So-net無料ブログ作成
検索選択

コンテンツ力を鍛えたい人が何度も読むべき本 [文章・情報発信・読書・情報収集]


文章力に関する書籍をシェアします。


コンテンツ・マーケティング64の法則.jpg


ダイレクト出版
アン・ハンドリー著
「コンテンツ・マーケティング64の法則」


タイトルからは想像しにくいかもしれませんが、コンテンツ(記事)を作る際の文章力に関する書籍です。ブログやウェブサイト、SNSなどで記事を書いている人であれば関係あることです。


これからはインターネットの時代、そして個の時代、誰にとっても文章力が大事になってきます。


「いいね!」をもらうのも、自分がどういう人かを知ってもらうのも、自分の商品やサービスの魅力を伝えるのも、コンテンツが大事になってきます。


コンテンツが読みにくかったり、面白くなかったりすれば、すぐに他へ行ってしまいます。これからの時代は、良いコンテンツを作れる人が勝者となるのです。


みなさんは文章力に自信がありますか? 僕は全然なかったです。


自分にどういう記事が書けるのかが分からない、、
ネタを探していたら時間を無駄にしてしまった、、
苦労して書き上げたのに平凡で全然面白くない、、


こういったことはないですか? 僕はたくさんあります。何度もスランプに陥りました(笑) でもこの書籍を読んでからは、そういったことはなくなりました。


著者のアン・ハンドリーは、日本ではあまり知られていませんが、アメリカではコンテンツ女王と呼ばれ、コンテンツ制作やコンテンツ・マーケティングの世界でとても有名な方です。「これからどんどんコンテンツ力を磨いていきたい」という方であれば知っておいて損はない人です。


著者が、自身の長年の経験と業界のあらゆるデータから導き出した「法則」というものを教えてくれます。法則なので、誰にでも再現できるものです。複雑な思考もセンスも必要ありません。


どうしたら人の心を惹きつけるのか、すっきり分かるのか、頭に残るのか、興味をかき立てるのか、想像力に働きかけられるのか、こういったことが深く考察されています。


僕は、ここに書かれている法則を素直に実践するだけで、それまでとは比較にならないくらいの反応が得られるようになりました。一番嬉しかったのは、Facebookで、憧れる人に「いいね!」をもらえるようになったことですね。あと記事作成時間も格段に短くなったし、「こんな記事でいいのかな」という不安もなくなりました。


購入してもう1年以上経ちましたが、いまだに読んでいますね。


ピンときた方は、この機会に是非読んでみてください。
>> コンテンツ・マーケティング64の法則


人は鏡ー人を批評すれば自分の本性が浮き彫りになる [引き寄せの法則・鏡の法則・潜在意識]


すべてがことごとく的中するわけ
ではないが、平均して、人の批評を
聞くと、批評される人物よりもかえって
批評する人物の姿がおのずから現れてくる。

            ー新渡戸稲造ー



人を批評している人を見たとき、
「あの人は、人のことではなく
自分のことを言っているのかな」
と思うことがよくあります。


自分とは関係のないものを
批評しているのではなく、
自分の内側にあるものを
相手に投影して批判している、


換言すれば、その相手の
客観的事実を見ているのではなく、
主観的な捉え方を批判している、


つまりは自分を否定している
のではないかということです。


コンプレックスや
普段気にしていることが
分かってしまいますよね。


人は鏡なんです。


人を批評する前に、
まず自分自身の心と
向き合うことが大事だと思います。


脳力サポート