So-net無料ブログ作成
検索選択

松下名言をシェア!運命を受容すれば余計なことを考えずに済む! [挑戦・試練・自助努力・継続]


『人の人生は、90パーセントまでが、いわゆる人知を越えた運命の力によって、すでに設定されているのであって、残りの10パーセントぐらいが、人間の知恵、才覚によって左右されるといえるのではなかろうか。こういうものの見方考え方に立てば、得意におごらず失意に落胆せず、平々淡々、素直に謙虚にわが道をひらいてゆけるのではなかろうか。』

引用元:松下幸之助著「道をひらく」





松下幸之助さんは運命を信じている偉人としても有名ですね。困難に対峙したとしても、その運命を積極的に受け入れ、成長や発展につなげてきたということを書籍などで語っておられます。


例をあげると、


・家が貧しくて、満九歳のとき丁稚奉公に出されたが、そのおかげで商人としての躾を受けることができたし、人情の機微をも知ることができた。
・生来、身体が弱かったので、人に頼んで仕事をしてもらうことを覚えた。
・学問がなかったので、常に誰にでも謙虚に教えを乞うことができた。


こういう見方をすれば損得勘定を介したり、極端に落ち込んだりすることもなく、前向きに生きていけますね。過去の後悔や未来への不安からも解放されると思います。


きっと、そうした強い姿が人の心を動かし、協力してくれる人が集まってきたという面もあったのではないかと僕は思います。


世の中には、自分の不運を嘆いている人もいますが、上記のように松下幸之助さんでさえも苦労をされています(調べれば分かりますが、上記以外にもたくさんあります)。自分の不運を嘆いてしまう人は、その考え方に問題があるのかもしれません。


どんな道でも歩みを止めないで.png



p.s.
僕も、どちらかというと運命はあるのではないかという考えをもっています。一時期、縁起、共時性、布置、因果律などについて調べていた時期があります。「あの家に生まれたから・・」「あの人に出会えたから・・」「あの試練があったから・・」など自分の経験と照らし合わせることで妙に納得するものもありました。


幸せには三つある!してもらう幸せ、できる幸せ、そして〇〇幸せ! [ご縁・感謝・調和]


『幸せには三つあるといわれます。一つ目の幸せは「してもらう幸せ」。赤ちゃんのとき誰もが、お腹が空けば泣いたし、オムツが濡れれば泣きました。するとお母さんが飛んできて、おっぱいを含ましたり、オムツを替えてくれました。これが「してもらう幸せ」です。二つ目は、自分で「できる幸せ」。字が書けるようになった。ひとりで自転車に乗れるようになった。サッカーがうまくなった。何でも自分でできるようになると、偉くなった気がしてうれしいものです。これが「できる幸せ」です。そして最後は、人に「してあげる幸せ」。人に物を差し上げる、何かして差し上げる、相手の喜びをわが喜びとする。そんな人は、人から好かれ頼りにされます。「してあげる幸せ」は三つの幸せのなかでも最高の幸せです。』

引用元:鍵山秀三郎著「ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる」





どんな人でも生まれたばかり頃は何もできません。親兄弟、親戚、地域の人など、様々な方々に見守られ、与えられ、教えられてきたからこそ、生活できたし、成長もしてこれたのです。


でもいずれは、心身を成熟させたり、出会う人から学んだり、成功や失敗を積み重ねながら、自分の力で人生を切り拓いていかなければなりません。


最初は、自分の足で学校に通ったり、自分の頭で勉強したり、
もうちょっと成長すると、仕事をしたり、自己研鑽したり、
もうちょっと成長すると、部下を指導したり、よりよい社会を創造したり、、


自分のことを思い返せば、そこで困難を経験するたびに、支えてくれていた人の優しさや強さを思い知っていたように思います。


「自分の力で生きているような気になっていたけどそれは勘違いだんたんだ」「周りに支えてくれる人がいたからこそ、自分は生活できたし、成長もしてこれたんだ」「社会に出て働くということ、責任をもつということはこんなにも大変なことなんだ」など、成長し困難を経験したからこそ気付けたことはたくさんあります。


これらを忘れることなく、恩返ししていく気持ちや、子や孫につないでいく気持ちって大事ですよね。大人は周りからも、子ども達からも頼られる存在になる必要があるんだと思います。鍵山さんの言葉にあるように、そこに最高の幸せがあるんだと思います。そして、こういう見方が明るい未来を創造していくのです。


これからは個の時代、お金の稼ぎ方は和佐さんから学ぼう④ [ビジネス・金運]


最近は和佐大輔さんから学ぶようにしています。彼のメルマガを何度も何度も読み返すようにしています。※和佐さんの無料メルマガはこちらです。


パソコン.jpg


ネットビジネスのメリットは「パソコンとネット環境さえあればすぐにできる」「初期費用がいらない」「空いた時間にできる」「収入口を増やせる」「収入に限界がない」などたくさんありますが、個人的に特にメリットとして感じているのは「何度でも失敗できる」ということ。


リアルビジネスの場合、店舗やオフィス、在庫などがあったりするので、失敗したらかなり痛いですよね。ネットビジネスの場合は、扱うのは情報だけなのでパソコンとネット環境さえあればできてしまうのです。仮に失敗しても、物質的・金銭的に何かを失うことはないのです。


なので「失敗してもやり直せばいい」「どうやり直せばいいか分からなければ和佐さんのメルマガを読み返せばよい」「失敗するほど学べる」という意識で取り組んでいます。


トライアンドエラーを繰り返しながら、ネットビジネスの成功パターンを覚え、また個としての自分の価値を引き出していくようにしています。リアルビジネスみたいに、余計なブレーキを踏まなくていいのです。失敗を恐れずにどんどんチャレンジしていけるのです。


また、和佐さんの話が深くて面白いからトライアンドエラーを続けられるという面もあると思います。普通に考えて、障害者なのに年収1億円というのは他にいないので、それだけ新しい視点で世の中を見れるようになるし、教わったことを、自分でも実践してみたいと思えるのです。


これからは個の時代、周りに依存していたら生き残れません。どんどんチャレンジしていきます。変化には困難がつきものですが、新しい自分を発見したり、視野が広がったり、収入や収入口が増えたりなど、楽しいところもあります。





これからは個の時代、お金の稼ぎ方は和佐さんから学ぼう③ [ビジネス・金運]


最近は和佐大輔さんから学ぶようにしています。彼のメルマガを何度も何度も読み返すようにしています。※和佐さんの無料メルマガはこちらです。


パソコン.jpg


和佐さんのメルマガにこのようなことが書いてありました。(どのメルマガかは忘れました。すみません。)

 
『日本は、他の国と比べてとても恵まれている。戦争や経済破綻がない。物質的にも情報的にも豊かで、インターネット環境も整っている。僕みたいな障害者でも成功できてしまうほどの可能性がある。現状に甘えて平凡な毎日を送ることもできるが、折角ならこの環境をいかして、ネットビジネスにチャレンジした方がいい。』『ネットビジネスは、初期費用も在庫リスクもないし、隙間時間にできるし、資格も学歴も関係ないし、手法もたくさんある。なのでチャレンジしない方が勿体ない。』(そのまま引用ではなく、僕が全体の意味やニュアンスをくみとり訳したもの)


僕はこの言葉に衝撃を受けました。チャンスを逃し、大きな損をしている気持ちになりました。


和佐さんの言う通り、日本は恵まれています。当たり前のようなことでも他の国からすれば特権階級並みだったりします。「仕事がない」「将来が不安」という人もいますが、それは選んでいるか、どこか億劫がっているのです。他の国では選択肢さえない場合があるのです。それこそネットビジネスなんて可能性だらけです。


首から下が動かない和佐さんは、恵まれた環境やネットビジネスの可能性を体現されているんですよね。僕は「自分の人生を変えてくれるのはこの人だ」「あらゆることを吸収してやる」「この恵まれた環境を最大限にいかそう」と考え、ネットビジネスに本気で取り組む決意しました。


後悔するのは絶対に嫌なんです。40代、50代になって、「若い時にもっとチャレンジしていればよかった」と言う人を僕は何人も知っています。そして、環境に恵まれていればいるほど後悔も大きいのです。なのでどんどんチャレンジです。





これからは個の時代、お金の稼ぎ方は和佐さんから学ぼう② [ビジネス・金運]


最近は和佐大輔さんから学ぶようにしています。彼のメルマガを何度も何度も読み返すようにしています。※和佐さんの無料メルマガはこちらです。


パソコン.jpg


今、組織から個へ、リアルビジネスからネットビジネスへ、と時代が移行していますが、個としての自分の価値の高め方、およびその価値をネットで社会に提供していく方法について学びたい場合は和佐さんが最適です。


和佐さんは、首から下が動かないというハンデを抱えながらも、「この自分はどうすれば社会のお役にたてるか」を真剣に考え、実践を積み重ね、ネットビジネスで年収1億円を達成しました。これは健常者でさえ難しい額です。個の価値の高め方について、和佐さんの右にでる人はそうそういないと思います。


メルマガでは、和佐さんの考え方や手法を惜しげもなく教えてくれています。無料レベルの内容ではありません。(決して大げさには言っていません。世間の評判もそのような評判です。)


和佐さんの特に凄いところは、誰にとっても(提供する側、される側、ネット業界、社会全体など)メリットがある方法を提案されているところです。だから高額セミナーがすぐに満杯になるし、みんなに感謝されるんですよね。


「年収が下がり続けている」「会社がなくなる」「将来が不安」と言う声を聞きますが、社会に必要とされるように自分の価値を高めていけばいいのです。具体的な方法が分かからなければ、成功者から学べばいいのです。


変化には苦難がつきものですが、和佐さんは首から下が動かないのに年収1億です。健常者が言い訳することなんてできません。


「成功するための方法は、確実にあるんですが、それをやる人がいないんですよね。単純に。みんなやらない。」 by 和佐大輔


初期費用もリスクもないのでとにかく行動です。ネット上でお金を動かす仕組みの作り方を一旦覚えてしまえば、人生における可能性が一気に広がるし、組織に依存する必要もなくなります。





これからは個の時代、お金の稼ぎ方は和佐さんから学ぼう① [ビジネス・金運]


首から下がほとんど動かないのに、年間に1億円も稼いでいる和佐大輔さんという方を知っていますか?


和佐さんは12歳の時、とある事故により首を骨折しました。それ以来、身体の8割が動かない身体障害者として生活しています。食事、お風呂、トイレも1人ではできません。移動は車椅子で他の人に押してもらっています。ペンも握れないので、パソコンのタイピングは口にくわえた割り箸でしています。


テトラポッドに札束を.jpg


あなたが和佐さんの様な状況になったら、どんな気持ちになりますか、、、人生に絶望しますよね。


誰もが絶望するようなどん底で、彼の選んだ職業がネットビジネス。和佐さんはネットビジネスに取り組み、わずか1年で年収1億円を達成しました。それ以降の10年間も毎年1億円以上稼いでいます。首から下が動かないのに年収1億円というのは、世界広しといえども他にいませんよね。


今では「彼の手掛けるビジネスで成功しないものはない」「関わる人をどんどん成功に導いている」とまで言われる存在で、数万、数十万する高額セミナーがすぐに満杯になるそうです。


下記メルマガでは、和佐さんの経験や考え方が学べます。
>> 和佐大輔物語・絶望篇&希望篇
>> 割り箸1本で10年連続1億稼ぎ続ける方法
>> RESET:本当に生きたかった人生を取り戻す方法
>> 凡人のためのBreak Rule 2016
>> 和佐大輔の1億稼ぐ最強のチーム論
すべて無料です。


劣悪な条件でも、言い訳せず、自分を高め続けている人は、オリジナリティや人間的魅力があるし、話も深みもあって面白いです。音声なので、精神の強さや情熱というものも伝わってくると思います。


僕のこのブログはジャンルで言えば、自己啓発や人間力向上ですが、読んでくださるあなたは、少なからず「現状を変えたい」「もっと成長したい」という意識がある方だと思います。


・勤めてはいるが将来に不安がある
・現在の収入に満足していない
・劣悪な条件にうんざりしている
・自分の価値の高め方が分からない
・ネットビジネスの可能性を知りたい


ということに当てはまる方であれば、和佐さんのパンチの効いた話を聞いてみることをおすすめします。


全く新しい視点で世の中を見ることができるようになるし、力強く生きていくためのヒントも得られると思います。僕の場合、周りに依存して甘えたり、苦手なことを避けていた自分が恥ずかしくなり、「自分は恵まれている。あれもやってみよう。これもやってみよう。」とどんどんチャレンジするようになりました。


※「ネットビジネスは自分には関係ない」と考える人もいますが、これからの個の時代では、ネットでお金を稼ぐ仕組みを知っておいた方が何かと便利です。また「ネットビジネスは怪しい」と認識されることがまだあるようですが、和佐さんのは手法はいたって健全です。自分にも、社会にも利益をもたらすし、成長もしていきます。月収数百万で精神的にも時間的にも自由なライフスタイルを実現したい人は和佐さんのメルマガを是非読んでみて読んでください。





天風哲学!積極or消極?単純にこれだけで人生が決まってしまう? [挑戦・試練・自助努力・継続]


『思考は人生を創る。積極か消極かというだけで、人生の幸福の宝庫が開かれるかどうかが決まってしまう。』

引用元:中村天風著「運命を拓く」



13394043_1639787626342515_1165123739877089066_n.jpg



人生の送り方として、自分ではない誰かが用意したものを体験していく場合と、自分の意志、自分の責任で行動を起こし、積極的に学びや感動を体験していく場合の2つがあると思います。
 

中村天風氏もそうですが、成功されている企業家、スポーツ選手、芸能人などは後者ですよね。消極的な人はいません。成功というものは自らの主体性と自助努力により創り出していくものだということです。
 

学校教育のように「誰かが教えてくれる」と考えていてはいつまでたっても学べない。常識にとらわれていても停滞を招くだけ。怠慢、依存、他責は論外。


人は積極的に生きるからこそ、出会いを大切に出来るし、学びや感動を生み出していけるのだと思います。そこで新しい自分を発見していくことで「究めたい」「人に伝えたい」と考えるようになるのだと思います。
 

消極よりも積極


当然と言えば当然ですが、こういう意識がとても大事だと思います。成功というものはこういう意識に基づいた日々の積み重ねの上に創り出されてくるものだと思います。


もうひとつ中村天風氏の言葉をシェアします。

『心が積極的であれば積極的なものを引きつけるし、消極的であれば消極的なものを引きつける。それにもかかわらず、凡人というものは、普通の人は、環境をやたらに呪い、運命をやたらに悲観することのみを人生の毎日にしている人は多くないか。そういう人間は、たとえどんなにお金ができようが、どんなに境遇がよくなろうが、どんなに自分が高まろうが本当の幸福は感じない。』

引用元:中村天風著「運命を拓く」





p.s.
「自分なんてだめ」と悩み消極的になってしまう人がいますが、これはもったいないと思います。なぜなら人間は変われるからです。人と出会い、学びあい、助け合い、高めあうことで、人は変わっていけるのです。行動できる体、学習できる頭、感動や楽しみを分かち合える心、これだけあれば十分に変われると思います。なのでとにかく行動だと思います。行動すれば何かしらの気づきがあるので何かしら変化するのです。悩む暇がないくらい行動することが悩みから脱却する方法のように思います。


挑戦しなければ失敗もないが、何も挑戦しなければ〇〇に失敗する [挑戦・試練・自助努力・継続]


最近は、これまで執着してきたものをどんどん捨てるようにしています。そしてこれまで避けてきたものや苦手なものに率先してチャレンジするようにしています。これは自分を変えたいからです。


今までの人生でしてきた経験と異なれば異なるほど、人生に新しい展開をもたらし、新しい自分を発見できると考えています。


本田宗一郎さんの言葉に「チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れよ。」というのがあるのですが、全くその通りだと思います。


チャレンジしなければ失敗もないので、楽に過ごせますが、この楽こそがやる気や生き甲斐を失わせ、人生を虚しくしてしまう原因となるのです。つまり、チャレンジしないと、人生に失敗するのです。


本田総一郎さんも含め、成功する人というのは、チャレンジする人だと思います。困難や失敗に対峙しても、前向きに対処していこうとするエネルギーに満ち溢れている人だと思います。


チャレンジして経験を積み重ねていくうちに、知恵、知識、人脈を得て、精神も人格も磨き上げられ、人間力を高めていくのです。


なのであれこれ言わずにチャレンジです。


「どの方法が正しいのか」「どの方法が最も効率がいいのか」というのは、あらかじめ分かるものではありません。「どれが自分に向いているのか」という判断も、様々な経験をしたからこそできるものです。失敗せずに成功することも不可能です。


頭で考えず、どんどんチャレンジしていきます。


仕事を楽しむために僕が意識している5つのこと [生産性・自己管理・時間・断捨離]


論語に
「これを知る者はこれを好む者に如かず。
これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。」
という言葉があります。


「あることを理解している人は、
それを好きな人にはかなわない。
あることを好きな人は、それを
楽しんでいる人にはかなわない。」
という意味です。


僕もそう思います。
仕事において、能力があるとか、
あらゆる分野に精通しているとかよりも、
「楽しくて仕方ない」という意識で取り組む
人の方が成果を出していると感じています。


日本には、
「嫌でも頑張ること」「苦しくても継続すること」
が美徳とされるところがありますが、
嫌で苦しいことは体が拒否反応を起こして、
それだけ効率が悪いし、
長続きもしないものだと思います。


ちなみに、楽しみながら仕事をすると、
β・エンドルフィンなどの快楽ホルモンが
分泌され、脳や体の血行が改善し、
生産性も免疫力も向上します。


一方、我慢しながらだと、
コーチゾールなどのストレスホルモンが
分泌され、血行が悪くなり、
生産性も免疫力も低下していきます。


また、仕事における疲労というものは、
労働時間や労力よりも、精神的ストレスに
よって生じる、という研究報告もあります。


なので楽しもうとする意識が
とても大事になってきますね。


ちなみに、
僕が意識しているのは下記の5つです。



支えてくれる人に感謝をすること。
自分ひとりでは仕事は成立しませんね。



職場に尊敬できる人や好きな人を作ること。
これは職場に行くことが楽しくなります。



上記とも関連しますが、一緒に働く人
の素敵なところを見つけるようにすること。



その日、すでに終えたタスクを
ノートに書きとめていくこと。
終えたものを視覚化することで、
脳が達成感を味わい、
ドーパミン(やる気ホルモン)が分泌されます。



「大変だがこの経験は今しかできない」
「学んだことはプライベートでも活かせる」
と成長できることを喜ぶ。


以上です。


「たったこれだけ?」と思われる方も
いらっしゃるかもわかりませんが、
僕はこれで十分に楽しんで
仕事ができるようになりました。


最初は、多少無理やりでも、
楽しもうとする意識で仕事をしていると、
徐々に、潜在意識が楽しくなる理由を
みつけてくれるんですよね。


何かのご参考になれば幸いです。


最善の未来へと進んでいくマインド!袖触れ合うも他生の縁! [ご縁・感謝・調和]


何をするにも、何を成すにも人と人との縁という、自分の力だけでは到達できないものによって支えられ、学び、楽しみ、感動がある。
 

あの人がいたからやる気になった!
あの人がいたから楽しかった!
あの人がいたから成功出来た!
あの人がいたからあの人に出会えた!
 

思い返せばたくさんある。


自分一人でここまで来れるわけがない。有難き良縁に巡り会えたからこそ今日の自分がある。


袖振れ合うも他生の縁」という言葉があるように、ご縁というものには目に見えない偉大な力が働いているのではないでしょうか。だとすれば、日々のご縁を大切にすることで、我々は最善の未来へと導かれていくのではないでしょうか。


人と人との縁をつなぐもの、それは相手を敬い思いやること、お役にたとうとすることです。


一期一会の人生です。不平不満や奪い合いなど、つまらないことはやめご縁をいかし輝く未来を創造していきましょう ^^


脳力サポート