So-net無料ブログ作成

お知らせ [Q&A・お知らせ]


[お知らせ]


①「継続・積み重ね・日々前進」という記事カテゴリーを作りました。


②サイドバーにある「おすすめ情報」を更新しました。
-スマホの場合、サイドバーコンテンツを表示できない仕様になっています。ページ下部にある表示切替で「PC」を選択してください。
-ガラケーの場合、サイドバーではなく記事下部に表示されます。


③記事数が250を超えました。これからも更新頑張ります。ただ似たような内容を繰り返しても飽きられてしまうので、新しいものも取り入れていきます。


お知らせは以上です。


その日の生産性は朝決まる!早起きして取り組む4つのこと! [生産性・自己管理・時間・断捨離]


「習慣が人を創る」
「習慣は第二の天性なり」
「成功は習慣から生まれる」


こういった言葉はよく聞きますね。
僕も結果を出す人ほど
習慣を武器にされていると感じています。


海と日の出.jpg


約2年前、
僕はある目標を定めたのですが、
1日の生産性を引き出すために
朝の習慣を大きく変えました。


具体的には、毎日早起きをして、
体操、掃除、読書、ブログ記事作成
に取り組むようにしました。


◇体操:
気血が巡るので、体を動かし
やすくなるし、脳も活性化する

◇掃除:
-運気向上
-成果が視覚的に分かりやすく達成感がある

◇読書(主に自己啓発関連):
なんらかの気づきをもらえるし、
イメージも湧くので行動的になる

◇ブログ記事作成:
-頭が整理される
-マインド系の記事を書くのでやる気がでる


これらの効果から、1日の
良いスタートを切れるようになります。
その日の生産性がまるで変わってきます。


これを続けて約2年、最初は
慣れなくて辛いものもありましたが、
今となっては、やらない方が
気持ち悪いくらいになりました。


そして、
これまでにないくらいのスピードで
成長していると実感しています。
(というよりそれまでが遅すぎた。)


人が変わるための要素として、
仕事内容、人間関係、環境、習慣など、
いくつもあると思いますが、
個人的には習慣が特に大事だと思います。


習慣以外は、
周りの影響を受けるものですが、
習慣については自分の意志や裁量で
コントロールできるんですよね。


何かのご参考になれば幸いです。


[関連記事]
なぜ成功する人は早起き?早起きは三文の得どころではない!
習慣の力で人生を変える!怠け癖があった僕もこんなに変わった!


これで底値が分かる!Amazon商品をなるべく安く買う方法! [文章・情報発信・読書・情報収集]


(※Amazonヘビーユーザーや転売ビジネスをされている方には「そんなの知ってるよ~」になってしまうかもしれません。その場合はスルーしてくださいね。)


みなさんは「Amazon Price Tracker」って知っていますか!?


これは、Amazon商品の価格推移が分かったり、値下げ通知をしてくれるブラウザの拡張機能です。Google ChromeやFireFoxで使えます。


amazon.jpg


実はAmazon商品の価格って結構な幅で変動するんですよね。知らず知らず損をしている場合があるかもしれません。


この機能を使えば、

・商品ページに価格推移のグラフを直接埋め込んでくれるので「今高値だから、、」「今底値だから、、」といった判断ができる。
・随時価格を監視しているので「これより安くなったらメールしてね」という設定(トラッキング)ができる。
・お気に入りカテゴリーのバーゲン情報が入る。

といったメリットを享受できます。もちろん無料だし、シンプルでとても使いやすいので是非試してみてください。


僕は読書が好きでいつもAmazonで古本を購入していますが、これを使いだして以来、少なくとも2割から3割は費用が浮いたように思います。(緊急性や予算などにより使わないこともあります。)


☆Google Chromeの場合はこちら
☆FireFoxの場合はこちら


ご参考まで。


与える者は与えられる!これからのネット社会は〇〇で集客すべし! [ビジネス・金運]


ある治療院を営んでいる知人が「お客様にメルマガを登録してもらっているが、すぐに解除されてしまい、リピートや売上に繋がらない。」と嘆いていました。


気になったので、そのメルマガを読んでみたのですが、自分のアピールとセールスばかりなんですよね。つまりお客様のためになるコンテンツがないのです。 


「クレクレ君は卒業してどんどん与えましょう」「継続的に読んでもらえるようお客様が喜びそうなコンテンツ(例えばその時期特有の体調不良を簡単に解消できる方法など)を配信しましょう」といった趣旨のアドバイスをし、コンテンツマーケティングにおける基本的な考え方についても教えておきました。


あと「自分にわざわざ読んでもらえるコンテンツ作れるかな、、」と悩んでいたので、おすすめ書籍をいくつか紹介しておきました。


これからの変化がすごく楽しみです。数万単位で月収が変わってくると思います。


今は、Facebook、ブログ、メルマガなど、誰もが自分のメッセージを発信できる時代です。


いいね!をもらうのも、
自分の存在を認識してもらうのも、
集客・教育して売上につなげるのも、


人に喜んでもらえるコンテンツを作れるかどうか、あるいは他に真似できない独自のコンテンツが作れるかどうかがポイントになってきます。


そして「この人にお願いしたい」と思ってもらうためには、与え続ける意識が大事。「与える者は与えられる」という言葉がありますが、ネットによるコンテンツ配信はそれを簡単に(無料で、誰でも、すぐに、時間と空間をこえて)できてしまうんですよね。チラシ、DM、電話営業などの場合こう簡単にはいきません。


これからのマーケティングは、ネットをうまく活用できるかどうか、質の高いコンテンツを提供できるかどうか、このあたりで差がついてくると思います。


使命に生きたいなら学校教育の刷り込みは邪魔になる [個性・使命・自分らしく]


これまでも何度か発信してきましたが、現代の学校教育には本当に様々な弊害があると考えています。


・個性が埋没したり外部評価依存を生み出す画一的評価
・利他心や協調性が排除されやすい競争原理
・主体性を損ないやすい義務教育という名の強制教育


これらの刷り込みがあると、「自分の個性を活かして人様のお役にたとう」という発想にならないんですよね。


「外部評価(ステータス、ランク、ブランド)を得ることに価値がある」「自分には人様のお役に立てるような特別な力はない」「何か問題があっても誰かがやってくれる」といった錯覚を起こし、自分のことしか考えなくなっていくのです。


こういう刷り込みがあると、社会に出てからも、「自分の出世のために」「自分の生活のために」という意識で働いてしまうのです。つまりそこに「人のために」という思いがないのです。仕事の本質は「与える」ことなのに、自分のことだけを考えているのです。


世界平和のために生きた哲学者、アルベルト・シュバイツァーに「人の本当の価値というのはその人自身から見出す事はできない。それは周囲の人々の表情や雰囲気の中にありありと浮かびあがってくるものだ。」という言葉がありますが、本当にこの通りだと思います。人は、「何を持っているか」「どう見えるのか」ではなく、人様のお役に立っているからこそ価値があるんだと思います。


「人様のお役に」と言うと、自己犠牲だとか、あるいは偽善だとかいう意見もありますが、僕はそうは思いません。「人様のお役に」という意識で生きるというのは、自分の才能、天分、経験を活かすということ、または使命を果たすということです。これはこの世に一人しかいない自分自身を発揮するという意味で、自分らしい豊かな生き方だと思います。


自分の潜在能力を引き出したり、本当にやりたいことを見つけるためには、人様のお役に立とうとするのが一番の早道だといつも考えています。(繰り返しになるが現代の学校教育はこれに逆行している。)


「天上天下唯我独尊」というお釈迦様の有名な言葉があります。全てはこの世にひとつしかない尊い存在ということ、またそれぞれはなんらかの使命があって生まれてきているという意味です。


すべての個はご縁でつながり、互いに影響しあっています。自分が幸せになるためには、周りの人も幸せでなければなりません。そのためには、使命感を持って人様に尽くしていくことが大事になってきます。


お互いが思いやりをもち、それぞれの使命をしっかりと果たせたとき、最大限の成果が生まれ、真の幸福が招来されるのだと思います。


億万長者メーカーより!稼げるかどうかに苦楽は関係ない! [ビジネス・金運]


お金に関する書籍はこれまでたくさん読んできました。その中で最もお世話になっているのが、ダン・ケネディが書いた「億万長者のお金を生み出す26の行動原則」です。これは何十回と読み返しています。


この書籍に書いてあった言葉をシェアします。


『「苦労して手に入れたお金」という言葉について考えてみよう。・・・(中略)・・・この言葉を聞いたり話したりすると、潜在意識に「お金を得るのは大変だ」というメッセージがプログラミングされることになる。大変な思いをして嫌な仕事をやり遂げないとお金は手に入らない、という認識が刷り込まれる。だから、苦労せずにお金を得ると、なんとなく穢れているような気がして後ろめたい。・・・(中略)・・・とんでもない誤解だ!目の前に大きな壁が立ちはだかって、手の届くところにあるはずの数々のチャンスが見えなくなっているようなものだ。』

引用元:ダン・ケネディ著「億万長者のお金を生み出す26の行動原則」



確かに苦楽は関係ないのかもしれません。お客様にとって価値があるのなら、その商品なりサービスなりを提供すべきなのかもしれません。価値提供すればお客様が豊かになれるのに、楽だからという理由で取りやめにしてしまえば、お客様が損をしてしまいます。


「お金は苦労して稼ぐもの」という意識があると、それが当然であるかのように苦労する道を選んでしまうんですよね。楽をして稼げる道があっても知らず知らず遠ざけてしまうのです。特に、幼少時に親が苦労する姿を見ていたり、最初にした仕事かアルバイトが激務で薄給だったりするとこの傾向は強くなるようです。


僕の知る限り、お金を引き寄せる人ほど苦労せずに楽しみながら収入を得ていたりします。例えば、資産や仕組みを活かしたり、あるいは他の人が真似できない個性を発揮したり。苦労していませんが、お客様には感謝されています。他の人に迷惑をかけているわけでもありません。


お金や労働に対する認識というものは大事ですね。良くも悪くも刷り込みがあるものです。この書籍はとても勉強になります。歯に衣着せぬ物言いで、お金に対する罪悪感や後ろめたさというものを気持ちがいいくらいに解放してくれます。


(ダン・ケネディが主張しているのは、「相手から奪おう」「相手を騙そう」ということでは決してありません。自分のためにも相手のためにもならない余計な考えは捨てましょうということです。)


億万長者のお金を生み出す26の行動原則.jpg

>> 億万長者のお金を生み出す26の行動原則


ネットビジネスは行動力!やればやった分だけついてくる! [ビジネス・金運]


大学生の頃から、自分のビジネス(主にネットビジネス)に取り組む人が周りに結構いました。自分とは桁違いの収入を得ていたり、自分の知らない世界を知っていたり、


僕はそういう人たちを見て、「自分にはどうせ出来ない」「あの人たちには特別な何かがあるんだろう」と勝手に決めつけていました。全然違う世界の住人だと思っていました。


PC.jpg



でもこれは勘違い、、非常に勿体ない、、僕自身、1年前から仕事の合間を縫ってネットビジネスに取り組んできましたが、ようやく気付きました。才能やセンスではなく行動力なんです。


苦労はしましたが、それは「ネットビジネスが難しくて、、」という意味ではなく「時間がとれなくて、、」という意味での苦労です。


芸能界やスポーツ界は、1年間我武者羅に頑張ったからといって、結果が出るような世界ではありません。結果を出せずに諦めてしまう人もいらっしゃいます。一方、ネットビジネス界であれば、ある程度確実性のある方法が用意されており、行動さえしていれば結果はついてきます。


(ネットビジネス界の王道、コンテンツビジネスについては、和佐大輔さんがメルマガでほぼすべてを教えてくれます。成功法則や体験談も教えてくれます。)


今になって、個人でビジネスをしていた彼らと、話が出来るようになりましたが、すごく楽しいんですよね。別に難しい話をしているわけでもないし。同時に「なぜあの時行動しなかった、、」という残念な気持ちにもなります(笑) リスクもほぼゼロだし(泣)


これからの時代、格差は行動力で決まってきます。時代の変化に取り残されないように、また自分自身の可能性を広げるために、これからも行動し続けます。


[関連記事]
おすすめ情報-ネットビジネス編


「7つの習慣」の名言!人と意見が分かれた時に読みたい! [ご縁・感謝・調和]


『二人の人が同じ意見を持っているとすれば、そのうちひとりは余分である。同じものしか見えない人といくら話をしたところで、何も得るものはない。自分と同意する人と話をしても、意味はない。自分とは違う見方があるからこそ、私は話がしたい。その相違点を尊ぶのである。だから、あなたがもし私と違う意見を持っていれば、私は「よかった。あなたには違う見方がある。あなたが見えるものを私にも見えるように助けてほしい」と言えるのだ。』

引用元:スティーヴン・R・コヴィー著「7つの習慣」



人それぞれの道.jpeg



自分の意見ばかりを押し付けてくる人や「意見が違うから」と人を切り捨てていく人がいますが、僕は正直苦手です(笑)


(「自分は正しい」「あなたが間違っている」「あなたのために言っている」と押し付けてくる人は、たいていが周りを支配したい人だと個人的には考えています。)


この世に、全ての人に共通する絶対的に正しいものなんて存在しないし、全ては人物、時代、コミュニティによって変わってくる価値観だと思います。相性、関係性、許容性、自由意志もあるし、、


社会や生命の進化は様々な人や物で成り立つものなので、多様性は感謝で受け入れるとともに、学びや発展につなげていきたいですね。


ひとつの見方にとらわれてしまえば、人間はその範囲内でしか物事を判断できなくなります。一方、見方が多様であれば、それだけ組合せが増え、組合せが増えれば、それだけ可能性が広がるのです。


謙虚になって、素晴らしい考え方や習慣などを取り入れていく意識、そのために魅力的な人に出会おうとする意識は常に持ち続けたいです。


少し話が変わりますが、僕は大学生の時、留学生に積極的に話かけるようにしていました。


自分の知らない、価値観や感性、生活習慣など新たな発見ばかりで、視野が拡大したり、アイデアが生まれたりしていたことを思い出します。


ここが出会いの面白さですよね。


人生は出会いが創っていくもの、自分も出会う人に良い影響を与えるように心掛けます ^^


心の浄化!心が変わればこんな風に人生も変わる! [健康・体質改善・気分転換]


仏教や東洋医学には心身一如という言葉があります。心と体はつながっているという意味です。体が健康になれば、心も健康になるのです。(体が浄化されれば、心も浄化される。体が温まれば、心も温まる。)
 

僕も断食、冷えとり、気功などの民間療法や、食事療法に取り組み、心身が健全化されてきたのか、心のゆがみから解放され、人生が好転してきたように思います。
 

具体的には、
・不平不満をやめたら、感謝すべき対象に気づくようになり、喜びが増えた。
・我執を捨てたら、イライラやクヨクヨから解放されて生きやすくなった。
・余計なプライドを捨てて、謙虚にしていたら、人から学べること増えた。
・被害者意識を捨てたら、自分の人生に責任をもつようになった。
・他力本願を捨てたら、甘えがなくなり、行動的になった。
・利己心を捨てて、利他心を意識し行動していたら、自分の長所に気づいたり、生き甲斐を見いだせるようになった。
・自分の未熟さを認め、それに向き合い、克服するようにしていたら、自分に自信がついてきた。


人間が生きていくためには、知識、経験、スキルなど様々な力が必要となってきますが、最も大切なのは心の力だと僕は思います。人に対する思いやりや自分を変えようとするチャレンジ精神などがなければ、他の力をいかすことはできません。


Lake_Summer_Trees_Grass.jpg


p.s.
浄化・内省したい場合、医療だけでなく、断捨離、自然と触れ合う、読書(精神世界、哲学、心理学)なども大事ですね。


ピンチはチャンス!復旧・復興のためにはこの見方! [挑戦・試練・自助努力・継続]


『かつての戦争で原子爆弾が落ちたところは、広島と長崎であった。当時の科学者たちはみな広島、長崎は今後十年間はペンペン草も生えないといった。たしかに広島市民、長崎市民は非常な死傷者を出し、史上空前の悲惨な出来ごとであったけれども、生き残った市民たちは、いま一度わが広島を建設しよう、長崎を復興しようという心意気をもって立ち上がった。ところが今日ではどうであろう。ペンペン草が生えるどころか、戦後、広島や長崎は大いに発展している。このことは何を意味するか。ペンペン草も生えないほどの大きな傷を受けても、再建しようという強固な意志があれば、立派になしとげられるものだということである。』

引用元:松下幸之助著「物の見方・考え方」





「人間には困難をチャンスに変える力がある」「困難が大きいほど発展も大きい」ということですね。こういう希望の持てる例は他にもあるので、読者のみなさんも是非調べてみて下さい。


現代も、福島原発、社会毒、環境破壊など課題は山積みです。


この困難をチャンスに変えられるかどうか。これは技術的な問題もあると思いますが、心の問題もあると思います。具体的には「他力本願ではなく自分から率先して行動」「自分のことだけではなく、社会のため、未来の子供のため」「みんなで助け合い支え合う」など善なる心が必要となってくると思います。


人類はこの壁を乗り越えることができると信じたいですね。信じるのであれば行動あるのみです。


緑と池.jpg


p.s.
インターネットは時間、空間、世代、職種、あらゆるギャップを超えます。折角なら、この便利なものを有効に使いたいですね。社会のあるべき姿や解決策というものをそれぞれの知識や経験で考え、発信し、それぞれが影響を受けて行動を起こしていく。これも、明るい未来を創造していくにおいて、意義のある取り組みだと思います。


脳力サポート