So-net無料ブログ作成
検索選択

仕事を楽しむために僕が意識している5つのこと [生産性・自己管理・時間・断捨離]


論語に
「これを知る者はこれを好む者に如かず。
これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。」
という言葉があります。


「あることを理解している人は、
それを好きな人にはかなわない。
あることを好きな人は、それを
楽しんでいる人にはかなわない。」
という意味です。


僕もそう思います。
仕事において、能力があるとか、
あらゆる分野に精通しているとかよりも、
「楽しくて仕方ない」という意識で取り組む
人の方が成果を出していると感じています。


日本には、
「嫌でも頑張ること」「苦しくても継続すること」
が美徳とされるところがありますが、
嫌で苦しいことは体が拒否反応を起こして、
それだけ効率が悪いし、
長続きもしないものだと思います。


ちなみに、楽しみながら仕事をすると、
β・エンドルフィンなどの快楽ホルモンが
分泌され、脳や体の血行が改善し、
生産性も免疫力も向上します。


一方、我慢しながらだと、
コーチゾールなどのストレスホルモンが
分泌され、血行が悪くなり、
生産性も免疫力も低下していきます。


また、仕事における疲労というものは、
労働時間や労力よりも、精神的ストレスに
よって生じる、という研究報告もあります。


なので楽しもうとする意識が
とても大事になってきますね。


ちなみに、
僕が意識しているのは下記の5つです。



支えてくれる人に感謝をすること。
自分ひとりでは仕事は成立しませんね。



職場に尊敬できる人や好きな人を作ること。
これは職場に行くことが楽しくなります。



上記とも関連しますが、一緒に働く人
の素敵なところを見つけるようにすること。



その日、すでに終えたタスクを
ノートに書きとめていくこと。
終えたものを視覚化することで、
脳が達成感を味わい、
ドーパミン(やる気ホルモン)が分泌されます。



「大変だがこの経験は今しかできない」
「学んだことはプライベートでも活かせる」
と成長できることを喜ぶ。


以上です。


「たったこれだけ?」と思われる方も
いらっしゃるかもわかりませんが、
僕はこれで十分に楽しんで
仕事ができるようになりました。


最初は、多少無理やりでも、
楽しもうとする意識で仕事をしていると、
徐々に、潜在意識が楽しくなる理由を
みつけてくれるんですよね。


何かのご参考になれば幸いです。


脳力サポート