So-net無料ブログ作成

論語の名言をシェア!君子の逆境に立ち向かう姿とは? [挑戦・試練・自助努力・継続]


『君子(学識や人徳のある人)も窮する(逆境に苦しむ)ことはある。ただ、窮したからといって道にはずれることをしない。これに反して小人(つまらない人)は、窮すれば自暴自棄になり、道からはずれた行いをする。』

引用元:論語



逆境時というのは人間の真価が問われます。取り乱すことなく、勇敢に立ち向かい、自分の成長に転じていけるか、ということです。
 

責任転嫁、現実逃避、損得勘定などの後ろ向きの考えを抱いてしまうと、人は卑屈になり、本来の力を十分に発揮することができなくなるし、周囲の協力を得ることもできません。
 

何があっても、
「自分の人生は自分の責任」
「自分の力と自分の選んだ道を信じる」
「逆境は可能性を広げるチャンス」
 

このような気持ちで逆境に挑めば、乗り越える過程でたくさんのスキルや教訓を習得できるし、これまで見えなかった世界が見えるようになるのだと思います。
 

取り乱さない秘訣は、どんなことも学びに転換しようとすること、どんなことにも感動を覚えようとすることだと僕は考えています。


United_Kingdom_Gardens.jpg



中国古典の「易経」には「窮すれば即ち変ず、変ずれば即ち通ず」という言葉があります。


「情勢が行き詰まってどうにもならなくなると、変化が起きる。変化が起きれば、行き詰まりを打破する道が自ずと開かれる」という意味です。


逆境の時でも、取り乱したり卑屈になったりすることなく、勇敢に立ち向かえばよいのです。いやむしろ変化を楽しむくらいの余裕をもった方がいいのかもしれません。


[関連記事]
苦難の時、いつも心掛けている7つのマインドセット


タグ:論語 試練
脳力サポート