So-net無料ブログ作成

なぜ断捨離すると本当の自分が見えてくるのか? [生産性・自己管理・時間・断捨離]


自分に自信がない人ほど、また満たされていない人ほど、そこを埋め合わせるかのように、モノ・アクセサリー・テクニック・ヒトに執着・依存してしまう、、、


これは断捨離の世界でよく言われていることです。


具体的にどんなものがあるでしょう?


・不満を感じている人ほど、酒・煙草・砂糖の中毒になってしまう。
・地味な人生を送っている人ほど、華やかな東京に住みたがる。
・チヤホヤされない人ほど、小手先のテクニックで「いいね」を量産する。
・顔にコンプレックスのある女性ほど、化粧が濃かったり、美容整形したりする。
・自分の強みが分からない人ほど、人のやり方をそのまま模倣してしまう。
・ありのままの自分を表現できない人ほど、ブランド品を購入する。
・個としての実績がない人ほど、資格や学歴、会社の看板をアピールする。


全ては自分自身や自分の現状に満足できていないことの裏返し、、、本来自分で解決すべき問題や欠乏感を自分以外のもので解決しようとしている、、、自分以外のものに依存していれば、いつまでも変われないのは分かっているが、それがなくなるのが怖いからいつまでも依存してしまう、、、


かつての僕にはこういうところがありましたね。


でも、断捨離の書籍を読んだり、断捨離で人生を変えている知人の体験談を聞くことで変わってきました。


ブランド品、肩書や実績のアピール、人間関係、煙草、砂糖など、たくさん捨てましたが、捨てれば捨てるほど、視野や思考がスッキリして、本当の自分が見えてきますね。依存していたものによって隠されていた個性、強み、潜在能力、本当にやりたい事などが明確になってくるのです。自己研鑽や本当にやりたい事に費やせる時間やお金も増えてきます。


執着を捨てる前はかなり不安でしたが、今は捨ててよかったと思っています。自分の外側にある輝きを見ているから、自分の内側にある輝きが見えないんですよね。


何かに依存するよりも、自分の中にある輝きを見つけて、それを伸ばして、発揮していった方がずっといいと思う。仮に困難があっても、新しい自分を発見したり、できることが増えたりして、毎日が充実してきます。


結論・・・現状を変えたい場合は、思い切って執着しているものを捨ててみる。一度シンプルにしてみれば、「自分が何者なのか」「自分に何ができるのか」が見えてくる。


p.s.
こちらの記事も参考にしてください。
意外と知らない?断捨離すると人生が変わる理由とは?


脳力サポート