So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月 | 2017年06月 |- ブログトップ
前の10件 | -

僕がタワーマンションよりも古民家を選ぶ理由 [健康・体質改善・気分転換]


タワーマンションに否定的な専門家の書籍やブログを読んでいました。「基本的にデメリットばかり」「マスコミに誘導されている」「見栄のためでしかない」という意見がよくありますね。


僕自身は、「見晴らしがいい」「施設が充実している」「同じ建屋に職場がある」といった理由で住む人もいると感じていますが、同時に、中には見栄でしかない人もいるかなとも感じています。


高層ビル.jpg



マスコミは言いませんが、「健康リスクがある(一昨日の記事参照)」「管理費だけでも大金」「災害時に閉じ込められる」「空気が浄化されない」「下に降りるまでに時間がかかる」「荷物を運ぶのが大変」「引きこもりがちになる」など、デメリットばかりなんですよね。


本当に価値のある家は、化学工業製品ではなく天然木材を使った家、地面に立てた安定感や自然観のある家だと思います。


こういう家は、木が息をしている(寒暖や乾湿の調整している)し、季節の変化に順応するし、化学物質による腐食もないので、長生きするんですよね。最近の家は30年も持たない(表面的には大丈夫そうでも見えないところはボロボロ)と言われているのに対し、手入れ次第で、200-300年持つと言われています。 


「次はこれ」「その次はあれ」となんの愛着がないまま消費していく現代では、手入れというものが蔑ろになっていきますが、本来、手入れというものは、「モノを大切に扱いたい」「最大限に活かしたい」という精神によるもので、価値のあるものだと僕は思います。


僕の地元には古民家が多いのですが、何世代にもわたって大事に手入れがされてきたものばかりで、そこには人の温かい心が宿っているようにも感じます。


昔から哲学者(ニーチェ、ゲーテなど)が指摘しています。「物質文明において、愛に生きることができないと、虚無感を埋めるためにステータスにお金を使うようになり、本当に価値あるものが失われていく」と。


事実、法規制や職人技術の未継承といった理由から、こういった昔ながらの家が建てられなくなってきており、専門家はこの動きを危惧しています。


これから、「人口減少→空室率増→一世帯当たりの管理費負担増」「首都直下型地震の脅威」といったことから、タワーマンションのニーズが下がっていくという話があります。だからこそ、「東京オリンピック前」「消費増税前」と言いながら、ここぞとばかりにセールスしてくるという話もあります。


何かの参考になれば幸いです。


体調を壊す? タワーマンションより古民家を選ぶべき理由 [健康・体質改善・気分転換]


タワーマンションのセールスを受けました。「ただ住んでいるだけで自慢できますよー」「遊べる施設や便利な商業施設が色々あって贅沢できますよー」とよく言っていました。


正直、タワーマンションはあまり住みたくないです。そんなところに住むお金もないのですが、仮にあったとしても住まないと思います。


高層ビル.jpg



高いところに住むと、人は体調を壊すんですよね。


窓を開けられない、またそれにより洗濯物を干せないので、室内の空気が悪くなる、、、気圧が低いので血液循環が悪くなる、、、土がないし、微生物や動物もいないので、自然界の循環システムが働かない(体内で気が巡らない)、、、高層ビルは耐震構造ではなく制震構造、つまり地震時にあえて揺らすように作られているので、ちょっとした風でも微妙に揺れて平衡感覚がおかしくなる、、、


体調面以外でも、下に降りるまでに時間がかかる、荷物を運ぶのが大変、引きこもりがちになる、災害時に身動きがとりにくくなるなど。


本当に贅沢な家は木でできた古臭い家です。木というものは建材となっても呼吸し続け、寒暖や乾湿を調整してくれます。通気性がよいので、空気がこもらないし、結露も起こしません。それだけ腐食もないのです。化学物質による毒被害がありません。そして温かいです。


これから東京オリンピック開催前、また消費増税前ということで、セールスが多くなってくると思いますが、何かの参考になれば幸いです。


「捨てる」以前に「買わない」という選択 [生産性・時間・断捨離・習慣]


大量生産・大量消費の問題に取り組む人たちが作ったネット動画を見ていました。「どんなに頑張って運動しても、大手メディアの力には敵わず、思うように進まない、、」「インターネットで個人メディアを持てるようになってきたが、それでも大手にはまだまだ敵わない、、」というメッセージでした。



買い物.jpg




現代は大量生産・大量消費の時代、、、次から次へと新しいモノに飛びついては、次から次へと断捨離していく時代、、、


企業が新しくモノを作ると、企業とメディアが新しい価値観を作り、その度に新しい消費行動が起こります。どんなに流行したモノも、少し時間が経過すると、メディア側の誰かが、「カッコ悪い」「時代遅れ」という情報を流します。


消費活動と言うのは作為的に行われているんですよね。欲望を刺激されて、購買を繰り返すことは、とても寂しいことだと思うことがあります。


もちろんモノにより生活が向上したり、問題が解決することもあると思います。料理が好きで大事な人に食べさせたいから美味しく作れる道具を買う、健康のために運動したいからフットサルシューズを買う、自分を高めるために本を買って気づきを得る、こういう消費は、モノに対する愛情が芽生えやすく、大切にするようになるので良いと思います。


でも、最新のスマホや家電が出る度に乗り換えるとか、「今年はこれが流行る」という情報の度に新しく着るものを買い揃えるとか、そういう刹那的な消費は寂しい気がしています。


モノにも魂は宿ると思うし、欲しくても買えない人もいるだろうし、これだけ移り変わりが激しいと、どこかに負担がかかってしまうと思うんですよね。自然界を壊したり、ゴミが増えたりなど。


大量生産・大量消費の問題は、誰もが考えるべき問題だと思います。


インナーチャイルドを癒すとどうなる? [引き寄せの法則・鏡の法則・潜在意識]


※今回の記事は、
 引き寄せや潜在意識を学んだ人には、
 分かり切った話かな、、
 その場合、スルーしてください。


最近、僕が取り組んでいるのが、
インナーチャイルドを癒すこと。


インナーチャイルド:
大人になっても
心の奥深く(潜在意識)に
存在する幼い頃の自分。


Bicycle.jpg


幼い頃に、
愛されている実感を持てないと、
このインナーチャイルドが傷ついて、
自分を肯定できなくなるんですよね。


「ありのままの自分は愛されない」


という欠乏感が生まれ、
意識的にも、無意識的にも、
それ以降の人生に、
ずっと影響していくのです。


理想の自分像を作って、
そこに無理やり自分を当てはめ、
人に承認してもらうことで、
欠乏感を埋めようとしますが、
本当の自分ではないので、
真に満たされることはないのです。


偽りの自分という意味で、
健全な人間関係が築けず、
お金、物、地位、中毒物質
による快楽に依存していくのです。


暗い話になってしまったかな ^^;


でも、インナーチャイルドは
大人になってからでも癒せます。
方法も色々とあります。


僕自身、
自己肯定感が低かったですが、
インナーチャイルドの癒し方を学んで、
かなり楽になってきました。


親が忙しくて、
なかなか構ってもらえなかったこと、


気になる女の子がいて、
色々な人に積極的に話かけているけど、
自分は話しかけてもらえなかったこと、


サッカーのうまい先輩がいて、
他の人は教えてもらっているのに、
自分は教えてもらえなかったこと、


傷ついた幼少時の自分を思い出して、
その時の感情を味わって、
「辛かったね」「寂しかったよね」と
大人になった自分が声をかけてあげる、、
イメージの中で抱きしめてあげる、、


これでインナーチャイルドは
癒されていくのです。
※方法は他にもあります。


僕の場合、これで、
体のなんとなく不調が治ったり、
お金や物に対する執着がなくなったり、
人間関係に関するネガティブな思い出から
解放されたりしてきました。


そして、不思議なもので、
それ以降、良縁、チャンス、お金を
引き寄せるようになるんですよね。


人間というのは心ありき。
心こそが全ての根幹。


根幹的な問題を解決すると、
枝葉の問題も解決するのです。
 

p.s.
引き寄せの世界でよく使われる
リフレーミング(解釈を変える)も
インナーチャイルドを癒す有効な手段です。


人のせいにする人が失うものは計り知れない [反省・改善・自分の責任]


ミスや失敗をした際、
他に責任を転嫁したくなるのは
人情の一面かもしれません。
しかし、それでは何の学びも
改善も望めないでしょう。
原因は自分にあると考え、
改めるべきは改めてはじめて
みずからの成長や成功が得られます。

引用元:大江弘著「松下幸之助 強運を引き寄せる言葉」



バラ.jpg



人のせいにすることで、
責任からは逃れられるのですが、
その代償として、人間関係を失い、
不毛な感情に支配され、
時間を無駄にしてしまうんですよね。


「自分の人生は全て自分の責任」
と捉えることができれば、
問題を自分の成長に転換しながら、
周囲の人の協力をもらいながら、
自分の人生を切り拓いていけます。


人のせいというのは、
本当にもったいないと思います。


引き寄せの法則では、
「全て自分が引き寄せている」
とよく言われますね。


僕自身、
左脳系スピリチュアルの
サトリさんの電子書籍から
引き寄せの法則を理論的に学んでからは、
「全て自分が引き寄せている」
ということを腑に落とすことができました。


不毛な感情から解放されて、
自分次第だと心を定めて、
別人のようにやる気が出て、
問題をどんどん解決するようになって、
助けてくれる人が集まってきて、
本当にやりたかったことに気づいて、
人生が変わってきました。


多分、リアルで僕を知っている人は、
僕の変化を感じていると思います。


時間は有限、
人のせいにする度に
可能性がなくなっていきます。


そして、
「どうせ自分の人生は変わらない」
というイメージが
潜在意識に刷り込まれていきます。


p.s.
引き寄せの法則を学んで、
僕がどう変化したかについては
こちらの記事に書いてあります。
ご参考まで。
>> 引き寄せ界のバイブルを読んだ後の6つの変化


意外に知られていないー体の声を聞けないと人はどうなる? [健康・体質改善・気分転換]


デトックスの世界で、
よく言われることとして、
体が浄化されてくると、
本能が働くようになってくる、
というものがあります。


僕自身、最近は、
「今自分は何を食べるべきか」
といったことが、直感で
分かるようになってきました。


自転車.jpg


この前、
「なんかだるいな、、」
「むくんでいて体が重いな、、」
という時に食べたくなったのが赤飯です。


質のいい小豆で赤飯を炊いて、
黒ゴマをたっぷりふりかけて、
よく噛みながらいただきました。


一晩寝たらだるさが解消し、
水分が大量に排泄され、
フットワークが軽くなってきました。


五行論で言えば、
「だるい」「むくみ」というのは
腎臓に毒があるということ、
小豆と黒ゴマは腎臓を養う食べもの。


人間には本能というものがあり、
体の方は、その時に必要な
栄養素が分かっているんですよね。


「そういうのはたまたま」と
本能を信じない方もいらっしゃいますが、
僕は信じています。


梅干を見ると唾液が出てくるように、
熱いものに触ると手を引っ込めるように、


頭を使うよりも先に
同じような体の反応を呈するのは、
DNAに刷り込まれたもの、つまり、
生命が生きていくために必要なもので、
(体が浄化されていれば、)
的外れなことはないと思うのです。


むしろ思考や知識に頼る方が
危険なのではないかと僕は思います。


現代の学校教育は教科書中心主義、、、
知識偏重になることで、
本能や直感を活かせなくなるんですよね。


自分に答えがあったとしても、
外側を向いてしまう可能性が
あるということです。


また、知識として自分にないものや
知識で対応できない問題を
解決できないということにもなります。


「尽く書を信じれば、則ち書無き如かず」


これは、もし書物に書いてあることを
全て信じるのなら書物などはいらない、
という意味の孟子の言葉です。


今、病気になる人が急増していますが、
何かを盲信しているところが原因と
なっている場合もあると僕は思います。


[関連記事]
洗脳されている?病気を治すには常識よりも良識


日常生活をスポーツジム化するメリット [健康・体質改善・気分転換]


かつて、
ジムに通っていましたが、
今は通っていません。


「ジムまでの移動時間が
 もったいないかな」


「屋外で運動した方が
 気持ちいいし健康かな」


と考えたからです。


よく言われることですが、
体を鍛える機会というものは、
わざわざジムに通わなくても、
日常生活の中にたくさんあります。


・掃除
・洗濯物干し
・農作業
・車を使わずに歩く
・エレベータではなく階段を使う


もちろん、その人その人の
生活の仕方にもよりますが、
ジムに比べて、


・人に感謝される
・太陽を浴びれる
・新鮮な空気を吸える
・季節の変化を感じれる
・環境負荷が軽減される


といった効果を
得られやすいんですよね。


人間関係やメンタル面においても、
いい影響があると考えています。


[関連記事]
ジム不要-僅か7秒でムキムキになれる筋トレ法


悩み事に向き合うのは体調を整えてから [健康・体質改善・気分転換]


人生において、
悩み事というのは尽きませんね。


どちらかと言えば、
目標や理想を追い求めるほど、
壁にぶち当たり、
悩み事が増えていきます。


モンテネグロ.jpg


この3ヵ月くらい、
ずっと悩んでいた事があったのですが、
「もう分からん」と一旦投げ出しました。


そして、積極的に、
リフレッシュをするようにしました。


ウォーキング、半身浴、
レイキ、鍼灸、涙活など。


鍼灸は久しぶりで、
かなり気の巡りが
よくなった気がしています。


そして、ある日の朝、
起きたら、閃くものがありました。


すぐに悩みの解決に
つながるようなものではないですが、
進展がありそうな気がしています。


やはり、健康第一。


悩み事に向き合う上でも、
体調というものは大事だと思います。


悩み続けて疲れてしまうと、
思考力も発想力も
鈍っていくんですよね。


夜眠れなくなることで、
疲労も蓄積しています。


雑念や執着が生まれて、
無駄に膨らませてしまうことも
ありえると思います。


まとめ:
悩み事に向き合うのは、
体調を整えてから。


気まずい沈黙が続く場合「シタシキナカ」 [ご縁・感謝・調和]


初対面の相手と会話ができず、
気まずい沈黙が続いてしまった時、
「シタシキナカ」(親しき仲)から
話題を選ぶと話が進みやすいようです。


シ:仕事
タ:旅、食べ物
シ:趣味
キ:季節・気候
ナ:仲が良い人
カ:家族


これは覚えやすいですね。
僕は知りませんでしたが、
営業の世界ではまあまあ有名らしいです。


恋人とベンチ.jpg


これに加えて、
うまく進まない時は、
「緊張しています」
と言ってしまってもいいと僕は思います。


「緊張しています」
と言われると、
なんとなく安心して
気持ちがほぐれませんか。


それ以降、
言葉が出てこなかったり、
挙動不審になったりするのを、
笑顔で受け止められるようになりませんか。


緊張感がほどけて、
話が弾みやすくなると思います。


「シタシキナカ」
「緊張しています」
で相手が心を開いてくれたら、


さらに、住んでいた場所や
勤務していた場所の話をして、
もし共通項があったら、
より話が弾むかなと個人的に思います。


生きにくいのは学校教育・大手メディアの刷り込みがあるから? [文章・情報発信・読書・情報収集]


読者さんからいただくのが、「長年あった思い込みや先入観に気づけた」「少し見方を変えてみたらうまくいくようになった」というメッセージです。嬉しいですね。


このブログで僕が特に伝えたいこと。それは、「社会には色々な刷り込みがある」「それが生きにくさにつながっている場合がある」ということ。


現代の学校教育には様々な弊害があります。大手メディアが発信する情報にも思惑があります。物質経済・貨幣経済では執着や依存が生れます。そして、これらが現代人特有の生きにくさにつながっていると僕は感じています。


具体的には、個性を発揮できない、他人の価値観で生きてしまう、心を病んでしまう、思考停止、大量消費、真に有益な情報にたどり着けず成果を出せない(特に健康関連が多い)など。


もちろん、僕の書いていることが正しいわけではありません(ちなみに僕は正解主義が苦手)。見当違いのものも中にはあるかもしれません。


一つの意見として、偏りを解消できたり、多面的な見方ができるようになったり、それらが問題解決のヒントになったりなど、そういうきっかけになればよいなと思い発信しています。


最近、感謝してもらえることが増えてきましたが、本当は僕の方が感謝です。様々なブログがある中で、僕のブログを読んでくれるのはとても嬉しいです。続けてきたかいがあります。


これからもよろしくお願いします ^^


前の10件 | -
2017年05月 |2017年06月 |- ブログトップ
脳力サポート