So-net無料ブログ作成

この書籍を読んで「人のせい」をやめられた [引き寄せの法則・鏡の法則・潜在意識]


『人生にはおもしろくないことがたくさん起こる。それは全て自分に責任がある。何かを気づかせるために起こるということを知っておいたほうがいい。この世に起こることは全て必然で必要、そしてベストのタイミングで起こる。』 -松下幸之助-



マイアミ.jpg



「人のせいにしてはいけない」とよく言われますが、それでも「人のせい」にしてしまうことってありませんか?


正直に言いますと、僕は「人のせい」にすることがよくありました。例えば、「(親からの)お小遣いが少ないから楽しくないんだ」「ルールが厳しいからうまく進まないんだ」「上司が自分の良さを評価してくれない」など。今考えれば、本当どうしようもないやつ、、、


「人のせい」にすると、自分で解決しようとする気持ちがなくなってしまうんですよね。不平不満を抱えたまま、何も変わらぬ日々を過ごしてしまうのです。人によっては心の病気になってしまう人もいます。


僕は、精神医療に興味あって、昔よく学んだのですが、


「昔、誰々にいじめられたからこんな性格になってしまった、、だから自分は友達ができないし、恋愛もうまくいかないんだ、、だからうつ病になって無駄な時間を過ごしてしまっているんだ、、あいつが憎い、、」


こういう話がよくあるんですよね。この場合、人のせいにし続ける人ほど治りません。逆に、「人のせい」をやめたら、すぐに快方に向かうことがよくあります。


ハッキリ申し上げると、「人のせい」は勿体ないと思います。なぜなら、"自分の人生は100%自分の責任"だからです。


よく引き寄せの法則に関する記事を書いていますが、顕在意識では望まなくても、潜在意識では、"全て自分の選択通り"になっています。


僕自身、引き寄せの法則を理論的に学んで、「全てが自作自演だったんだ」と腑に落ちました。そして、「人のせい」にしてきたことを後悔し、同時に、「自分の力で自分の人生を変えてやる」という強い気持ちが湧いていきました。


誰々が悪いから、無駄な時間を過ごしているわけではないのです。自分の責任だと思えないから、何も解決できない結果として、無駄な時間を過ごしてしまうのです。


もし「人のせい」にしていて、それが苦しみの原因になっているのであれば、是非引き寄せの法則を学んでください。"全て自分の選択通り"というのが理解出るし、同時に、潜在意識をうまく活用しながら、道を拓いていけるようになります。



魂の課題ー本当に大切な事は痛い思いをして学んでいく [挑戦・試練・自助努力・継続]


人生とは、死・病気・人間関係などの様々な経験を通じて学び、成長するための学校(修行の場)であり、自分自身で計画した問題集である。したがって、人生で直面するすべての事象には意味や価値があり、すべての体験は、予定通りに順調な学びの過程なのである。人生はなかなか思い通りにならないものですが、それは、わざわざ自分自身で、思い通りにならない人生を計画して、その葛藤や克服から学ぼうとしているからなのです。人生は思い通りにならないからこそ価値があるのです。

引用元:飯田史彦著「生きがいの創造」



海と空.jpg



人間誰しも、生きていれば様々な逆境と対峙するが、それは魂を成長させるために起こる、、、スピリチュアルの世界ではこういうことがよく言われていますね。だとしたら、どうしようもなく悩むようなこと、どうにも手に負えないようなことにこそ、挑戦する価値があるのかもしれません。


逆境というものは、その時点でネガティブなものですが、それを乗り越えて成長した未来の自分から見ればポジティブなものです。最終的に、ポジティブな結果にしたい場合、ネガティブな原因が効果的だったりします。


例えば、自分を主人公としたドラマの脚本を自分で書く際、「最終的にこういう人間になる」というものがあれば、「ここで人間関係のトラブルを起こそう」「なぜそうなったか考えさせよう」「結果的に感謝できる人間になるから」とか、「一度大きな病気を経験させよう」「自分の力で克服させよう」「人の健康上の悩みを解決できる人間になるから」とか、そういうイメージですね。


本当に大切な事というのは、痛い思いをして学んでいくのかもしれません。


脳力サポート