So-net無料ブログ作成

疲労のケアをしていれば悩みがなくなる [健康・体質改善・気分転換]


メンタルヘルスの世界では、


「疲労が蓄積するとメンタル面の
 抵抗力も低下させてしまうため、
 不安や恐れを感じやすくなる。」


と言われています。


ジャンプ.jpg


ということは、
疲労に対するケアは
悩みのケアにも通じるのかな。


そう言えば、レイキを覚えてから、
簡単に仮眠をとれるようになりましたが、
悩むことも減ったように思います。


引き寄せとも関連しますね。
不安や恐れは逆引き寄せを起こします。


レイキって本当に便利だと思う ^^


nice!(20)  コメント(0) 

ガンが治らないのはガン(気づき)に感謝できないから [反省・改善・自分の責任]


『不幸せの原因は、 他の誰かの身勝手ではなく、自分自身の身勝手である。』 -ジェームズ・アレン-



うまくいかなくても、原因は自分自身にあると考えるようにしています。(原因と結果の法則、因縁生起、シンクロニシティ)


原因というのは、知識・経験・人脈の貧困さ、心のゆがみ、認識のズレ、生活の不自然さなど、いくつも考えられると思いますが、人のせいにしたらそれらの原因に永遠に気づけません。自分のせいにするということは、それらに気づこうとし成長や解決の道を選ぶということ。


例えば、ガンに犯されたとき、「上司が悪い」「医療が悪い」と周りのせいにする人って治らないのです。逆に、自分の人生は自分の責任、これは悔い改めの機会と捉え、主体的に解決を目指す人は治るのです。


ちなみにですが、代替療法・民間療法の世界では、「ガンは血液の浄化装置」という見方をします。日頃の不摂生から蓄積された毒素が、体中に回らないようにと、一か所に集めようとした結果がガン(毒素の塊)であり、命を守るための有難き生理作用なのです。


もっと言えば、エゴの強い人(なんでも欲しがる人)は、体の浄化機能(出すこと)の働きが悪くなります。また、自分以外に答えを求める人は、自分に内面に向き合わせるかのように症状が悪化していきます。


ガン自体は危惧の対象ではないと思います。危惧すべきなのは、ガンになりながら、悔い改めようとしない傲慢さや甘さです。


「自分の間違いに気づかせてくれてありがとう」とガンに感謝することができれば、また自分の責任と捉えて解決に励むことが出来れば、ガンはすぐに治ると思います。


紅葉.jpg



被害者意識ほど不毛な感情は他にないと思います。


「周りのせいで自分は不幸だ」という意識が生まれると、感情に流されて物事の本質を見失うし、自分の見方だけに支配されることで、周りの助言が聞けなくなります。


周りから責められないようにと、自分が傷つかないようにと防御線を張り巡らす人もいますが、やればやるほど解決から遠ざかっていきます。


辛い時こそ、状況を変えたいときこそ、一時的な感情や自分の解釈というものは一刻も早く手放した方がいいと思います。


p.s.
こちらの記事もあわせてお読みください。
この本で人のせいにしても無駄というのが分かる!原因と結果の法則!


nice!(20)  コメント(2) 

下積みの必要性 [ビジネス・金運]


フリーのライターとして、長期の契約をいただくことや、ボーナスを支給してもらうことが増えてきました。ようやくここまで来たかという感じです。と言ってもIT企業に勤めていた頃の収入と比べたら全然まだまだです。


湾岸.jpg



フリーのライターは、最初、1時間に100円も稼げないのがほとんどです。朝から晩まで1日中書き続けて1000円にもならないとか、何時間もかけてマニュアルを読みながらトライアル記事を作成したが結局不採用とか、そういったことがザラにあります。(※ある程度企業で経験を積んだ後にフリーになった場合などは別)


でも悪い事ばかりではありません。熱心に続けていれば、顧客(出版社や人気メディア運営者など)に文章を添削してもらえたり、独自のノウハウを教えてもらえたり、強みを見つけてもらったり、そういった成長の糧となるものが得られます。続くかどうかはここに意義を見出せるかどうかですね。


最初は稼ぎなんてなくていいんです。その方が誘惑と戦わなくて済むので自己研鑽に集中できます。人の役に立とうとすること、および日々気づきを積み重ねていくこと、この2つを意識して自己研鑽に集中していれば、仕事が広がっていくし、お金も後からついてきます。


根本的な力を身に着けたいので、引き続き下積み生活を続けていきます。


nice!(23)  コメント(0) 

天風哲学の実践!病は治すには病を忘れろ! [健康・体質改善・気分転換]


かつて大きく体調を崩したことがあります。自分の事ばかりを考え、周りと自分の境遇を比較したり、不平不満の気持ちに囚われたりしていました。


このままではいけないと考え、たくさんの本を読みました。健康だけでなく、自己啓発、哲学、精神世界なども、、


その中のひとつ、中村天風氏の書籍「運命を拓く」で「病は治すには病を忘れろ」「ただそれだけだが、それがすべてだ」という趣旨の記述を読み、それ以降、意識をガラっと変えることができました。


自分のこと(自分の病)を忘れるために、家族に料理を作ったり、マッサージをしたり、職場の掃除をしたり、友人の相談にのったりなど、利他に励むようにしたのです。


感謝されることで意欲がわいてきたり、苦しみが不思議と充実感になったり、体を動かすことで気血が巡るようになったりして、いつの間にか病のことを忘れ、結果的に体調が上向いてきました。


今なら分かるのですが、弱々しい考えが、弱々しい心身や境遇を作っていたのです。あのまま自分の事ばかりを考えていたら、治るまでにもっと時間がかかっていたと思います。


「人に喜んでもらえて、かつ自分の病も治る。」 こんな幸せなことはありません。


この件で、自分の事ばかりを考える虚しさを学びました。


何かのご参考になれば幸いです。


nice!(31)  コメント(0) 

独自にこのルールを定めたことで断捨離しやすくなりました [生産性・自己管理・時間・断捨離]


何度も同じことを言うようですが、やらなくてはいけない事や、やりたい事がたくさんあるので、要らないものをどんどん捨てるようにしています。生活をシンプルにして、本質的なものに集中したいのです。
 

人間って「あれもこれも」と執着したり「さらによいもの」という発想に支配されてしまうと意識が分散しますよね。たくさん所有すること、たくさん選択肢が用意されていることが豊かさ、という価値観を否定するようにしてます。


そこで、自分なりの断捨離ルールを定めました。


・いつか使うかも→使ってない証拠
・まだ綺麗だから→使ってない証拠
・何かに使えるかも→なくても困らない
・評判のいい商品だから→また新しい商品が出る
・太った時に着るかも→太らないようにする
・高かったから→捨てて運気を上げて金回りをよくする
・もったいないから→運気を下げたり、意識が分散する方がもったいない


以上です。


これだけでも大分捨てやすくなりました。このルールはこれからも増やしていくつもりです。


つい迷ってしまうこともあるのですが「迷った時点でどちらも大差ない」「迷うということはどちらを選んでも変わらない」と割り切って捨てるようにしています。明らかに結果の違いが分かっているならば、迷わずに一方を選ぶはずです。


捨てることによって生じてしまう不便や後悔はあるかもしれませんが、かつての物質的に貧しい時代でも人間は生きてこれたのです。細かい損得勘定や比較はしないようにしています。


p.s.
時間を生み出す方法として健康にも気を使うようにしています。元気があれば、朝から晩まで動けるし、回復も早いですよね。元気があればなんでもできる。


nice!(21)  コメント(0) 

"売れている偽物"をフォローすると社会はどうなっていく? [反省・改善・自分の責任]


Facebookでは、いいね数やフォロワー数を見ることで、誰が売れているのかがすぐに分かりますね。


僕の場合、そういう人を見て、「本当にその器なのか」「詐欺師ではないか」「テクニックやツールの力でそうなっているだけではないか」と疑ってしまう時があります


スペイン.jpg



そして、よくよく調べていくと、相互にコピペコメントをしているだけだったり、売れている感を出した結果売れているだけだったり、誰でもできる小手先のテクニックで一時的な成功をおさめただけだったり、ヤラセをしていたり、ということがあるんですよね。


本物はそういうことはしません。本物は、真の意味で社会のお役に立てるよう、何年も何十年もかけて小さいものを積み重ねています。


自分の頭で考えず、「売れている」という情報にとらわれて、いいねやフォローをしてしまうと、偽物を応援することにつながり、結果としてコツコツ努力している人を排除することになります。


この繰り返しで社会が悪くなっていくのであれば、いいねやフォローする側にもある程度責任が生ずるのかもしれません。


あまり反応はよくないですが、「誰でも簡単に集客できる」「誰でも簡単に稼げる」といったものの矛盾点を取り上げ独自の視点で根拠を述べていく、といった記事を書くのは、こういった理由からです。


nice!(16)  コメント(0) 

「誰も見てないからいいか」は得するようで大損する? [反省・改善・自分の責任]


「誰も見ていないからいいか」
「どうせ気づかれないからいいか」
とズルいことをしてしまう。


これは、
周りとの心の距離が遠いから、
見守られている意識が低いから
だと僕は思います。


例えば、万引きした
理由としてよくあるのが、
「寂しかったから、、」
「与えてもらえないから、、」


プロフを詐称した
理由としてよくあるのが、
「注目してほしかったから、、」
「自分を肯定できないから、、」


つまり、人間関係が希薄で
与えあう貢献感や愛を感じていないから、
そういうことをしてしまうんだと思うのです。


でもやればやるほど、
見守られている意識がなくなり、
(つまり偽ることが当たり前になり)
愛のない人生を歩むことになります。


万引きやプロフ詐称というのは、
何かの得をしているようで、
実際には、自分で自分を
悲しい方向に追い込んでいます。


いつも支えてくれている人に
信頼や感謝の気持ちがあれば、
心の距離が遠のくことを恐れて
そういうことはしないはずなんです。


やはり、なんらかの得をしたいのなら、
自分だけではなく、みんなが得をする
「徳」を選ぶべきなんですよね。


引き寄せの法則でもよく言われますが、
周りと調和しないやり方というのは、
エゴが増大しやすいので、真の幸福から
遠ざかるし、破綻もしやすくなります。


「気づかれない」というのは、
都合のよいことではなく、
本当は恐れるべきことなんです。


中国古典「菜根譚」の言葉をシェアします。


「肝臓を病むと目が見えなくなり、
 腎臓を病むと耳が聞こえなくなる。
 このように病気というものは、
 まず人に見えない身体の内部に起こり、
 やがて必ず誰にでも見える身体の外部に
 症状として現れてくるものである。
 だから君子たる者、人目につくところで
 罪を被らないようにしようと思えば、
 まず人目につかないところで
 罪を犯さないように心がけるべきである。」


僕自身、ズルいことをしてしまった
ことはたくさんあります。
その時その時のことを思い返すと、
やはり孤独を感じていたように思います。


そして、その後、
最悪の事態を引き寄せることに・・・


でも、不思議なもので、
それが大切な気づきに
なることもあるんですよね ^^


nice!(18)  コメント(0) 

心を浄化すると世界の見え方が変わる [健康・体質改善・気分転換]


以前から、体質改善のために、断食、冷えとり、鍼灸、整体、音楽療法などに取り組んでいます。体が浄化されるとともに、心も浄化されてきていることを実感しています。(心身一如:心と体はつながっている。)


川と緑.jpg



心が浄化されると、執着、思い込み、邪心などから解放されてくるし、感性も研ぎ澄まされ、本質を見抜く力、自己観照する力などが高まり、いろいろと気がつくようになります。


例えば、未熟さ、甘さ、長年の謎、勘違いなど、、、以前は、心に余計なものがあり気づけませんでいた。例えて言うなら、フィルターが詰まったエアコンのように、曇った眼鏡のように。日々内省し、今後に繋げるようにしています。


当たり前のことを言うようですが、心を浄化すること、そして内省すること、これはとても大事です。なぜなら、心の在り方次第で世界の見え方が変わり、それが発想や行動に影響してくるからです。僕は仕事、生活、人間関係など、あらゆる面で人生が好転してきました。


仏教経典「法句経」の言葉をシェアします。


『ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される。もしも汚れた心で話したり行ったりするならば、苦しみはその人につき従う。車をひく(牛の)足跡に車輪がついて行くように。』


我々が生きているこの世界はとても素晴らしい世界ですが、心のゆがみが、その素晴らしさを認識しにくくします。しかし、誰にもでも自浄作用は働きます。心を綺麗にして、物事を正しく見るようにすれば、世界の見え方は変わるのです。


話題の書籍「エッセンシャル思考」のレビュー&要点のシェア [生産性・自己管理・時間・断捨離]


・多忙により心身が疲弊するばかり
・どうでもいい仕事に振り回されて本当に大事な仕事ができない
・あれもこれもやろうとして結局全てが中途半端に終わってしまう
・常に走り続けているのに成果が出ていない


このように感じることはないでしょうか?


もしあるなら、グレッグ・マキューンの書いた「エッセンシャル思考」という書籍がおすすめです。現状を見直すためのヒントが得られると思います。




「エッセンシャル思考」というのは、余計なものは排除し、本質的なものだけに集中して、最大限の成果を上げましょう、ということです。


そのための、本質の見極め方、重要でないものを断ち切り方、優先順位の決め方、限りある時間やエネルギーの効果的な使い方などを教えてくれます。


僕はこれを読み、頭が整理されたし、物の見方も大きく変わりました。


やるべきことが明確になった分、迷いもなくなったので、これから余計なものをたくさん捨てられそうです。ストレスが軽減されたり、生産性が向上したり、流れが変わったりするのではないかとワクワクしています。


また、自分の周りにいる成功者は、この本が示す内容に当てはまっているように感じました。


やはり結果をだすためには「シンプル・イズ・ベスト」です。今後、複雑な問題に直面した際には、この書籍を読み返してみようと思います。


以下、主たるメッセージを抜粋してシェアします。(※そのまま引用ではなく、僕が全体の意味やニュアンスをくみとりリライトしたもの。)


【全ては実行できない】
人は「どれも大事」「全部やりたい」とつい考えてしまうものだが、欲張れば欲張るほど動きにくくなるし、判断も出来なくなる。人には容量があるので、全てを実行することなんて出来ない、ということである。なので、「何かを取り入れるということは、何かを捨てること(トレードオフ)」という意識を持ってほしい。余計なものを捨ててこそ、重要なものを生かす余地が生まれるのである。優先事項がたくさんあるのは、何も優先していないのと同じである。こういう決断は難しい場合もあるが、この先やってくるであろう数々の決断の手間を省いてくれることを知っておいて欲しい。


【依頼を断る】
本質的なものに集中するためには、人からの依頼を断ることも時には必要である。断りにくかったり、嫌な気分になったりするかもしれないが、引き受けることで、何週間、何か月と後悔する時間が生じるよりはずっとマシである。この時、目的を明確にすることがポイント。目的が明確でないと人はどうでもいいことに時間とエネルギーを費やすことになるが、常にここを明確にしておけば、それを理由に、人からの依頼を断ることが出来る。


【睡眠をとる】
我々の最大の資産は自分自身であり、これを守るためには十分な睡眠時間をとることが大事である。「時間が勿体ないから」と、睡眠時間を削ってまで仕事をする人もいるが、これは生産性を下げる一方である。我々は睡眠中に、疲労やバランスの回復、脳にある情報の整理などを行っている。これにより効率性や創造性を高めたり、病気のリスクを軽減したりすることができる。結果的に、より少ない時間でよりよい成果を生むようになる。


【遊びは可能性を広げてくれる】
大人になると「時間の無駄」「くらだらない」という理由から子供の頃のように遊ばなくなるが、実は遊びこそが可能性を広げてくれる。遊びは、好奇心が刺激され、脳を奮い立たせ、人を行動的にさせる。そこから思いもよらないアイディアや、新たなつながりが発見され、視野が一気に広がる。


【立ち止まる】
立ち止まらずに、忙しく動き回れば、それだけ結果がついてくると考えている人もいるが、それは間違いだ。動き回る量と成果が比例することはない。本当は、立ち止まる時間こそが、生産性を高め、前に進むための最短コースを教えてくれる。立ち止まって、調査したり、意見交換をしたり、立て直したりすることで初めて本当に重要なものを見極めることが出来るのである。


【小さなことをコツコツと】
すぐに大きなことを達成しようとしたり、一度に多くのことを望んだりする人もいるが、結果的に得るものは少ない。これよりも、地道に小さな成功を積み重ねた方がずっと確実で生産的だ。小さな成功は次の小さな成功を生み、やがて大きな成功へとつながっていく。この時、モチベーションを上げるために、進捗を目に見える形にすることがポイント。ある心理学の研究により、人間のモチベーションに対して最も効果的なのは、「前に進んでいる」という感覚であることが報告されている。日々の小さな進捗を評価していくことで、目標までの道は楽しく、満足感に満ちたものとなる。小さくても前進しているという手応えがあれば、未来の成功を信じられる。


【意味のない投資はやめる】
人には、「すでに多くのお金や時間を費やしたから」という理由だけで、取引を続けてしまう心理的傾向(サンクコストバイアス)がある。望みがないことや、損をしていることに気づいているのに、「ここでやめたら今までの投資が無駄になる」と思うあまりに、投資を重ねてしまうのだ。この場合、投資額が増えれば増えるほど抜け出すことが難しくなると考え、きっぱりとやめるべきである。


【バッファをとっておく】
我々は予測不可能な世界に生きており、不測の事態はいつでも起こり得る。例えば、自分ではコントロールできないトラブルに見舞われたり、仕様変更を余儀なくされたり、作業範囲が広がったりなど。なので、不測の事態が引き起こすダメージを緩和するために、予めバッファ(貯蓄、余裕、緩衝)を計画に組み込んでおく必要がある。


【人生は短いので行動あるのみ】
人生はあまりに短い。だからこそ、限られた時間を大切に使う意識を持つべきである。勇気を出してどんどんチャレンジしよう。失敗ではなく可能性にフォーカスしよう。あれこれ迷ったり、先延ばしをしていれば人生はすぐに終わってしまう。


【今が大事】
過去の失敗や未来への不安にとらわれるのは、人としてごく自然なことだ。ただし、過去や未来のことを考えるたびに、目の前の大事なことがおろそかになるという事実も忘れてはならない。


以上です。




nice!(14)  コメント(0) 

体を温めるだけで多くの症状が治ってしまう? [健康・体質改善・気分転換]


「現代人は相当に冷えている」
「そして冷えている人ほど体調が悪い」


最近お世話になっている
ある治療院の先生が仰っていました。


相手に体温や症状を聞かなくても、
施術として体を触ることで分かるようです。


(皮膚の表面が温かいか冷たいか
 といった単純なものではない。
 皮膚の表面が温かい一方で、
 深部が冷えている人はたくさんいる。)


そして、冷えている人に、
温活のアドバイスをすると、
簡単に治ってしまう症状が多いようです。


僕自身も、
温活に取り組んで本当に変わりました。


これまで、健康法として、
鍼灸、整体、音楽療法、
糖質制限、社会毒排除など
あらゆる方法を試してきましたが、
温活が最も僕の体質を変えてくれました。


自然界を見た時、
気候が温暖な場所ほど
多くの生命が生育しています。


また、同じ場所であっても、
温かい季節ほど
生命が生育しやすくなります。


単純ですが、
こういう自然観は大事だと思います。


その先生は、
冷えの害や温活について
社会に伝えていくと仰っていました。
僕もそうしようと思います。


[関連記事]
冷えは万病のもと!なぜ現代人は冷えやすいのか?


nice!(15)  コメント(0) 
脳力サポート