So-net無料ブログ作成

矛盾してない? 起業塾運営者は本当に成功しているの? [ビジネス・金運]


1848年、アメリカのカリフォルニアで、ゴールドラッシュと呼ばれるものが起きました。「どこどこに金脈があるみたい」「一般人でも億万長者になれるぞ」という情報が広がり、それを狙う人が我先にと殺到したのです。実は、この時、一番儲けた人は金を掘っていないようです。一番儲けた人は金を掘る道具を売っていた人だというのです。


似たようなビジネスモデルは他にもありますね。最近話題になっていて、「ぼったくり?」「中身がないよね?」といった批判のある「SNS起業」「キラキラ起業女子」の起業塾も正にこれではないかと僕は思います。


「〇〇(例えばコーチ・コンサル)で起業し、SNSでたくさんのお客様を集め、たった数ヶ月で月収7桁を達成しました。稼げる方法を教えます。」といった話がありますね。


これは考え物で、「高額なセミナーや情報商材の販売→ほとんどの人はそれで成功しない→お金を払う人が損をした分主催者が儲ける」「主催者が儲けたお金をコミュニティ内で回す→特定の人に稼いでいる感を出す→そこに憧れて人が集まってくる」といったことが起きているんですよね。


セミナーの内容としても、「いかに凄い人感・賑わい感・セレブ感を演出をするか」「いかに買いたい気持ちを刺激するか」「いかにアルゴリズムの裏をかいて拡散させるか」といった枝葉の話ばかりだそうです。僕もチェックしていますが、リーク情報がネット上で増え、疑問の声も増えています。本当に大事なのは、「演出」「操作」「アルゴリズム」といった枝葉ではなく、「自分はお客様のお悩みを解決できるかどうか」ですよね。


そして、僕が特に不思議に感じるのが、こういう人は、コーチ・コンサルから一旦離れ、起業塾メインに活動するようになるんですよね。コーチ・コンサルで起業して成功しているのに、人のためにならない起業塾をやるのはなぜなんでしょう・・・ 


「たった数ヶ月で月収7桁」という話が魅力的に聞こえるのも分かりますが、一時的なものではないかと僕は思います。


植物をみたとき、根幹よりも、花や葉の方が変化も動作も大きいし見た目も派手です。花が咲いたら人や虫が集まるし、風が吹いたら葉がゆれます。しかし同時に不安定で永続性がありません。


起業塾運営者は、本当に起業で成功しているのでしょうか? 根幹がしっかりしているのでしょうか? 長期的に取り組んでいけるものなのでしょうか? 本当に起業で成功しているなら、人の役に立たないビジネスをわざわざしないと思います。


nice!(18)  コメント(0) 
脳力サポート