So-net無料ブログ作成
検索選択

極性の法則ー不幸な人ほど幸せ [ご縁・感謝・調和]


僕は一度、
死ぬかもしれないような
経験をしたことがあります。


食事もとれない、、
歩くこともできない、、
まともに睡眠をとることもできない、、


これでもう
全てが終わってしまうかもしれない、、


という経験です。


ハンガリーブダペスト.jpg


誤解を恐れずに言えば、
こういう経験をした人は、
ある意味、
幸福を感じやすくなると思います。


ただ食事ができるだけで、
ただ歩けるだけで、
ただ睡眠がとれるだけで、
ただ生きているだけで、


ただこれだけで
幸福を感じることができるのです。


「何気ない日常こそが幸せなんだよ」
「生かされているだけで幸せなんだよ」


といった教えもありますが、
実際問題、頭で理解するだけでは
分からないと思うんですよね。


実際に、
苦しい思いを経験していないと
体感的に分からないと思うのです。


「山に入る者は山を見ず」
という言葉があります。


山の中にいては、
真の山の姿は分からない。
花、木、川などがあったり、
動物がいたりするが、
それらは山の一部でしかない。
真の山の姿を知るには、
外から見てみる必要がある、
ということです。


つまり、
何かを理解するためには、
そこから一旦離れなければ
ならないということ。


転じて、
真の幸福を感じるためには、
それ以外を感じる必要がある
ということにもなると思うのです。


当時、
担当していたプロジェクトを
途中で降りることになりました。


時間をかけて、
色々と準備してきただけに、
悔しかったです。


かなり難しいとされている
プロジェクトで、
結果を出せる自信があっただけに、
悔しかったです。


何年もたった今でも
あの悔しさは忘れられないです。


今の僕は、毎日忙しいし、
プレッシャーばかりですが、
あの時よりずっとましです。


どんなに苦しくても、
自分の可能性に
チャレンジできるだけで幸せです。


朝から晩まで働いて、
ヘトヘトに疲れ果てたとしても、
メンタル面ではどこか気分がいいです。


「今日もチャレンジできた」
「学びも進展もあった」
と感謝の気持ちで
1日を終えることができて幸せです ^^


強みを活かしたビジネスをするために読むべき書籍 [ビジネス・金運]


座右の書、
「インターネットビジネスマニフェスト」
を改めて読み返しています。


これは、本当に
何度も読む価値のある本だと思います。


自分の強みの見つけ方、
それを活かしたビジネスの仕方、
というものを教えてくれるんですよね。


「インターネットビジネス」
と書かれていますが、
インターネットビジネスに限らず、
誰にとっても役に立つことが書かれています。


著者のリッチ・シェフレンは、
表舞台にはあまり出てきませんが、
グーグルやマイクロソフトなどの
超大手企業からコンサルティング
を依頼されるほど人です。


他にも似たような本がありますが、
それらとは一線を画すものです。


今回もたくさんの気づきがありました。
やるべきことがより明確になりました。


これまでは、ある意味
楽をしても生きてこれた時代だと
僕は捉えています。


会社員として、公務員として、
組織に属してさえいれば、
自分の強みがなくても、
指示された仕事をすることで、
毎月給料がもらえてきたのです。


でもこれからの
個人の時代は違います。


誰でもできるような仕事は、
ロボットやコンピュータが
やるようになります。


僕の周りでも
減給やリストラなどが
増えてきています。


自分には強みなんてない
と言っていると、
どんどん生活が苦しくなっていくのです。


逆に、強みを活かして、
社会に価値提供できる人間であり続ければ、
生活に困ることはないのです。


僕は、毎朝3時くらいに
起きて仕事をしています。
仕事をしたくて飛び起きるのです。


なぜこんなにやる気があるかというと、
自分の強みが分かったからなんですよね。


強みが分かれば、
日々の成長が楽しくなるし、
自信もついてくるし、
好感を持ってくれる人も
増えてくるんです。


みなさんも是非読んでみてください。
誰もが認める優良書籍です。
(リンク先のレビューも見てください。)


実際には、
2,980円で販売されていたものですが、
テストマーケティング中により、
無料(送料は有料)となっています。


 ↓  ↓  ↓


「インターネットビジネスマニフェスト」を無料(送料は有料)でもらう




〇〇により挨拶をされることが増えました [ご縁・感謝・調和]


ウォーキング中、すれ違う人に、
挨拶をしてもらえるようになってきました。


「そんなの普通じゃん、、」
「特別なことでもないじゃん、、」


と思われる方も
いらっしゃるかもしれませんが、


僕は、昔から、どちらかと言えば、
あまり挨拶をしてもらえない
タイプだったんですよね(汗


歩道.jpg


なぜしてもらえないのか、、、


多分ですが、
顔が(というか全体的に)
暗いからだと思います(笑)


意識的にせよ、無意識的にせよ、
人は挨拶をかける人を選んでいますよね。


僕の場合、
挨拶をしても返ってこなさそうな、
仮にしたとしても、
気持ちの良いの挨拶が返ってこなさそうな、
そんな顔していたんだと思います。


なぜ変わってきたかというと、
やはり健康に気を使うようになった
からかなと思います。


やはり健康になれば、
表情が柔らかくなるし、
どことなく心が温かいような
雰囲気が出てきますよね。


デトックスをしていて、
清潔感が出てくる
というのもあると思います。


挨拶されることが増えてきた
というのは、好感をもてるということ、
それだけ良縁を引き寄せます。


もちろん、
挨拶されるのを待つのではなく、
自分からもしていくべきですね。


挨拶をしようと思っても
なんとなくできなかったことが
僕にはよくあったのですが、
そういうブレーキが
なくなった気がしています ^^


追い詰められるのも悪くない [生産性・時間・断捨離・習慣]


少し追い詰められています、、


でもこういう状況は、
嫌いでありません(笑)


人間というのは、
追いつめられている時に、
パフォーマンスが
引き出されてきます。


集中力、発想力が高まって、
誘惑にとらわれなくなって、
感性が敏感になって、


それまで、
思いつかなかったことを
突然思いついたり、


それまで
感じることがなかったものを
突然感じたり、


新しい自分の能力を発見したり、


そうやって、創造性が増して、
いい仕事ができるようになるのです。


逆に、安住の地にいると、
怠けがちになって、周りに流されて、
大した成果がないまま
時間だけが過ぎていくのです。


苦難を肯定できる御縁の見方 [ご縁・感謝・調和]


少し前、気が滅入って
しまうようなことがあったのですが、
仲間たちの励ましやアドバイスにより、
なんとか気を持ち直せそうです。


今日も朝の3時から、
ガンガンに働けています。


Gardens_Bridges_Trees.jpg


何かにチャレンジすれば、
失敗も摩擦も恐怖もありますが、
何もしないよりはマシなのです。


チャレンジさえしていれば、
何らかの気づきが得られるし、
それで自分を成長させながら、
世界を広げていけば、
素敵な出会いも増えていくのです。


僕が何もしない人間だったら、
今いる仲間たちとの
出会いもなかったと思います。


チャレンジしたからこその良縁
良縁に恵まれて今日の自分がある


こう考えてみると、
何気ない日も、
気が滅入ってしまうような日も、
有難い日なのかもしれません。


今を大切に生きることが、
その有難さを味わう
ということなのかもしれません。


砂糖や煙草をやめるための考え方 [健康・体質改善・気分転換]


あるケージ内に、
麻薬入りの水と普通の水があります。


そこに1匹だけ入れられたマウスは、
麻薬入りの水ばかりを飲み、
麻薬中毒になってしまいます。


一方で、仲間やパートナーと
一緒に入れられたマウスは、
普通の水を好んで飲み、
麻薬中毒にはならないのだそうです。


※スタンフォード大学
 ゴールドシュタイン教授の
 ラットパーク実験


つながりが大事なんですよね。


現代は人間関係が希薄、
かつ中毒になりやすいものが
たくさんある時代です。


酒、煙草、糖質、甘い物など、


お金さえあれば、
自分の裁量で、短時間で、
確実に手に入ってしまう
快楽がたくさんあります。


中には法に触れるものに
手を出してしまう人もいます。


「人間関係は自由にならないが、
 麻薬は自分の自由になる」


麻薬中毒者がよく言う言葉です。


確かに、自分の望む人間関係は
欲したからと言って
確実に手に入るものではありません。
お金でも買えません。


だからこそ、
素晴らしいんだと僕は思います。


なんでも自分の自由になったら
干渉するものが何もない、
つまり、自分一人しかいない
ということになります。


その世界には、
思いやりも学びも多様性もないのです。


もっと言えば、
満たされない心の隙間を
埋めてくれる何かを
探すしかないということです。


僕は砂糖や煙草をやめる時、
このような見方で、
内観をするようにしていました。


結果的に大したお金もかけず、
変な執着もなく、
縁を切ることができました。


そして、人間関係も
劇的に改善されたと感じています。


「速やかならんと
 欲すれば則ち達せず、
 小利を見れば則ち大事成らず」
           -論語ー


中毒物質を得るよりも、
良質な人間関係を得る方が
ずっと難しいですが、
充実感がありますね。


何かの参考になれば幸いです ^^


松下幸之助流ー人情の機微の掴み方 [ご縁・感謝・調和]


『人情の機微を知ったら、天下でも取れるわ。しかし、それを知っている人というのは少ないな。自分でもいろいろ当たって砕けたりしてやっていくうちに、自然につかめるものだから、自分で悟ってつかまないと仕方がない。学ぶべきものでなくて、それは悟るべきものである。だから教えるというても、教える道がない。それにそれぞれが持っている持ち味から出てくるものやな。』

引用元:松下幸之助著「リーダーになる人に知っておいてほしいこと」



全くの同感です。人情の機微は教科書的に学ぶことはできませんね。言語化・体系化できない暗黙知が何よりも大事で、自分の意思で行動を起こして、対話をしながら、心を通わせながら、反応を見ながら、掴み取っていく必要があると思います。


あの時にあういうことがあって、かつこういうこともあった、だから気づけたということもあるだろうし、あの人はこういう反応をしたけれど、この人はこういう反応をした、だから気づけたということもあると思います。誰々と同じことを経験して気づけた、失敗して気づけた、感情が揺れ動いた上に気づいたとか、そういったこともあると思います。


人情の機微というのは、こうした気づきの累積により分かってくるもので、いくら倫理や道徳の知識があっても、いくら心理学のテストで点数をとれても、こうしたものがなければ、人の心は動かせないと思います。


コミュニケーションが形式的なものになってしまうか、自分の都合になってしまうか、ひどい場合は相手を支配するようになってしまうと思います。


人情の機微があれば、難しいことをあれこれ考えなくても、自然に心が通じ合って、よい雰囲気が生まれて、それぞれの持ち味が活かされて、その場が楽しいものになってくるのだと思います。


いつも言っていることですが、やはり人生というのは "どれだけご縁を活かしてきたか" "どれだけ学びに転換してきたか" なんだと思います。


引き寄せの法則を学んで3年 [引き寄せの法則・鏡の法則・潜在意識]


僕が引き寄せの法則を
学び始めたのは約3年前です。


当時の僕が
大きなショックを受けたこと。


それは、
顕在意識で望まないことを
潜在意識が望んでいる場合がある
ということ。


顕在意識というのは
普段自分が認識できる範囲で、
潜在意識はその逆で
普段の自分が認識できない範囲です。


この割合は、
顕在意識:潜在意識=1:9なので、
顕在意識の望みよりも、
潜在意識の望みの方が
現実化されやすくなります。


いくら顕在意識で
お金が欲しいと思っていても、
潜在意識では貧乏暇なしのごくと働いて、
頑張っている自分を見せて、
誰かに承認されたいのかもしれません。


いくら顕在意識で
いじめられたくないと思っていても、
潜在意識ではいじめをうけることで、
学校を休む理由を作りたいのかもしれません。


いくら顕在意識で
痩せてかっこよくなりたいと思っていても、
潜在意識では痩せてしまうと、
運動できない言い訳がなくなってしまう
と思っているのかもしれません。


「そんなアホな、、」
「誰が得をするんだよ、、」
と思われる方もいらっしゃる
かもしれませんが、良くも悪くも
これが潜在意識の特性なんです。


そしてこれは
環境が変わってもそうなんです。


一度インプットされた
潜在意識にある情報は、
その人にとって絶対のものになります。


いじめを回避するために
他の学校に転校したとしても、


自分の潜在意識の中に
いじめ関連の情報があれば、
いじめられてしまうような状況に
仕向けられていくのです。


もちろん顕在意識で
これを認識することは出来ません。


だからこそ、
潜在意識の活用法について
学ぶ必要があるんですよね。


いつも言っていますが、
「感情の解放」
「過去に対する解釈を変える」
「思考の抽象度を上げる」
など、こういったことで
潜在意識内の情報を書き換えれば
現実も変わります。


僕自身、この3年で、
人間関係、お金、体質、習慣など
あらゆる面で変わってきました。


長年、絶対に不可能と
思っていたことも、
いくつか達成してきています。


もちろん
まだまだ課題はあるのですが、
気持ち的にすごく楽になったし、
どんな人間関係もどんな問題も
受け入れられるようになって
大分生きやすくなりました。


人生を変えるためには、
体質を変えるといい
思い切り断捨離するといい
社会にある刷り込みを解放すればいい
といったことをよく言っていますが、


潜在意識内場の情報を
書き換えてしまうのも
また有効な方法だと思います。


ご参考まで。



[関連記事]
やはり潜在意識は凄い!夢ノートが叶っている!
大勢の人がこの引き寄せの本で人生を変えている


真の健康は病気から生まれる [健康・体質改善・気分転換]


一昨日の朝から昨日の夜まで、35時間くらいぶっ通しで働いたのですが、無事に乗り切ることができました。その後、いつもより睡眠時間が2、3時間増えた程度で、普通に過ごせています。


以前の僕だったら、途中で諦めたか、倒れたか、そこまでいかなくてもその後3日間くらいはボロボロだったと思います。


僕の体調がよくなってきたのは、一度病気になったからです。病気になったからこそ、生活習慣や生き方を根本的に見直すことができました。


体の不快症状がなくなって、体力やスタミナが身について、頭の回転がよくなって、精神が鍛えられて、余計なモノを手放して、自分なりの疲労回復法・リフレッシュ法が分かってきました。


病気になって大分時間を潰したと思っていたのですが、根本的に見直せる時間をとれたことで、むしろそれ以降中身の濃い時間を過ごせるようになりました。人生はどれだけ長く生きるかよりも、どれだけ質の高い時間を過ごせるかですよね。


時間を生み出す方法として、速読法や短眠法を身に着けたり、整理整頓や断捨離をしたりというのがよくありますが、健康体になってしまうのが一番だと思います。


また、ここまで回復するのにそれなりの苦労もありましたが、その苦労があったからこそ健康で過ごせることに感謝できます。当たり前のように手に入れたものは有難さに気づきにくいですが、苦労して手に入れたものは大事にしますよね。


「東京ー大阪は超近い」と思う理由 [生産性・時間・断捨離・習慣]


僕はあまり旅行に行かない人です。


絶対に行かないわけではなく、
箱根など比較的近場の温泉地に
旅行に行ったことは何度かありますが、


「それ以上は遠くて行きたくない」
「大阪とか東北とかは億劫だ」
という思考でずっと生きてきました。


でもよくよく考えみれば
全然遠くないんですよね(笑)


東京ー大阪間は
新幹線で2時間半ですが、
これはとても近いと思います。


夜行バスも
8~9時間とよく聞きますが、
これでも近いと思います。


何を言っているのか
よく分からないですよね(笑)


科学の発達した便利な時代に
生きていると錯覚することもあるかな
と思うのですが、


新幹線やバスのない時代に
生きていた人から見れば、
あっという間レベルだと思うんですよね。


江戸時代の人は、
東海道の東京ー大阪間を歩く際、
13~15日かかったそうです。


飲食費・宿泊費もばかになりません。
雨風にさらされることもあるし、
疲労も蓄積していくのです。


こう考えたら、
めちゃくちゃ近いですよね。


江戸時代の人から見れば、
2時間半なんてありえない早さだし、
ただ座っているだけでいいなんて、
快適すぎると思うのです。


気づくの遅いな~(笑)
もっと行動しなきゃ


脳力サポート