So-net無料ブログ作成
検索選択

お金の執着を手放すには「お金に換算できない豊かさ」にフォーカスせよ [引き寄せの法則・鏡の法則・潜在意識]


「お金がないとダメ」という執着があると、潜在意識の中で、自分とお金が分離するので、お金を引き寄せません。潜在意識が「お金がないとダメ」という証拠を集め出し、思い込みが生まれ、「お金がない」現実を創っていきます。


この「お金がないとダメ」というのは、ある意味虚構ではないかといつも思います。


皇居ーお堀と桜.jpg



「どこかで楽しく遊びたい」と思って、何らかのイベントや海外に行くのもいいですが、本来、学びや魅力のある人と会話ができるだけでも、有意義な時間を過ごせるはずです。


「栄養をつけて元気になりたい」と思って、薬膳や自然食のレストランに行くのもいいですが、実はその辺に生えている野草の方がずっと栄養価が高かったりします。


「ストレスを解消したい」と思って、居酒屋で飲むのもいいですが、自然の多い場所をただウォーキングするだけでもリフレッシュされます。


何が言いたいかというと、「お金に換算できない豊かさがある」ということです。


「お金がないとダメ」という発想があると、お金に換算できる豊かさしか見えなくなります。それだけ欠乏感が生まれ、執着を手放せなくなります。


僕はこれに気づいた時から、「お金に換算できない豊かさに目を向けていこう」と考えるようにしました。結果として、足るを知るようになり、執着を手放せるようになりました。もちろん、お金の巡りもよくなってきています。


何かのご参考になれば幸いです ^^


p.s.
執着の手放しについては、こちらの記事も参考になると思います。
>> 「執着=幻想」だと気づけば、引き寄せられる


脳力サポート