So-net無料ブログ作成
検索選択

「睡眠は毎晩8時間」は間違い!分散させた方が質が向上! [生産性・自己管理・時間・断捨離]


『ラフバラー大学睡眠研究センターのジム・ホーン教授によると、毎晩しっかり8時間寝ないといけないという考えは現代になって生み出されたもので、このせいで夜中に起きてしまうと、人々はとても不安に感じ、睡眠の質が落ちてしまうという。ホーン教授は「石器時代の人間が一晩中寝てたら、生きたまま食われていたでしょう」と述べ、一日の睡眠を何回かに分けるというように、人はもっと柔軟な睡眠スタイルを使って進化してきたことを強調している。よって、夕方の早い時間に2時間、夜12時近くに3時間または4時間、そして夜明け前に2時間寝るという睡眠スタイルでも人間は大丈夫らしい。また、「4分から15分の短い昼寝でも、夜の1時間分の睡眠に値します」と述べ、夜以外の睡眠を推奨している。』

引用元:エキサイトニュース



ソファで寝る女性.jpg



僕も経験的に上記のように思います。


2、3年くらい前から、1日に何度も仮眠をとるようにしていますが、生産性が向上したし、トータルの睡眠時間も減りました。


「睡眠は夜に」「睡眠は連続的に」というのは刷り込みだと思います。手放してすごく楽になりました。余計なものはどんどん手放した方がいいですね。


仮眠をとる際レイキは便利です。数分で爆睡です。


[関連記事]
眠れない時に試したい!自然な眠りを誘うための7つの方法!


脳力サポート