ...でも考え方次第 [挑戦・試練・自助努力・継続]


人生は楽しいことばかりではなく、どちらかと言えば苦しみの方が多いのではないか、、僕は昔からこのように考えています。


いつも楽しそうに生きている人もいますが、ただ現実逃避しているだけではないか、刹那的な快楽を幸福と錯覚しているのではないか、枝葉や表面にとらわれて本質が見えてないのではないか、、と思うこともあります。ひねくれているのかな(笑)


仕事を投げ出してどこか遠くに行きたくなることもあるし、子どものように泣きわめきたくなることもありますが、そんな時に思うのが、この苦しみがあったからこそ、潜在能力を引き出せたのではないか、、あの出会いがあったのではないか、、あの人の優しさに気づけたのではないか、、ということ。こう考えて、苦しみを肯定的できる時があります。


夏のビーチ.jpg



ついこの前、ある難案件が一段落したのですが、振り返ってみれば、たくさんの出会いと学びがありました。追い詰められていたからこそ最短で成長できました。苦しみは避けるのではなくどうプラスに転換するか、なのかな。


p.s.
本当に苦しい時は仏教の本を読むようにしています。仏教では「人生は苦である」と捉えていますが、同時に、どうしたら苦しみを受け入れられるか? 活かしていけるか? という教えもたくさん説かれています。


苦難の時、いつも心掛けている7つのマインドセット [挑戦・試練・自助努力・継続]


苦難に対峙したとき、僕がいつも
心掛けている7つのマインドセット
 
 
①苦難は今の自分にとってはネガティブ
 なことでも、それを乗り越え成長した
 未来の自分からみればポジティブなこと


②人生や人情の機微というのは苦労しない
 と分からない。達成感や誇りもなく、
 努力の真価や人の痛みも分からずに
 生きていくのはそれはそれでつまらない。


③自分にしか歩めない道で
 得られたものは、自分の価値になる。


④苦難から得られた知恵や教訓は
 人に伝えることでも活かされていく。


⑤人間は追いこまれないと
 潜在能力は引き出されない。


⑥苦難を乗り越えた、
 という経験は自信につながる。


⑦何気ない日常に感謝できるようになる。
 
 
以上です。
 
 
今の僕は苦難の最中ですが、上記の
ようなことを意識して取り組んでいます。
 
 
苦難に対して前向きなイメージを
もつことで、やりがいを見出し、疲れや
苦労を充実感に転換するようにしています。
 
 
この経験を通して、目先の利益に
惑わされない、不毛な感情に支配されない、
周りに依存しない、未来の不安に負けない、
そんな精神力を身に着けたいです ^^


「若いときに流さなかった汗は、
 老いてから涙になって返ってくる。」
           ー鍵山秀三郎ー


p.s.
肉体的に苦しい時は、
「大学時代にやっていた引っ越しの
 アルバイトはもっときつかった」
「病気を患いながら働いていた時は、
 もっときつかった」
「自衛隊や新聞奨学生の方は、
 比較にならないくらいきつい」
と考えるようにしています。


日本人必読の本-これを読むと生きているだけで幸せと思える [挑戦・試練・自助努力・継続]


「きけ わだつみのこえ」
という本を知っていますか?


太平洋戦争により、異国の地で
無残に散っていった若者たちの
悲痛な手記がまとめられた本です。




なぜかこの時期になると、
「読まなくては」
という気持ちにさせられ、
先ほどまで熟読していました。


現代では想像も
できないような残酷な状況で、
死を選ぶしかなかった
彼らの心の叫びに
胸が張り裂けそうになります。


戦争の残酷さ、
犠牲になった人を忘れてはいけないこと、
平和を守らなくてはいけないこと
などを教えてくれます。


死を選ぶしかなかった彼らが、
どうしても生きたかった未来を、
今、我々が生きているんですよね。


これを読むと、
自分の悩みなんて全然大したことではない、
いやむしろ、「死」や「別れ」以外のことで
悩めるだけ幸せという感覚になります。


そして、不平不満を言ったり、
与えられたものを無駄にしたり、
逃げたりするような、
生き方ができなくなります。


明日、戦地に出向かなくてはならない
という状況で、ぐっすり眠れませんよね。


友達の誰々が亡くなった、という状況で、
美味しくご飯を食べれませんよね。


死を選ぶしかなかった彼らが、
どうしても生きたかった未来を、
無駄にすることはできません。


スピーディーな時代だからこそ「時間をかける」という価値観 [挑戦・試練・自助努力・継続]


現代は、ただスイッチを押すだけで自動的に結果が出る機械文明の時代、、、いつでもどこでもお金さえ払えば便利や快適がすぐに手に入る時代、、、5年後、10年後にどうなっているかが分からないくらい変化の激しい時代、、、短期間で結果を出せないものは評価されにくくなります。


こういう時代だと、自助努力を継続できず、知恵もスキルも自信も何も積み上がっていかない、次から次へと新しいものに飛びついては次から次へと捨てていく、対症療法に依存して根本的解決ができない・問題解決能力が養われない、一時的な人間関係しか構築できず愛着も思い出も残らないなど。刹那的な生き方になってしまうように僕は感じています。


「10年、偉大なり。20年、恐るべし。30年、歴史になる。50年、神の如し。」中国の格言


真の成長・真の豊かさは時間をかける中にあると僕は思います。「時間をかけずに結果を出す」というのは、「何も積み重ねないまま年を重ねてしまう」という意味で、時間を無駄にしているようにも感じます。


自分より条件の悪い人があれこれ挑戦する姿を見て思ったこと [挑戦・試練・自助努力・継続]


「人が死ぬ前に後悔するのは、
 失敗したことや批判されたことではない。
 自分の可能性にチャレンジ
 しなかったことを後悔するのだ。」


これはよく聞くことですよね。


「死ぬ前に後悔すること」系の本にも、
同じような事が繰り返し書かれています。


日産GT-R.jpg


僕も一度、
「俺はこれで死ぬかもしれない・・」
という経験をしたことがあるのですが、
その時に似たようなことを考えました。


失敗とは批判とかって、
本当にどうでもいいんですよね。


もっと言えば、
お金とか物とか評価も関係ないです。
あの世に持っていけないですから。


僕の身内である70代の男性が、
こんなことを言っています。


「個人事業主として、
 様々な事業に挑戦してきたが、
 まだまだやりたいことがある。」


その身内は、
歩くのが遅くなっているし、
疲れも取れなくなってきているし、
年齢的なものによって生じる
社会的な制限もあるんですよね。


考えさせられました。
比較的、若くて、条件のいい自分が
なぜもっとチャレンジしないんだろうと、、


後悔ばかりを考えるのは良くないですが、
自分の人生を振り返ってみても、


「あの時は本当にいい環境だったな」
「なぜあれこれ挑戦しなかったんだろう」
「あれはあれで楽をできたかもしれないけど、
 結果的に自分のためになってないな、、」


というように、
後悔してしまうところが多少あります。


今ある環境に感謝して、
出来ない理由を排除しながら、
最善を尽くしていこうと思います。


失敗や批判もあるかもしれませんが、
そこで得られる学びや成長の方が
ずっとずっと価値が高いのです。


魂の課題ー本当に大切な事は痛い思いをして学んでいく [挑戦・試練・自助努力・継続]


人生とは、死・病気・人間関係などの様々な経験を通じて学び、成長するための学校(修行の場)であり、自分自身で計画した問題集である。したがって、人生で直面するすべての事象には意味や価値があり、すべての体験は、予定通りに順調な学びの過程なのである。人生はなかなか思い通りにならないものですが、それは、わざわざ自分自身で、思い通りにならない人生を計画して、その葛藤や克服から学ぼうとしているからなのです。人生は思い通りにならないからこそ価値があるのです。

引用元:飯田史彦著「生きがいの創造」



海と空.jpg



人間誰しも、生きていれば様々な逆境と対峙するが、それは魂を成長させるために起こる、、、スピリチュアルの世界ではこういうことがよく言われていますね。だとしたら、どうしようもなく悩むようなこと、どうにも手に負えないようなことにこそ、挑戦する価値があるのかもしれません。


逆境というものは、その時点でネガティブなものですが、それを乗り越えて成長した未来の自分から見ればポジティブなものです。最終的に、ポジティブな結果にしたい場合、ネガティブな原因が効果的だったりします。


例えば、自分を主人公としたドラマの脚本を自分で書く際、「最終的にこういう人間になる」というものがあれば、「ここで人間関係のトラブルを起こそう」「なぜそうなったか考えさせよう」「結果的に感謝できる人間になるから」とか、「一度大きな病気を経験させよう」「自分の力で克服させよう」「人の健康上の悩みを解決できる人間になるから」とか、そういうイメージですね。


本当に大切な事というのは、痛い思いをして学んでいくのかもしれません。


松下幸之助哲学ー知識の奴隷になるな [挑戦・試練・自助努力・継続]


これは松下幸之助さんの言葉の中でも特に深い言葉かなと思います。


知識というのは道具やからな。身についた道具やからな。知識それ自身が自分ではない。道具に使われたらいかんと思う。道具は使うほうでないといけない。非常に難しい話やけれども、知識の奴隷になったらいかんわけや。知識の主人公になって、知識を縦横無尽に使いこなさなければならない。皆さんは今は知識それ自身が主人やと、知識それ自身が偉いというふうに考えている。僕は知識がないから、そんなふうに考えへん。楽な話や。皆さんは知識がいっぱい詰まっているから頭が重いんや。

引用元:松下幸之助「リーダーになる人に知っておいてほしいこと」



僕も似たような考えを持っています。


現代の学校教育は知識偏重のテスト教育ですが、これは、「たくさん知識を持つことが凄い」「先生は偉い」「自分の頭で考えない」「知っている世界が全て」「教わったこと以外はしない」という錯覚が生まれやすいんですよね。


こういう刷り込みを受けて育ってしまうと、その都度その都度、吸収していく知識自体が、固定観念・先入観・余計な常識を作ってしまい、それらが創造性を邪魔したり、本質を見えなくする原因になってしまうのではないかと思います。


また学校では、先に「正解とされるもの」を詰め込むような教え方をしますが、これだと、自分で体験しないまま分かった気になってしまうんですよね。知識に依存しやすくなり、本来大事な「実体験から学ぶ」ということをしなくなるのです。


つまり、知識偏重で生まれてしまった、固定観念・先入観・余計な常識というものを解放する機会を逃してしまう恐れがあるということ、それにより、創造性ある人生、本質に即した人生を歩みにくくなるということです。


例をあげると、「怖いとか、不安とか、いろいろ先入観があったけど、やってみたら案外大丈夫だった」といったような、実体験において先入観から自分を解放させるといったことができなくなるということ。これは人間関係の構築や乗り物の運転などに多いように感じます。


もうひとつ例をあげると、知識を得るだけで分かった気になってしまうことにより、実体験により得られるであろう気づきや感動を得られなくなり、そこから広がっていくであろう道が閉ざされてしまうということ。気づきや感動がなければ、「自分はこういうことがやりたかった」「こういう工夫をすればまた別の良いものを創れるかもしれない」ということもないんですよね。これは料理や個人で行うビジネスなどに多いように感じます。


自分のやりたいことが分からない人、生きにくいという人が増えている、、、このようなことがよく言われている現代ですが、知識(固定観念・先入観・余計な常識)にとらわれていることも、原因になっているような気が僕はしています。松下さんの仰るように " 知識が頭が重くさせている " のです。


前の10件 | - 挑戦・試練・自助努力・継続 ブログトップ
脳力サポート