So-net無料ブログ作成
検索選択

「身体は食べ物で出来ている」は厳密には違う? [健康・体質改善・気分転換]


ウォーキングは継続できています。これまでは緑の多い平坦な道をよく歩いていたのですが、最近は、桜の咲いているところ、商店街、アップダウンの大きいところを歩くようにしています。


当然と言えば当然ですが、いつも同じようなことを繰り返していれば、同じような感覚・機能・筋肉しか使わなくなります。いずれ使わないところが鈍って身体の働きが衰えてくるし、新しい刺激や情報が入ってこない分発想も制限されてきます。


昨日は、普段は感じないことを感じることができました。それだけ仕事で使えるいいアイディアが湧いてきました。


ちなみに、人間の身体は食べ物で出来ている、とよく言われますが、厳密には食べ物だけでなく、水、空気、熱、音、香り、景色、愛、人の表情、知識などインプットするもの全てから出来ています。


新鮮なもの、いい刺激をもらえるもの、美しいもの、クリーンなもの意識してインプットしていく。ただこれだけでパフォーマンスが向上してきます。


青空と満開の桜.jpg



僕はアンチエイジングに興味があり、色々な方法を調べて、実践してきましたが、手法として今取り入れているのはこれと温活がメインです。質の高いものをインプットすれば、自分自身の質も高まり、若さも維持していける、という考え方です。


このあたりは、左脳系スピリチュアルーサトリさんのコンテンツから学びました。ちなみに、サトリさんは、"体内年齢=実年齢の-15才"です。


サトリさんのコンテンツは、引き寄せだけでなく、健康やアンチエイジングについても、勉強になります。単純に、引き寄せる人から学ぶと効果が出やすいのです。


アンチエイジング界の人は、「食べ物が大事」「水が大事」とよく仰いますが、それだけでは不十分な場合あるかなと僕は思います。いくら食べ物や水が良くても、例えば、汚れた空気、人工的に作られたもの、メディアの間違った情報などをインプットしていると、成果は出にくいと思います。


ゲッターズ飯田よりー学歴や知識より大事なもの [ご縁・感謝・調和]


『学歴や知識よりも、仕事が少しくらいできなくても、コミュニケーション能力が高ければ、全てをひっくり返す事ができる。人に沢山会って話しを聞く、話しができること、紹介してもらえる事はとても大切なこと。』

引用元:Facebookページ「ゲッターズ飯田」



全くの同感です。いくら学歴や知識があっても、コミュニ―ションができなければ広がりも助け合いも相乗効果もありません。


あと行動力と健康も大事だと僕は思います。いくら学歴や知識があっても、行動に移せなければ意味がないです。健康な心身がなければ何もできないです。


僕の知り合いで、学歴があるのにうまく行ってない人の特徴・・・「感謝しない」「挨拶しない」「自分の事しか考えない」「口だけで行動しない」「乱れた生活」



脳力サポート