So-net無料ブログ作成

体を壊して本当に大事なものに気づいた、という話 [ご縁・感謝・調和]


かつて体調を大きく崩し、
長い間苦しんだことがあります。


歩くことも、話をすることも、
食事をすることも、熟睡することも、
まともにできませんでした。


なんの行動を起こせないまま
なんの進展もないまま
ただひたすらに苦しむだけ、、


友達が仕事で成果を出したり、
楽しそうに遊んでいる話を聞くのが
正直辛かったです。


今は、もう治りましたが、
この壮絶な体験から、
「自分にとって本当に大切なもの」
に気づくことができました。


実は、何気ない日常にこそ、
「自分にとって本当に大切なもの」
があるんですよね。


・健康な体があること
・仕事をして給料をもらえること
・成長していけること
・支えてくれる家族や友達がいること


何気ない日常にこそ、
感謝すべきものがあるのです。


ある意味、
体を壊して良かったかもしれません。


体調を崩す前は、
「自分にとって本当に大切なもの」
に気づけなかったので、、


感謝すべきものに感謝せずに、
毎日を送っていたので、、


体調を壊すというのは、ある意味、
自分の内側に向き合わせようとする
自浄作用ではないかと思うことがあります。


つまり、自分の生き方を
本気で考えなおしなさいというメッセージ。


今の僕は、
毎日感謝の日々を送れています。
いい生き方ができていると思います。


日記を読み返していて「悩みはあった方がいい」と思えた [挑戦・試練・自助努力・継続]


僕は毎日日記をつけています。
昨日少しだけ読み返していました。


日記を読み返す際にいつも思うのが、
意外に簡単な事で悩んでいたんだな、
ということ。


その時は、眠れなくなるくらいに
深刻に悩んだりするのですが、
今振り返ってみると、
9割方解決されてきているんですよね。


しかも、
解決する度に、視野が広がり、
できることが増えてきています。


新緑に射す光.jpg


人生には、
様々な問題が発生しますが、
そこを乗り越えていくことで、
人間的に成長し、次のステージ
へと進んでいけるんですよね。


悩みがあるというのは、
チャンスなんです。


悩みを解決する度に
人生が豊かになっていくのです。


難しいものほど、大きなギフトや、
新しい道を用意してくれるのです。


日記を読み返していて、
そう思いました。


悩みを前向きに
捉えられるようになってきました。


これからも、悩みを積極的に
受け入れ、成長に転じていきたいです。


p.s.
悩みとその解決についてを
日記に書くことはおすすめです。
読み返す度に、自己肯定感や
モチベーションが高まることが、
心理学などの研究により
報告されています。


なぜ若いうちに失敗経験を積んだ方がいいのか? [挑戦・試練・自助努力・継続]


最近思うこと。
それは大成功している人ほど、
若い時にたくさんの失敗を
経験しているということ。


たくさん失敗しているということは、
たくさんのチャレンジしている証拠、
たくさん学んでいる証拠なんですよね。


どうせ失敗するなら、
若いうちにした方がずっといいです。


若いうちの失敗は、
背負っているものが比較的少ないので、
小さな痛みで済むし、元気もあるので、
次へのチャレンジも早くなります。


失敗に対する免疫力もついてきます。
僕の知る限り、失敗経験がない人は、
いつもびくびくしてしまいます。


自分の弱いところも把握できます。
人生レベルで見た時、
自分の弱さは、早い段階で、
把握しておいた方がいいです。
それだけ改善された自分で生きていけます。


学校教育の正解主義に囚われていると、
悪い評価がついてしまうことを恐れて、
チャレンジも失敗もできなくなりますが、
そこから得られるものに無駄はありません。


失敗すれば
失敗した分だけ学びが増えます。


失敗して
世界が狭まるということはありません。


本当に避けるべきなのは、
失敗をしないまま
年を重ねてしまうことだと思います。


タダより高いものはない!テレビは断捨離すべき理由とは? [生産性・自己管理・時間・断捨離]


年末という事で、
テレビでは特番ばかり、、


僕は基本的にテレビは見ません。


子どもの頃はよく見ていたのですが、
大学生の頃に、「これは情報操作だな」
と感じてからは見なくなりました。


テレビは見る側よりも、
見せる側にとって都合よくできています。


テレビほど、思考停止につながるもの、
操られてしまうものは他にありません。


テレビは無料で見ることができますが、
それにより誰かがお金儲けをしています。


つまりただ見ているだけで、
知らず知らず誘導され、
どこかでお金を支払うことになるのです。


気づく気づかないに関わらず、
テレビを見せる側は
そういう前提で動いています。


権威性がある人の「これが効く」
カリスマ性がある人の「これがかっこいい」
といった言葉には思惑があります。


鵜呑みにしてしまうと、
必要でもない物を買ってしまうし、
時間もなくなっていきます。


テレビを見ないというのは、
それだけで節約になると思います。


僕自身、テレビを見なくなってからは、
物欲や消費が激減したし、
時間的・精神的な余裕も生まれ、
快適な生活が送れるようになりました。


流行が分からなくなった分、
本当に価値があるものに
目を向けられるようにもなりました。


何かのご参考になれば幸いです。


合否は関係ない!受験経験は人生の肥やしになる! [挑戦・試練・自助努力・継続]


最近、受験の話題をよく耳にします。「しんどい」「不安だ」「もうひと踏ん張り」「絶対に諦めない」といった声を聞きます、偉そうに言うつもりは全くないのですが、最後まで踏ん張って欲しい。


僕自身、泣きたくなるほど辛かったけれど、お金にはかえられない経験ができたと思っています。合否結果に関係なく、受験生時代に培ったものは、その後の人生において生きてきます。受験というのは、自分を鍛えるチャンスなんです。


踏ん張れば踏ん張るほど、精神力や継続力が鍛えられ、依存心や甘えが克服されていきます。自己管理能力(健康管理、時間管理、計画性、マインドセットなど)も養われていきます。自分なりの勉強法も確立されていきます。


「自分はどうありたいのか」「何に興味があるのか」「何が得意なのか」「スランプになったら立ち向かうのか or 諦めるのか」「自分の人生を自分のせいにするのか or 人のせいにするのか」など、自分と向き合うことで、強みや弱み、性格、将来像などが明確になってきます。


合否結果に関係なく、やればやった分だけ、自分の人生を切り拓く力が身についていきます。


Good luck for your future!!


[関連記事]
受験シーズン!スランプ気味の人に知っておいて欲しいこと!


眠れない時に試したい!自然な眠りを誘うための8つの方法! [生産性・自己管理・時間・断捨離]


眠れない時に、僕が試している8つの方法についてシェアします。なるべく、「自然な眠りを誘う」ということを意識しています。


ホテルで睡眠をとる女性.jpg



①空気の入れ替え:
部屋の空気が淀んでいたり、二酸化炭素が多かったりすると、居心地が悪くて眠れなくなります。窓を開けたり、換気扇を使うなどして、新鮮な空気を取り入れて下さい。睡眠による疲労回復効果も高まると思います。


②掃除:
上記と似ていますね。ゴミが散乱していたり、整理整頓されていない部屋では、心が落ち着きません。なので日頃から掃除を心がけることが大事です。綺麗に掃除された部屋は、心が安定しやすく、それだけ安眠をもたらします。


③頭寒足熱:
眠れない人というのは、相対的に頭に血液が集中し、あれこれ考えすぎている場合があります。この場合、湯たんぽや冷えとりソックスなどで足元を温めることが効果的です。頭寒足熱状態を作ることで、気血バランスがよくなり、結果として雑念がなくなります。


④汗をかく:
人は汗をかくと体が緩みます。僕の場合、寝る前に、半身浴をするようにしていますが、毒素や邪気がデトックスされて、心身がスッキリするし、副交感神経も優位になるので、寝つきやすくなります。


⑤目を閉じる:
「眠れないな~」と思っても、とりあえず目だけでも閉じてみる。もちろんPCやスマホには触らない。人間が外界から取り入れている情報の80%は視覚情報です。そこを遮断するだけでも雑念が減ってくるはずです。


⑥電磁波を避ける:
照明や電磁波は、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を阻害します。なので照明を消し、スマホ、テレビなどの電源も切りましょう。


⑦レイキ:
レイキは、手から体に向けて「気」を送り、体が本来持っている潜在力や自然治癒力を引き出す手当て療法のことです。これは特別効果が高いと思います。僕の場合、内臓に対して「お疲れ様です」「ありがとうございます」と言霊を唱えながら気を送っていますが、大体3分くらいで寝てしまいます。


⑧悩みを解決する
悩みがあるとあれこれ考えて血がのぼって眠れなくなりますね。そんな時に僕がよく見るのが「Yahoo!知恵袋」です。「ここにないものを探す方が難しいのでは」というくらい多くの悩み解決法が書かれています。悩みが解決すると気分がよくなっていつも以上に熟睡できます。


以上です。ご参考になれば幸いです。


なぜ断捨離すると本当の自分が見えてくるのか? [生産性・自己管理・時間・断捨離]


自分に自信がない人ほど、また満たされていない人ほど、そこを埋め合わせるかのように、モノ・アクセサリー・テクニック・ヒトに執着・依存してしまう、、、


これは断捨離の世界でよく言われていることです。


具体的にどんなものがあるでしょう?


・不満を感じている人ほど、酒・煙草・砂糖の中毒になってしまう。
・地味な人生を送っている人ほど、華やかな東京に住みたがる。
・チヤホヤされない人ほど、小手先のテクニックで「いいね」を量産する。
・顔にコンプレックスのある女性ほど、化粧が濃かったり、美容整形したりする。
・自分の強みが分からない人ほど、人のやり方をそのまま模倣してしまう。
・ありのままの自分を表現できない人ほど、ブランド品を購入する。
・個としての実績がない人ほど、資格や学歴、会社の看板をアピールする。


全ては自分自身や自分の現状に満足できていないことの裏返し、、、本来自分で解決すべき問題や欠乏感を自分以外のもので解決しようとしている、、、自分以外のものに依存していれば、いつまでも変われないのは分かっているが、それがなくなるのが怖いからいつまでも依存してしまう、、、


かつての僕にはこういうところがありましたね。


でも、断捨離の書籍を読んだり、断捨離で人生を変えている知人の体験談を聞くことで変わってきました。


ブランド品、肩書や実績のアピール、人間関係、煙草、砂糖など、たくさん捨てましたが、捨てれば捨てるほど、視野や思考がスッキリして、本当の自分が見えてきますね。依存していたものによって隠されていた個性、強み、潜在能力、本当にやりたい事などが明確になってくるのです。自己研鑽や本当にやりたい事に費やせる時間やお金も増えてきます。


執着を捨てる前はかなり不安でしたが、今は捨ててよかったと思っています。自分の外側にある輝きを見ているから、自分の内側にある輝きが見えないんですよね。


何かに依存するよりも、自分の中にある輝きを見つけて、それを伸ばして、発揮していった方がずっといいと思う。仮に困難があっても、新しい自分を発見したり、できることが増えたりして、毎日が充実してきます。


結論・・・現状を変えたい場合は、思い切って執着しているものを捨ててみる。一度シンプルにしてみれば、「自分が何者なのか」「自分に何ができるのか」が見えてくる。


p.s.
こちらの記事も参考にしてください。
妙に納得ー断捨離すると人生が変わる理由


この5つの習慣で-15才に!お金をかけずに顔のアンチエンジング! [健康・体質改善・気分転換]


かつて体調を大きく崩したことがあります。その時、顔が一気に老け込みました。自分の感覚としては、実年齢+10才くらいに。かなりショックでしたね。


男なので、美容とか美顔といったものについては、気にせずに生きてきたのですが、この経験以来、顔のアンチエイジングといったものについて考えるようになりました。


この記事では、顔の若さを保つために、僕が実践している5つの方法についてシェアします。どれも比較的お金がかからないし、自分でも出来る方法です。


①顔ヨガ


顔も体と同じで、運動しなければ、血行が悪くなり、筋肉(表情筋)が衰え、皮下脂肪がたまっていきます。見た目的には、下に垂れ下がり、フェイスラインが崩れ、シワやシミが増え、顔色が悪くなり、老け顔になっていきます。顔の運動不足が気になる場合、「顔ヨガ」がおすすめです。僕は、「顔ヨガ」の第一人者-間々田佳子さんの書籍を読み、そこから学んだことを、そのまま素直に実践しました。1日数分取り組むだけでも、1週間くらいで効果を実感できると思います。Youtubeにも動画がアップされているので参考にしてください。個人的に読書が好きなので書籍を購入しましたが、必ずしも必要ではないです。動画でも十分に対応できます。




②舌回し


これも「顔ヨガ」と同様で、顔の運動になります。やり方はとても簡単です。口を閉じた状態で、ぐるぐると円を描くように、歯茎を舌でゆっくりなぞるだけです。僕の場合、左右それぞれ25回を1セットとして、1日3セット行っています。最初は結構きついかもしれません。舌や口周辺の筋肉が疲れたり、痛くなってくると思います。でもそれでいいのです。変わろうとしている証拠です。それが表情筋の強化や顔痩せに繋がってくるのです。「唾液が出やすくなる」「歯の噛み合わせが改善される」など、見た目以外にも嬉しい効果があります。あと、僕の場合、スラスラ円滑にしゃべれるようになりました。これも「顔ヨガ」と同様で、1日数分取り組むだけでも、1週間くらいで効果を実感できると思います。エベレスト登頂で話題になった三浦雄一郎さんもすすめています。





③鍼


美容や健康のために、「鍼」を取り入れる方が増えてきていますね。「鍼」は顔に刺すこともできます。コリや緊張がほぐれたり、血行が改善されたりして、顔が若返ってきます。プロの方(鍼灸師)に施術してもらうのが、安全だし、効果も出やすいとは思いますが、自分でもできます。僕の場合、夜寝る前に、円皮鍼(商品例:「神洲 ひ鍼」)を10箇所くらいに貼っています。朝起きたら、顔が一回り小さくなっていますね。あと、目の周りに貼ると、老廃物や余計な脂肪がデトックスされ、目が大きくなります。僕は昔から、目が一重になったり、二重になったりするのですが、二重になりやすくなりました。目の周りに貼る場合は相当な注意が必要なので、不安がある場合はプロの方に依頼してください。


美容鍼.jpg



④レイキ


「レイキ」と言うのは、手から体に向けて「気」(生命エネルギー、自然エネルギー、宇宙エネルギー)を送り、体が本来持っている潜在力や自然治癒力を引き出す手当て療法のことです。約2年半前、関連書籍から学ぶことで使えるようになりました。夜寝る前や休憩中に、頬、目、額、顎のラインなどに手をあてるようにしています。同時に、「僕の肌はどんどん若返っている」「僕の顔はどんどん表情が豊かになっている」といったアファメーションを唱えるようにしています。「レイキ」を自分でも使えるようになりたい方は、「レイキ」「回路を開く」「アチューメント」といったワードで検索してみてください。


⑤笑顔


「笑顔」でいるということは、それだけ顔を動かしていることになります。「顔ヨガ」「舌回し」と同様に考えてよいと思います。いつも笑っている人って若く見えますよね。やはり人間は、人と積極的に関わって会話をしたり、色々な所へ出向いて感動を味わうことが大事なんだと思います。「笑顔」には、免疫力アップ、副交感神経活発化、快楽ホルモンの分泌といった効果もあるので、顔だけではなく、心身全体に良い影響を及ぼしていくでしょう。ちなみに、①~④の取り組みにより、自分らしく自然な「笑顔」を表現できるようになります。


笑顔の子ども.jpg







以上、僕が実践している顔のアンチエイジング手法でした。


「鍼」以外は、一旦やり方とコツを掴んでしまえば、お金をかけず、いつでもどこでも出来るものです。即効性を期待したい場合は「顔ヨガ」「舌回し」がおすすめです。簡単さで言うと「鍼」と「レイキ」だと思います。ストレスがなく継続しやすいです。「笑顔」については、明るく元気に生きていくために必須のものですね。


僕自身、上記の取り組みでかなり若返りました。今は実年齢よりずっと若く見られます。それだけでなく、「いい笑顔が作れるようになった」「スラスラしゃべれるようになった」「自分に自信を持てるようになった」「好感を持ってもらえるようになった」などの変化もあります。


ご参考になれば幸いです。


「僕の死に方」は「生き方」について考えさせてくれた [反省・改善・自分の責任]


[連絡]
Facebookで繋がっている方へ
「ブログとFacebookで、
同じ内容の記事を投稿することが
あるが全く同じ文章か?」
というご質問をたまに受けます。
→全く同じ文章ではありません。
Facebookでは、長文が嫌われるので、
文章を短めにして投稿しています。
具体的には、用語説明、比喩表現、
エピソードなどを端折っています。
いつも読んでくださり、
どうもありがとうございます。


・・・・・


2012年10月2日、
「肺カルチノイド」という病により
永眠された金子哲雄さんの
書籍「僕の死に方」を拝読しました。




金子さんは、
例えば、「ホンマでっか!?TV」など、
テレビによく出演されていましたね。


スーパーや量販店の安売り情報を、
楽しく伝える「流通ジャーナリスト」
として大活躍されていました。


この書籍では、余命宣告を受けてから
息を引き取るまでの500日間、
「どう生きたか」について書かれています。


金子さんは、一部の人を除いて、
自身の病をずっと隠していました。


周りに気づかれないように
気をつかいながら、テレビ出演や、
葬儀の準備をしていたようです。


きっと最期の最期まで、
自分の役割を果たし
続けたかったんだと思います。


一人でも多くの人を、
喜ばせたかったんだと思います。


死ぬ間際になるまで、
人への想いや生への想いを
持ちながら全力で生きていました。


奥様が書いたあとがきによると、
息を引き取る数時間ほど前まで
仕事をしていたようです。


普通の人なら、自分のことで
精一杯になってしまいますよね。


感動しました。
とても強くて優しい人です。


タイトルに「死に方」とありますが、
「生き方」を学ぶ書籍でもあると思います。


毎日健康的に生活できる事や
周りに大切な人がいる事は、
とても幸せな事です。


つい不平不満を言ったり、
エゴを優先してしまったりしますが、
何気ない日常にこそ、
素晴らしさがあるのです。


事故・死別・失業・天災など、
苦難に対峙してはじめて、
何気ない日常の有難さに気づくように、
本来の願いというものは、
実はシンプルなものなのです。


僕自身、我儘をいわず、
生きていけることに感謝し、
日々最善を尽くしていこうと、
そう思える書籍でした。


僕も、金子さんのように、
人生の最期の最期まで働き続けたいです。


「死に方」として、遺された人に、
生きるパワーを与えてくれたり、
大事なものに気づかせてくれる人は
めったにいないですね。


大感謝です。




脳力サポート
So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成