So-net無料ブログ作成

アクティブレストー積極的に体を動かしながら疲れをとる [健康・体質改善・気分転換]


少し前から、
「アクティブレスト」
というものを学んでいます。


特に欧米で、
今注目を浴びている疲労回復法で、
積極的に体を動かしながら疲れをとる、
というものです。



公園.jpg



疲労回復といえば、
「体を休ませる」「ゆっくり寝る」
といったことを考えがちですが、


体を動かした方が、血行がよくなって、
疲労物質の排泄がスムーズになるので、
疲労回復が早まる場合があるんですよね。


方法としては、
激しいスポーツをしたり、
延々とランニングをするというよりは、


10〜20分程度の
ウォーキングやヨガなど
軽めの運動が好ましいようです。


普段デスクワークばかりで、
運動する機会のない人は
試してみる価値があると思います。


僕自身も、以前から、
「少し疲れたな」という時に、
ウォーキングをするようにしていますが、
疲労回復が格段に早まったと感じています。


また、汗をかいて気分がスッキリするし、
新鮮な酸素が入ってくるので、
思考力も高まるように感じています。


やはり、人間にとって
運動は必須なんですよね。


疲れているから運動できないと言う人は、
知らず知らず負のループに
はまっているかもしれません。


時間がないから運動できないと言う人は、
生産性を下げる結果として
時間を無駄にしているかもしれません。


 「体を動かしながら疲れをとり、
  仕事の質や時間効率を高めていく」


運動不足になりがちな現代、
こういう見方も大事だと思います。


p.s.
精神疲労についても多分同じですね。
笑うこと、歌うことが効果的だと思います。


僕が情報発信を続ける理由 [文章・情報発信・読書・情報収集]


本でも、ブログでも、新聞でも、「これは勉強になるな」「これは知っておくと何かと便利だな」という文章は、昔から保存するようにしています。


時代の変化や自分の成長を考慮して、断捨離していくものもありますが、その一方で、10年前、20年前に読んだ文章で未だに残っているものもあります。


その多くが1、2分くらいで読めてしまうものですが、それでも今の僕に影響を与えてくれています。


ノート.jpg



このブログによる、僕の情報発信も、誰かの人生に影響を与えていくかもしれません。たった1、2分で読める記事であっても、何年も価値を発揮していくかもしれません。


実際に、「2年前に記事にしていたことを仕事で使わせてもらっているよ。」「以前話題にしていた健康法で体調がよくなっているよ。これからも続けていくよ。」という嬉しいメッセージもいただいています。


やはり、誰か一人でも、自分の記事がお役に立てていると思うと、やる気が出てきますね。


毎回の更新の度にアクセスをしてくれる方も増えてきていますが、誰もが忙しく生活をする現代において、1日に1分でも、僕の記事を読んでいただけるのは有難いことだと思います。


せっかく無料で個人メディアをもてる時代に生まれたのだし、文章を書くのも好きなので、この情報発信は続けていきたいと思います。


これからもどうぞよろしくお願いいたします ^^


表面的なテクニックを使わないマーケティング手法を学べる書籍 [ビジネス・金運]


現代はインターネット社会。Facebook、ブログ、Youtubeなど、誰もが無料で個人メディアを持つことができる時代ですね。インターネットによるマーケティングを学んで、脱サラして起業する人、あるいはすでにある事業を拡大させていく人も増えてきています。


業種・業態は、コンサル・コーチ・セミナー講師などの先生型ビジネス、飲食店・美容院・治療院・不動産などの店舗型ビジネス、デジタルコンテンツ配信、物販と、様々あります。


今回は、インターネットを使ったマーケティングに関心がある人におすすめの書籍をご紹介いたします。


パソコン.jpg



「インターネットビジネスマニフェスト」って知っていますか?


全世界で200万人以上の起業家が読んだ伝説のレポートで、自分の強みを見つけ、それを思う存分に磨き・発揮しながら、人や社会に貢献していく、というシンプルだが理想的なビジネスの仕方について教えてくれる書籍です。


著者はインターネットマーケティング界の第一人者リッチ・シェフレン。彼は、ダン・ケネディやジェイ・エイブラハムなどの世界的権威や、グーグルやマイクロソフトなどの超大企業からアドバイスを求められるほどの人です。


『多くのインターネットマーケター、もっと言うとインターネットに限らないマーケターたちがあなたに伝えているのは「表面的なテクニック」がほとんどなのです。表面的なテクニックは、一時的には効果があるかもしれませんが、時間が経ったり、状況が変わったりするとあっという間に使えなくなります。』

引用元:リッチ・シェフレン著「インターネットビジネスマニフェスト」



これまでも何度か記事にしていますが、「SNSやブログを使えば誰でも簡単に集客できる」「ビジネスにつなげて月収100万を超える人が続出」「会社をやめて起業をする人が続出」という宣伝には懐疑的です。


「誰でも」「簡単に」というのは「表面的なテクニック」でしかなく、いずれ使えなくなるんですよね。時流に乗るものは時流によって滅ぶのです。自分の実力だと勘違いしたり、それで会社をやめたりするのは本当に危険だと思います。


今起業ブームと言われていますが、生き残るのはほんの一部で、1年後には40%、5年後には15%、10年後には6%と減っていきます。


『リッチが教え子に常に伝えているのは「本質的な知識」です。どんなに優れた戦術も、優れた「戦略」の下でないと意味をなさない、と彼は言います。つまり、あなたが知っている多くのノウハウは表面的な戦術やテクニックであることがほとんどで、長期的には事業を成功させるために必要な「戦略」を無視している可能性があるのです。彼はそういった表面的な戦術を伝えるのではなく、普遍的な戦略を伝えていますので、5年経とうが、10年経とうが、あなたが吸収した知識や知恵が色あせることはありません。』

引用元:リッチ・シェフレン著「インターネットビジネスマニフェスト」



本当に大事なのは普遍的・本質的な戦略です。インターネットビジネスマニフェストでは、長期的な成功を引き寄せるためのビジネスの仕方について教えてくれます。


特に、「なぜ自分の強みが重要であるのか」「どうやって見つけるのか」「どうやって活かしていくのか」ということについて、複数の観点から体系的に詳しく解説されているのが他にはない特徴で、僕自身かなり勉強になったし、強みも明確になりました。ここだけでも読む価値があると僕は思います。


また、誰もが陥るであろうワナが、具体的な解決策とともに解説されているので、それだけ無駄な時間がなくなるし、ストレスも最小限に抑えることができると思います。


「誰でも楽して稼げるビジネスはNG」「枝葉よりも根幹」「自助努力が大事」「個性を活かすことが大事」という記事をよく書いていますが、この書籍を読んでもらえれば、その意味をより理解してもらえると思います。


自分の強みを活かせれば、表面的なテクニックに依存する必要はなくなりますね。


実際には、2,980円で販売されていたものですが、テストマーケティング中により、無料(送料のみ)となっています。誰もが認める優良書籍なので(リンク先のレビューも見てください)、この機会に是非チェックしてみてください。

   ↓   ↓   ↓

「インターネットビジネスマニフェスト」を無料(送料のみ)でもらう



劣等感の裏返しみたいな投稿をしていた僕 [個性・使命・自分らしく]


今は、
あまりログインしていませんが、
昔はよくmixiをやっていました。


このブログのような、
マインド系、気づき系ではなく、
主に個人的なもの、日常的なものを
メインに投稿していました。


過去の投稿を読み返してみると、
「こんな凄い人と飲んだ」
「こんないい物を買った」
「こんな大きい仕事に携わった」
というコンプレックスや劣等感の
裏返しみたいな投稿ばかり(汗


髪型や服装やアクセサリーなど、
見た目的なものにも
かなりこだわっていましたね。


自分に自信がなくて、
どうすれば人に認めてもらえるか
ばかりを考えていたんだと思います。


まあ、今も自信はないのですが(笑)
昔よりはましになったし、
そういう投稿も
していないつもりです。多分。


基本的に、
「人にどう見られたいか」
という虚構に支配されていると、
人は生きにくくなっていきます。


自分以外が決めた価値観に従って、
評価を得ることばかりに、
エネルギーを費やしてしまうのです。


やればやるほど、
本当の自分に価値を
見出せなくなっていくし、
表面だけにこだわってしまうし、
中身のない人間関係だけになっていくし、
他人に対する評価も、
歪んだものになっていくのです・・・


少し話が変わりますが、
自分に自信がないことで
僕が特に後悔しているのは、
上司と飲む機会があっても、
緊張してその機会を活かせなかった
ということ。


自信があれば、積極的に会話して、
学びを増やしたり、人脈を広げたり
仕事を大きくしたりすることが
もっとできたように思うのです・・・


「人生とは出会いである」
とよく言われますが、
絶対に出会わなければ
いけない人がいるとすれば、それは
" 本当の自分 " ではないかと僕は思います。


本当の自分から本当の出会いが
広がっていくということです。


余計なものは手放していきます。



可能性に生きるためにライバルが必要な理由 [ご縁・感謝・調和]


禅には、
「石中に火有り、打たざれば発せず」
という言葉があります。


どこにでもある石であっても、
他の石と打ち合えば火が出るもので、
その火は山を焼き尽くすほどの
大きなエネルギーにもなりうる、
転じて、周りと刺激し合うことで
お互いの可能性が広がっていくだろう
といった意味です。



スクーター.jpg



僕自身、
ただ勝ち負けを決めるだけの関係は
どうでもいいと思っていますが、
お互いを刺激し合う関係は好きです。


何か事業を立ち上げるにしても、
新しく学問を始めるにしても、
マラソンにチャレンジするにしても、


「苦しい」「難しい」「諦めようかな」
といった気持ちが出てきた時、
「あいつが頑張っているなら俺も」
「いい報告ができるようにしたい」
といった思いが何よりの励みになります。


また、会話をしているときに、
意見の不一致により、火花が散る
こともありますが、そういう時ほど、
改善や進展のヒントを得られたりします。


意見の不一致を無視したら
同時に可能性を失います。
自分に見えてない世界というものがあるのです。


森羅万象どんなものにおいても、
摩擦がなければ磨かれません。
どんなに可能性を秘めたものあっても。


切磋琢磨できる仲間がいるかどうかで、
可能性が無限大とゼロに分かれるのです。



記事ネタがない時はこの3つのポイントをチェック [文章・情報発信・読書・情報収集]


「自分も自分なりの情報発信をしていきたいがどういう記事・コンテンツにすればよいのか分からない」というご相談を受けることがあります。これは、「質問されること」「乗り越えたこと」「今注目されているもの」がおすすめです。


①質問されること
家族、友達、職場の人など、周りに質問されることって、実は、「人が知りたいこと」「自分の得意分野」なんですよね。だから、説明しやすいし、反応もとれやすいのです。例:パソコンの使い方、料理の仕方、おすすめの書籍など


②乗り越えたこと
基本的に、「不遇だった」「恥をかいた」「悩んでいた」など、隠したがる話は面白いです。読んでいる人に「自分だけではないんだ」という安心感や「自分はまだまだいける」という希望も与えます。そして、それを「どう捉え、どう工夫し、どう乗り越えたか」といったことを書くことで、似たような境遇の人の参考になります。例:たくさん失敗したけど最終的にダイエットに成功した話、長年苦しんでいたトラウマを克服した話など


③今注目されているもの
最新ニュース(経済、社会問題、技術など)、高視聴率番組、売れている本、人気スポットなど、社会が注目しているものから、自分の関心があるものを選び、自分の解釈・経験・レビューを書いていくのです。注目されてないものよりは反応がとれるはずです。僕の場合、働き方の変化、心の病など、社会的な問題をよく取り上げています。


以上です。


①と②は比較的、実用性・独自性を出しやすいと思います。③は他にはない視点で書ければコアなファンが増えやすいと思います。ちなみに僕の書く記事は上記3つで95%以上になると思います。


スピーディーな時代だからこそ「時間をかける」という価値観 [挑戦・試練・自助努力・継続]


現代は、ただスイッチを押すだけで自動的に結果が出る機械文明の時代、、、いつでもどこでもお金さえ払えば便利や快適がすぐに手に入る時代、、、5年後、10年後にどうなっているかが分からないくらい変化の激しい時代、、、短期間で結果を出せないものは評価されにくくなります。


こういう時代だと、自助努力を継続できず、知恵もスキルも自信も何も積み上がっていかない、次から次へと新しいものに飛びついては次から次へと捨てていく、対症療法に依存して根本的解決ができない・問題解決能力が養われない、一時的な人間関係しか構築できず愛着も思い出も残らないなど。刹那的な生き方になってしまうように僕は感じています。


「10年、偉大なり。20年、恐るべし。30年、歴史になる。50年、神の如し。」中国の格言


真の成長・真の豊かさは時間をかける中にあると僕は思います。「時間をかけずに結果を出す」というのは、「何も積み重ねないまま年を重ねてしまう」という意味で、時間を無駄にしているようにも感じます。


金欲・物欲を手放すための心がけ6選 [ご縁・感謝・調和]


物欲がなくなってきたという記事をたまに投稿していますが、この1週間でより物欲がなくなってきました。


いい車に乗りたいとか、ブランド品を身に着けたいとか、最新の家電が欲しいとか、高級なものが食べたいとか、そういうのが全然なく、今与えられているもので十分なんです。


よく言われることですが、やはり欲望は満たそうとするより手放した方がずっと楽ですよね。



チューリップ.jpg




僕が物欲を手放すため(足るを知るため)に行っていることをシェアします。


【苦労をする】
今あるものの中で、与えてくれた人の苦労が分かるものであれば感謝して大切にしますが、それが分からないものであれば有難さに気づけず扱いが雑になります。また、自分で苦労して手に入れたものは大切にしますが、当たり前のように手に入れたものは扱いが雑になります。野菜を自分で作ったことがない人に普段食べている野菜の真価は分かりません。不平不満を言う子どもほど親の大変さを知りません。感謝に生きるために与えてくれた人の苦労を考える、そして自分もその苦労を経験していく。これが人生の豊かさを増やしていく妙法だと思います。


【お金に換算できない価値を見る】
貨幣経済の中にいると忘れがちですが、お金で買える価値だけでなく、お金で買えない(お金に換算できない)価値も大事ですね。例えば、笑顔、優しさ、信頼、季節を感じる、一期一会を活かす、成長を喜ぶなど。これらは、目に見えないものが多いので、心眼や感性を養う必要があり、そのためには浄化や内省が大事だと思います。


【メディア戦略を知る】
メディア情報を鵜呑みにしていると、「これがトレンドだ」「これがかっこいい」といった価値観を植え付けられて、いつの間にか意図されたところに誘導され、買わされてしまう場合があります。こういったことは、購買心理学や広告技術など、メディア側の戦略を知ることで回避できると思います。これは単に刷り込みにより生じた思考の癖でしかないので手放してしまえば意外とあっけないです。※購買心理学や広告技術に問題があるわけではありません。それで人を操ろうとする人もいるということです。


【デトックスをする】
体に蓄積された毒素や脂肪をデトックスすれば、同時に我執(特に食欲)もデトックスされます。心も体も連動していますからね。さらに腸内環境やホルモンバランスが正常化すれば、セロトニンやドーパミンが分泌され、満足感を得られやすくなります。デトックス法としては断食や温活がおすすめです。


【掃除をする】
掃除(整理整頓や断捨離も同様)をすると、気分がスッキリして、生活がシンプル快適になって、余計なモノを排するようになってきます。


【ありがとう日記を書く】
毎晩、その日を振り返り、その中で感謝すべきことを、10個くらいピックアップしてノートに書いていくのです。対象は人間関係、物、環境、健康など。最初はよく分からなくても、形だけでも続けていけば、だんだんと意識が変わってきます。脳内の感謝に関連する回路が太くなって、感謝すべき対象を見つけやすくなって、足るを知る気持ちで過ごせるようになります。


以上、物欲を手放すため(足るを知るため)に、僕が行っていることでした。ご参考になれば幸いです ^^


早寝早起きが好きな理由は色々あるがこれが結構大きいかな [生産性・自己管理・時間・断捨離]


僕は早寝早起きが好きで、
最近は4時くらいに起きています。


起きてからの2時間くらいは、
長い1日の中でも特に好きな時間です。



サンライズ.jpg



暗くて、静かで、人がいないので、
つまり外界からの情報が少ないので、
自分の内側と向き合いやすくなるんですよね。


瞑想、感謝行、
ビジョンを思い描くこと、
思考をまとめることなど、

 
他の時間と比べ、
こういったことがしやすいのです。


集中力を引き出すために、
あえて照明をつけない時もあります。


起きたばかりだから
頭がスッキリしているのもポイントです。


言語化もしやすくなるので、
このブログの記事も
この時間帯によく書いています。


もしかしたら
最も生産性の高い時間帯かもしれません。


今思えば、夜遅くまで飲んだり、
朝ぎりぎりまで寝ていた頃は、
内省が全然できていませんでした。


それだけ、
心が乱れたり、思考が偏ったり、
計画通りに進まなかったり
することがよくありました。


現代は、誰もが忙しい、、
昼夜の区別がつきにくい、、
物や情報に溢れ意識が外に向きやすい、、
など、内省を遠ざけやすい時代です。


自分自身を見失わないために、
こういう意識も大事だと思います。


何度も禁煙に失敗している人は潜在意識にアプローチした方がいい [引き寄せの法則・鏡の法則・潜在意識]


禁煙には、10回くらい
チャレンジして失敗してきました。


最初の5日間くらいは
我慢できるのですが、それ以降、
衝動的に吸ってしまうのです。


「やっぱ禁煙なんて無理だ」
「ストレスためて支障が出るよりいいか」
「自分の周りも吸っているからいいか」
なんて考えていました。


しばらくして、「今度こそは」と、
再チャレンジするのですが、
やはり失敗してしまうのです、、、


そのうち「禁煙は不可能」
と決めつけるようになってくるのです。


今なら分かるのですが、
これは潜在意識が関係しているんですよね。


公園のベンチ.jpg


いくら「禁煙したい」と思っていても、
それは意識の1割の顕在意識だけのこと。


残りの9割を占める潜在意識では、
逆のことを考えていたりするのです。


禁煙に失敗する人というのは、
顕在意識では自覚していませんが、
潜在意識内に「自分に禁煙は無理」
「吸いたい衝動に打ち勝てない」
「煙草を吸わないと生きていけない」
といった禁煙に反する情報があるのです。


潜在意識は、基本的に現状維持を好みます。
つまり、過去のパターンに囚われています。


意図的なアプローチや
大きな心境の変化
(例えば大病や子どもが生まれたなど)
がない限り、「過去にこうだったから」
という情報をただひっぱり出してくる
だけなのです。


潜在意識内に、
「出来る」という情報があれば
「出来る理由」をひっぱってくるし
「出来ない」という情報があれば、
「出来ない理由」をひっぱってくるのです。


いくら努力しても、
いくら知恵を身に着けても、
そうなってしまうのです。


自分が普段意識できないところで、
現実が決定されてしまうのです。


ショックを受けるかもしれませんが、
これは、潜在意識の仕組み上、
どうしようもないことなのです。


だからこそ、潜在意識について
学ぶ必要があるんですよね。


僕の場合、
左脳系スピリチュアルのサトリさんから、
潜在意識の原理や活用法
(引き寄せの法則)を学びました。


「過去に対する解釈を変える」
「抽象度の高い思考をする」
「それを達成している人から学ぶ」


など、
潜在意識内の情報の
書き変え方を学びました。


そして、素直に
それを実践しました。


「出来ない」
→「もしかしたら出来るかも」
→「出来そうだ」
→「絶対に出来る」
というようにマインドが変わっていき、
アイディアも閃くようになり、


結果的に、
それまでよりずっと少ない労力で、
煙草と縁を切ることができました。
結構あっけなかったです(笑)


ちなみに、
脱砂糖、1日1食なども、
潜在意識に対するアプローチで
成功させることができました。


これまで何度もチャレンジし、
その度に失敗しているのであれば、
潜在意識内に「出来ない」という
情報が刷り込まれているので、
そこにアプローチした方がいいと思います。


つまり、潜在意識内の情報を
意図的に書き変えた方がいいと思います。


「出来ない」というのは
真実ではないです。
ただの過去のパターンに囚われた
思い込みでしかありません。


つまり思い込みを変えることで、
(潜在意識内の情報を変えることで)
現実も変えることができるのです。


潜在意識の原理や活用法を、
詳しく学びたいという方は、
サトリさんの電子書籍をおすすめします。
>> サトリさんの電子書籍「引き寄せの法則の真実


もちろんブログもおすすめです。
>> サトリさんのブログ「悟りの書 〜左脳系スピリチュアルのススメ〜


ブログと電子書籍では、
切り口や表現が違うので、
併せて読めば理解が深まると思います。


脳力サポート