So-net無料ブログ作成
検索選択

いずれ後悔?就職人気ランキングの罠とは? [個性・使命・自分らしく]


人は自分に自信が持てないと、自分以外の価値観や評価にあわてしまうものです。何かとランキング、ステータス、ブランド、トレンドといったものを気にしてしまうことで、本来の自分でいることよりも、自分以外の誰かになろうとしてしまうのです。


そして、現代の経済や教育は、競争原理や画一的な評価を中心としたものなので、それらが顕著に表れやすいんですよね。


こういったことは、昔からよく感じているのですが、就職活動をしていたときに、特に強く感じました。


人気企業ランキングや人気職業ランキングというものがあるのですが、自分に自信がない人ほどそういうものに囚われているんですよね。そして、そういう人ほど、就職活動に失敗しているし、仮に就職できたとしても、「こんなはずじゃなかった、、」となっているのです。


どんな人にも個性があるし、それで人様のお役に立てるのだから、ランキングとか、或いはステータス、ブランド、トレンドといったもので仕事を選ぶのは本当に勿体ない。ランキングでは見えない世界がそこにはあるはずなのに、ランキングではないところにこそ自分の役割があるはずなのに、そういうものに囚われて、可能性を閉じ込めてしまうのは、大きな損失だと思います。


現代は、「生きにくい」とか、「自分らしさが分からない」とか、「お金や物はあるのになんか虚しい」とか、こういった話がありますが、こういうところにも原因があるように僕は思います。


我々が社会を形成するのは、それぞれが得意分野を活かして、協力しあって、支えあって、よりよい生活をしていくためだと思います。つまり、仕事をするということは、自分の役割を発揮するという事なので、ランキングよりも、自分の長所や持ち味に照らして選んだ方がいいと思うのです。


大抵の人が、1日の大半を仕事をして過ごすのです。そこで、自分らしさを発揮できなかったり、人様のお役に立てる幸せを実感できないのは勿体ないと思います。


beautiful_japan_cg-1280x800.jpg



心理学や精神医学の分野では、「現代人特有の生きにくさは、自分で自分を肯定できないため」と言われることがあります。


自分で自分を肯定できないから、「ヒーローになろうとする」「自慢をする」「人を見下す」「人の邪魔をする」「何かの中毒になる」「病気になる」、そして上記で述べたように「ランキングに囚われる」といったことになってしまうようです。


引き寄せや成功哲学の世界でもよく言われますが、やはりセルフイメージは大事なんですよね。「セルフイメージが人生を決めている」という人もいるくらいです。自分らしさを発揮している人ほど、成長しているし、人や社会のお役に立っているし、何より輝いていますよね ^^


脳力サポート