So-net無料ブログ作成
検索選択

文章力が富を生む時代!これで文章力を鍛えて!コンテンツ編 [文章・情報発信・読書・情報収集]


「文章力を鍛えるためのおすすめの教材はありますか?」というご質問をいただくことがよくあります。


コンテンツライティング(人を惹きつけるような面白い文章)について学びたい場合は、ダイレクト出版の「コンテンツ・マーケティング64の法則 ~売りにつながるオンライン記事の書き方~」という書籍がおすすめです。


(ダイレクト出版は、アメリカの超有名・超大物コンサルと独占契約した書籍を販売しており、基本的に他の書店では手に入りません。)


これは人気ブロガーやコンテンツビジネスをされている方の間ではとても有名です。僕はコンテンツビジネスをしている友人に「少なくとも100回は読め」と言われました(笑)


コンテンツ・マーケティング64の法則.jpg


コンテンツ・マーケティングというと「何か難しそう」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ブログやFacebookで記事を書いている人であれば、関係あると思っていいです。「どうすればいいね!をもらえる記事が書けるんだろう?」と悩んだことがある人なら、是非読んでみてください。


著者のアン・ハンドリーは、マーケティングに関する情報サービスを販売している「マーケティング・プロフス」(世界中に60万人を超える会員を擁する)の最高コンテンツ責任者で、コンテンツ制作やコンテンツ・マーケティングの世界でとても有名な方です。


「海外の書籍だから、、」「専門家の書籍だから、、」と敬遠する必要もありません。素人でも分かるように書かれています。


この書籍の主旨は、ずばりどうすれば人を惹きつける面白いコンテンツ(記事)が作れるのかということです。


筆者が、自身の長年の経験と業界のあらゆるデータから導き出した「法則」というものを教えてくれます。法則なので、誰にでも再現できるものです。「文章力がないから、、」「センスがないから、、」と諦めないでください。


言葉や表現の選び方、論調の作り方、ストーリーやユーモアの盛り込み方、効率的な編集プロセス、読み手を喜ばせるマインドセットなど、ライティングに必要なあらゆる要素を網羅しています。


僕はこれを何十回と読み返しています。記事を書いている最中に、「これではいいね!もらえないな、、」「なんか分かりにくいな、、」と手が止まるときがあるのですが、目次を見て、その項目を読み返すと的確なアドバイスをもらえます。


読み始めたのは去年の6月あたりなのですが、比較的すぐに、「コンテンツの質が高くなったよね?」「反応がとれるようになったよね?」と言ってもらえるようになりました。昔から、Facebookでつながっている方、またブログを読んでくれている方は、なんとなく感じていると思うのですが、去年の6月以前と以降では、全然記事の質が違います。「特別なことをしたの?」と聞かれることもありますが、この書籍に書かれていることを、素直に実践しただけです。


リアルの知人にもいつもすすめていますが、「法則を知れば案外難しくない」「あなたの書く文章の秘訣が分かった」「自分の記事がシェアされるようになった」など、とても喜んでもらえます。


自己啓発やビジネスに関する書籍は、ブログでもリアルでもたくさんシェアしてきましたが、ライティング関連の書籍でシェアしたい思ったのはこれがはじめてですね。それくらいおすすめできるものです。


ちなみに、原作「Everybody Writes」は、アメリカのAmazonレビューで4.9の高評価を得ており、これはベストセラーでも滅多にない驚異的な数字です。


Facebook、Twitter、ブログ、メルマガなど、いろいろと媒体がありますが、どれであれ、人が集まるのは面白いコンテンツです。


コンテンツが面白ければ、いいね!をもらえるし、拡散されやすいし、検索エンジンでも上位表示されます。逆に、いくらコンテンツを量産したところで、コンテンツがつまらなければ、人は集まりません。この書籍でコンテンツ力を高めてください。


価格は2,980円。他の書籍であれば、2、3冊買えるくらい高い書籍ですが、それ以上の価値があると僕は感じています。これまで数万円する情報商材を購入したり、数十万するセミナーに参加してきましたが、それらよりずっと役に立っています。法則を知ることで、「記事がスラスラかける」「自分の記事に自信が持てる」「反応がとれる」といったネットライフが送れると考えればむしろ安すぎます。


あと、ダイレクト出版には、全額返金保証制度があります。僕は返品したことはないですが、変な対応も、面倒くさいこともなく、簡単に返品できるようです。多少汚れていても大丈夫だそうです。


これからのネット社会、勝者となれるのは面白いコンテンツを作れる人です。そして、それが作れるかどうかは才能とか経験よりも「法則」を知っているかどうかです。ピンときた方は、この機会に是非読んでみてください。
>> コンテンツ・マーケティング64の法則


脳力サポート