So-net無料ブログ作成
検索選択

うまくいかない時は「ありがとう日記」を書いてみる [ご縁・感謝・調和]


うまく進まない仕事を一旦手放し、
「ありがとう日記」を書いていました。


働く環境を用意してくれる人
アドバイスしてくれる人
美味しい食べ物を提供してくれる人


様々なご縁に支えられている
ことに改めて気づきます。


thank you.jpg


現在だけでなく、
過去のものも書いているのですが、


自分を生かすために、どれだけ
多くの人が関わってきてくれたか、


これを考えると、
本当に心が豊かになってきますね。


ないものよりあるものに、
失ったものよりも得たものに、
意識を向けるようになります。


そして、自分に与えられた
能力をフルに発揮しようという
気持ちにもなってきます。


ご縁を大事にするというのは、
今を生きるということです。


今の僕は苦しい状況ですが、
2度とないご縁で2度とない学びがある
と捉え、全力で精進していきます。


読者のみなさんも是非
ありがとう日記を書いてみてください。


「結局、苦労は自分のため」と思った [挑戦・試練・自助努力・継続]


「若い時の苦労は買ってでもせよ」という言葉があります。これは、「将来役に立つ時が必ず来るから、苦労を受け入れて、その中で自分自身を成長させていきなさい」という意味です。


サラリーマン.jpg



僕自身も、全くこの通りだと思うのですが、感謝に生きるためにも大事なことだと思います。


自分でイチから野菜を作ってみてはじめて売っている野菜の価値が分かるように、責任者になって頭の痛い思いをすることではじめて上司の気持ちが分かるように、やはり苦労しなければ分からないことがあるのです。


感謝に生きるためにも、苦労を買うべきなのです。僕の知る限り、苦労せずに年を重ねてしまった人ほど不平不満で生きています。


感謝できない人は幸せにはなれません。感謝できない人というのは、言ってみれば、自分にとっての利用価値でしかみていないということ。こういう人はどうなろうと幸せにはなれません。


結局、苦労というのは自分のためなんです。


脳力サポート