So-net無料ブログ作成
検索選択

バカを発揮していく生き方!ジョブズが伝えたかったこととは? [挑戦・試練・自助努力・継続]


『自分が死と隣り合わせであることを絶えず意識すること。これは私が人生で大きな決断をするときに最も大事な手がかりだった。周囲からの期待、プライド、屈辱や失敗に対する恐怖、こういったものの全ては、死に直面すれば何でもないこと。自分もいつか死ぬことを考えれば、何かを失ってしまうのではないかという思考に陥ることもない。あなたたちは素っ裸なんだ。自分の思いのままに生きていけない理由などない。』

引用元:スタンフォード大学卒業式(2005年)におけるスティーブ・ジョブズのスピーチ



スティーブ・ジョブズ.jpeg



ジョブズが伝えたいのは「死ぬ前に後悔するような生き方はしないで欲しい」ということだと思います。無為に過ごしたり、出来ない理由を考えたり、あれこれ迷ったりするのではなく、どんどんチャレンジして欲しいのだと思います。


僕は「死について考えることは、生について考えることと同じ」と捉えています。「死ぬまでに、自分の何を磨き、何を為し、何を遺していくのか」というテーマについて自分なりのイメージがなければ有意義な生き方もできないと思うのです。


「失敗したらどうしよう・・・」「批判されたらどうしよう・・・」などと考えていても、何も変わらないし、時間も過ぎていきます。積極的にバカになってチャレンジしていくのです。ジョブズの言葉でいえば「Stay hungry、Stay foolish」です。


失敗しても、批判されても、笑われても、先が見えなくて落ち込んでも、そのたびに立ち上がってきた人って絶対強いですよね。そういう人が成功しないわけないと僕は思います。もちろん、死ぬ前に後悔するようなこともないと思います。


失うものを考えても、だらだらと過ごしていても、何もいいことはありません。


どれだけチャレンジしたか、どれだけ潜在能力を引き出せたか、どれだけ世の中のお役に立てたか、どれだけ支えてくれる人に感謝したか、これが意義ある命の使い方だと思います。


p.s.
こちらもあわせてお読みください。
後悔ない人生を歩みたい人は読むべき「死ぬときに後悔すること25」


脳力サポート