So-net無料ブログ作成

「これで簡単に痩せますよ」に飛びついている限り痩せない [健康・体質改善・気分転換]


かつての僕はかなり太っていました。身長が177cmであるのに対し、体重が80kg近くにまでいきました。でも今はダイエットに成功し65kgくらいです。


ダイエット法として取り入れたのは、「温活」「筋トレ」「糖質制限」の3つがメインです。


【温活】
現代ではあまり重要視されませんが、「冷えは万病の元」です。体が冷えているだけで心身に不調が起こり、ダイエット面にも影響を及ぼしてきます。半身浴、靴下の重ね履き、湯たんぽ、陽性食品の摂取など、こういった温活をすれば、「内臓が元気になって基礎代謝向上」「脂肪分解酵素の活性化」「脂溶性毒の排泄により脂肪の燃焼効率向上」「体が温まれば心も温まりストレス食いが減る」といった効果で痩せやすくなっていきます。僕の個人的な感覚としては、いくらあれこれダイエット法を試したとしても、体が冷えていれば根本的には変わらないかな、と感じています。


【筋トレ】
一般的に、筋トレは辛いイメージがありますが、アイソメトリクス(静的筋肉強化法)は超簡単でかつ効果も高いです。やり方としては、例えば、写真のように、胸の前で両手を合わせて、筋肉に80~90%の力を込めながら、両手を押し合い7秒キープ、その後脱力。(他にも色々とやり方があります。) 笑ってしまうほど簡単ですが、これだけで、筋肉増強遺伝子にスイッチが入り、筋肉細胞が増殖し、燃焼しやすい体になっていくのです。世の中に知られてないのは利権があるからです。これが広まってしまうと、ジム業界が崩壊するようです。


アイソメトリクス.jpg



【糖質制限】
「肥満の原因は脂肪」と言われますが本当は違うんです。最近よく出版されている糖質制限系の本にも書かれていますが、本当の肥満の原因は糖質なんです。このあたりの認識が間違っていると痩せにくいですね。味の濃いおかずと白いご飯の組み合わせには嵌りやすいですが、しばらく食べなければ、「糖質を使った代謝」から「ケトン体(脂質)を使った代謝」に変わるので、欲しいと思わなくなります。


「温活」「筋トレ(アイソメトリクス)」「糖質制限」 僕はこの3つで無理なく自然に痩せていきました。(体が元気になる分、自分から体を動かすようになり、それでカロリー消費が増えたという面もあると思います。) どちらかというと、世の中の常識(大手メディアや企業が作った刷り込み)を疑って痩せていったということです。


ダイエットは、時間がかかったり、場合によっては辛さを伴うものなので、「誰でもすぐに簡単に痩せられるよ」というビジネスが生まれてきます。大手メディアや企業は、偏ったダイエット像を作ることで、ダイエット商品を売ろうとしてきますが、大抵が成功に結び付かないです。低カロリーでお腹が膨れる食品、身に着けるだけで体幹が鍛えられるベルト、燃焼系サプリメントなど、様々な商品がありますが、それで本当に痩せたという話はほとんど聞かないですよね。


僕はその裏をいったということです。僕が選んだ方法は、一見、時間がかかるようで、「余計なものにとらわれない」「大してお金がかからない」「持続的効果を発揮する」という意味で、長期的に見た場合、わりと楽な方法だと思います。


こちらの記事もお読みください。
>> 「なぜ冷えとりでスリムになるのか」を詳しくご説明いたします
>> 糖質の害を知りたい時に絶対に読むべき本
>> ジム不要-僅か7秒でムキムキになれる筋トレ法


貨幣経済や消費社会の風潮にとらわれていると、見失うものがあると思います。


松下幸之助の若さを失わない秘訣に共感 [健康・体質改善・気分転換]


『求める心が若さを保つーーー仕事や生活に夢もなく、理想もなく、目標もない。毎日が前の日のくり返し。そんな日々では生きる張りもなくなり、徐々に老いがしのび寄る。新しいことに目を向けよう。夢を抱いて邁進してみよう。まだ知らないことはたくさんある。少年の頃のように、ひたむきに求め続けていれば、若さはたやすく失われるものではない。』

引用元:PHP研究所ー松下幸之助 成功 日めくり



心と体はリンクしています。どちらかが老化してしまえば、もう一方も老化していきます。若さや健康について考えるときは、心と体の両面に配慮する必要があると思います。


やはり何かに挑戦している人はいつまでも若いです。


新しい展開にワクワク、学びに対する感謝、成長に対する喜び、目標達成時の感動など、こういった心の働きは人を元気にします。備わっている機能を最大限に活かすようになるし、行動が増える分筋肉やスタミナがついてくるし、睡眠の質も高まると思います。


僕は10代の頃に、あることにただ悩み続けるだけで、何の変化もない日々を送っていたことがあるのですが、その時は老化しましたね ^^;


ちなみに「もう自分は若くない」という思い込みは危険です。その思い込みにより老けていきます。詳しくはこちらの記事に書きました。
「もう若くない」と思うからこそ老けてしまう原理


脳力サポート