So-net無料ブログ作成
検索選択

独自の成長論ー能力・センス・学歴・資格よりも大事なもの [挑戦・試練・自助努力・継続]


人生というのは、「何事も挑戦」「何事も経験」だと最近感じます。今の僕の生きる力となっているのは、能力・センス・学歴・資格といったものよりも、経験により掴み取ったものばかりです。能力・センス・学歴・資格によるものなんてほんの一部です。


子どもの頃から、これまでに経験したことは、財産として自分に蓄積されています。思い出せなくても、体や脳が覚えていて、必要な状況になればすぐに引き出されてきます。


学生時代では、あらゆるジャンルのアルバイトをしたこと、あらゆるジャンルの書籍を読んだこと、就職活動の時に自己分析したこと、人間関係に悩んで色々な人に相談したこと、


社会人になってからは、プレゼンや折衝の場数を踏んだこと、システム設計の仕事をしたこと、体調不良をきっかけに自分なりの健康法を確立したこと、長時間労働という境遇から、自分なりの時間管理法・断捨離法を確立したこと。


これら全ての経験が、自分の財産として蓄積されています。


「このスキルはあの仕事をした時に身に着けたものだな」「この考え方はあの苦しい時代に見出したものだな」という感覚があります。また「あの経験があったからこそ今回成功できた」「あの経験があったからこそ誰々さんの悩み解決につながった」ということがよくあります。


経験というのは本当に財産だと思います。


一般的に財産というと、金銭的なものですが、それは使えばなくなります。一方で、経験はなくならないし、人の役に立つ力・お金を稼ぐ力として恒久的に使えます。税金もかかりません。誰かにとられることもありません。もっと言えば、難しいものほど、他の人が経験していないものほど、大きな財産になります。


こう考えると、「いずれ役に立つときがくる」「いずれより大きな財産になる」というマインドが生まれてくるんですよね。チャレンジ精神が湧いてくるし、どんな経験にも感謝できるようになってくるのです。


いつも同じことを言うようですが、正解主義・減点主義の学校教育の刷り込みがあると、「失敗できない」「評価を下げたくない」という意識が生まれて、チャレンジできなくなるのですが、これは本当に勿体ないと僕は思います。(参考記事


あと、ペーパーテストによる評価制度にとらわれていると、知識を蓄積するだけで満足してしまうのですが、これも同じく勿体ないと思います。(参考記事


やはり、いくら学歴や資格があっても、いくら才能やセンスに恵まれていても、体験から何かをつかみ取ろうとしない人は何も積み上がっていきません。


余計なメンタルブロックを外して、どんどんチャレンジして、自分なりの財産を積み重ねていきます。


物やステータスに執着するのは思考停止しているから? [個性・使命・自分らしく]


『多くの人が持っている夢や願望は、人間にそもそも備わっている食欲、性欲、睡眠欲を除けば、ほとんどがメディアや企業によって創られたものだ。「高級マンションに住みたい」「ブランド品が欲しい」「億万長者になりたい」といった願望は、「夢を叶えれば誰かに認めてもらえるはず」といった幻想から来ている。本当に欲しいのは物やステータスではない。ただ自分の存在が認められたいだけ。本来、人の価値は結果や地位によって決まるものではないのに、物やステータスがないと認めてもらえないと思い込んでしまっている。』(※そのまま引用ではなく少し端折っている。)

引用元:加藤秀視著「自分を愛する技術」





世の中に出回っている情報というのは、客観的・中立的なものの方が少ないと僕は考えています。特に大きなメディアが発信する情報にほど思惑が隠れていると捉えています。


ステータスやブランド、「お金や物があることが豊かだ」という物質的価値観は、大手メディアや大企業が、自らの利益を増やすために作為的に作ったものです。


「これが流行だ」「これが豊かさだ」という宣伝文句で、承認欲求や劣等感を刺激して、依存させようとしているのです。ブランドというのは、そのように認知されたい企業がメディアと取引しているにすぎません。高級マンションというのは、「これがステータス」だと競争心を動かして、長期的なプランや消耗品で継続的利益を得ようとしているにすぎません。


先行きの見えない現代では、漠然とした生きにくさを抱えやすいですが、そこを埋め合わせるかのように、何かを求め続けてしまうところも、場合によりあるかなと感じています。同時に日々様々な情報も入ってきています。自分の頭で考えず、受け身になれば、偏った情報を鵜呑みにしてしまいますね。


僕の知る限り、本当に豊かな人というのは、大手メディアや企業の作った価値観から解放されている人です。そういった人は、お金に換算できない豊かさを見る、条件に関わらず何気ない日常に感謝する、損得勘定やステータスを介さずに人と交流する、評価を気にせず自分らしさを発揮するなど、真の自分の人生を歩んでいます。自分で自分の生き方を肯定できるから外部の承認も必要ありません。


思考停止は危険です。心の隙間が起点となったエゴも危険です。視野が狭まったまま、近視眼的に欲求を満たすだけになり、本質を見失います。


鎌倉山の満開桜.jpg



p.s.
今回は、「自分を愛する技術」の言葉をシェアしました。著者が伝えたいのは、自分を愛することができれば、劣等感や比較から解放されるし、自分の考えを持つことが出来るので、そういった作られた価値観から解放されるよ、自分なりの道を歩むことで真の成功を掴めるよ、ということです。
レビューと要点はこちらの記事に書いてあります。
>> 真の成功のために必要なのは〇〇愛?



脳力サポート