So-net無料ブログ作成

どんな目標であれそれを達成したいなら肉体を鍛えよ [生産性・自己管理・時間・断捨離]


例えばダイエット・資格取得・起業など、
何らかの目標に向かって
日々課題に取り組んでいくためには、
ある程度の精神力が必要となってきます。


僕自身の経験として、
肉体を鍛えるほど精神も鍛えられ、
それだけ目標達成が
しやすくなるような感覚があります。


橋.jpg


かつては、
朝はギリギリまで寝てしまったり、
あれこれ食べたくなったり、
誘われてすぐに酒を飲んでしまったり
していましたが、


筋トレや脂肪・毒素のデトックスに
取り組むようになってからは、
課題に集中したいという
気持ちが強くなったように思います。


また、僕は、ジムなどで
肉体改造しているような人の記事を
よく読んでいますが、
やはり同様の事が言えるかなと感じています。


「健全なる精神は健全なる肉体に宿る」


目標達成のためには、
成功法則を学ぶべきだ、
それを達成している人と交流すべきだ、
といったことがよく言われますね。


同時に、「肉体を鍛える」というのも、
また一つの有効な手段であると思います。


p.s.
肉体を鍛えれば、
疲れにくくなり、回復も早くなります。
また、筋肉の量が増えれば、
糖を溜めておく場所も増えるため、
血糖値の急変動が抑えられ、
暴飲暴食が減り、メンタルが安定します。
これらも関係してくると思います。


nice!(22)  コメント(0) 

時間やお金を節約できる便利なGoogle Chromeのアドオンー勉強編   [生産性・自己管理・時間・断捨離]


勉強をする際、時間やお金を節約できる便利なGoogle Chromeアドオンを3つシェアします。確認はしてないですが、ものによってはFirefox版もあるかもしれません。


パソコンとコーヒー.jpg



①Amazon Price Tracker
僕は読書が好きで、主にAmazonから古本を購入して読んでいます。この時便利なのが「Amazon Price Tracker」です。いつも見ているAmazonの商品ページに価格推移のグラフを表示してくれるので「今高値だから、、」「今底値だから、、」といった判断ができます。「これより安くなったらメールしてね」という設定もできます。 → Amazon Price Tracker


②その本、図書館にあります。
これも読書関連・Amazon関連です。Amazonの商品ページに最寄りの図書館の在庫状況と貸出状況を表示してくれます。予約可能なサイトに飛ぶこともできます。購入費用や届くまで待つ時間などを節約しやすくなります。 → その本、図書館にあります。


③Adblock Plus
本からだけでなく動画サイトにアップされているセミナー動画などからも勉強しています。何十万もしていたセミナーが無料で公開されていたりしますよね。動画サイトに付き物なのが広告ですが、「Adblock Plus」は、バナー型・インストリーム型などを問わずブロックすることができます。時間の節約や集中力の持続などにつながってきます。 → Adblock Plus


ご参考まで。


nice!(45)  コメント(0) 

レバレッジリーディング 単なる本を収益をあげる資産に変える方法 [文章・情報発信・読書・情報収集]


『一般的に、本を汚すことはタブー視されています。しかし豪華な装幀の愛蔵版や、敬愛する作家の全集ならともかく、本を新品同様に保つ努力など、多読術ではまったく無駄なことです。必ず読みながら重要なポイントに線を引き、印をつけ、ぺ―ジの角を折ってください。そうすることで「単なる本」から「収益をあげる資産」にするのです。』

引用元:本田直之著「レバレッジ・リーディング」





これは、ビジネス書を効率的・戦略的に読みこなしていく読書法について紹介している書籍「レバレッジ・リーディング」に書いてあった言葉です。


ボロボロに使い倒した方が、理解が深まるし、スピードも速い、というのが著者の主張です。


(著者の本田直之さんは、少ない労力で多くの成果を出していくための「レバレッジマネジメント」のコンサルティングをしている方で、読書法以外にも、時間術・人脈術・自己投資術など様々な手法を提案されています。)


学校の図書室.jpg



僕は、これを読んでから、本は汚すことにためらいがなくなりました。ペンで線をひいたり、折り目をつけたり、余白にアイディアやタスクなどをメモしたりして、ボロボロになるまで使うようにしています。


手を頻繁に動かすことになるので、それだけ吸収率がよくなるし、読み返す度に、そこに目がいくので、記憶として定着しやすくなります。


あと、お風呂で読むこともあります。濡れたり、そってしまうこともあるのですが気にしません。


「汚してもいい」という前提で本を読むようになってからは、変なブレーキがなくなった分、気持ちが楽になったし、効率も理解度も向上したように思います。なんとなく勿体ないという見方ももちろんありますが、それで時間、生産性、お金、新たな価値を生み出せればよいと考えています。


最近思うのが「人生が案外短い」ということ。そのわりに自分は未熟で「読まなくてはいけない本がたくさんある」ということ。読み返す本より、これから読むべき本の方がずっと多いし、量があれば断捨離も必要です。
 

「綺麗に読む」「丁寧にとっておく」と、見栄えや後々のことを考えるのではなく、今の自分にとって吸収しやすい形で読んでいこうと思います。


何かを変えたいと思ったときに、邪魔になるのが「◯◯であるべき」「◯◯してはいけない」といった自分ルール。勇気がいるものですが、打ち破ると気持ちが楽になったり、効率がよくなったりしますよね。


[関連記事]
読書のメリットはこんなにある!読書は費用対効果の高い自己投資!
安く買える!Amazonユーザーが知っておくべきアドオン!


nice!(49)  コメント(0) 

ジャネーの法則にショック [生産性・自己管理・時間・断捨離]


今年も後2ヵ月ちょっとですね。本当に早く感じます。何故か僕には観覧車が時計に見えてしまいます。ジャネーの法則によると、0歳から20歳の体感時間と20歳から80歳までの体感時間は同じ(生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する)。ショックを受ける人が多いかなと思われますが、大事なのはこれを受け入れて、日々感謝しながら精一杯に生きていくこと、またこれまで学んできたことを活かしながら人生の充実度を上げていくことだと思います。


観覧者.jpg



nice!(29)  コメント(1) 

メンタリストDaiGo「積極的にサボれ」 [生産性・自己管理・時間・断捨離]


友人から、「フジテレビオンデマンドが31日間無料になっているよー」という話を聞いて、早速登録してみました。


この数年間、ずっと忙しくて大好きな「人志松本のすべらない話」が見れていなかったんですよね。基本的にテレビは見ない主義ですが、松本人志さんの番組だけは別。「たまにはいいだろうー」という気持ちで今見ています。何度も笑わせてもらっています。笑いには免疫力アップ、脳の活性化、顔の脂肪燃焼、しわ・たるみ予防、周囲からの好感度アップといった効果がありますね。笑う門には福が来ます。


メンタリストDaiGoさんの本「自分を操る超集中力」には、集中力を高めるためには、1日に1~2時間あえて怠けるようにした方がいいと書いてありました。リラックスして、「しっかり休めた」という実感が湧いて、それ以降、やる気や集中力を高まるようです。これを知ってから積極的に怠けられるようになりました。


フジテレビオンデマンドは、名作ドラマとバラエティが多めかな。テレビ番組以外にも人気の雑誌やマンガなどもあるようです。今なら31日間無料お試しなので、是非この機会にチェックしてみてください。 → 【フジテレビオンデマンド】



nice!(51)  コメント(2) 

孫子の兵法!利益と損失の両面から考える! [反省・改善・自分の責任]


僕の座右の書のひとつに「孫子の兵法」という書籍があります。これは、中国春秋時代の思想家「孫武」が書いた最古にして最強と言われる兵法書です。兵法書と言っても、現代のビジネスに応用したり、人生訓としても活用できる内容です。ナポレオン、ビル・ゲイツ、松下幸之助、孫正義など、様々な偉人達が愛読していると言われています。


本.jpg



「孫子の兵法」の中で、僕がいつも意識している教えをひとつシェアします。


智者の慮は必ず利害をまじう、利をまじえて務め信なるべきなり、害をまじえてかん解くべきなり。』 -孫子の兵法 九変篇-

[現代語訳]
『物事をよく考える人は、物事を利益と損失の両面から考える。利益になる事でも損失の面からも考慮すれば、堅実に物事を進めていけるし、損失になる事でも利益の面からも考慮すれば、無駄に落胆することもなくなる。』

引用元:孫子



どんな物事も利益だけ、損失だけということはないので、どちらか一方に意義を見出すのではなく、両面をみて考え行動すべきであるという教えです。


中国には、森羅万象のあらゆる物事を陰と陽の2つに分類する「陰陽論」という思想があります。(光と闇、昼と夜、太陽と月など)。陰には分離、不活発、暗いなどの特徴があり、陽には融合、活発、明るいなどの特徴があります。どちらが良い悪いということではなく、バランスよくまじりあっている状態を最善としています。また陰の働きが大きくなって極まれば陽に転じて、陽の働きが大きくなって極まれば陰に転じるというように、目に見えない力がバランスをとっているとされています。(「禍福は糾える縄の如し」、「人生万事塞翁が馬」、「人生楽ありゃ苦もあるさ」 )


これを知っていると、同じ経験でも、受け取り方がまったく変わってきます。変に浮かれ気分になることも、極端に落ち込むこともなく、バランスを保ちながら冷静に対応していくことができます。


[利益になる事における損失の面]
例1)好きなものが好きなだけ食べられる環境には誰もが憧れるが、自制心を失えば、太りやすいし、病気にもつながる。
例2)時間がたくさんあれば、遊べたり、精神的なゆとりをもてたりするが、ありすぎてもメリハリがなくなって堕落するし、睡眠時間が長くなれば、それだけぼーっとしてしまう。


[損失になる事における利益の面]
例1)人に裏切られれば誰でも落ち込むが、人を見る目を養ったり、信頼関係を大事にしようと考えるようになるため、その後、豊かな人間関係が形成されやすくなる。
例2)病気になれば苦しいし、仕事の面でも支障がでてくるが、心のあり方や生活の仕方を見直すチャンスだとも考えられる。


人間誰しも、人生を楽に過ごしていきたいと望みがちですが、どんな人にも、順境の時があれば、逆境の時もあると考えれば、偏ることこそが苦しみの原因。一喜一憂することなくバランス感覚をもって冷静に対応していきたいですね。


そして、混迷を極める現代を生き抜くためには、表面的には見えない利益を見出したり、ピンチをチャンスに変えていく見方を養うことが大事だと僕は思います。


nice!(18)  コメント(0) 

今すぐできる!最善の結果を引き寄せる意外な方法! [ご縁・感謝・調和]


『袖触れ合うも他生の縁---という古いことわざがあるが、人と人とのつながりほど不思議なものはない。その人が、その会社に入らなかったならば、その人とはこの世で永遠に知り合うこともなかっただろう。考えてみれば人びとは大きな運命の中で、縁の糸であやつられているとも思える。こうしたことを思うと、人と人とのつながりというものは、個人の意志や考えで簡単に切れるものではなく、もっともっと次元の高いものに左右されているようである。であるとすれば、お互いにこの世の中における人間関係をもう少し大事にしたいし、もう少しありがたいものと考えたい。』

引用元:松下幸之助著「松下幸之助一日一話」





「袖触れ合うも他生の縁」という言葉は「出会いには必然性がある」ということを意味しています。僕は仏教に関心があり、昔からこの言葉が気になっていました。


「必然性があるのなら日々の出会いを意義あるものにしていくことで最善の未来へと導かれていくのかな、、」「不平不満や奪い合いなどをやめて、学びや感動を共有したり、利他行を実践していくことで幸せになれるのかな、、」とずっと考えてきました。


人間が偉大なるものに生かされているのであれば、自分にしか歩めない人生を自分らしく精一杯に生きていく必要があります。与えれたご縁、および自分の能力・経験・時間・エネルギーというものを最大限にいかし、周りの人を幸せに導いていく必要があります。


世の中には、人との絆や恩恵を大切にしている人と、そうでない人がいます。成功される方や幸せに生きている方は前者である場合が多いように感じています。


僕は、中国古典の礼記にある「辞無ければ相接らず」という言葉が好きです。これは、いつも顔をあわせていても、挨拶をしなければ仲よくはなれないという意味です。当然と言えば当然ですが、とても大事な教えだと思います。ご縁をいかせるかどうかは、このようなちょっとした違いから生まれるものだと僕は考えています。


人生でいただけるご縁というものは限られています。どんな人との出会いも大切にして、意義のある交流をしていきたいものです。


nice!(12)  コメント(0) 

やはりデトックス!この1ヶ月ちょっとで約10キロ痩せた話! [健康・体質改善・気分転換]


僕が社会毒(添加物、農薬、化学薬剤、建築用溶剤、電磁波など)やデトックスというものについて学び始めたのは5年くらい前です。


断食、冷えとり、低温サウナ、砂浴、ヨガ、栄養療法といったものの理論や効果について調べました。あれこれ試しながら反応を見ました。自分の生活習慣と照らし合わせました。そして、「冷えとりと食を基本として、たまに断食と低温サウナ」と方針を決め、今日まで継続してきました。


デトックスに関心のある人なら分かると思うのですが、こういう生活をしていると、好転反応というものに付き合っていく必要があるんですよね。体の自然治癒力が引き出されてくれば、当然体から毒が出ていくのですが、その際、一時的に不快症状が出てくるのです。よくあるのが、食欲不振、湿疹、発汗、だるい、集中できない、イライラ、クヨクヨなど。もちろん、この好転反応は、体が良くなるために起こるものなので、経過してしまえば以前よりスッキリ快適に過ごせるようになります。


実は9月中旬からつい先日までこの好転反応に苦しんできました。汗や湿疹が大量に出て、ナッツや野菜くらいしか食べれなくなって、これにより10キロくらい痩せてしまいました。身長が180近くあるのに対し、体重が60キロを下回っています。


ここで僕が伝えたいのは、デトックスと社会毒排除に関心を持ってほしいということ。5年もデトックス生活をしてきた僕でも、これだけの強烈な反応があるのです。それだけ毒が社会に蔓延しているということ、誰もが健康リスクを負っているということです。


「何故、体に毒が溜まるのか」「何故、断食・冷えとり・ヨガなどでデトックスできるのか」については、こちらの記事が簡潔で分かりやすいと思います。もちろんデトックスに関するサイトは無数にあります。ご参考まで。



nice!(13)  コメント(0) 

やっとウォーキングができる [健康・体質改善・気分転換]


ライターとしての僕の仕事は、ほぼネットだけで完結でします。


「この記事をリライトしてください。」というメッセージ受信(受注) → 1000文字程度であればすぐにリライト(作業) → 「できました。確認をお願いします。」と納品物を添付してメッセージ送信(納品) → 「ありがとうございました。」とネット銀行の口座に入金(支払)


場合によっては、この「受注→作業→納品→支払」を、1時間以内にできてしまうことがあります。「ネットは便利だなー スピーディーだなー」と思うと同時に「失っているものもあるんだろうなー」と思うことがあります。


体を動かさなくなる、太陽を浴びなくなる、目が悪くなる、リアルのコミュニケーションが減る、感性が鈍る、セキュリティリスクが生じる、なんとなくゆったりできない、即効性のないものが淘汰されるなど、例えばこういったことですね。


だからと言って、今のスタイルをやめるわけではないのですが、たまにはネットから離れてみるのも大事かなと。この1週間、台風の影響でパソコンの前にいる時間帯が多かったので、今日はウォーキングの時間を多めに取ろうと思います。


nice!(13)  コメント(0) 

鍵山秀三郎 自分のことを考えるから人は不幸になる [反省・改善・自分の責任]


『悩みが尽きないのは、自分のことばかりを考えているからです。自分の立場や面子や利益を保つことばかり考えておりますと、悩みはどんどん膨らんでいきます。心安らかな人生を過ごしていくためには、いつも周囲の人を気遣い、人の歓びをわが歓びとできるようになることです。』

引用元:鍵山秀三郎著「鍵山秀三郎一日一話」



スイスの川.jpg



僕の知る限り、自分の都合ばかり考えている人ほど、感情が乱れたり、人間関係のトラブルを起こしたり、生きる気力をなくしたりしています。支えてくれる人に対して思いやりのある人であれば、「その人達に対して何ができるか」を考えているのでそんな問題は起きません。こういう人には悩みがありません。全体の一部としての役割を発揮することで感謝されセルフイメージが向上していきます。そしてあらゆる富が流れてきます。放てば手に満てり。


nice!(11)  コメント(0) 
脳力サポート