So-net無料ブログ作成

熱気球論!捨てれば上昇する! [生産性・自己管理・時間・断捨離]


同じことを何度も言うようですが、現代は捨てていく発想が大事だと思います。
 

僕は、2年前にある目標を定めたのですが、その時に、煙草、暴飲暴食、夜更かし、テレビ、贅肉、肩書、プライド、やり方、考え方など、あらゆるものを捨てていきました。時間や健康を生み出したり、集中力や吸収力を高めるためです。

 
アサヒビールの中興の祖と言われる樋口廣太郎さんの哲学に「熱気球論」というものがあります。「人間は本来向上心を持っているのだから、余計なものをただ取り除くだけで、重石を外した熱気球と同じように、必ず上昇していく。」というものです。

 
これは企業経営や組織運営について述べたものですが、自己管理でも同様だと思います。僕は、上記に示したものをただ捨てるだけで、生産性は2~3倍くらいになったように感じています。
 

現代は目標がなかったり精神病になってしまう人が増えていますが、物や環境を与えるでもなく、投薬やカウンセリングではなく、それまでの自分の生き方や生活習慣、古いものなどをどんどん捨てていけばいいんだと思います。本来向上心は誰にでもあるのだから、余計なものがなくなれば熱気球のように勝手に上昇していくのです。


何事も原因があって結果があるのです。うまくいかない現状があるのなら、単純にそれまでの自分を捨てていけばいいんだと思います。


脳力サポート