So-net無料ブログ作成

「タルムード」の教え!こういう継承観は大事! [ご縁・感謝・調和]


『ある老人が庭で苗を植えていた。そこに通りかかった一人の旅行者が、「いったいあなたは、その木から実が収穫できるのはいつごろだと思っているのですか」と聞いた。老人は、「七十年もしたらなるだろう」と答えた。旅人は「あなたはそんなに長生きするのですか」と聞いた。「いや、違います。私が生まれたとき、果樹園には豊かに実がなっていた。それは自分が生まれる前に、父が自分のために苗を植えておいてくれたからです。それと同じことです。」と答えた。』

引用元:ラビ・M・トケイヤー著「ユダヤ五〇〇〇年の知恵」



食文化、住文化、農法、技術、医療、生活の知恵、自分自身、あらゆるものが、先祖代々受け継がれてきたものなんですよね。


これらの恩恵を知ること、また、子孫につないでいく気持ちはとても大事だと思います。大人は子ども達から尊敬されたり、感謝される存在になる必要があるんだと思います。


混迷し、先行きが見えない現代、生き方というものを見直す時期だと僕は思います。


将来に希望がもてないから「行動しない、、」「誰かがやる、、」「諦める、、」ではなく、子どもに希望を持たせるような社会を、自ら率先して創っていく必要があるんだと思います。


また、お金、土地、建物など、目に見えるものだけを遺していこうとする世の中ですが、精神性や道徳性など、目に見えないものを伝えていくことも大事だと僕は思います。


脳力サポート