So-net無料ブログ作成
検索選択

松下幸之助哲学ー知識の奴隷になるな [挑戦・試練・自助努力・継続]


知識というのは道具やからな。身についた道具やからな。知識それ自身が自分ではない。道具に使われたらいかんと思う。道具は使うほうでないといけない。非常に難しい話やけれども、知識の奴隷になったらいかんわけや。知識の主人公になって、知識を縦横無尽に使いこなさなければならない。皆さんは今は知識それ自身が主人やと、知識それ自身が偉いというふうに考えている。僕は知識がないから、そんなふうに考えへん。楽な話や。皆さんは知識がいっぱい詰まっているから頭が重いんや。

引用元:松下幸之助「リーダーになる人に知っておいてほしいこと」



僕も同じような考えを持っています。


現代の学校教育は知識偏重のテスト教育ですが、これは、「たくさん知識を持つことが凄い」「自分の頭で考えない」「知っている世界が全て」「教わったこと以外はしない」という錯覚が生まれやすいんですよね。


こういう刷り込みを受けて育ってしまうと、その都度その都度、吸収していく知識自体が、固定観念・先入観・余計な常識を作ってしまい、それらが創造性を邪魔したり、本質を見えなくする原因になってしまうのではないかと思います。


また学校では、先に正解とされるものを詰め込むような教え方をしますが、これだと、自分で体験しないまま分かった気になってしまうんですよね。知識に依存しやすくなり、本来大事な「実践から学ぶ」ということをしなくなるのです。


つまり、知識偏重で生まれてしまった、固定観念・先入観・余計な常識というものを解放する機会を逃してしまう恐れがあるということ、それにより、創造性ある人生、本質に即した人生を歩みにくくなるということです。


具体的な例をあげると、「怖いとか、不安とか、いろいろ先入観があったけど、やってみたら案外大丈夫だった」といったような、「実体験において先入観から自分を解放させる」といったことができなくなるということです。


やりたいことが分からない人、生きにくいという人が増えている、、、このようなことがよく言われる現代ですが、知識(固定観念・先入観・余計な常識)にとらわれていることも、原因になっているような気が僕はしています。


うまくいかない時は「ありがとう日記」を書いてみる [ご縁・感謝・調和]


うまく進まない仕事を一旦手放し、
「ありがとう日記」を書いていました。


働く環境を用意してくれる人
アドバイスしてくれる人
美味しい食べ物を提供してくれる人


様々なご縁に支えられている
ことに改めて気づきます。


thank you.jpg


現在だけでなく、
過去のものも書いているのですが、


自分を生かすために、どれだけ
多くの人が関わってきてくれたか、


これを考えると、
本当に心が豊かになってきますね。


ないものよりあるものに、
失ったものよりも得たものに、
意識を向けるようになります。


そして、自分に与えられた
能力をフルに発揮しようという
気持ちにもなってきます。


ご縁を大事にするというのは、
今を生きるということです。


今の僕は苦しい状況ですが、
2度とないご縁で2度とない学びがある
と捉え、全力で精進していきます。


読者のみなさんも是非
ありがとう日記を書いてみてください。


「結局、苦労は自分のため」と思った [挑戦・試練・自助努力・継続]


「若い時の苦労は買ってでもせよ」という言葉があります。これは、「将来役に立つ時が必ず来るから、苦労を受け入れて、その中で自分自身を成長させていきなさい」という意味です。


サラリーマン.jpg



僕自身も、全くこの通りだと思うのですが、感謝に生きるためにも大事なことだと思います。


自分でイチから野菜を作ってみてはじめて売っている野菜の価値が分かるように、責任者になって頭の痛い思いをすることではじめて上司の気持ちが分かるように、やはり苦労しなければ分からないことがあるのです。


感謝に生きるためにも、苦労を買うべきなのです。僕の知る限り、苦労せずに年を重ねてしまった人ほど不平不満で生きています。


感謝できない人は幸せにはなれません。感謝できない人というのは、言ってみれば、自分にとっての利用価値でしかみていないということ。こういう人はどうなろうと幸せにはなれません。


結局、苦労というのは自分のためなんです。


頭はよく使うが心はあまり使わない現代、この本を薦めたい [反省・改善・自分の責任]


『心の奥底から愛を求めているくせに、ほとんどすべての物が愛よりも重要だと考えているのだ。成功、名誉、富、権力、これらの目標を達成する術を学ぶためにほとんどすべてのエネルギーが費やされ、愛の技術を学ぶエネルギーが残っていない。』

引用元:エーリッヒ・フロム著「愛するということ」



頭はよく使うが、心はあまり使わなくても生きていけるような時代、、、現代人は心が荒廃しやすいとよく言われていますね。


古典を読めば、「どう心を磨いていくか」「どうすればみんなで幸せになれるか」というテーマを扱うものがよくあるのですが、現代はどちらかというとお金や名誉を得るための術ばかりだと感じています。学校教育も知識偏重・科学偏重で、愛について学び育むということはあまりしないです。


なんとなく、、、お金や名誉を得るための術を学ぶことが、余計な固定観念を作り、その固定観念が、愛のある人生を歩みにくくしているような、、、満たされない心の隙間を、お金や名誉で満たすような、、、そういう面もあると感じています。


現代は生きにくい時代です。もし何か問題を抱えている人がいれば、是非とも、書籍「愛するということ」を読んでほしいです。


人間は精神的な生き物であることを考えれば、感謝やつながりなど目に見えないもの感じる生き方が大事だと思います。僕自身も生きづらさを抱えていた時期がありますが、「愛するということ」を読んでからは、見方を変えることができて、結果として楽になりました。


お金や名誉に執着していると、大切なことを見失い、心が動かなくなってきます。


情報発信は自分のためになる [文章・情報発信・読書・情報収集]


連投失礼します。


情報発信をはじめて、
2年と3ヵ月が経ちました。


改めて思うのは、やはり、
情報発信というのは、
自分のためになりますね。


分かりやすいように、
表現をあれこれ考えたり、
情報を整理したりするうちに、
思考力が鍛えられ、
理解も深まっていきます。


全体公開されるのもポイント。
いい意味で緊張するので、
質が高まりやすいです。


これらに加え、
読者さんから情報が入ってくることで、
抱えていた問題が解決する
ということもよくあります。


情報発信は自分のためになります ^^


これおすすめーうまくいかない時は古典を読む [反省・改善・自分の責任]


跂つ者は立たず:
背伸びをしてつま先立ちをしている者は
長く立っていることができない


跨ぐ者は行かず:
早く行こうと大股で歩こうとする者は
長く歩いていくことができない


この表現、
すごく分かりやすくないですか?


老子の言葉です。


最近、あまり物事がうまくいかず、
何かヒントをもらおうと、
古典を読んでいたら目に入ってきました。


自分をよく見せようとか、
成果を早めに出そうとか、
そんなことを考えていた
自分にとって必要な気づきでした。


本来の自分から離れずに、
無理のないペースで進めた方が、
安定するし余計な疲れもないので
長続きします。


当たり前の事なんですが
なんか忘れていました。


チャレンジしようー痛みを避けていたら何も学べない [挑戦・試練・自助努力・継続]


何かにチャレンジした日は、
成功であれ、失敗であれ、
チャレンジした分の学びがあります。


一方で、何もしなかった日は、
失敗、幻滅、批判などの痛みを
回避できるかもしれませんが、
同時に学びがなく虚しいものです。


何か変えたい現状があるなら
とにかくチャレンジなんです。


なんの痛みもなく
物事が進むという事はありません。


どんなに優秀な人であっても、
計算通りにいかないことや
想定外の問題が発生することがあるのです。


頭であれこれ考えるよりも、
とにかくチャレンジして、
痛みと引き換えに学びを得る


こういう意識で取り組んだ方が
結果が出やすいのです。


自分に自信がついたり、
達成感を得られたり、
いい思い出になったりするのは、
楽をして結果を得た時ではないです。


泣きたくなるような
痛みを抱えながらも、
諦めずに苦難を乗り越えた時です。


おすすめ情報-自己啓発編 [挑戦・試練・自助努力・継続]


※最終更新日:2017年4月19日


僕がおすすめする自己啓発関連の情報をシェアします。僕と関心事が似ていたり、記事に共感してくださる方には参考になると思います。


[目次]
①毎朝のマインドセットに
②仕事でアイディアがでない時に
③引き寄せの法則の真実


①毎朝のマインドセットに


書籍「松下幸之助一日一話」、「安岡正篤一日一言」、「鍵山秀三郎一日一話」にある言葉をよくシェアしていますが、実は購入しなくても下記サイトで、その内容を読むことができます。マインドを高めたいときにおすすめです。
>> Panasonicのホームページ「松下幸之助一日一話」
>> Facebookページ「安岡正篤を学ぶ」
>> 鍵山秀三郎氏携帯メルマガ「鍵山秀三郎一日一話」



②仕事でアイディアが出ない時に


仕事がうまく進まなくて、何らかのヒントが欲しいんだけど、時間的な余裕がない場合ってありますよね。こんな時は、下記2つのメルマガがおすすめです。どちらもたった10秒(ものによっては数十秒)で読めてしまうのに、不思議とたくさんのアイディアが湧いてきます。
>> 神田昌典さんのメルマガ「神田昌典365日語録」
>> 深井貴明さんのメルマガ「商売繁盛365日の知恵」
※深井さんのメルマガはマーケティング・セールス寄りです。



③引き寄せの法則の真実


「引き寄せの法則」について学びたい場合、電子書籍「引き寄せの法則の真実」がおすすめです。これは、Facebookページ「左脳系スピリチュアル」(フォロワー数が11万人と超人気)を運営するサトリさんが作った電子書籍です。禁煙や肉体改造に成功したり、早寝早起きや1日1食を習慣にできたり、ネットビジネスで稼げるようになってきたり、なぜ僕がここまで変われたかと言うと、サトリさんの無料メルマガやこの電子書籍で「引き寄せの法則」を学んだからです。もちろん無料メルマガだけでも勉強になりますが、この電子書籍を読んだ方がより深い学びが得られると思います。



以上です。現代はどれを選んでいいか分からないほど、情報が溢れかえっていますが、質の高いもののみをおすすめしているつもりです。


[関連記事]
おすすめ情報-お金編
おすすめ情報-ネットビジネス編
おすすめ情報-文章編
生き方を考える上で参考になった4つの書籍


顔施ー笑顔でいること自体がお布施になる [ご縁・感謝・調和]


『布施とは、相手の欲することを与えること。物施(ぶつせ)もあれば心施(しんせ)もあります。でもわたしは、顔施(がんせ)ということばがいちばん好き。だれに逢ってもにこにこ優しい表情をみせることで、顔さえあればだれにでも可能なのです。』

引用元:瀬戸内寂聴著「生きることば」



何か特別な能力がなくても、何か値打ちのある物を持っていなくても、「顔施」であれば、どなたでもすぐに実践できますね。笑った顔、優しい顔は伝搬していきます。雰囲気、人間関係、体調、運気など、あらゆるものがよくなっていくと思います。


僕がこれを知った時、「これなら自分にもできる」と思い、それ以来、人のためになる表情を心掛けてきました。挨拶してくれる人、話しかけてくれる人、相談にのってくれる人など、そういう人が増えましたね。


p.s.
「仏教思想を学ぶには何を参考にすればよいですか?」という相談をよく受けますが、瀬戸内寂聴さんの「生きることば」がおすすめです。前提知識がなくても抵抗なく読めます。




ブログ記事数が500を超えました [文章・情報発信・読書・情報収集]


このブログの記事数が
500を超えました。


これまでも何度か記事にしていますが、
やはり書けば書くほど、表現力や説得力、
書くスピードが向上してきますね。


ちなみに最初の記事はこちら
内容が薄いし、オリジナリティもない、、


まぁこれはともかく、
これからも読者さんの
お役に立てるよう精進していきます。


読者さんに飽きらないように、
新しいテーマも取り入れていきます。


今考えているのは、
・執着の手放し
・道教用語の解説と実用例
・無駄な消費の抑え方
・疲労回復法
・ライティング


なるべくオリジナリティを
出していこうと思います。


というわけで、
これからもよろしくお願いいたします ^^


脳力サポート