So-net無料ブログ作成
検索選択

同世代の訃報、、現代人は健康リスクが高い? [健康・体質改善・気分転換]


ここ最近、
同世代の訃報をよく聞きます。


事故ではなく
ガンや脳血管障害などの病死です。

 
僕自身も一度、
「このまま終わるかもしれない、、」
という思いをしたことがあります。


今元気に生きているのが奇跡、
というくらい過酷なものでした。


「60、70才くらいまでは
 普通に生きていけるだろう。」


こんな感覚を持って生きている
同世代の人は結構いると感じています。


でも、今の20、30代は、
幼少時から、社会毒、冷え、ストレス
ばかりだし、運動不足や食べ過ぎの
傾向もある分、上の世代にはない、
健康リスクを負っているんですよね。


「今の若者は50まで生きれない」
「親が子の葬儀をするようになる」
「根本的なところが不安定な分老化が早い」
という医師や専門家もいます。


一方で、リスクを把握し、
自分なりの健康法を見つけ、
実践していける人であれば、
元気に長生きすることも可能でしょう。


これからは、収入だけでなく、
健康も二極化していくのです。


一度きりの大切な人生です。


仮に来世があったとしても、
今の自分が経験している
この人生は一度きりのものです。


生かされていることに感謝して、
健康管理・時間管理・目標管理をしながら、
精一杯に生きていこうと思います。


花粉症は薬ではなく免疫力を上げて治すもの [健康・体質改善・気分転換]


僕は、元々軽度の花粉症でした。


症状としては、目や鼻のかゆみ、
鼻づまり、くしゃみなど。


でもいつの間にか治ったようです。
2、3年前から、なんの不快症状もないです。


花粉症というのは、
医学的・生理的には、免疫系の異常
によるアレルギー反応とされています。


免疫系というのは、
腸内環境の乱れ、自律神経の乱れ、
社会毒の蓄積、体の冷え、
人工的・衛生的すぎる生活環境など、
こういった場合に、異常をきたしてきます。


僕がなぜ治ったのかは、
詳しくは分からないですが、


多分、

・発酵食品や新鮮な野菜を積極的に
 摂取することで腸内環境が改善された

・温めたり、デトックスすることで、
 体の細胞が元気になった

・自然と触れ合うような生活
 (ある意味不衛生的・野性的)をして
 いたら本来の免疫系が働くようになった

といったことだと思います。


いつも同じことをいうようですが、
体を温めることが最もおすすめです。


「体温が1℃上がるだけで
 免疫力は5倍、6倍になる」


と言われるように、免疫細胞というのは、
単純に、体を温めるだけで活発化します。


ちなみに、
抗ヒスタミン薬やステロイド薬など
の西洋医学の薬は、症状を一時的に
抑えるだけの対症療法でしかなく、
根本的な治癒にはなりません。


治癒にならないどころか、
腸内環境を汚したり、
体を冷やしたりする結果として、
免疫力を下げます。


何かのご参考になれば幸いです。


森林.jpg


僕の知るある広告屋さんが
こんなことを言っていました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
テレビでは、
「花粉症対策のためにマスクをしましょう」
「しっかりと薬を飲みましょう」といった
情報を流すけど、あれで得をするのは、
マスクや薬を売る企業なんだよね。
当然、その企業は、広告費として、
テレビ局や広告代理店にお金を払っている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


本当かどうかは分かりません。


「もう若くない」と思うからこそ老けてしまう原理 [引き寄せの法則・鏡の法則・潜在意識]


最近、僕の周りの人で、
こんなことを言う人が増えています。


「年をとると疲れが取れない、、」
「もう若い頃のように遊べない、、」
「新しい知識はもう吸収できない、、」
「基礎代謝が減って太っていく一方、、」


実際のところ、
これらはただの思い込みであって、
真実ではない場合もあります。


元気にジャンプ.jpg


でも、引き寄せの法則的には、
その思い込みが現実化してしまうのです。


そう考えている時点で、
老化や不健康という問題に
フォーカスしているし、


そこに「嫌だな」「老いたくないな」
という感情が伴ってしまえば、
その状況を引き寄せやすくなるのです。


ここが、潜在意識の凄いところであり、
怖いところでもあるんです。


実際そういう人もいますが、
そうでない人もたくさんいるのです。


思い込みにとらわれないこと、
常に現状を改善しようとすること、
うまくいっている人から学ぶこと、


これらが大事だと思います。


現実というのは、
全て自分の潜在意識の投影なので、
そこを書き換えれば現実も変わります。


できないという思い込みを外して、
「あの人にできるなら自分にもできるかも」
「もっと若いままで楽しくいられるかも」
「何か自分にあったいい方法があるはずだ」
と考え、そこにポジティブな感情が伴えば、
潜在意識がそういう状況を引き寄せてくれます。


僕自身も、
メンタルブロックに対処したり、
解釈やあり方を変えたりした上で、
あらゆる健康法やアンチエイジング法
を学び、人体実験を繰り返してきました。


色々試していると、
その時の自分に合った、うまくいく方法を、
閃き(そういうやり方があったか)や
感覚(意外と楽しい、しっくりくる)
で教えてくれるんですよね。


マインドも、セルフイメージも、
ポジティブなものに変わってきます。


自分で言うのもおかしいですが、
僕は、実年齢よりずっと若く見られるし、
頭脳や肉体も、衰えるどころが、
むしろ20代の頃よりもパワーアップしました。


人生は苦難があった方がいい理由 [挑戦・試練・自助努力・継続]


難の無い人生は無難な人生
難の有る人生は有り難い人生

     -筆談ホステス斉藤里恵-



かつて壮絶な「難」と
対峙したことがあります。


かなり悩み苦しみました。
時間もかかりました。


今になってわかるのは、
その「難」は自分にとって
有難い出来事だったということ。


「難」があったおかげで
これまでにない創造性を発揮できたし、
結果として、潜在能力も引き出せました。


人は、上手くいかないときほど、
あれこれ調べたり、自分の頭で考えたり、
工夫したり、試行錯誤したりしますが、


その過程で、楽をしていては得られない
力が身についてくるんですよね。


そして、その力は、それ以降の
自分の人生を豊かにしてくれるのです。


また、「難」があったからこそ、
支えてくれる人、健康、自然の恩恵、
そして何気ない日常に
感謝するようになりました。


「難」を経験できて良かった。


有難う!!


「安物買いの銭失い」を避けるために何を買うべきか [健康・体質改善・気分転換]


以前から、デトックスを意識した生活(断食、温熱療法、運動療法などを取り入れた生活)をしています。


継続していると、体本来の感覚が蘇り、毒にまみれた食生活で失っていた本来の味覚を取り戻してきます。体に悪いものを避けるようになり、栄養価の高い自然な食べ物を好むようになってきます。


僕が、特に避けるようになったのは、偽物の味噌です。


味噌汁.jpg



コンビニやスーパーなどに出回っている味噌は大抵が偽物(味噌風調味料)です。安価な値段で大量販売するために、発酵調整剤という化学物質を使って、短期間のうちに人工的に大量生産したものです。十分に発酵させていないので、旨み、甘み、深みがありません。化学調味料で誤魔化して商品化されています。当然栄養もありません。


最近は、多少高くても、無添加で長期間熟成させた本物を買うようにしています。それで作った味噌汁はとても美味しくて、「これとお米と漬物で十分」というくらいの満足感を感じています。満足感だけでなく、本物の味噌は、体を温め、免疫力やデトックス力を高め、腸内環境も改善してくれます。


偽物は毒ばかりだし、栄養もありません。本能的な満足感も得られないので、暴飲暴食につながっていきます。


「安物買いの銭失い」というように、安いからと偽物を買って、暴飲暴食してしまったり、体調を崩した後に医療費として負担するようになれば、不本意な形でお金を失っていきます。多少高くても本物を買えば、余計なリスクを負わない分経済的だと思います。


何より、味噌は日本のソウルフードです。偽物を食べていては勿体ないです ^^


[関連記事]
若くても病気に-「安くて」「便利で」「美味しい」食べ物の代償


引き寄せー条件が揃うのを待っていると永遠に引き寄せない [引き寄せの法則・鏡の法則・潜在意識]


『完璧な人が存在しないのと同様、完璧な条件はおそらく揃わない。だからこそ、与えられた条件を最大限に活用することが大切なのだ。要するに、今あるところから始めるということである。』ジェームズ・スベンソン



桜と女子学生.jpg



かつての僕は、「自分は〇〇を背負っているから」「まだ経験が少ないから」「今は時間がないから」と、周りとの条件の違いを嘆いたり、条件が変わるのを待っていたことがよくありました、、、でも、これでは何も変わらないんですよね。


ある時から、「条件の違いに不平不満を述べていたら、いつまで経っても前には進めないし、ストレスもたまるだけ」と考え方を変えて、積極的に行動するようにしました。そしたら、その不平不満により、余計な問題が起きていたことや、時間を無駄に消費していたことに気づきいてきました。


「与えられた条件をどう活用するか」を考えた方が、楽しいし、成長するし、ストレスもないし、結果も出やすいと思います。


ちなみに、引き寄せの法則で言えば、「〇〇があればできるのにな」「〇〇が手に入ったら動こう」という発想は、潜在意識に対して「自分には〇〇はない」という前提を刷り込むことになるので、永遠に引き寄せないんですよね。


自分より条件が悪い人って絶対にいるんです。例えば、「既に課題が多く責任も重いから」と思っても、大企業の役員とかと比べたら絶対少ないし、「疲れているから」と思っても、オリンピック選手や自衛隊と比べたら絶対楽なはずなんです。


条件の問題ではなく、自分自身の問題なんです。完璧な条件なんてありません。条件に不平不満を述べずに、現状に感謝して今を生きる人が、引き寄せる人なんだと思います。


センスオブワンダー 生命が元気になる条件 [健康・体質改善・気分転換]


Facebookには、
本当に様々な方がいて勉強になります。


ここ最近、
僕がフォローしているのは、


 東京でサラリーマンをやっていたが、
 体を壊したのでやめてしまった。
 田舎で農業を始めたら、これまでない
 くらい元気になって生きやすくなった。
 そして、本当の豊かさに気づいた。


という人達です。


渋谷.jpg


本当の豊かさは、
便利、物、金、ステータスではない、
と口を揃えて仰っていますね。


東京は豊かなようで、
豊かではないところもあると思います。


隣に住む人を知らない、
水や空気が汚れている、狭い、
自然がない、動物がいない、
食べ物に鮮度がない、、など。


本当に豊かなのは、
元気でいることです。


虫、微生物、雑草、堆肥、
野菜、動物、空気、水など


生命が多く躍動しているところほど、
また、周りと調和しながら、
エネルギーの授受があるところほど、
その場にいる生命は元気です。


東京のように、人間の都合により、
自然界を操作してしまったところにいると、
生態系の循環やバランスが崩れ、
それと連動して、人も体調を崩していくのです。


この場合、
病院に行っても、薬を飲んでも、
治ることはないと思います。


冒頭で述べたような人達をフォロー
した方がずっとよくなると思います。


生命はつながりの中で輝きます。


生かされている喜びを感じ、
思いやりや創造性を増していきます。


これからは「情報発信」が人生を豊かにしてくれる [文章・情報発信・読書・情報収集]


ブログを書いていると
関心事が似ている人を引き寄せます。


コメントやメッセージをいただくことで、
また相手の記事を読むことで、
世の中には、様々な立場の人や、
考え方の人がいることに気づけます。


気づきや視野の広がりにより、
自分自身が成長していくし、
求められているものを把握できるので、
記事内容も洗練されていきます。


ニーズややり方次第で、
ビジネスを創出することもできます。


情報発信というのは、
自分のためにも、
社会のためにもなるんですよね。


車椅子の天才起業家-和佐大輔さんは、

 「これからのインターネットの時代、
  生き方や働き方が大きく変わってくる。
  自分のメディアを持ち、
  社会に情報発信していくものが、
  最も豊かさを提供できるようになり、
  最も豊かさを享受できるようになる。」

といったことをよく仰っています。


なぜ情報発信が人生を豊かにしてくれるのか
どうすれば自分の個性や経験を活かせるのか
どうすれば友達作りやビジネスにつなげられるか
どうすれば読者さんと一緒に成長していけるのか


こういったことを学びたい場合、
和佐さんのコンテンツから
学んでいくことをおすすめします。


和佐さんの考え方は、
他にはないものですが、
すごく面白くて、腑に落ちるものです。
そして、効果も出やすいです。


僕の周りには、
和佐さんのおかげで、成長が加速した、
反応がとれる記事をかけるようになった、
自分のビジネスができるようになった、
という人がたくさんいます。


これは納得-増税は有難いメッセージ [反省・改善・自分の責任]


僕の知り合いが面白いことを言っていました。


『消費増税や煙草増税というと、みんな嫌がって反対するが、本当は、「今のこの生活をこのまま続けますか?」「この機会に見直してみませんか?」という有難いメッセージなんだ。』


確かに、あれこれ商品やサービスに依存するのではなく、既に身近にあるものや、自分に元々ある力を活かせば、消費が減る分、税負担も減ってきます。


例えば、風邪をひいたとき、薬を買えば消費税がかかりますが、自分にある自然治癒力を活かせば消費税はかかりません。レストランやコンビニなどで外食・中食していれば消費税はかかりますが、自分で野菜や米を作ったり、調理をしたりすれば、消費税は減ってきます。喫煙すれば煙草税がかかりますが、禁煙すれば煙草税はかかりません。


僕は元々喫煙者でしたが今はスッパリやめました。禁煙したいと思った理由はいくつもあるのですが、大きな理由としては、「煙草増税の度に重い気分になるのが嫌だった」からです。もし煙草がずっと安いままだったら、今も喫煙者だったかもしれません。


『人生にはおもしろくないことがたくさん起こる。それは全て自分に責任がある。何かを気づかせるために起こるということを知っておいたほうがいい。この世に起こることは全て必然で必要、そしてベストのタイミングで起こる。』松下幸之助


増税というのは、個人の問題というよりは社会全体の問題。みんなで、物質至上主義、貨幣経済、大量生産・大量消費について、考え直すべき時期なのかもしれません。


[関連記事]
仏陀の教え!得ることは不自由、捨てれば自由!


鏡の法則!老子のこの言葉を知っていると相手を受け入れやすい? [引き寄せの法則・鏡の法則・潜在意識]


『人は鏡 万象我師---人は人、自分は自分だと考えるところに不幸が生じる。人はみな見えない次元でつながっていて、他人は自分の心やふるまいを反映する鏡なのだ。人を変えようとする前にまず自分を変えよう。身の回りに起きてくることは、自分を教え導く師匠でもある。心を空にしてその教えを聞き、心のゆがみや偏りを正したとき、周囲もおのずと変わってくる。』

引用元:丸山敏雄著「万人幸福の栞」



これはいわゆる「鏡の法則」。人に対して苛立ちを感じた時は、自分を改めるよい機会ということですね。


僕は、いつも

・自分がして欲しいことを相手に対してする
・自分がして欲しくないことは相手に対してもしない
・相手を責めるかのように自分を責める
・自分を許すかのように相手を許す

と意識するようにしています。


完璧な人間なんているはずもなく、長所もあれば短所もあるのが人間。


苛立ちを感じた時、気づきや改善などのポジティブにつなげていくのか、愚痴や不平不満などのネガティブにつなげていくのか、それは自分次第のように思います。


自分を変えようとせずに、相手を変えようとするのはエゴだし、自分を変えることができない人に相手を変えることはできないのです。


道教の始祖である老子の言葉をシェアします。


『善人は善人では無い者の手本であり、善人では無い者は善人の反省材料である。手本を尊敬せず反省材料を愛さないというのでは、多少の知恵があっても迷うことになるだろう。』


すべては必要で愛すべき存在ということ。どんなに理(利)が立っても愛がなければ行き詰まるということ。無為自然(私心がない境地であるがままを受け入れる)を重んじた老子らしい言葉ですね。


Netherlands_Parks_Tulips.jpg



「相手を変えたい」と思うことはあるかもしれませんが、それで相手が変わることは絶対にありません。


「自分が変わらなければ相手は変わらない」「自分が変われば相手も変わる」 これがこの世の仕組みです。


僕は、引き寄せの法則や潜在意識のメカニズムを学んで、ここが完全に腑に落ちました。


相手に対する思い込みや自分の在り方を変えて、潜在意識内にある情報を書き変えれば、その人との関係はあっさりと変わります。「今までなんだったんだ?」というくらいに(笑)


ちなみに、被害者意識がある限り苦手な人を引き寄せ続けます。なぜなら、被害者と加害者は相性がいいからです。相手のせいにすればそれだけ苦しみます。


p.s.
こちらの記事もあわせてお読みください。
引き寄せで極めて重要な事-嫌いな人から学ぶと富を引き寄せる原理


脳力サポート