So-net無料ブログ作成
検索選択

生きにくさを感じる人に贈りたい本No.1 [挑戦・試練・自助努力・継続]


大学時代、研究室の先輩に
こんな言葉を教えてもらいました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「楽処の楽は真楽にあらず。
 苦中に楽しみ得来たりて、
 わずかに心体の真機を見る。」


「楽しい状況で楽しいのは当たり前。
 苦しい状況で楽しさを見出してこそ、
 真の心の働きが得られる。」

中国古典「菜根譚(さいこんたん)」より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


その時、本来、大学近くの居酒屋で
ワイワイ飲む予定だったのですが、
急遽、研究室の仕事として、
徹夜である大規模なプログラムを
作らなければならない状況になったんですよね。


落ち込んでいたところに、
この言葉と様々なアドバイスをいただきました。


苦しい状況というのは、精神を鍛え、
潜在能力を引き出してくれます。
新しい自分を発見することで喜びを感じ、
自分に自信がついて、より多くの事に
チャレンジできる人間になっていきます。


逆に、苦しい状況から逃げていると、
いつまでも人間的成長がないし、
何か問題が起きた時に人のせいにしたり、
不平不満を言うようになっていくでしょう。


これまで、
様々な言葉に出会ってきましたが、
これは特に印象に残っています。
苦しい時、必ずと言っていいほど
思い出しています。


その先輩は、
「言葉の意味が体感的に分かってくると
 人生の楽しみが何倍にも増えるよ」
とも言っていました。
最近ようやく分かってきた気がします。


中国古典「菜根譚」は、
生きにくさを感じる人に
特におすすめの書籍です。


人生訓をまとめた書籍の中でも
最高傑作との呼び声が高く、
総理大臣や大企業創業者など、
各界リーダー達に愛されてきました。


「人よく菜根を咬みえば、則ち百事なすべし」


野菜の根っこ(菜根)は堅くて筋が多いですが、
これをよく噛みしめてこそ
真の味わいが分かってきます。
この野菜の根っこを噛みしめるように、
逆境を生き抜いていくこと。
これにより得られる豊かさもあると思います。


「菜根譚」には、噛みしめて味わうべき
哲理が簡潔な言葉で書かれています。
苦しい時、見方を変えるためのヒントが満載です。






nice!(15)  コメント(0) 

松下幸之助さんの謙虚さはある意味で究極 [ご縁・感謝・調和]


『知れば知るほど世の中のことを知らないことに気づいてくる。自分一人では本当に何も出来ないといっていい。この事実に気づけば人は謙虚になる。謙虚な人には誰もが心の底から助けたくなる。自身過剰は成功への足かせとなる。』 -松下幸之助-



スカイツリー.jpg



当然のことですが「自分の力だけではないんだ」「支えてくれる人がいるから今の自分があるんだ」といった謙虚さはとても大事だと思います。


・自分の足らないところを認識し、そこを改善していていくこと
・支えてくれる人に対して感謝の気持ちを持つこと
・自分の人生や命は自分一人のものではないと自覚し、自分を最大限に活かそうとすること


など、こういったことにつながってくると思います。


何をするにも、上記のような意識があれば、助け合いや相乗効果が生まれて成功しやすいし、苦難に対峙したとしても、仲間意識や連帯感から、それがやりがいに変わったりするものです。自惚れや傲慢さがあるとこうはいきません。


少し話が変わりますが、松下幸之助さんは、社会的に大成功を収め、誰からも頭を下げられる存在となりました。それでもずっと謙虚でいたいと考え、それ以降、神棚や仏壇に頭を下げることを毎朝の習慣にしたそうです。究極ですよね。


nice!(4)  コメント(0) 

ロボットが仕事が奪うのは人間が人間らしさを取り戻すため [ビジネス・金運]


これからは、ロボットが人間の代わりに働くような時代になってきます。人間にしかできない仕事をしていくためには、人間ならではの感性を磨いていく必要がありますね。


ある知人と「 " 感性を磨いていく " というのは、ある意味で " 手放していく " ということではないか」といった話をしていました。


スイッチ一つで失敗することなく目的を達成してくれる家電があったり、生産や調理の方法を知らなくても普通に食事ができたり、起きた瞬間にスマホなどでその日の天気が瞬時に分かってしまったり、お金さえ払えば何もしなくても目的地についてしまったり、、、現代の生活はかなり便利になりましたが、それだけ感性を使う機会が減っていますね。


あと、自分の頭で考えなくても学校に通っていればそれなりにうまくいく理論や方法論が分かってしまいます。自分と言うものがなくてもメディアが作った価値観に触れていれば自分を保つことができます。ある意味それが「正しい」「かっこいい」と評価されたりしますが、よくよく考えてみればロボットとして生きていくようなものですね。


文明の利器、常識、刷り込みといったものを手放さずに、感性を磨いていくのは難しいことなのかもしれません。


こういったことも考慮して、最近、最新の調理器具をあえて使わずに、例えば土鍋と直火で鍋料理や炊き込みを作るなど、わざわざ手間のかかる料理をするようにしています。香りの変化を気にしながら時間配分を考えたり、沸かす音や湯気で熱を判断したりと、五感を使っているので、感性が磨かれているような実感があります。


こういった料理は面倒なようでかなり楽しいです。感性とも関連すると思いますが、常に感動があるというか、創造性が発揮されてくるというか、生きている実感が湧いてくるんですよね。これを仕事にしようかなと考えることもよくあります。


ロボットに仕事が奪われる時代もそう悪いものではなく、ある意味、人間らしい感性を取り戻せるチャンスではないかと捉えています。ロボットにはロボットに適した仕事をしてもらい、人間は人間にしかできない仕事に専念する、そんな時代のような気がしています。


nice!(13)  コメント(0) 

締め切りが厳しすぎる案件に挑んだ理由


「最近、ブログの投稿頻度が減りましたね」というメッセージをたまにいただきます。


実は、この3週間くらい、あるライティングの案件で忙しくしていたんですよね。食事や睡眠の時間はあるけど、ゆっくりくつろいだり自分用の記事を書いたりする時間はないかな、という感じでした。とりあえず一段落してよかったです。


最初、この案件を受けた時、「こんな難易度の高い仕事をこんな短期間でできないよ」って思いました。でもなぜか、「だからこそやってみよう」というインスピレーションが。断ることも可能でしたが、断らなくてよかったです。


締め切りというのは、プレッシャーになる時もありますが、だからこそ集中力が高まって、成長しやすいという面があります。また、クライアントさんも「時間がないなら」ということで色々とライティングに関するアドバイスをしてくれました。結果的に、思った以上の成果を出すことができたし、ライティングスキルも向上しました。


締め切りもある程度は必要です。基本的に、人は締め切りがないと先延ばしにしてしまいます。何の進展もないまま残された時間が減っていくのです。


話が少し変わりますが、現代は、子どもの頃から色々と誘惑が多い時代だと思います。例えばゲーム、ネット、おもちゃ、おかしなど。人間としての土台を作っていく時期に、こういうもので時間を使っていると、後々大変なことになる気がしています。


「おかしを食べながらゲームばかりしていたから太ってしまった。子どもの頃に太っていると大人になっても痩せにくいみたいね。」とか、「外で遊ばずに、インターネットばかりしていたから、リアルの友達があまりできなかった。」といった話がありますね。


「何才までに何々をしておく」という締め切りは、買ってでも作った方がいいかもしれません。学校でいい成績をとるよりも、お金の稼ぎ方を学ぶよりも、ずっと大事なことだと僕は思います。


nice!(16)  コメント(0) 

ネット社会のおかげ 短所と思っていたことが人の役に? [文章・情報発信・読書・情報収集]


ブログの記事数が
もうすぐで600になります。


読者さんが増えるとともに、
「深く考察されていますね」
「勉強になります」
「ありがとうございます」
というメッセージも増えてきました。


そういうメッセージは
とても嬉しいのですが、
僕としては、ただ普段考えていることを
文章化しているだけなんですよね。


僕は基本的に
根暗で捻くれています。
それだけ悩むことが多いし、
苦難もたくさん引き寄せてきました。


なんとか現状を変えようと、
たくさんの本やブログを読んできたし、
自分でもあれこれ考察してきました。


正直、ブログでは
それをただアウトプット
しているだけなので、
お褒めの言葉をいただくと、
なんとなく後ろめたい感じ、
あるいは恥ずかしい感じがします。


でも、見方を変えれば、
自分では短所だと思っていた性格が、
プラスに転換できている
ということでもあります。


「人を動かす」の著者
デール・カーネギーは、
人間関係が苦手だからこそ
人間関係について学び、
自分でも思考・実践して、
最終的に本にまとめました。
そして、「人を動かす」は
ベストセラーになりました。


もちろん、
僕がカーネギーレベルまで
いくことはないですが、
彼を見習うような形で
進めていこうと思います。


これからもよろしくお願いいたします。


nice!(18)  コメント(0) 

やる気を出す音楽は色々聴いてきたがこれが一番かな [生産性・自己管理・時間・断捨離]


僕は音楽の力を
借りることがよくあります。


音楽療法的な意味で病気の治療をする時、
アイディア量産のためにα波を出したい時、
気持ちを切り替えたい時、涙活したい時、


こういった時に、
Youtubeで探して聞いています。


最近聴いているのはこの曲。
不思議なくらいやる気が湧いてきます。







これまでも色々試してきましたが、
個人的にこれは一番かもしれません。
大学受験の時に知っておきたかった。


こちらの記事もあわせてお読みください。
>> どうやるの?超簡単にリフレッシュできる音楽療法!


nice!(13)  コメント(0) 

体調悪いからこそ〇〇に感謝できる [健康・体質改善・気分転換]


多分、
浄化反応だと思うのですが、
体調がかなり悪いです。


症状としては、精神不安定、
体に力が入らない、食べれないなど。


青空と公園の木々.jpg


こういう時は、
やるべきことがあったとして、
ゆっくりするようにしています。
お金もある程度使うようにしています。


昔、大病をした時、
膨大なお金と時間を消費しました。


ただ横になるだけで
数日間何もしなかったとか、
医療費として、1日に2、3万円を
一気に使ってしまったとか、
そういう経験をたくさんしました。


だからこそ、
健康を取り戻すためには、
ある程度の時間やお金を
使うようにしています。


ここでケチ臭いことをすると、
後で大きな清算をすることになります。


さて、
体調が悪い時だからこそ
行いたいことがあります。


「ありがとうが病気を治す」


精神世界や自然療法に関心がある人は、
よくこういう言葉を使われますが、
病気の時はこれを実践するチャンスです。


普段、楽しく会話ができること、
美味しい食事がとれること、
気持ちよく運動ができること、


体調が悪いからこそ、
こういったことを
いつもより実感しやすくなるんですよね。


感じたことを素直に
ノートに書くようにしています。


思い返せば、前述の大病をした時、
夜にワイワイ楽しく飲んでいたり、
テニスやフットサルで汗を流したり、
どんどん仕事を進めて成長したりする
知人たちが羨ましかったです。


自分は人生が進まない上に、
時間もお金もなくなっていく・・・
と考えて卑屈になっていました。


そのあと死んでもいいから
1日だけ元の健康な体に戻して欲しい、
最後に、豪華な料理を用意して、
ガンガンに酒を飲みたいから、
と無茶な願望をもったこともあります。


今なら分かるのですが、
だから治るのが遅かったのです。


体のことを考えずに、
欲で生きているから
治癒力が働かないのです。


人は、大きな挫折を乗り越えた時に、
それまで見えなかったものが
見えるようになるのではないか・・・


こう考えると、
病気も悪くないかなって思います。


nice!(11)  コメント(0) 

これは怖い、気づいたら公園でおじいちゃんだった


仮眠中に怖い夢を見ました。多分30~40年後くらい。僕がすっかりおじいちゃんになっていて、トボトボとどこかの公園を歩いているのです。そして、ある人を偶然見かけてこう思うのです。


「ああ、あの人か、、確か〇〇年くらい前、あの人に憧れや共感があって、何かでご一緒できればなとずっと思っていたけど、、なんだかんだで先延ばしをして結局何もしなかったな、、あの時、声をかけていたらどうなっていたんだろう?」


という感じの夢。伝わりにくいかもしれませんが、つまりは後悔をしているのです。ビジネスであれ、プライベートであれ、その人と交流していれば、何らかの素敵な発展があったのではないかと。


公園のベンチ.jpg



ちなみに、夢の中では、その人がたくさんの人と楽しそうに談笑している一方で、なぜか僕が一人で寂しい感じでした(笑)。かなり怖かったです。


一期一会の人生、一度きり人生、この世に一人しかいない人・・・ もっと言えばインターネットであらゆる人とつながれるの時代・・・ 会いたい人には会っておくべきだと思います。うまくいかないリスクもありますが、やらずに後悔するよりやって後悔だと思うのです。


時が止まれば、生がありません。時は命なんです。


nice!(15)  コメント(0) 

松下幸之助の名言をシェア!天命に生きる豊かさとは? [個性・使命・自分らしく]


『「自分は才能もすぐれているし、体力も強い。だから、面倒を見てやるから自分に従え」と言われれば、だれでも反発を感じてしまう。しかし、”これだけ身体が強く、才能もあるということは、いわば天の恵みである。だからこれはまことに感謝すべきことで、ひとつ自分としては、この恵まれた力をもって大いに他に対して奉仕してゆこう”という気持ちで挑むならば、たいていの人はそれを受け入れてくれるだろう。』

引用元:松下幸之助著「思うまま」





「自分の才能は自分のもの」 こういう発想は人を傲慢にします。
 

才能があるのなら、それを与えてくれた天に思いをいたし、その力を利他的に発揮していくべきです(天命、使命)。これができなければ、所詮自惚れでしかなく、自惚れるような人に、天は最初から才を与えない。
 

人生は出会いの連続です。天与の才で、出会う人たちを笑顔にし、その笑顔を自分の喜びや糧として生きていく。


このある意味無限とも言える豊かさこそが、またそこに見出せる可能性こそが、天与の本質だと僕は思います。


現代は人間関係が希薄化しているとか、エゴが暴走していると言われたりしますが、これが生きにくさ(例えば不平不満、精神病、金権主義など)につながっていると感じています。


周りとつながり利他的に生きるということは、自分の価値を発揮するということなので、本来幸せなことだと思います。つまり周りを活かすということは自分を活かすということ。


そういうところに生きがいを見出せなければ、ただの虚無感に支配されてしまうと思います。


騙されないための視点ーどういう人を集めようとしているのか [反省・改善・自分の責任]


現代は、様々な情報や価値観に触れる機会が多くなっていますが、だからこそ、「自分の頭で考えること」や「自分をしっかり持っておくこと」というのが大事になってくると思います。余計な情報にとらわれていると、無駄に時間を使ってしまったり、騙されてしまったり、本当の自分を見失ったりします。


キラキラ起業女子の世界で有名な人のブログ(「最短で月収7桁」「時間的自由」「海外旅行」「高級マンション」をやたらアピール)のコメント欄にあったこと。


「〇〇さんのような華やかな生活に憧れているので多少お金はかかっても塾に入ります」「〇〇さんのブログを読んで自分にも可能性があるかもしれないと思い会社を辞めました」


正直、僕は危険な匂いを感じました。外部の影響を受けすぎというか、自分がないというか。ちなみに相手はそうやって煽るのが得意です。


コメントの返信としては、「出来ますよ」「私のところでは高級マンションに引っ越す人が増えています」「月収5桁だったのにいきなり7桁になった人とかたくさんいます」など。悩ましい・・・


本当に大事なのは、「最短で月収7桁」「時間的自由」「海外旅行」「高級マンション」とかではなく、「自分が人の役に立てるかどうか」ですよね。そして、それには、「自分の頭で考えること」や「自分をしっかり持っておくこと」というのがとても大事になってくると思います。


キラキラ起業女子を主催する人はどういう人を集めたいのでしょうか? 「人の悩みを解決できる人間になろう」という自分を持っている人なのでしょうか? それとも表面的な情報に飛びついてくる人なのでしょうか? 「情弱を相手にしているだけ」とよく批判されていますが、僕もそうとしか思えません。


nice!(13)  コメント(0) 
脳力サポート