So-net無料ブログ作成

何度も禁煙に失敗している人は潜在意識にアプローチした方がいい [引き寄せの法則・鏡の法則・潜在意識]


禁煙には、10回くらい
チャレンジして失敗してきました。


最初の5日間くらいは
我慢できるのですが、それ以降、
衝動的に吸ってしまうのです。


「やっぱ禁煙なんて無理だ」
「ストレスためて支障が出るよりいいか」
「自分の周りも吸っているからいいか」
なんて考えていました。


しばらくして、「今度こそは」と、
再チャレンジするのですが、
やはり失敗してしまうのです、、、


そのうち「禁煙は不可能」
と決めつけるようになってくるのです。


今なら分かるのですが、
これは潜在意識が関係しているんですよね。


公園のベンチ.jpg


いくら「禁煙したい」と思っていても、
それは意識の1割の顕在意識だけのこと。


残りの9割を占める潜在意識では、
逆のことを考えていたりするのです。


禁煙に失敗する人というのは、
顕在意識では自覚していませんが、
潜在意識内に「自分に禁煙は無理」
「吸いたい衝動に打ち勝てない」
「煙草を吸わないと生きていけない」
といった禁煙に反する情報があるのです。


潜在意識は、基本的に現状維持を好みます。
つまり、過去のパターンに囚われています。


意図的なアプローチや
大きな心境の変化
(例えば大病や子どもが生まれたなど)
がない限り、「過去にこうだったから」
という情報をただひっぱり出してくる
だけなのです。


潜在意識内に、
「出来る」という情報があれば
「出来る理由」をひっぱってくるし
「出来ない」という情報があれば、
「出来ない理由」をひっぱってくるのです。


いくら努力しても、
いくら知恵を身に着けても、
そうなってしまうのです。


自分が普段意識できないところで、
現実が決定されてしまうのです。


ショックを受けるかもしれませんが、
これは、潜在意識の仕組み上、
どうしようもないことなのです。


だからこそ、潜在意識について
学ぶ必要があるんですよね。


僕の場合、
左脳系スピリチュアルのサトリさんから、
潜在意識の原理や活用法
(引き寄せの法則)を学びました。


「過去に対する解釈を変える」
「抽象度の高い思考をする」
「それを達成している人から学ぶ」


など、
潜在意識内の情報の
書き変え方を学びました。


そして、素直に
それを実践しました。


「出来ない」
→「もしかしたら出来るかも」
→「出来そうだ」
→「絶対に出来る」
というようにマインドが変わっていき、
アイディアも閃くようになり、


結果的に、
それまでよりずっと少ない労力で、
煙草と縁を切ることができました。
結構あっけなかったです(笑)


ちなみに、
脱砂糖、1日1食なども、
潜在意識に対するアプローチで
成功させることができました。


これまで何度もチャレンジし、
その度に失敗しているのであれば、
潜在意識内に「出来ない」という
情報が刷り込まれているので、
そこにアプローチした方がいいと思います。


つまり、潜在意識内の情報を
意図的に書き変えた方がいいと思います。


「出来ない」というのは
真実ではないです。
ただの過去のパターンに囚われた
思い込みでしかありません。


つまり思い込みを変えることで、
(潜在意識内の情報を変えることで)
現実も変えることができるのです。


潜在意識の原理や活用法を、
詳しく学びたいという方は、
サトリさんの電子書籍をおすすめします。
>> サトリさんの電子書籍「引き寄せの法則の真実


もちろんブログもおすすめです。
>> サトリさんのブログ「悟りの書 〜左脳系スピリチュアルのススメ〜


ブログと電子書籍では、
切り口や表現が違うので、
併せて読めば理解が深まると思います。


脳力サポート