So-net無料ブログ作成
検索選択

7つの習慣ー忙しい時ほど運動 [生産性・自己管理・時間・断捨離]


多くの人が「運動する時間などない」と考えがちだが、これは何ともゆがんだ考え方だ。効果的な運動に要求される時間とは、一週間のうち3時間から6時間。一日おきに30分費やせばいいのである。それが残りの162時間から165時間の生活にどれだけ大きな好影響を及ぼすかを考えれば、こんなに効率の良い投資はほかにない。

引用元:スティーヴン・R・コヴィー著「7つの習慣」



街路樹.jpg



今年の元旦から、ほぼ毎日、30分程度のウォーキングするようにしていますが、仕事が捗るようになってきました。自分の感覚(曖昧ですみません)としては、1.2倍くらい生産性が向上した気がしています。


(自分の感覚が正しいとすれば、)これは、10時間働いた場合、以前の12時間分の成果を生み出す、ということ、つまり、30分の運動により2時間生み出せたことになります。


頭も体もつながっているので、「体の調子が悪くて頭の調子が良い」とか、「体の血行が良くて頭の血行が悪い」ということはないと思います。常に連動しているものだと思います。


これまでの僕は、「仕事が忙しいから運動はできない」と考えていたのですが、この経験から、「忙しい時ほど運動しよう」と考えるようになってきました。


「たまにスポーツするようにしたら学校の成績が伸びた」「ラジオ体操を職場で取り入れたら売上が伸びた」という話もよくありますね。


老子ー聖人は立場が下の人を威圧しない [反省・改善・自分の責任]


聖人は、たとえ相手を責める
有利な立場にいたとしても、
人を責めようとはしないものだ。

徳ある者は、たとえ人を責める
権利を握っている場合にも、
その権利を行使することがない。

厳しく人を責めるのは、
徳のない連中だけがすることだ。

           -老子ー


自分の方が立場が上だからと、
言いたいことを言ったり、
横柄な態度をとる人は正直嫌です ^^;

これはある意味、
相手に甘えた態度だとも思います。

後輩だから、店員だから、
と相手によって態度を変える人
というのは、「この人なら大丈夫」
と相手に依存しているのです。

立場が上の人にどんなに対応がよくても、
自分より立場が下の人に、
自分勝手な対応をする人は偽物です。


脳力サポート