So-net無料ブログ作成
検索選択

なぜ汗をかくと頭脳労働が捗るのか? [健康・体質改善・気分転換]


ウォーキングは、
順調に継続できています。


寒さに関係なく
たくさんの汗をかきますね。


すごく気持ちがいいです。
頭もスッキリしてきます。


皇居の松と大手町.jpg


体質改善に取り組む前の僕は、
あまり汗をかけませんでした。
体を動かしても、夏であっても、


多分、運動不足やエアコン依存により、
汗腺が閉じていたからだと思います。


あまり知られていないのですが、
汗腺の多くは、熱に弱い頭が高温
(頭寒足熱の逆)になるのを避ける
ために、上半身に集まっています。


当然、その汗腺が閉じていれば、
体温調節ができず、頭が高温になり、
思考面でも、精神面でも、
悪影響をきたしてきます。


例えば、
発想力や記憶力が低下したり、
脳疲労から回復できなくなったり、
冷静さを失ってイライラしたり、
余計な雑念に邪魔されてしまったり、


僕自身、汗をかけるようになってから、
またウォーキングを習慣にしてからは、
以前よりも、頭が冴えて、気持ちが安定し、
仕事が捗るようになりました。


あと、夜、すぐに入眠
できるようにもなってきました。


人間というのは、
頭に熱を持った状態では
眠くならないんですよね。


夜、あれこれ悩んだり、
パソコン作業やテレビ視聴で、
眠れなくなってしまうのは、
それにより頭に熱を持つからです。


やはり、
汗をかくことや頭寒足熱にすることは
人間にとって大事な事なんです。


もちろん、ウォーキングだけでなく、
好きなスポーツ、半身浴、掃除
などで汗をかくのもいいですね。


何かのご参考になれば幸いです。 


[関連記事]
あれだけウォーキングが嫌いだった僕がなぜ好きになれたのか?
普段デスクワークをしている人がウォーキングしたらどうなる?


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


脳力サポート