So-net無料ブログ作成
検索選択

「失敗や悩みはあった方がいい」と思えるようになってきた [反省・改善・自分の責任]


失敗や悩みがあるのは、
いいことだと思います。


失敗するのは挑戦している証拠、
悩むのは改善の意志がある証拠。


それだけ成長していけるのです。


逆に、
何の失敗も、何の悩みもない
日々というのは、何の成長
もなく無為に過ごす日々です。


もっと言うと、
若い時ほど、失敗や悩みが
あった方がいいと思います。


人生を80年とした場合、
60才で得たものは
20年しか活かせませんが、
30才で得たものは
50年活かすことができます。


若い時に、
失敗したり、悩んだりした人ほど、
よりパワーアップした
自分で生きていけるのです。


もちろん、より長生きすれば、
より活かす期間が長くなります。


なので日々挑戦、日々改善です。


これができる人は、
いつまでも元気で若くて、
長生きもしやすいのです。


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


レッツ自然体験ーこの話を聞いて「行き詰ったら非日常」と思った [健康・体質改善・気分転換]


数日間、自然体験合宿(農業、登山、山菜採り、味噌作り、アウトドア料理、家作り、陶芸、キャンプ、カヌー)に行っていた知人がこんなことを言っていました。


「体調がよくなった」「精神が安定した」「工夫するようになった」「閃くようになった」「なんか悩まなくなった」「人見知りしなくなった」「また行きたい」と。


多分、普段得られないエネルギーが得られたり、鈍っていた感覚を取り戻したり、メンタルブロックから解放されたりしたんだと思います。


あえていつもと違う体験をするのもいいですよね。


物や情報が豊富にある社会では、自分で何かをイチから創ったり、自分の頭で考えるという事をしなくなります。たまには、自分なりに創意工夫する機会を作ってみてもいいのかもしれません。


人と交流しなくても生活が完結するような社会では、コミュニケーション能力や感受性が養われません。たまには、人と交流せざるを得ない状況に身をおくのもいいのかもしれません。


人工物ばかりに囲まれた社会では、自然界の浄化作用が働きません。たまには、自然と触れ合って、リフレッシュしたり、野性の感を取り戻してもいいのかもしれません。


何かに行き詰っている時、あえていつもと違うことをすることで、予期しないブレイクスルーが起こることって結構あると僕は思います。


[関連記事]
なぜ行き詰った時は自然に触れた方がいいのか?
「身体は食べ物で出来ている」は厳密には違う?


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


脳力サポート