So-net無料ブログ作成

こういうマーケット感覚だとお金がなくなり部屋も散らかる [生産性・自己管理・時間・断捨離]


『通常の買い物でも、「50%オフ!」といった割引率を見て購入を決める人がいますが、大事なことは「誰か他人が付けた値札から何%オフか」ということではなく、「自分の価値基準に照らして妥当な値段か」ということです。自分独自の基準で考えれば、たとえ半額でも要らないものも多いはずなのに、半額で買えると、「安かった!得した!」と大喜びする」――これではすぐに、処分に困るような海外旅行のお土産や、セールで買った不要品が、家の中に溢れかえってしまうでしょう。』

引用元:ちきりん著「マーケット感覚を身につけよう」



全くの同感です。大事なのは相場とか割引率とか誰かの価値基準ではなく、自分の価値基準に照らして判断することですよね。


在庫処分セールで買った服が着ないままタンスの奥に眠っているとか、タイムセールで買った食品が冷蔵庫のスペースを占領するとか、僕にはこういうことがよくありました。


自分の価値基準に照らして必要なモノだけを買う→有難くモノを使う(モノの価値を活かす)→断捨離できる→気持ちも環境もスッキリする→新しいモノが入ってくる


この逆は、他人の価値基準に照らして必要のないモノばかり買う→モノを使わない(モノの価値を活かさない)→断捨離できない→溜まっていく一方→新しいモノが入ってこない


無駄を省くためにこういう見方は大事ですね。


p.s.
ちきりんさんの「マーケット感覚を身につけよう」はかなり面白いです。自分がモノを買う場合でも、売る場合でも、とても役に立つ考え方です。




スティーブン・キング曰く、文章力を磨くには・・ [文章・情報発信・読書・情報収集]


「文章力を磨くにはどうすればいい?」というご質問をいただくことがあります。これは単純に、読み書きの経験を積み重ねていくことをおすすめします。


「文章技術を学んだ方がいいんでしょ?」という声もありますが、実は活躍されているライターさんほど経験が大事と言っています。「仕事量があまりに多く、不眠不休で書いていたこともあるが、その経験があったからこそ今の自分の文章力がある。」という話もよくあります。


脳科学で、使われていない脳の部位は活性化しない、と言われているように、書くという作業を反復しない限り、文章に関連する部位は鍛えられないように思います。


ノートに書き込みする.jpg



「どういう記事が得意なのか」「どういう構成だと分かりやすくなるのか」といったことは、あらかじめ分かるものではなく、書いているうちに分かってくるものです。


表現方法も、試行錯誤したり、人の文章を参考にしながら、自分に合うものを発見していくものです。あと、人の文章を読むと語彙も増えていきますね。


ここでポイントとなるのは、「ネットで公開する」ということ。誰かに見せる前提がなければ、緊張感がないし、言葉や表現をあれこれ考えないし、反応も分かりませんからね。


「ライターになりたければ、とりわけ2つのことをしなければならない。たくさん読むことと、たくさん書くことだ。」スティーブン・キング


脳力サポート
So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成