So-net無料ブログ作成

お金の執着の手放し方ー諦めると明らかになる [生産性・自己管理・時間・断捨離]


2年くらい前かな、、読んでいた断捨離関連の本にこんなことが書いてありました。


『お金に対する執着やコンプレックスが強い人ほど、「これだけ置けば豊かに見えるだろう」と考えて、部屋を物で埋め尽くそうとします。でも、たくさんの物があっても、実際の生活では使わない物ばかり。しかも、代用品なので、本当の欲求が満たされることはなく、「無駄にお金を使い続ける」という負のループにはまってしまう。当然、運気は下がるし、本質的な問題解決もできなくなる。』


これを読んだ時、「まさに自分のことだ」とショックを受けました(笑)


春の隅田川.jpg



こういう場合は、思い切って手放すことなんですよね。断捨離以外にも、禅的思想やB層・洗脳マーケティングなども学んで、徹底的に手放すようにしました。


お金や物で何かを満たそうとすれば、心は動かなくなってきます。心が動かなくなれば、視野が狭まって、本来の実相が見えなくなってしまいます。感謝すべきものにも感謝できなくなっていきます。


徹底的に手放したことで、本来の心を取り戻し、お金にはかえられない豊かさに気づけるようになってきました。例えば、人の温かさ、自然界の恵み、自分の健康や成長など。心も満たされるようになってきました。


こっちの方が全然生きやすいです。執着があればあるほど心は病みやすくなっていきます。幸せであったとしても、執着により幸せを感じる心を失ってしまえば幸せにはなれないのです。


これは仏教でいう「諦観」ですね。(諦観:アキラめて執着を手放せば、物事の本質がアキラかになる。アキラめた方が解決しやすい。)


本当に豊かな人は、手放せる人、そして与える人です。


p.s.
すみません。最近、似たような記事ばかりかな、、テーマを変えていきます。


p.p.s.
執着は幻想です。手放せれば、執着しているもの以上に豊かなものが自分のもとにやってきます。こちらの記事も参考にしてください。
>> 「執着=幻想」だと気づけば、引き寄せられる


怠け癖は努力不足や考え方の甘さではない [健康・体質改善・気分転換]


今は、「ストイックだね」
と言われることもあるのですが、
体質改善をする前の僕は、
かなりの怠け者でした。


筋トレする女性.jpg


休みの日は昼まで寝ていたり、
冷暖房がないだけで
何もできなくなったり、
たった1キロの距離でも
タクシーを使ってしまったり、、


見た目も、
脂肪が多く、姿勢の悪い、
だらしのない体をしていました。


でも今は、早寝早起きをして、
冷暖房なしで生活し、
毎日3、4キロウォーキング、
というように変わってきました。


見た目も、筋肉がついて、
引き締まったものになってきました。


今なら分かるのですが、
体調が悪いと、「なるべく楽をしよう」
「体にある機能やエネルギーを
 できるだけ使わないようにしよう」
という依存的な発想になるんですよね。


逆に、元気になってくると、
それに感謝するようになり、
「健康でいよう」「より充実させよう」
「持てる力をフルに発揮しよう」
という力強い発想になってくるのです。


怠け癖というのは、その人の
考え方の甘さや努力不足というより、
単に体質の問題のように僕は思います。


やはり健康第一ですね。


脳力サポート