So-net無料ブログ作成
検索選択

僕がどうプライドを捨てて、どう変わったかを聞いてください [反省・改善・自分の責任]


『人間が人間たる意義を求めるならば、まず敬するという心を持つことである。人間が現実にとどまらないで、限りなく高いもの、尊いもの、偉大なるものを求めてゆく、そこに生ずるのが敬という心である。この敬の心が発達してくると、必ず相対的に自分の低い現実を顧みてそれを恥ずる心が起こる。人間が進歩向上する一番大切なことは敬する心を発達させることであり、それによってはじめて恥を知ることができる。』

引用元:安岡正篤著「安岡正篤一日一言」





かつての僕は、「強い人間に見られたい」「優れた人間に見られたい」という気持ちがありました、、、なぜか、、、それは自分に自信がなかったからです。弱い人間だと周りに気づかれたくないがために、ありのままの自分を表現できなかったのです。


でも、自然療法や民間療法で心身を浄化したり、仏教や中国古典を熟読したり、瞑想・内観したりして変わってきましたね。


「自分を偽っていては自分の人生を歩んでいるとは言えない」「ありのままを表現できなければ自分だけの世界で生きているだけ」「自分にも個性があるのだからそれを活かさないのはもったいない」と考えるようになりました。


これ以来、上記、安岡さんの言葉にあるような「敬する心」や「恥ずる心」が生まれてきましたね。自分の足りないところを素直に認め、人から学べるようになりした。


強がらない
知ったかぶりしない
弱さを隠さない
優れた人を見つける
人の意見を聞く
反省する


これにより、よい結果を出せるようになったし、成長スピードも速くなりました。自分に自信がついてくるので、社会のために自分を活かそうとする姿勢も生まれてきましたね。周りの人や学べる機会に感謝できるようにもなりました。偽りがないので気持ち的にも楽です。人に好感をもってもらえることも増えました。はっきり言っていいことだらけです。


・・・


よくよく考えてみれば、「強い人間に見られたい」「優れた人間に見られたい」という願望は満たされません。偽っているがゆえに、いつまでも自分のよさを発見できないし、そこを伸ばせないし、自信がつくこともないのです。そして、自信がないままだからこそ周りの評価が気になり続け苦悩を深めていくのです。


利他は自分のため!周りを活かすことで自分も活かされる! [個性・使命・自分らしく]


思考停止社会、無気力症候群、自分探しの旅、ニート、、、


現代は「自分のやりたいことが分からない」「先行きの見えない時代でどう生きていけば分からない」という人が増えてきています。こうなる要因はいくつもあると思いますが、人間関係の希薄化が大きく影響していると僕は考えています。


はしゃぐ子供たち.jpg



人は自分の中だけで思い悩むよりも、周りのために自分を活かしていくほうが、自分らしさというものを見つけていきます。


「何でもいいから自分にできることはないか」「どうすれば喜んでもらえるか」ということを考えながら、人と接していくことで、得意分野が分かったり、潜在能力が引き出されたり、チャンスが舞い込んできたり、改善点を教えてもらえたりするのです。人に喜んでもらえることで、自分の内側に愛があることに気づき、もっともっと与えたいという気持ちになっていくのです。どんどん自分の価値が高まり、人に必要とされる人間になっていくのです。


「全は個にして 個は全なり 個は孤にあらず」


自分の世界だけで考えていても何の広がりもありません。自分の能力や心というものは自分ひとりで完結するものではありません。人は人とのつながりの中で活かされてくるものなので、人間関係なくして自分を知ることはできないのです。人間関係を深めれば深めるほど、個としての自分が確立されていくのです。


与えてもらうことを待っていても行き詰まります。「人の役に立とう」と考えず、自分の損得や苦楽ばかりを気にしていたら、変われるチャンスがあってもそれを活かせません。自分から周りに何かを与えない限り、自分にお役に立てる才能や思いやりがあることに気づけません。つまり自分の都合にとらわれている限り、自分の道を創っていくことができないのです。


「自分は支えられている」「自分は周りの役にたっている」と考えれば、自分の人生に意義を見出せるものです。周りの幸福を背負うことで苦難に立ち向かえるし、それが成長や自信につながることで、自分の生き方を肯定できるようになるのです。


生きにくいとか自分が分からないという悩みは、人とのつながり中で解決されてくるものだと思います。


学校教育の正解主義は指示待ち人間を増やす [個性・使命・自分らしく]


「指示待ち人間が増えている...」「言われたことしかやらない...」「自分の頭で考えない...」「マニュアル通りにしかやらない...」


こういった声をよく聞きますね。つい最近も仲間内で話題になりました。


昔からこの問題についてよく考えるのですが、やはりこれも、正解主義、知識偏重主義の現代学校教育がもたらした弊害ではないかと僕は考えています。(もちろん他にもあるとは思いますが、主たる要因になっていると考えています。)


「正解とされるもの」を受動的を詰め込まれ、画一的に評価され、あとは模倣していくだけ、、、個性を表現したり、新しいことにチャレンジしたりすることは基本的に評価されない、、、このような教育では主体性や創造性が養われないですよね。


子どもに対して、特定の食べ物だけを一方的に与えながら育ててしまえば、それ以外で生きていくことが難しくなっていきます。これと同様で、受動的な教育の中で、「正解とされるもの」を知識として刷り込んでしまえば、それ以外で生きていくことが難しくなっていくのです。何か問題が起きた時に、自分以外に答えを求めようとしたり、知識で対応できないものに戸惑ってしまったりするのです。


知識とか正解とか画一的に評価できるものというのは、あくまで表面的なもので、人間の成長や創造性の本質とは全くの別ものだと思います。


本当に大事なのは、「自ら率先して、問題を発見する力、解決していく力」「自ら率先して、これまでにない価値を創造していく力」だと思います。こういう力があれば、どんな時代だろうが、どんな環境だろうが、個性や潜在能力を引き出しながら成長していけるし、新時代を切り拓いていくような人間になっていくのです。


新宿の高層ビル.jpg



p.s.
現代の若者にありがちな、「自分のやりたいことが分からない」「なんだか生きにくい」というのも、問題の本質は同じだと思います。「教えられたこと以外の方法はない」「正解でないといけない」と錯覚するから、自分のやりたいことを見つけられず、生きにくくなってしまうのです。


読書の次に費用対効果の高い自己投資とは? [健康・体質改善・気分転換]


僕は健康にとても関心があり、お金もそれなりに使っています。主に、書籍、鍼灸、生薬、温活グッズ(入浴剤、湯たんぽ、靴下)、食(無添加、無農薬、自然熟成、天然、身土不二)など、


知人には、「そんなにお金使っててなくならない」と言われたりするのですが、不思議なもので、健康にお金を使うと、お金が増えてくるんですよね。


〇腸内環境や血行がよくなる分、栄養を効率よく摂取するように、またその栄養をスムーズにすみずみまで巡らせられるようになるので、小食になり食費も浮いてくる。


〇小食になれば、消化・吸収活動にエネルギーを消費しなくなるので、睡眠時間が減り、長時間働けるようになる。それだけ収入を増やしやすくなる。


〇頭の回転がよくなり、集中力や発想力が高まるので、仕事でいい成果をだせるようになる。それだけ収入を増やしやすくなる。(食品添加物や農薬などは脂溶性毒であり、脳に蓄積されその働きを鈍くする。人間の脳はほとんどが脂肪なので、脂溶性毒の影響をもろに受けてしまう。)


〇筋力やスタミナが強化されたり、幸せホルモンの分泌量が増えることで、体を動かしたい気分になってくるので、タクシーや電車などの乗り物に依存しなくなり、それだけ交通費がかからなくなる。


〇体温調節機能、発汗機能、発熱機能などが強化(もしくは正常化)されてくるので、冷暖房がいらなくなる。


〇保湿機能、バリア機能などが強化(もしくは正常化)されてくるので、リップクリームや加湿器などがいらなくなる。


〇精神が安定してくるので、執着・イライラ・虚勢・中毒から解放される。執着から解放されれば欲しいものが減ってくる。イライラから解放されれば衝動買いやストレス食いも減ってくる。虚勢から解放されればブランドやステータスにお金を使わなくなる。中毒から解放されれば煙草、酒、甘いものにお金を使わなくなる。


〇視力が回復して、裸眼で過ごせるようになり、メガネやコンタクトレンズにお金を使わなくなる。


〇医療費・保険費がかからなくなる。


健康に気をつかうとお金がかかるという方もいますが、全然逆なんですよね。生活がシンプルになってくるし、生産性も向上するので、むしろ増えてくるのです。


いつもこのブログで「読書ほど費用対効果の高い自己投資はない」といったことを書いていますが、健康はその次に費用対効果が高いと考えています。


断捨離のコツ!〇〇を減らすと迷いから解放される! [生産性・自己管理・時間・断捨離]


セールスやマーケティングの世界で言われていること...通常、一人あたり1個しか売れない商品を、「お一人様限定3個まで」という広告を出すと、一人あたり3個売れていく。「お一人様限定5個まで」という広告を出すと、一人あたり5個売れていく。


製造業、卸売業、運送業で言われていること...倉庫を広くすると、なぜか在庫が溜まっていく。広ければ広いほど無駄に溜まり、不動在庫も管理コストも増えていく。なので、在庫や管理コストを減らしたい場合、倉庫をあえて狭くするとよい。


つまり、人間には、本来的な必要性に関係なく、スペースが一杯になるまで満たそうとする心理があるということです。(詳しくは「パーキンソンの法則」で調べてください。)


これは、断捨離をする際に、おさえておきたいところだと思います。


いくら「どれを捨てようか」「どれを残そうか」と考えても、スペースに余裕があると、決断しにくく、作業が止まりやすいんですよね。上記の心理・法則に逆行するのです。


なので、うまく進まない時は、本棚、タンス、冷蔵庫、外付けハードディスクなどを捨ててみる、あるいは容量の小さいものに変えてみるのが効果的。僕は実際にそのようにしていますが、「捨てる or 捨てない」の判断に迷うことが減ったし、余計なものも買わなくなりました。気持ち的にも環境的にもスッキリしています。


あと、ブラウザのブックマークやネットショップの欲しいものリストなどは、際限なく増えてしまうので、自分なりの限界値を決めるようにしています。ちょっと勇気がいるかもしれませんが、「厳選されたものだけで生活できる」「運気もよくなる」と考えれば決めやすいです。


基本的に、物や情報の管理したり、それらに対する執着を捨てたりできるのは自分しかいません。物や情報に溢れる現代は、自分なりのルールや習慣を作っておく必要がありますね。


日差しと青空.jpg



p.s.
捨てるかどうかに迷ってしまう人には、グレッグ・マキューンが書いた書籍「エッセンシャル思考」がおすすめです。レビューと要点はこちらに書いてあります。
話題の書籍「エッセンシャル思考」のレビュー&要点のシェア


現代学校教育の弊害!ブランド、整形で飾っても満たされない原理! [個性・使命・自分らしく]


(※この記事はあまり共感してもらえないかもしれません。でも何らか現状に行き詰まる人のヒントになるのではないかと思い投稿します。同時に、現代人特有の生きにくさは、学校教育の刷り込みを解放するだけで解決する場合がある、ということが伝わればと考えています。)


現代は、周りと競争したり、比較して判断することがばかり。「誰かと比べてどうだ」「平均はどうだ」「(プロセスより)結果はどうだ」など、何かとランクを気にしてばかり。これは画一的評価と競争原理の現代学校教育がもたらす弊害だと僕は考えています。


本来大事なのは「自分にどんな個性や役割があるのか」「どうすれば人様のお役に立てるか」ということ。つまり自分の内側に目を向けるべきなのに、外側ばかりに目を向けてしまう。自分のことを誰かに必死で説明しアピールするため(これは競争原理の弊害)に外側を意識して生きている。


でも、自分の内側に向き合って、内観や自己分析をしたり、自分なりの魅力や潜在能力を引き出したりしない(これは画一的評価の弊害)から、正しくアピールすることもできないという矛盾が生じる。


そして、この矛盾に向き合わず評価を得ようとする意識が、ブランド、ステータス、美容整形、虚勢などで自分を飾ってしまう(本質的な問題から目を背ける)原因になっていると感じています。


現代は、自分の価値を正しく認識している人の方が少ないと思います。でもこれは、その人に価値がないというわけではないと思います。繰り返しになりますが、多くの人が自分ではない誰かの価値基準(偏差値、流行、格付け)に依存しているから、つまり、答えは自分にあるのに、そこから目をそらしている自分に気付けないからだと思います。


どんな人にでも、その人なりの良さや役割というものがあるはずであり、それを発見するのは他の誰でもない自分自身であるはずです。自分で自分を肯定できれば、自己で矛盾を起こす必要なんてなくなると思います。


ありのままの自分を受け入れられる、また表現できるということは、自己肯定感があるということ。それが最も自然で生きやすいものだと思います。そして、そういう人は偽りがないし、人をランクや損得で判断することもないので、とても好かれるのです。


皇居の松と大手町.jpg



p.s.
仕事の場合も同様。自分の商品やサービスに自信がなければ、「どう誤魔化そうか」「どういうテクニックを使おうか」という事ばかりを考えるのでうまくいかないのです。逆に、自信があれば「どうすれば良さを理解してもらえるか」「どうすれば相手に喜んでもらえるか」という本質に即して物事を考えるので、成長や感謝を生み出し、長期的な成功を引き寄せるのです。


p.p.s.
みんながみんなコンプレックスをさらけ出したら結構生きやすい社会になるかもしれない、と思うことがたまにあります(笑)


神田昌典氏メルマガより「売る側の教育責任」とは? [反省・改善・自分の責任]


『自分の商品を通じて、お客をよりよい世界に導く教育をするからこそ、利益があがる。顧客はわがままであり、怠惰であり、そのニーズにあった商品を提供していれば、表層的な消費欲求を満たすだけの社会に朽ち落ちていく。顧客ニーズに振り回されるようでは、ライバルと同じになり利益は下がるのです。』

引用元:神田昌典氏メルマガ「仕事のヒント365日語録」



これは耳が痛くなりますが、確かにそうですね。


どんな人であれ、わがままなところや、怠惰なところはあると思います。特に現代は、ストレスや空虚感を抱えやすく、そこを埋め合わせるかのように享楽的・刹那的な消費をしてしまう面もあると感じています。


例えば、

・自分に自信がないから、高い服や時計を身に着ける、ステータスに依存する、美容整形をする
・満たされないから、酒、煙草、甘いもの、食べ放題、飲み放題に走る
・現実逃避したいから、ゲームの世界に生きる、アイドルにはまる
・なんか寂しいから、どこかのお店で飲みながら騒ぐ、SNS中毒になる

など、


自分の内側に向き合って答えを見つけるとか、自分を成長させながら問題解決に励むといった事を怠り、なんらかのモノやテクニックに頼ろうとしてしまうなら、消費活動というものが、心の隙間を埋めるためだけのものになってしまいます。


(ビジネスする側から見れば、ただ心の隙間を見つけ突いているだけ。もしかしたら、心の隙間を知らないうちに作らされているかもしれない。)


神田さんの言葉にあるように、安易にこれを続けていけば、表層的な消費欲求を満たすだけの社会に落ちていきます。これは、無駄な消費が拡大するだけでなく、本質的に価値のあるもの見抜けなくなるし、それを継承することもできなくなります。


「楽だから」「満たされるから」「うまくごまかせるから」ではなく、人を成長させ、心を豊かにし、社会に活気を生み出すような本物の商品を作り、そして、その価値を適切に伝えながら、顧客と関わっていくことも大事だと思います。


信頼関係やブランド、そして明るい社会というものは、こういったいわば「売る側の教育責任」というものにより築かれていくものだと思います。


松下幸之助氏の名言から学ぶ「禍転じて福と為す」生き方の本質 [挑戦・試練・自助努力・継続]


『世の中とは面白いもので、一見マイナスと見えることにも、それなりのプラスがある。それが実際の姿だと思う。私の場合でいえば、家が貧しくて、満九歳のとき丁稚奉公に出されたけれど、そのおかげで、商人としての躾を受けることができたし、人情の機微をも知ることができた。生来、身体が弱かったので、人に頼んで仕事をしてもらうことを覚えた。学問がなかったので、常に誰にでも謙虚に教えを乞うことができた......。すべての物事があわせ持つプラスの面とマイナスの面。そのプラスの面に目を向けて、自らの幸せ、社会の発展につながるよう努めていく。そうすれば、苦労や悩みが消えて、ことごとく、自分の人生の糧、社会の発展の糧となる姿も生まれてこよう。そのような考え方に立てば、本来、苦労や悩みなどはない。』

引用元:松下幸之助著「物の見方・考え方」





これは、松下幸之助さんの書籍「物の見方 考え方」にあった言葉です。「道を拓いていくために、どういう見方をすればいいのか、マイナスをどうやってプラスに捉えるか」について書かれた書籍です。


大抵の人は、「家が貧しい」「身体が弱い」「学歴がない」といった境遇を避けたがるのではないでしょうか。


かつての僕はそうでした。でもこの書籍に出会い、松下さんの禍転じて福となす生き方から学ぶうちに変わってきましたね。


「禍がないまま生きていくよりも、禍を福に転じながら生きていく方がずっと学びや感動がある」「変化していくこと、克服していくこと、知恵や教訓を積み重ねていくことにこそ、真の豊かさがある」と考えるようになりました。


人生、最初から何もかも満たされていたって、なんの張り合いもありません。楽をしたって貧弱になっていくだけです。闇を経験しなければ光の素晴らしさも分かりません。


辛く苦しい境遇ほど、「人生を変えてやる」といった意欲が湧いてくるし、気づきや学びの機会を与えてくれるものです。そして、そこで身に着いたものも感動があるから忘れにくいのです。


こう考えればすべてが糧となるのです。どんな境遇であれ、そこでの出会いに感謝しながら、やりがいをもって成長していけるのです。強さ、魅力、人情の機微を備え、人生が楽しくなっていくのです。


この世は魂磨きの場。最初からなんでもできる魂は、わざわざ生まれてくる必要はありません。魂を輝かせるためには一旦苦しい境遇に身をおく必要があるのです。


p.s.
今回は、松下幸之助さんの書籍「物の見方・考え方」にあった言葉をシェアしました。こちらの書籍もおすすめです。レビューはこちらに書いてあります。
経営の神様!松下氏の物の見方を学びたいならこの本!


仏陀の教え!得ることは不自由、捨てれば自由! [反省・改善・自分の責任]


『仏教は、「得る道」ではなく、「捨てる道」を教えます。捨てる生き方を歩もうとすると、身も心も軽くなって、楽な気持ちがずっと続きます。「得る道」は、依存を増幅する道です。不自由な道です。「捨てる道」は、自由を獲得する道です。』

引用元:ブッダの教え 1日1話



現代は物質的に豊かで、誰もが便利で快適な生活を送れていますが、上記の言葉が示すように、依存や不自由を生み出している面もあると思います。


お金で買えないものを限りなく少なくし、欲望を刺激することで消費させようとするのが今の経済です。


「なんでもお金で解決できる」「なんでも手に入るのが当たり前」と錯覚し、欲望だけを優先してしまえば、どんどん消費が拡大していくし、依存度も高まっていく、、、


それに対して満足できなかったり、不平不満を抱えてしまえば、売る側がさらに欲望を満たす商品やサービスを用意してくるので、さらなる消費と依存が生まれる、、、


もちろん、これが永遠に続いていくわけがないので、いずれ行き詰まりやストレスが生じることになるのです。怖いですよね。


かつての僕は、車、冷暖房、煙草などに依存していました。「なんか歩きたくない」「冷暖房のないところでは過ごしにくい」「煙草がないとイライラする」といった不自由を感じていましたね。お金や時間というものを無駄に消費してしまっていたところもあります。


でも、自然療法、食事療法、筋トレなどで、体質改善をするようになってからは、体力がついて率先して歩くようになったし、体温調節機能も正常化され冷暖房がいらなくなったし、煙草もまずくなってやめました。


不自由を感じていたあの頃と比べてすごく楽です。依存してない分、無駄な消費やストレスがないし、気持ちもフットワークも軽いです。


あの依存していた状態を続けていれば、肉体も精神も弱体化し、どんどん生きにくくなっていったように思います。


捨てる道は、自由を獲得する道です。


竹林.jpg



p.s.
上記とは趣旨が少しずれますが、最近は書籍を捨てるようにしています。元々書籍を捨てることには抵抗があったのですが、「もう一度読み返したい書籍もそんなにない」「他にも読むべき書籍がたくさんある」「人生は短いし」と考えなおし、思い切って捨てるようになりました。やはり古いものを捨てると新しいものが入ってきますね。「空白の法則」ですね。循環が大事です。


現代はある意味夢が実現しにくい?こういう見方も大事! [挑戦・試練・自助努力・継続]


起業している知人たちと
少し会話をしました。
(ちなみに現時点で僕は起業してません。)


まだまだ自分の知らない世界があること
自分にも出来ることはたくさんあること
彼らと比べて努力が全然足らないこと
大きく改善すべきところなど、


様々なことに気付かせてもらいました。


そして、自分の可能性を信じて、
チャレンジし続けようと改めて感じました。


僕はつい周りに甘えたり、
自信をなくしたりするので、
彼らのような存在は本当に有難い。


彼らがいなければ、
夢を諦めていたかもしれない。
いやチャレンジすら
していないかもしれない。


彼らが取り組んでいる事は、
誰にでも出来るようなものでも、
すぐに結果が出るような
ものでもないんですよね。


とてもシビアな世界で、
誰にも頼らずに、
自己管理を徹底しながら、
プライベートを削りながら、
必死に未来を創ろうとしているんです。


困難があっても「絶対に諦めない」
「俺がやらなきゃ誰がやる」といった
情熱や使命感で動いているんです。


単純にかっこいいなと思うし、
いい刺激をもらえます。


現代はある意味
楽をしても生きていける時代です。


幼少期から過保護で育てられ、
受動的な教育を受け、食べるものに困らず、
組織や制度に依存できる時代なんです。


覚悟を決めなくても、
自分自身を鍛え上げなくても、
生きていけるのです。


当然ながら、これでは
自分なりの人生を創っていく事が
難しくなっていく、、


なのでいい影響を与えてくれる
彼らにはいつも感謝しています。


今までの僕は、
楽な方ばかりを選んできました


自分の人生に
真剣に向き合ってこなかった、、


彼らが遥か遠くに見えますが、
ひたすらに歩み続けます。


いずれは、こちらがいい影響を
与えられるようになりたい。


またいつか再開し、
いい報告出来るように、
日々精進していきたいと思います。


脳力サポート