So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年04月 | 2017年05月 |- ブログトップ
前の10件 | -

劣等感の裏返しみたいな投稿をしていた僕 [個性・使命・自分らしく]


今は、
あまりログインしていませんが、
昔はよくmixiをやっていました。


このブログのような、
マインド系、気づき系ではなく、
主に個人的なもの、日常的なものを
メインに投稿していました。


過去の投稿を読み返してみると、
「こんな凄い人と飲んだ」
「こんないい物を買った」
「こんな大きい仕事に携わった」
というコンプレックスや劣等感の
裏返しみたいな投稿ばかり(汗


髪型や服装やアクセサリーなど、
見た目的なものにも
かなりこだわっていましたね。


自分に自信がなくて、
どうすれば人に認めてもらえるか
ばかりを考えていたんだと思います。


まあ、今も自信はないのですが(笑)
昔よりはましになったし、
そういう投稿も
していないつもりです。多分。


基本的に、
「人にどう見られたいか」
という虚構に支配されていると、
人は生きにくくなっていきます。


自分以外が決めた価値観に従って、
評価を得ることばかりに、
エネルギーを費やしてしまうのです。


やればやるほど、
本当の自分に価値を
見出せなくなっていくし、
表面だけにこだわってしまうし、
中身のない人間関係だけになっていくし、
他人に対する評価も、
歪んだものになっていくのです・・・


少し話が変わりますが、
自分に自信がないことで
僕が特に後悔しているのは、
上司と飲む機会があっても、
緊張してその機会を活かせなかった
ということ。


自信があれば、積極的に会話して、
学びを増やしたり、人脈を広げたり
仕事を大きくしたりすることが
もっとできたように思うのです・・・


「人生とは出会いである」
とよく言われますが、
絶対に出会わなければ
いけない人がいるとすれば、それは
" 本当の自分 " ではないかと僕は思います。


本当の自分から本当の出会いが
広がっていくということです。


余計なものは手放していきます。



可能性に生きるためにライバルが必要な理由 [ご縁・感謝・調和]


禅には、
「石中に火有り、打たざれば発せず」
という言葉があります。


どこにでもある石であっても、
他の石と打ち合えば火が出るもので、
その火は山を焼き尽くすほどの
大きなエネルギーにもなりうる、
転じて、周りと刺激し合うことで
お互いの可能性が広がっていくだろう
といった意味です。



スクーター.jpg



僕自身、
ただ勝ち負けを決めるだけの
関係はいらないと思っていますが、
お互いを刺激し合う関係は好きです。


何か事業を立ち上げるにしても、
新しく学問を始めるにしても、
マラソンにチャレンジするにしても、


「苦しい」「難しい」「諦めようかな」
といった気持ちが出てきた時、
「あいつが頑張っているなら俺も」
「いい報告ができるようにしたい」
といった思いが何よりの励みになります。


また、会話をしているときに、
意見の不一致により、火花が散る
こともありますが、そういう時ほど、
改善や進展のヒントを得られたりします。


意見の不一致を無視したら
同時に可能性を失います。
自分に見えてない世界というものがあるのです。


森羅万象どんなものにおいても、
摩擦がなければ磨かれません。
どんなに可能性を秘めたものあっても。


切磋琢磨できる仲間がいるかどうかで、
可能性が無限大とゼロに分かれるのです。



記事ネタがない時はこの3つのポイントをチェック [文章・情報発信・読書・情報収集]


「自分も自分なりの情報発信をしていきたいがどういう記事・コンテンツにすればよいのか分からない」というご相談を受けることがあります。これは、「質問されること」「乗り越えたこと」「今注目されているもの」がおすすめです。


①質問されること
家族、友達、職場の人など、周りに質問されることって、実は、「人が知りたいこと」「自分の得意分野」なんですよね。だから、説明しやすいし、反応もとれやすいのです。例:パソコンの使い方、料理の仕方、おすすめの書籍など


②乗り越えたこと
基本的に、「不遇だった」「恥をかいた」「悩んでいた」など、隠したがる話は面白いです。読んでいる人に「自分だけではないんだ」という安心感や「自分はまだまだいける」という希望も与えます。そして、それを「どう捉え、どう工夫し、どう乗り越えたか」といったことを書くことで、似たような境遇の人の参考になります。例:たくさん失敗したけど最終的にダイエットに成功した話、長年苦しんでいたトラウマを克服した話など


③今注目されているもの
最新ニュース(経済、社会問題、技術など)、高視聴率番組、売れている本、人気スポットなど、社会が注目しているものから、自分の関心があるものを選び、自分の解釈・経験・レビューを書いていくのです。注目されてないものよりは反応がとれるはずです。僕の場合、働き方の変化、心の病など、社会的な問題をよく取り上げています。


以上です。


①と②は比較的、実用性・独自性を出しやすいと思います。③は他にはない視点で書ければコアなファンが増えやすいと思います。ちなみに僕の書く記事は上記3つで95%以上になると思います。


記事・コンテンツの作り方についてしっかりと学びたい方は、アメリカのコンテンツ女王ーアン・ハンドリーさんの書籍をおすすめします。


>> お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方
>> コンテンツ・マーケティング64の原則


Facebook、ブログ、twitterなどの各メディアにおいて、反応をとるための原則やテクニックが網羅されていて、この2冊だけで発信力が格段にアップすると思います。


僕自身は、「どうようにして自分の知識、経験、関心事をコンテンツに結び付けていくか」「その上でどうすれば読み手のニーズを満たしていけるか」「どうすれば分かりやすいものになるのか」といったことについて深く学びました。


全米ベストセラーだけあり、費用対効果は抜群ですので、コンテンツ力を鍛えたい方はぜひ読んでみてください。神田昌典さんもおすすめしています。


スピーディーな時代だからこそ「時間をかける」という価値観 [挑戦・試練・自助努力・継続]


現代は、ただスイッチを押すだけで自動的に結果が出る機械文明の時代、、、いつでもどこでもお金さえ払えば便利や快適がすぐに手に入る時代、、、5年後、10年後にどうなっているかが分からないくらい変化の激しい時代、、、短期間で結果を出せないものは評価されにくくなります。


こういう時代だと、自助努力を継続できず、知恵もスキルも自信も何も積み上がっていかない、次から次へと新しいものに飛びついては次から次へと捨てていく、対症療法に依存して根本的解決ができない・問題解決能力が養われない、一時的な人間関係しか構築できず愛着も思い出も残らないなど。刹那的な生き方になってしまうように僕は感じています。


「10年、偉大なり。20年、恐るべし。30年、歴史になる。50年、神の如し。」中国の格言


真の成長・真の豊かさは時間をかける中にあると僕は思います。「時間をかけずに結果を出す」というのは、「何も積み重ねないまま年を重ねてしまう」という意味で、時間を無駄にしているようにも感じます。


金欲・物欲を手放すための心がけ6選 [ご縁・感謝・調和]


物欲がなくなってきたという記事をたまに投稿していますが、この1週間でより物欲がなくなってきました。


いい車に乗りたいとか、ブランド品を身に着けたいとか、最新の家電が欲しいとか、高級なものが食べたいとか、そういうのが全然なく、今与えられているもので十分なんです。


よく言われることですが、やはり欲望は満たそうとするより手放した方がずっと楽ですよね。



チューリップ.jpg




僕が物欲を手放すため(足るを知るため)に行っていることをシェアします。


【苦労をする】
今あるものの中で、与えてくれた人の苦労が分かるものであれば感謝して大切にしますが、それが分からないものであれば有難さに気づけず扱いが雑になります。また、自分で苦労して手に入れたものは大切にしますが、当たり前のように手に入れたものは扱いが雑になります。野菜を自分で作ったことがない人に普段食べている野菜の真価は分かりません。不平不満を言う子どもほど親の大変さを知りません。感謝に生きるために与えてくれた人の苦労を考える、そして自分もその苦労を経験していく。これが人生の豊かさを増やしていく妙法だと思います。


【お金に換算できない価値を見る】
貨幣経済の中にいると忘れがちですが、お金で買える価値だけでなく、お金で買えない(お金に換算できない)価値も大事ですね。例えば、笑顔、優しさ、季節を感じる、一期一会を活かす、成長を喜ぶなど。これらは、目に見えないものが多いので、心眼や感性を養う必要があり、そのためには浄化や内省が大事だと思います。


【メディア戦略を知る】
メディア情報を鵜呑みにしていると、「これがトレンドだ」「これがかっこいい」といった価値観を植え付けられて、いつの間にか意図されたところに誘導され、買わされてしまう場合があります。こういったことは、購買心理学や広告技術など、メディア側の戦略を知ることで回避できると思います。これは単に刷り込みにより生じた思考の癖でしかないので手放してしまえば意外とあっけないです。※購買心理学や広告技術に問題があるわけではありません。それで人を操ろうとする人もいるということです。


【デトックスをする】
体に蓄積された毒素や脂肪をデトックスすれば、同時に我執(特に食欲)もデトックスされます。心も体も連動していますからね。さらに腸内環境やホルモンバランスが正常化すれば、セロトニンやドーパミンが分泌され、満足感を得られやすくなります。デトックス法としては断食や温活がおすすめです。


【掃除をする】
掃除(整理整頓や断捨離も同様)をすると、気分がスッキリして、生活がシンプル快適になって、余計なモノを排するようになってきます。


【ありがとう日記を書く】
毎晩、その日を振り返り、その中で感謝すべきことを、10個くらいピックアップしてノートに書いていくのです。対象は人間関係、物、環境、健康など。最初はよく分からなくても、形だけでも続けていけば、だんだんと意識が変わってきます。脳内の感謝に関連する回路が太くなって、感謝すべき対象を見つけやすくなって、足るを知る気持ちで過ごせるようになります。


以上、物欲を手放すため(足るを知るため)に、僕が行っていることでした。ご参考になれば幸いです ^^


早寝早起きが好きな理由は色々あるがこれが結構大きいかな [生産性・時間・断捨離・習慣]


僕は早寝早起きが好きで、
最近は4時くらいに起きています。


起きてからの2時間くらいは、
長い1日の中でも特に好きな時間です。



サンライズ.jpg



暗くて、静かで、人がいないので、
つまり外界からの情報が少ないので、
自分の内側と向き合いやすくなるんですよね。


瞑想、感謝行、
ビジョンを思い描くこと、
思考をまとめることなど、

 
他の時間と比べ、
こういったことがしやすいのです。


集中力を引き出すために、
あえて照明をつけない時もあります。


起きたばかりだから
頭がスッキリしているのもポイントです。


言語化もしやすくなるので、
このブログの記事も
この時間帯によく書いています。


もしかしたら
最も生産性の高い時間帯かもしれません。


今思えば、夜遅くまで飲んだり、
朝ぎりぎりまで寝ていた頃は、
内省が全然できていませんでした。


それだけ、
心が乱れたり、思考が偏ったり、
計画通りに進まなかったり
することがよくありました。


現代は、誰もが忙しい、、
昼夜の区別がつきにくい、、
物や情報に溢れ意識が外に向きやすい、、
など、内省を遠ざけやすい時代です。


自分自身を見失わないために、
こういう意識も大事だと思います。


目を閉じて感じてみるというリフレッシュ法 [健康・体質改善・気分転換]


僕は、どんなに仕事で忙しくても、
外に出て休憩するようにしています。
深呼吸、ストレッチ、空を見上げるなど、
どれもリフレッシュされてきますよね。


そして、最近、
「これもいいよ」ということで、
知人に教えてもらったのが、
「目を閉じて感じてみる」ということ。


目を閉じてみると、それまで
感じなかったものを感じるように、
あるいは感じ方が強くなってきます。


僕の場合、
太陽の温かさ、風の心地良さ、
花の香り、鳥のさえずりを感じます。


一旦、損得勘定や課題から解放され、
「今」に集中するようになります。


経験的に、3分もやれば、
心が穏やかになって、
感性が研ぎ澄まされて、
それからの仕事が捗るようになります。


みなさんも、是非、
疲れた時に試してみてください ^^


こちらもあわせてお読みください。
>> 疲れている人必見!「空を見上げる」ことによるリフレッシュ効果!
>> 夜空を見上げることで陰陽調和


B層戦略とは?メディアに振り回されない人生が送るために [生産性・時間・断捨離・習慣]


断捨離にとても関心があり、あらゆる本を読み、実践してきましたが、経験的に、断捨離効果を高めるためには、B層に向けたメディア戦略を知ることが大事だと思います。








B層の特徴・・・メディアに出てくるスターや有識者を盲信、派手なものやすぐに結果を出せるものに飛びつく、本当に価値あるものを批判する、思考停止、情報弱者、自信がない、本質よりも枝葉末節にフォーカス、古典よりも最新にフォーカス、不易よりも流行にフォーカス、


B層関連の書籍には、「B層は騙しやすい」「B層向けビジネスが一番儲かる」「日本の消費活動はB層によって動いている」と書かれています。具体的にどういうビジネスがあるのでしょう・・・


ファッションの世界:
新しいデザインや配色の商品を作る。スターを起用して「今はこれがかっこいい」というメッセージを雑誌などで流す。基本的にはこれが繰り返されているだけ。回転率を上げればあげるぼど売上が増えていく。


グルメの世界:
人気番組で「芸能人も行きつけ」「これは美味しい」と食べ物を紹介し、そのお店に行ったお客を化学調味料中毒にさせ、長期的利益を得る。


コンテンツ(漫画、ゲーム、動画)の世界:
「ヒーロー気分を味わいたい」「恋人がいる気分を味わいたい」「自分より不幸な人を見たい」という現実逃避的な欲求を満たしながら、現実に戻れなくして、さらに新しいコンテンツを紹介していく。


成功セミナーの世界:
「これで誰でも簡単に短期間で成功」といったコピーで、一時的にしか結果の出せないノウハウで儲ける。そして「こんなに結果が出ているよ」「こんなに人が集まっているよ」という演出でさらに集客する。


なんか嫌になってきますよね。でもこういう点をおさえておくと、断捨離がしやすくなると思います。


そして、現実や本質を見ながら、本当の自分を表現するようになります。消費やお金に対する執着を手放せれば、与える側にまわれるので、個性や潜在能力も引き出されてきます。


まとめ:B層戦略を知れば断捨離できる。断捨離できれば企業やメディアに振り回されない人生が手に入る。


※似たような記事は何度か投稿していますが、特に伝えたいテーマなので、切り口を変えながら投稿しています。


正負の法則ー車に乗ると〇〇を失う


今日、荷物をとりに行く関係で、
2キロくらい離れたとある運送会社の
営業所まで歩いて行ってきました。


早歩きで往復で40分くらい。
太陽が気持ちよかったし、
いい汗をかけたし、
幸せホルモンも分泌されたのか、
その後の仕事が捗るようになりました。


今でこそ、
「車を使わずに歩く」ということが、
当たり前になってきましたが、


かつては、たった500mであっても、
すぐにタクシーに乗ってしまうような
貧弱な人間でした。


「歩く」ということに対して、
「損」「面倒」「疲れるだけ」
という発想だったったんですよね。


でも今は、
「気持ちいい」「健康」「自由」
という発想になってきました。


文明の利器自体は否定しませんが、
それに依存するというのは、
生物としての力を放棄するということ。
本来の健康や生きる力を失うのです。


結局、何かを得れば何かを失う
という正負の法則があるんですよね。


野生の動物とペットの動物、
どちらが力強くイキイキしているかを
想像すると分かりやすいと思います。




経験値を上げればお金や物に対する執着を手放せる [個性・使命・自分らしく]


昔から、「成長ノート」というものをつける習慣があります。


挑戦したこと、読んだ本、学んだ人、気づき、失敗談、アイディア、工夫、課題、自分なりの考えをまとめたもの、データをまとめたものなど、自分の成長に関するものを日々書いていくのです。


最近、これを読み返すようにしているのですが、改めてこう思いました。 " お金や物よりも経験を積み重ねていく方がずっと大事 " だと。


物をあれこれ持つと、フットワークが重くなるし、時間的・労力的に管理コストもかかって、行動量が低下していきます。そして、その物はいずれなくなります。


一方で、経験はあればあるほど、実力、自信、評価、影響力がついてきて、それだけ可能性が広がっていきます。誰かにとられることもありません。


物による幸福は、あくまで外的・刹那的なものでしかなく、消耗、廃業、災害など、何らかの原因でそれを失ってしまえば、同時に幸福も失うのです。


一方で、体験による幸福は、内的・永劫的なもので、自分次第で大きくしていけるし、その都度、物(を買うためのお金)を得るための力としても使えるのです。


一番NGなのは、誰でも簡単にすぐに成功できるというビジネスで、物質的な成功をしてしまうこと。成長しないまま年を重ねてしまいますね。得た物も大事にできずにすぐに失うでしょう。


最近の僕は、色々と物を手放してきていますが、この「成長ノート」だけは手放せない!!


まとめ:物より経験。経験値が増えれば物を手放せる。


[関連記事]
独自の成長論ー能力・センス・学歴・資格よりも大事なもの


前の10件 | -
2017年04月 |2017年05月 |- ブログトップ
脳力サポート