So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月 | 2017年08月 |- ブログトップ

ほぼ廃人 ビールしか楽しみがなかった頃の話 [健康・体質改善・気分転換]


夏といえばビールですね。今日は仕事を早く切り上げて、先ほどビール500mlをぐいっといきました。いつもなら10分以上はかかるところを、あまりに美味しいので2分くらいで飲み干しました。


ビールと枝豆.jpg



そんな時、ふとこれ以上ないくらい暗黒だった時期を思い出しました。体調を大きく崩し、お客様に多大な迷惑をかけ、損失の穴埋めさえできないまま休職。


休職中は、ただマンションと病院を往復するだけの日々、肉体的にしんどいから昼間はネットサーフィンくらいしかできず、誰かから誘いがあっても情けない自分を見られたくないから断って、夕方5時くらいから一人でビールを飲み始める、そんなことしかできなかった時期があるのです。


一生懸命に仕事をして、人の役に立って、感謝されて、人間的に成長して、その上で自分のお金で買ったビールを飲むなら全然いいんですよ。


当時は、何の進展もなく、会社や保険組合から支給されるお金から買ったビールを飲むだけ、当時はそれが唯一の楽しみと思っていましたが、今思えばとんでもなく不健全なことです。廃人の思考です。


今日は、一生懸命働いた上で、自分で働いたお金で買ったビールを飲めました。感動です。どんなに苦しくても働けることが幸せ。自分で自分の生活費を稼げることが幸せ。明日も顔晴ろう ^^


nice!(9)  コメント(0) 

ネットビジネスに取り組む理由-僕は将来を悲観している [ビジネス・金運]


2年前から、個人ビジネスとしてネットビジネスに取り組んでいます。個人で健康関連のサイトを運営しており、そこで広告収入を得ています。(※このブログとは別物です。と言ってもこのブログでも月に数万円程度の収益はあります。)


最近、ご縁があって、ネットビジネスで成功している数名の方から、仕事を請け負うようになりました。仕事を通して、ノウハウや成功法則を学ばせてもらっています。実は報酬としてはかなり低いのですが(失礼 ^^)、得た学びにより収益がアップしているので全然いいのです。


こういう話をすると、「お金のことばっか考えて、、」「もっと大事なことがあるでしょ、、」みたいなことを言ってくる知人がいます。でも僕は「今動かなきゃまずくない」って思います。


「リストラ、倒産、減給、非正規雇用が増えてきている、、、」「ロボットが導入され人のやる仕事が減ってきている、、、」「年金制度・生活保護制度の崩壊? 老後の対策があまかった、老後破産してしまうかも、、、」


こういった話は昔からありますが、より増えた気がしてなりません。もう時間の問題なんですよね。誰もが個人としてビジネスに取り組んでいくべき時代なのです。


「その時になったら考えよう」「なんとかなるだろう」と楽観的な見方をしている人もいますが、正直思考停止ではないかと僕は思います。


もちろん楽観的な見方も大事ですが、これについては流れを止められないし、自分ではコントロールできない事態が突然くるので(組織や国の制度は個人レベルではどうにもできないので)、悲観的になった方がいいと僕は思います。少なくとも、生活する上で必要最低限レベルのお金を個人で稼げるようになるまでは。


悲観的な見方をした上で、できるだけの対策を講じておくこと、リスクを最小限にしておくこと、これではじめて楽観的になれるんだと思います。


nice!(11)  コメント(0) 

過激なやり方...と噂の時間術の本を読んだら本当に過激だった [生産性・時間・断捨離・習慣]


書籍レビュー
ダン・ケネディ著
「屁理屈なし社長のための時間の使い方 改訂版」


屁理屈なし 社長のための時間の使い方 改訂版.jpg


「なぜこんなにも時間がないんだろう?」
「もっといいやり方があるんじゃないか?」


これは、ここ数年、
僕がずっと悩んできたことです。
時間術の本も色々と読んできました。


時間術の本って、
気のきいたことを言っているわりに
全然効果のないものや
理屈は分かるけど実践しにくいものが
よくあるかなと僕は感じていますが、


このダン・ケネディの本に
書いてあるものについては、
すぐに使えて、すぐに変化を
実感できるものばかりという印象です。


基本的に、
ダン・ケネディのノウハウというのは、
綺麗事とか、かっこつけとか、理屈とか、
そういったことがなく、
実用的なものが多いように思います。


中には過激な内容もありますが、、^^;
姿をくらませろ、携帯電話に出るな、
邪魔者を意のままに操れ、、など


この本を読んで、
時間に対する概念が変わりました。
特に、自分がどこで時間を浪費しているか、
これが痛いほど分かりました。


>> 「屁理屈なし社長のための時間の使い方 改訂版」


nice!(8)  コメント(0) 

読書効果は大きな悩みがある時ほど高まる? [文章・情報発信・読書・情報収集]


僕は昔から本をよく読みます。


大学生の頃は、大学の図書館や当時住んでいたアパートの近くにあったブックオフによく行っていました。社会人になって、しばらくは東京駅近くのお客様を担当していたのですが、終業後に、丸善や八重洲ブックセンター(どちらも品揃えがいい)によく行っていました。終電までいることもよくありました。しっかりと計算したことはないですが、これまで読んできた本は少なく見積もっても1000冊は超えています。


この読書習慣を振り返ってみると、大きな悩みがある時ほど、読書効果が表れているように感じます。悩みがある時というのは、必死になって読むので吸収力が高いんですよね。また、悩みを解決したくて読んでいるので、必ずと言っていいほど実践に移します。つまり、ただ読むだけでは得られない知恵や教訓というものを悩みの解決を通して得ているのです。逆に、悩みのない時期に読んだ本ほど身についてないですね。


ちなみに、最近の読んでいる本のジャンルは時間管理です。学生時代に時間管理の本をある程度読んだことがありますが、内容はあまり覚えてないです。無理もありません。学生時代は時間がなくて悩む、という事がなかったからです。集中して読まないし、実践することもないのです。こう考えてみると、悩みがある時というのはチャンスなんですよね。今は必死になって読んでいるので、時間管理能力がどんどん向上しています。


ダンケネディ時間の使い方.JPG



nice!(12)  コメント(0) 

ネットビジネス成功者と仕事をして分かった成功法則 [ビジネス・金運]


最近、ネットビジネスで月100万円以上稼いでいる数名の方から、仕事を請け負うようになりました。仕事を通して、ネットビジネスのノウハウや成功法則を学ばせてもらっています。(念のために断っておきますが、僕自身がネットビジネスで月100万円レベルを稼いでいるわけではありません。全然です。また、あくまで一定の指示のもとで仕事の一部を請け負っているだけで、僕に裁量や影響力があるわけではないです。)


[僕の思うネットビジネス成功者の共通点]
①とにかく行動している
②組織や国に依存していない
③ネットビジネス大百科がバイブル


①とにかく行動している:
ネットビジネスの世界でよくあるのが、「ネットでお金を稼ぐイメージが湧かない」「メルマガとかを読んでもさっぱり分からない」というもの。実は僕も最初はそうでした。頭が痛くなって投げ出そうと思ったことは何度もあります。でもパソコンを使い始めた時と同じで、ある程度継続していれば分かってくるし、可能性の広がりを感じて楽しくなってきます。あと彼らは「自分には才能がないからできないよ・・」とは考えていません。とにかく大量行動、とにかく試行錯誤ということ。ネットビジネスで成功する人って意外に普通の人です。


②組織や国に依存していない:
企業の倒産やリストラ、年金制度(生活保護も?)の破綻、誰でも出来る仕事の機械化・システム化など、これからは、自分から動かないとまずい時代になってきます。ネットビジネスに成功している人はこのあたりの認識がしっかりしています。「その時になったら考えよう」「なんとかなるだろう」と楽観的な見方をしている人はいませんね。もちろん楽観的な見方も大事ですが、これについては本当に「食べるものがない」というレベルにまでなるので悲観的になった方がいいと思います。悲観的な見方をした上で、できるだけの対策を講じておくこと、リスクを最小限にしておくこと、これではじめて楽観的になれるんだと思います。


③ネットビジネス大百科がバイブル:
ネットビジネス大百科とは、車椅子の天才起業家-和佐大輔さんが作った情報商材で、ネットビジネス業界で最も売れているものです。10年経った今でも勢いは衰えてないようです。成功する人はこれを何度も繰り返し学んでいるんですよね。「ネットビジネス大百科は価格の10倍以上の価値がある」「10万円、20万円払って塾に入るよりもこれを何度も繰り返し学べ」と教わりました。一応リンクを貼っておきます。>> ネットビジネス大百科


以上。


仕事を通して、大事な事を再確認させていただきました。繰り返しになりますが、自分から動かないと本当にまずい時代になってきます。今のうちに収入源を増やしていきます。


nice!(15)  コメント(0) 

作業をしながら成功ノウハウを吸収できる仕事 [ビジネス・金運]


あるWebライティング案件において、
僕の文章の読みやすさを
クライアント様に評価していただき、
報酬を上げていただきました。


基本的に、文章が読みやすいと、
読み手の滞在時間が
長くなる傾向があるんですよね。


Googleに価値あるサイトと認識され、
検索において上位表示されやすくなり、
それだけアクセスが増えるのです。


ここを評価していただけたことで、
取り引きが始まった時と比べ
報酬は3倍以上になりました。


ちなみにこの案件は、
ネットビジネスのノウハウも
同時に学べるものです。


実際に成功している人の
ノウハウを学べる機会なんて
ほとんどないんですよね。


勉強代が差し引かれた分を
報酬としていただいていると考えれば
僕にとってはかなりの高額報酬になります。


ここで得たものを活かすことで、
また不労所得を増やしていきます。


神田昌典さんをはじめ、
様々な方が仰っていますが、
これから会社がなくなっていきます。


年金、助成金、生活保護など、
国の制度にも頼れない時代になっていきます。


「リストラ」「倒産」
「非正規雇用増」「年金もらえない」
という話は昔からありますが、
最近になってよく聞くのは「老後破産」。


これは深刻な問題に発展しやすいです。
時間の経過とともに
あらゆるものが衰えていくからです。


今のうちに不労所得を作っておきます。


nice!(15)  コメント(0) 

調理器具で決まる? ほとんどの人が知らない本当の和食


最近、食事を作る際は、
なるべく土鍋を使っています。


土鍋.jpg


土鍋は、熱伝導がゆるやかなので
(自然の理に即したものなので)、
素材を壊さないまま
芯まで熱が通るんですよね。


風味を損なわないし、
いい出汁もでるのです。
もちろん、金属溶解や
電磁波による栄養破壊もありません。


最近作ったのは、
山菜の炊き込み、おでん、ちゃんこ、
薄い味つけでも美味しくいただけます。


日本には、
素材の良さを活かすための
調理道具がたくさんあります。


土鍋、砂鉄鍋、羽釜、七輪、
和包丁、すり鉢、炭(特に備長炭)、
木製のまな板・落し蓋など。


実際に調理をしてみれば
すぐに分かります。


現代の調理器具は、
自然を制覇してしまうのに対し、
日本古来の調理器具は、
自然に理に即しています。


素材本来の良さを
体にとり入れることで、
食べた人の細胞は元気になります。


nice!(3)  コメント(0) 

友達との繋がりが切れて暗転すると思いきや好転した [ご縁・感謝・調和]


これは、僕が、
20代だった頃の話です。


ある企業に勤めて、
しばらく経った頃、


大抵の人が本社勤務の企業で、
僕だけが本社以外の
勤務になったことがあります。


同期みんなで住んでいた
社員寮からも出ることになりました。


「なんで俺だけ、、」
「みんなと遊べなくなる、、」
とかなりショックでしたね。


同期と離れたところに身を置くと、
うまくいかないことが色々出てきます。


・気軽に飲み会が出来ない
・テニスが出来ず運動不足になる
・困った時すぐに相談できない


かなり落ち込みました。


でも、つながりを断つことによって、
見えてきたものもあります。


それは、

 
 自分の生活というものは、
 自分だけ成り立つものではなく、
 周りの人達のおかげで成り立っている。

 
ということ。


つながりを断つことによって、
つながりが見えてきたということです。


仏教の縁起思想では、


 「全ては縁りて起こる」
 「単独では存在しえない」
 「生きているだけで感謝」


といったことがよく言われます。


これが分からない限り、
自ら不幸を招き続けてしまう、
という人もいますね。


孤立したことにより、
それまでにない気づきがありました。


「みんなに支えられていたのか」
と感謝の気持ちで一杯になりました。 


そして、
本社勤務に戻った後の生活は、
以前より楽しめるようになりました。


感謝の心で生きる上で、
こういう見方も大事かなと思います。


ご参考になれば幸いです ^^


nice!(17)  コメント(0) 

お米の見分け方-簡単だがこれで失敗したことがない [健康・体質改善・気分転換]


あと1、2ヵ月もすると
新米の季節になりますね。


今朝のウォーキングは、
田んぼあたりにしました。


田舎.jpg


実は僕、田んぼを見るだけで、
元気の出るお米を作るかどうかが
すぐに分かってしまいます。


「またまた~」
と言われそうですが(被害妄想?w)、
実は見分けるのは超簡単です。


イナゴ、ミミズ、トンボ、カエル、
サワガニ、ザリガニ、ホウネンエビなど、
虫がたくさんいるところほど、
食べると元気が出るお米を作ります。
(季節により生息する虫は変わってくる。)


逆にそれらがいない田んぼは、
農薬、化学肥料、除草剤まみれなので、
食べても元気にはなりません。


僕が小学生の頃は、
友達と田んぼに行って、
ザリガニをとったりしましたが、
今はそういう光景をあまり見ません。


つまりは、傾向として、田んぼが
農薬、化学肥料、除草剤まみれに
なっているということ。


虫に限らず、
微生物、雑草、動物、人間など
多くの生命が躍動しているところほど、
つまり、周りと調和して、
エネルギーの授受があるところほど、
その場にいる生命は元気になります。


例えば、人間の吐いた息が
光合成の材料になるように。
虫が地中を泳ぐことで
土が柔らかくなるように。
動物の糞尿が微生物の餌になるように。


そうでない場合は、
自然界の循環の理が働かないので、
生命力を失っていくでしょう。


これはブランド米だとか、
あの米は評判がどうだとか、
そういうことよりも、
自分の目で確認した方が確実です。


テレビで絶賛されているものが、
虫が近寄らないような田んぼで
作られていることはざらにあります。


追記;
思い出しました。保水率もポイントです。
農薬まみれになって有機物が減っていけば、
同時に土壌の保水率も下がっていきます。
人工的に水を足していく頻度が
高い田んぼには注意が必要です。


nice!(21)  コメント(0) 

タルムードの中でもこの言葉は特に好き「最も賢い者とは...」 [ご縁・感謝・調和]


僕はユダヤ教の聖典「タルムード」をよく読みます。その中でもこの言葉は特に好きです。


「出会った人すべてから、なにかを学べる人こそ、世の中でもっとも賢い」タルムード



Mountains_Bentley.jpg



知恵や知識が増えたり、問題解決のヒントを頂いたり、やる気を引き出してくれたり、自分の良いところを見つけてくれたり、改善すべき点に気づかせてもらったり、


これらすべてが出会いにより生まれていることを考えると、出会ってくださった皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。


僕は「出会う人は皆自分の先生」という見方をするようにしています。この世に経験、物の見方、性格、生活環境が同じ人というのはいないのです。つまり出会う人はみな自分とは別の人生を歩んでいるのであり、学ぶべき点は必ずあるということです。


こういう意識があれば積極性や新鮮さをもってコミュニケーションを楽しめますね。ポイントはやはり感謝、謙虚、素直だと思います。こういう気持ちがあればどんな人からも学ぶことができるのです。


僕は、ついうまくいったからといって初心を忘れたり、苦しいからと自己練磨を怠ったり、エゴや執着に支配され内省を怠ったりと、弱い心が出てしまう時があるのですが、こんな時こそ「出会う人は皆自分の先生」という意識を大切にしたい。いい刺激をもらいたい。


自分が見えている世界なんて本当狭いんですよね。才能のある人、行動力のある人、魅力的な人に出会うたびに、その人の良いところを取り入れていくようにしたいです。


これからも素晴らしい出会いがあると考えると、ワクワクすると同時に、自分自身を磨いていかなければという気持ちになります。


nice!(10)  コメント(0) 

2017年07月 |2017年08月 |- ブログトップ
脳力サポート