So-net無料ブログ作成
検索選択

「これは無駄遣いになりやすいよ」というものを断捨離したら、、 [生産性・自己管理・時間・断捨離]


2年くらい前に読んだ本に、「これは無駄遣いになりやすいから断捨離しよう。人生も良い方向に変わっていくよ。」というものとして、こういったものがあげられていました。


・中毒になる物...煙草、甘い物、ジャンクフード
・怠慢になる物...コンビニ通い、徒歩以外の移動、冷暖房
・寂しさをごまかせる物...飲み会、動画、ゲーム
・自分を偽れる物...ブランド品、アピール用人脈作り


「これらを断捨離出来れば、無駄遣いが減り、環境が整理されて、思考も生活もシンプルなるよ。シンプルになる分、本質的なものに集中出来たり、本来自分に備わっている能力を引き出せるようになるので、人生も変わってくるよ。」とのことでした。


ショッピングモール.jpg



これをもとにして、自分の生活を振り返り、断捨離すべき物リストを作ったのですが、5万円近くあったんですよね。5万円という金額については、人により評価は分かれるかもしれませんが、無駄をなるべく省きたい主義の僕としてはかなりの大金でした。


そのショックもあって、いつも以上に力を入れて断捨離しましたが、その後の生活で、大きな問題が起こったり、不満を感じるようなことはほぼなく、むしろ快適な生活を送れるようになりました。減らせば減らすほど大切なものが見えてくるのかもしれません。


こんな言葉があります。「人は、何か”物”を得るために働きますけど、その”物”もさほど必要な”物”ともかぎらず、しかも時がたてば時代遅れとなる”物”ばかりです。このさほど必要の無い”物”のために働くということを、人間は昔から繰り返してきました。」クロードグリュデ


お金が欲しいからと一生懸命に労働して5万円を稼いだとしても、無駄な物に5万円使っていては本末転倒ですよね。もちろん、労働には、人間的成長や価値提供という面もあるので、全く意味がないということでもないですが。


マーケティングやセールスの世界には、「人は感情で買う物を決めて、理屈で正当化する」といった言葉があります。例えば、本来は、「なんか面倒だから」「自分をよく見せたいから」といった感情に基づいた理由で選んでいたとても、罪悪感やお金を使う痛みを感じないようにするために、「これで余計なストレスが減るから」「これで自分の良さを活かせるから」といったそれらしい理由で自分を納得させるということです。


この購買心理は、無駄遣いの話とも関連してくると思います。 << 無駄遣いと思われる物のリストを作る→思い切って断捨離してみる→しばらく生活してみる→大切なものが見えてくる→無駄遣いだったと気づく >> こういう経験を積み重ねていくと、正当化できる理由がなくなり、いい意味で買えなくなっていくのです。


僕はこういう見方・方法で無駄遣いを減らしていきました。


かなり長くなってしまいましたが、伝えたいことは実は単純で、「無駄遣いしやすい物=感情を揺さぶられる物」「正当化する癖に気づかない限り無駄遣いはなくならない」ということです。


ツイてるーこれで不遇だった過去を受け入れられた [反省・改善・自分の責任]


世界を旅する年収1億円ブロガー、川島和正さんのメルマガにこんなことが書いてありました。(そのまま引用ではなく、少し端折ってリライトしたもの)


『優れた結果を出す人は共通してストレス耐性が高い。ストレス耐性とは、ストレスがかかってもへこたれずに行動できる能力のこと。ストレス耐性が高いと面倒くさいことが出来る。邪魔されても、具合が悪くても、行動し続けることが出来る。だからこそ優れた結果を出せる。金持ちの家より貧乏な家、理解ある親より理不尽な親、例えばこういう環境で育つとストレス体制が強くなりやすい。』


車.jpg



これを読んで、自分が小学生だった時のことを思い出しました。僕の実家は小学校から3キロも離れています。雨が降っても、体調が悪くても、ご飯を食べていなくても、毎日片道3キロを歩きました。放課後に、友達とサッカーするのが大好きでしたが、家が遠い僕だけが早めに下校していました。当時は泣きたくなるほど不遇だと思っていました。


でも、川島さんが言うように、「だからこそストレス体制ついたのかな」「だからこそ条件が悪くても投げたさない力がついたのかな」と、大人になってからは、肯定的に捉えるようになりました。


辛い過去を受け入れられた時のことを、「カルマが解消された」ということがありますね。具体的には、それ以降、「何々のせいで今不幸なんだ、、」「自分はツイてない、、」といったネガティブなことを考えなくなることで、潜在意識にあるデータがポジティブなものに書き換わり、結果として、新しい人生を歩めるようになったとか、運気がよくなったとか、そういうことです。


家が貧乏だった、、いじめられていたとか、、実はこういったことも、似たようなアプローチで解決可能なんです。「ツイてる」と思考すれば、それを現実化させる方法を潜在意識が探してくれるのです。


個人の時代では 大手に勤めていた人ほど成功できない? [ビジネス・金運]


これからは組織が衰退していく時代、個人ビジネスに取り組む人が増えてきていますね。僕の周りでも、ネットビジネスに取り組む人や、個人ビジネスにつなげていける資格の取得に励む人が増えてきています。


ビル.jpg



その中の一人がこんなことを言っていました。


『自分はまあまあの大手企業にいて、他では経験できない大きな仕事をしてきたし、それなりに使えるスキルを身に着けてきたし、それなりによい評価や待遇も受けてきた。でも個人でビジネスをしてみて、そういうものは潔く手放した方がいいと思った。組織で必要とされるものと、個人で必要とされるものは全然別のものだからね。これからの時代、組織で得たものがある人ほど大変かもしれない。』


僕も似たようなことを考えていました。この世は諸行無常です。あらゆるものは変化し続けます。苦労して得たものや、それまでよいとされてきたものが、何かの足かせになる場合もあると思います。


老子にこういう言葉(意訳)があります。


『人が生まれた時には、肉体が柔わらかくて弱々しい。 しかし、死ぬ時になれば、硬くて強張っている。草や木などもそうで、生まれた時に柔わらかくて脆いが、死ぬ時は枯れて堅くなる。このように、強く堅いものは死に近く、柔らかく弱いものは長生きなのである。』


ビジネスをしていく上で、こういう見方は大事だと思います。強がらず、自分が得てきたものに固執せず、状況の変化に応じて、柔軟に対応していくことが理想の在り方だと思います。


イチから、「潜在能力を引き出していこう」「コンテンツを作っていこう」「ファンを増やしていこう」「実績を作っていこう」というマインドのある人の方が、個人の時代では成功しやすいと思います。


なぜ肉体改造すると人生が変わるのか? [健康・体質改善・気分転換]


僕は、体質改善、ダイエット、筋力トレーニングなどにとても関心があり、それらに取り組む人のSNSやブログの記事から学ぶようにしているのですが、よくあるのが、「体が変われば心も変わる」ということ。


スポーツジムでランニング.jpg



「温活の理論や方法を学んで体を温めるようにしているが、同時に心も温まってきて人間関係がよくなった」「ジムに通いながら筋肉を強化しているが、精神力もついてきて成果を出せるようになった。」「ダイエットに成功したら心もダイエットされたようで、煩悩や執着から解放されて生きやすくなった。」など、例えば、こういったことです。そして、継続できる人ほど、人生が良い方向に変わっていきます。


実は僕自身も、同じようなことを経験的に実感しています。「体が変われば心が変わり、ひいては人生も変わる。」こういうことは、全然ありえることだと思います。


よく組織では、「太っている人は出世できない」 と言われることがあります。「自分を管理できない人に部下を管理することはできない」「いつ体調を壊すか分からない人に責任ある仕事を任せられない」といった理由からです。


見方を変えれば、自分の肉体を変えることができれば、周りの評価を得られて、チャンスが広がっていくという事ではないでしょうか。


人生を変えるためには、環境を変えるべきだ、成功法則を学ぶべきだといったことがよく言われますが、「自分の肉体を変える」というのも、また一つの有効な方法であると思います。


心が入れ替わった後にチャンスが舞い込んでくれば、新しい自分を発見できるはずです。


「疲れるから運動しない」ではなく「運動しないから疲れる」 [健康・体質改善・気分転換]


これは7、8年前の僕の話です。


当時は、仕事でとても忙しく、プライベートがほぼありませんでした。ただ家と職場を往復するだけの毎日で、疲労がどんどん蓄積されていきました。運動する暇もないので、筋力や体力も衰えていきました。


そのうち、タクシー、グリーン車、エレベーター、エスカレーターなどに依存するようになっていきましたね。これは、「なるべく楽をしよう」という発想なのですが、今思えば失敗です。


ランニング.jpg



「疲れているから」「体力がないから」と何かに依存していれば余計に衰えていきます。筋力が減り、体が冷え、内臓機能が低下していきます。血液を循環させる力がなくなる分、疲労物質を処理できず、疲れやすくなっていきます。運動を怠っていれば、脂肪が燃焼できないし、汗もかけないので、余計なものが蓄積されていきます。


道教の始祖ー老子はこう言っています。


「その安きは持し易(やす)く、その未(いま)だ兆(きざ)さざるは謀(はか)り易し。その脆(もろ)きは泮(と)かし易く、その微(び)なるは散らし易し。これを未だ有らざるに為(な)し、これを未だ乱れざるに治む。」


意味としては、「物事が安定しているうちは維持しやすく、不安定な兆候が見られないうちは対処しやすい。固まりきる前のものは溶かしやすく、細かい物は消えてなくなりやすい。つまり問題というのは大きくなる前に解決しておくべきなのだ。」ということ。


当時のことを思い返せば、依存し続けることで、余計な問題が発生していました。不定愁訴(なんとなくの体調不良)増とそれに伴う医療費負担増、「本来自分のせいなのに乗り物がないと不満を感じてしまう」といった精神的堕落など。もっと早めに対処していおくべきでした。いくら忙しいと言っても、「歩く」「階段を使う」「筋トレ」とかであれば全然できたはずです。


楽をしようとしたり、目先のことばかり追いかけると、大問題に発展するような小さな変化を見逃してしまうんですよね。


こちらの記事も参考になると思います。
>> 「忙しいからコンビニで」という発想こそが時間を奪っていく?


努力しても記事を読んでもらないのは読者の心を無視しているから [文章・情報発信・読書・情報収集]


ライティングについて学ぶ際、ライティングだけで億万長者になった宇崎啓吾さんの情報商材「The Million Writing」がおすすめです。宇崎さんのエッセンスが詰まっており、ライターの間では神扱いされています。


元々はコピーライティングを学ぶために作られた教材ですが、ライティング全般に応用できるような内容で、「どうすれば関心を持ってもらえるのか?」「どうすれば共感してもらえるのか?」「どうすれば最後まで読んでくれるのか?」 こういったところが、心理学的に深く分析されています。


ブログの読者さんに、「文章が読みやすい」「惹きつけられる」と言ってもらえますが(自分で言うのもおかしいですが(笑))、この情報商材で原則やテクニックを学んだからです。


「いくらライティングの本で学んでも、いくら経験を積み重ねても、読んでもらえる記事を書けない」という方がいらっしゃいますが、これは読者の心理を捉えてないからだと僕は思います。是非この書籍で、人間心理に即した原則やテクニックを学んでください。


あと、この教材には、購入する際のセールスレターには書かれていないシークレット特典がついています。ネットでものを売るための文章について教えてくれるメルマガで、購入者だけしか読めません。これもまた素晴らしい内容です。


ちなみに、365日の無条件返金保証付きです。宇崎さんはそれだけ自信があるのです。


>> The Million Writing


この書籍を読んで「人のせい」をやめられた [引き寄せの法則・鏡の法則・潜在意識]


『人生にはおもしろくないことがたくさん起こる。それは全て自分に責任がある。何かを気づかせるために起こるということを知っておいたほうがいい。この世に起こることは全て必然で必要、そしてベストのタイミングで起こる。』 -松下幸之助-



マイアミ.jpg



「人のせいにしてはいけない」とよく言われますが、それでも「人のせい」にしてしまうことってありませんか?


正直に言いますと、僕は「人のせい」にすることがよくありました。例えば、「(親からの)お小遣いが少ないから楽しくないんだ」「ルールが厳しいからうまく進まないんだ」「上司が自分の良さを評価してくれない」など。今考えれば、本当どうしようもないやつ、、、


「人のせい」にすると、自分で解決しようとする気持ちがなくなってしまうんですよね。不平不満を抱えたまま、何も変わらぬ日々を過ごしてしまうのです。人によっては心の病気になってしまう人もいます。


僕は、精神医療に興味あって、昔よく学んだのですが、


「昔、誰々にいじめられたからこんな性格になってしまった、、だから自分は友達ができないし、恋愛もうまくいかないんだ、、だからうつ病になって無駄な時間を過ごしてしまっているんだ、、あいつが憎い、、」


こういう話がよくあるんですよね。この場合、人のせいにし続ける人ほど治りません。逆に、「人のせい」をやめたら、すぐに快方に向かうことがよくあります。


ハッキリ申し上げると、「人のせい」は勿体ないと思います。なぜなら、"自分の人生は100%自分の責任"だからです。


よく引き寄せの法則に関する記事を書いていますが、顕在意識では望まなくても、潜在意識では、"全て自分の選択通り"になっています。


僕自身、引き寄せの法則を理論的に学んで、「全てが自作自演だったんだ」と腑に落ちました。そして、「人のせい」にしてきたことを後悔し、同時に、「自分の力で自分の人生を変えてやる」という強い気持ちが湧いていきました。


誰々が悪いから、無駄な時間を過ごしているわけではないのです。自分の責任だと思えないから、何も解決できない結果として、無駄な時間を過ごしてしまうのです。


もし「人のせい」にしていて、それが苦しみの原因になっているのであれば、是非引き寄せの法則を学んでください。"全て自分の選択通り"というのが理解出るし、同時に、潜在意識をうまく活用しながら、道を拓いていけるようになります。



魂の課題ー本当に大切な事は痛い思いをして学んでいく [挑戦・試練・自助努力・継続]


人生とは、死・病気・人間関係などの様々な経験を通じて学び、成長するための学校(修行の場)であり、自分自身で計画した問題集である。したがって、人生で直面するすべての事象には意味や価値があり、すべての体験は、予定通りに順調な学びの過程なのである。人生はなかなか思い通りにならないものですが、それは、わざわざ自分自身で、思い通りにならない人生を計画して、その葛藤や克服から学ぼうとしているからなのです。人生は思い通りにならないからこそ価値があるのです。

引用元:飯田史彦著「生きがいの創造」



海と空.jpg



人間誰しも、生きていれば様々な逆境と対峙するが、それは魂を成長させるために起こる、、、スピリチュアルの世界ではこういうことがよく言われていますね。だとしたら、どうしようもなく悩むようなこと、どうにも手に負えないようなことにこそ、挑戦する価値があるのかもしれません。


逆境というものは、その時点でネガティブなものですが、それを乗り越えて成長した未来の自分から見ればポジティブなものです。最終的に、ポジティブな結果にしたい場合、ネガティブな原因が効果的だったりします。


例えば、自分を主人公としたドラマの脚本を自分で書く際、「最終的にこういう人間になる」というものがあれば、「ここで人間関係のトラブルを起こそう」「なぜそうなったか考えさせよう」「結果的に感謝できる人間になるから」とか、「一度大きな病気を経験させよう」「自分の力で克服させよう」「人の健康上の悩みを解決できる人間になるから」とか、そういうイメージですね。


本当に大切な事というのは、痛い思いをして学んでいくのかもしれません。


物は味方次第ー時間がないという人ほど時間を使っている [生産性・自己管理・時間・断捨離]


やることがあまりに多すぎて、いくら時間があっても足らないような状態にずっと悩んでいました。


そんな時、「それは時間を無駄にしていない証拠。時間という資産を有効に使えている証拠。時間を価値創出とか成長という有意義なものに転換出来ている証拠。無駄に時間を潰すよりはずっといい。」という知人の言葉を聞いて楽になれました。


学生の頃、ただなんとなく過ごすだけで、時間を無駄に浪費していた時期がよくあったのですが、その時と比べたら全然いいです。


忙しい時ほど、迷わず行動するようになり、目の前のことに集中するようになり、結果として、多くのことを達成するようになります。逆に、時間がいくらでもあると思えば、あれこれ理由を付けて行動しなかったり、集中できずに枝葉末節なことにとらわれたりして、結果として何も達成できなくなります。


「あの時、有効に使えていた時間はどのくらいだろうか」「今、あの時の何倍の成果を出せているだろうか」「どちらが充実しているだろうか」と考えれば、忙しさも肯定できます。


といってもリラックスする時間も大事だと思います。外の空気を吸いに行ったり、瞑想したり、友人との会話でストレスと解消したり、そういうもので生産性をあげることができれば、その時間も有意義な時間なのです。


自分をよく見せようとしていた過去に後悔 [個性・使命・自分らしく]


あれは20代中盤の頃かな、、


僕は本当に自分に自信がなくて、
「どうすればよく見せられるか」
ばかりを考えていました。


偽らない方が、かえって
自分の良さがはっきりするのに、、
その方が長続きするのに、、


人を見て、落ち込んで
しまうこともよくありました


自分に軸がない時って、
他人と比較してしまうんですよね。


今考えれば、あの時ほど、
成長しなかった時期はありません。


当たり前です。


誰かになろうとして、
自分を伸ばすなんてできません。


気づくの遅いな(笑)


脳力サポート