So-net無料ブログ作成
検索選択

読書の次に費用対効果の高い自己投資とは? [健康・体質改善・気分転換]


僕は健康にとても関心があり、お金もそれなりに使っています。主に、書籍、鍼灸、生薬、温活グッズ(入浴剤、湯たんぽ、靴下)、食(無添加、無農薬、自然熟成、天然、身土不二)など、


知人には、「そんなにお金使っててなくならない」と言われたりするのですが、不思議なもので、健康にお金を使うと、お金が増えてくるんですよね。


〇腸内環境や血行がよくなる分、栄養を効率よく摂取するように、またその栄養をスムーズにすみずみまで巡らせられるようになるので、小食になり食費も浮いてくる。


〇小食になれば、消化・吸収活動にエネルギーを消費しなくなるので、睡眠時間が減り、長時間働けるようになる。それだけ収入を増やしやすくなる。


〇頭の回転がよくなり、集中力や発想力が高まるので、仕事でいい成果をだせるようになる。それだけ収入を増やしやすくなる。(食品添加物や農薬などは脂溶性毒であり、脳に蓄積されその働きを鈍くする。人間の脳はほとんどが脂肪なので、脂溶性毒の影響をもろに受けてしまう。)


〇筋力やスタミナが強化されたり、幸せホルモンの分泌量が増えることで、体を動かしたい気分になってくるので、タクシーや電車などの乗り物に依存しなくなり、それだけ交通費がかからなくなる。


〇体温調節機能、発汗機能、発熱機能などが強化(もしくは正常化)されてくるので、冷暖房がいらなくなる。


〇保湿機能、バリア機能などが強化(もしくは正常化)されてくるので、リップクリームや加湿器などがいらなくなる。


〇精神が安定してくるので、執着・イライラ・虚勢・中毒から解放される。執着から解放されれば欲しいものが減ってくる。イライラから解放されれば衝動買いやストレス食いも減ってくる。虚勢から解放されればブランドやステータスにお金を使わなくなる。中毒から解放されれば煙草、酒、甘いものにお金を使わなくなる。


〇視力が回復して、裸眼で過ごせるようになり、メガネやコンタクトレンズにお金を使わなくなる。


〇医療費・保険費がかからなくなる。


健康に気をつかうとお金がかかるという方もいますが、全然逆なんですよね。生活がシンプルになってくるし、生産性も向上するので、むしろ増えてくるのです。


いつもこのブログで「読書ほど費用対効果の高い自己投資はない」といったことを書いていますが、健康はその次に費用対効果が高いと考えています。


脳力サポート