So-net無料ブログ作成
検索選択

幸せは自分次第!「幸せだから感謝」ではなく「感謝するから幸せ」 [ご縁・感謝・調和]


人は一人では生きていけないものです。太陽、水、食料などの自然界の恵み、家族や職場の仲間、そして社会など、あらゆるものに支えられているからこそ生きていけるのです。


「いい事ないかな」というような感覚で日々の生活を送ってしまうこともありますが、実はこの何気ない日常こそが幸せなのです。生きるということは感謝するということなのです。


花や空を眺めて「なんて自然は美しいのだろう」、食事をして「美味しいものを食べれて元気が出た」、職場の仲間と助け合って「今日もみんなのおかげで自分の仕事が進んだ」など、当然の事のようですが、こういう何事にも感謝していく前向きな心があってこそ、真に充実した日々を過ごせるのだと思います。


僕は、感謝すべきことを、ノートに書くようにしています。書けば書くほどに豊かになっていく感覚があります。幸せだから感謝するのではなく、感謝するから幸せなのかな。


幸せというものは状況で決まるものではなく、心の在り方で決まるものだと思います。状況によって自分の幸せが決まるのであれば、状況によって不幸にもなるということになってしまいます。


不平不満を言っても自分が辛くなるだけです。生きるということは「感謝すべきことに気づいていくこと」と捉えて、意義ある生を送っていきたいですね。


感謝の気持ちを言葉で伝えたり、恩に報いていくことも大事だと思います。自分だけでなく、周りの人たちの豊かで幸せになっていくと思います。


[関連記事]
最善の未来へと進んでいくマインド!袖触れ合うも他生の縁!
ネガティブから簡単に卒業!ありがとう日記の効果!
満たされないと感じる方へ!ありがとう日記の効果を知ってほしい!


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


バカを発揮していく生き方!ジョブズが伝えたかったこととは? [挑戦・試練・自助努力・継続]


『自分が死と隣り合わせであることを絶えず意識すること。これは私が人生で大きな決断をするときに最も大事な手がかりだった。周囲からの期待、プライド、屈辱や失敗に対する恐怖、こういったものの全ては、死に直面すれば何でもないこと。自分もいつか死ぬことを考えれば、何かを失ってしまうのではないかという思考に陥ることもない。あなたたちは素っ裸なんだ。自分の思いのままに生きていけない理由などない。』

引用元:スタンフォード大学卒業式におけるスティーブ・ジョブズのスピーチ



ジョブズが伝えたいのは「死ぬ前に後悔するような生き方はしないで欲しい」ということだと思います。無為に過ごしたり、出来ない理由を考えたり、あれこれ迷ったりするのではなく、どんどんチャレンジして欲しいのだと思います。


僕は「死について考えることは、生について考えることと同じ」と捉えています。「死ぬまでに、自分の何を磨き、何を為し、何を遺していくのか」というテーマについて自分なりのイメージがなければ有意義な生き方もできないと思うのです。


「失敗したらどうしよう・・・」「批判されたらどうしよう・・・」などと考えていても、何も変わらないし、時間も過ぎていきます。積極的にバカになってチャレンジしていくのです。ジョブズの言葉でいえば「Stay hungry、Stay foolish」です。


失敗しても、批判されても、笑われても、先が見えなくて落ち込んでも、そのたびに立ち上がってきた人って絶対強いですよね。そういう人が成功しないわけないと僕は思います。もちろん、死ぬ前に後悔するようなこともないと思います。


失うものを考えても、だらだらと過ごしていても、何もいいことはありません。


どれだけチャレンジしたか、どれだけ潜在能力を引き出せたか、どれだけ世の中のお役に立てたか、どれだけ支えてくれる人に感謝したか、これが意義ある命の使い方だと思います。


スティーブ・ジョブズ.jpeg


[関連記事]
後悔ない人生を歩みたい人は読むべき「死ぬときに後悔すること25」
こんなに素晴らしい名言が!行動力がつく4つの名言!
出来ない理由を探してしまう人はこれを読んでから


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


仕事が楽しくなるマインドセット-「仕事の報酬は〇〇」 [ビジネス・金運]


『仕事の報酬は仕事だ。それが一番うれしい。』 -井深大-



我々は、同僚や取引先の方々とご縁があって出会い、そのつながりに支えられながら進歩していくものです。


失敗や試練を乗り越えていくことで行動や発想の範囲が広がります!!
周りと学びあい、助け合うことで、豊かな人間関係が生まれます!!
お客様に喜ばれれば、自分も感動し、やる気もアップします!!


「仕事の報酬は仕事」なのです。


ビル群.jpg


おまけに給料までもらえる。この認識に立てば、周囲に感謝する気持ち、謙虚に学ぶ気持ち、自分を成長させていく意欲も生まれやすいと思います。


給料ももちろん大事ですが、そこだけを目的にするのは損だと思います。目先の利益やエゴが優先され、心に余裕がなくなるし、自助努力や利他心を喪失させ、やりがいを見出せなくなる原因にもなると思います。


仕事をするということは、自分の能力を磨き、その価値を発揮していくということなので、本来幸せなことだと思います。言い方を変えれば使命感を持てるということ。周りを活かすことが自分を活かすことにつながるということ。


これからも、ご縁を頂けること、成長していけることに感謝して、謙虚な気持ちで精進していきます ^^


p.s.
「仕事の報酬は仕事」という見方をしていれば、仮にお金を失ってもひどく落ち込むことはないと思います。お金はなくなっても、自分の成長や社会に提供した価値については何も変わらないからです。「仕事の報酬はお金だけ」という見方は、お金で買えない価値を見逃してしまうんですよね。


[関連記事]
能力だけではない!仕事の結果=考え方×熱意×能力!
これも使命を知る方法!使命に生きた方が楽しい!
これは納得!ドラッカーの働き方について考えさせてくれる言葉!


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


松下幸之助の名言をシェア!成功する人に共通するご縁の見方! [ご縁・感謝・調和]


僕の思う成功する人の共通点...それは、ご縁には目に見えない偉大な力が働いているととらえ、出合えたことに喜び、感謝し、その人を大切に扱うということ。逆に言えば、出合う人たちに好かれ慕われ、協力してもらえるから成功するのかもしれません。


僕が深く感銘を受けた松下幸之助さんの言葉をシェアします!!

『縁あって ―――お互いに、縁あってこの世に生まれてきた。そして、縁あっていろいろの人とつながりを持っている。人と人とのつながりというものは、とかく人間の個人的な意志でできたと思いやすいもので、だからまたこのつながりは、自分一人の考えで、いつでも断てるかのように無造作に考えやすい。だが本当はそうでない。人と人とのつながりには、実は人間のいわゆる個人的な意志や希望を超えた、1つの深い縁の力が働いているのである。男女の縁もまた同じ。そうとすれば、お互いにこの世における人と人とのつながりを、もう少し大事にしてみたい。もう少しありがたく考えたい。不平や不満で心を暗くする前に、縁のあったことを謙虚に喜びあい、その喜びの心で、誠意と熱意をもって、お互いのつながりをさらに強めてゆきたい。そこから、暗黒をも光明に変えるぐらいの、力強い働きが生まれてくるであろう。』

引用元:松下幸之助著「道をひらく」



道をひらくシリーズ.jpg


「道をひらく」は松下幸之助さんの本の中でも特にお世話になっている本です。約10年前(学生だった頃)から何度も読み返しています。この本に出会えなかったらろくでもない人間だったように思います。レビューはこちらに書いてあります。
>> 松下幸之助著「道をひらく」は僕が人生で一番お世話になっている本


p.s.
(上記内容と全然関係ないのですが、) 「ブログで発信している考え方や物の見方はどこかで学ばれたのですか? オリジナルですか?」というご質問をたまにいただきます。主に中国古典から影響を受けています。松下幸之助氏、安岡正篤氏、仏教、コヴィー氏の7つの習慣などからも影響を受けていますが、中国古典がメインです。また、現代型の成功論や生き方については川島和正氏、和佐大輔氏から影響を受けています。もちろん、模倣するだけでは成長や新規性がないので、独自の解釈や経験に基づいたものを織り混ぜて発信するようにしています。これについてはまた詳しく書こうと思います。


[関連記事]
貴重な一期一会の機会を生かすマインド!出会いは奇跡!
仏教の縁起思想に対する独自の解釈!この何気ない日々こそが奇跡!
松下幸之助著「続・道をひらく」より!心のぬくもりを取り戻したい!


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


捨てれば入ってくる!禁煙して失ったものと得られたもの! [健康・体質改善・気分転換]


開運法のひとつに「執着を捨てる」というものがあります。


この世のあらゆるものは変化し続けます。諸行無常、万物流転です。人の姿や考え方であれ、社会の仕組みであれ、時代の流行や価値観であれ、永遠にそのままということはありません。大気・水・血液などの自然界のエネルギーも常に循環しています。なので同じものにずっと執着していると、この世を支配する法則に逆行するんですよね。


僕もこれまでいろいろなものを捨ててきました。テレビ、冷暖房、肉、砂糖、タバコ、プライド、ペルソナ、肩書、人間関係など。


今回はタバコについて書こうと思います。


2年前の夏、思うところがあり、自分を変えようと決意し、ある目標を定めました。その時、少しでも時間やお金を捻出したいがためにタバコをやめました。辛く苦しい禁断症状も乗り越えました。


weloveshibuya.jpg


禁煙により得られたものリスト
・時間
・お金
・集中力
・発想力
・フットワークの軽さ
・食事が美味しい
・熟睡感
・環境を汚さない
・健康リスクの回避
・タバコや喫煙場所がなくてもイライラしない
・「タバコ値上げ」という言葉に動揺しない
など、たくさんのものが得られました。


一方で、
禁煙により失ったものリスト
・喫煙後のなんとなくの満足感
・喫煙所のコミュニケーション


、、、上記以外思いつきません。10年以上タバコを吸っていたのに、あれだけ執着していたのに、これ以外失ったものが思いつかないのです。自分でもびっくりするくらい思いつかないのです。


ここで僕が伝えたいことは、人は本来こだわる必要のないものにこだわってしまうということ、執着していると本質的なものが見えなくなるということ、何かを捨てればと別のものが入ってくるということです。


僕の説明はちょっと分かりにくかったかもしれませんが、運気や断捨離に関心がある人には共感してもらえるのはないかと勝手に思っています。


このブログで何度も発信していますが、物事がうまく進まない時や、自分を変えたい時は、まず何かを「捨てる」ことだと思います。


[関連記事]
お金のかからない独自の禁煙方法!自分の内面と向き合う!
僕はこの方法で禁煙しました!自分に答えを求めた方が成功しやすい!
こんなにも無駄が!断捨離に興味がある人必見!


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


これからは個の時代!和佐さんから自分の価値の高め方を学ぼう! [ビジネス・金運]


今、組織の時代から個の時代へと移行しています。これから会社がなくなっていく、ということが至る所で言われています。


個の時代では、当然ながら、自分の価値を高めていかなければなりません。会社の看板や周りの人に依存していてもいずれ自分が苦しむことになります。個の時代で、永続的に価値を創造していくためには自助努力やオリジナリティ、個人ブランディングが必要となってきます。


自分の価値を高めていくということについては、ネットビジネス界のカリスマ和佐大輔さんから学ぶようにしています。


過去記事「首から下が一生動かない...絶望から始まった億稼ぐ起業家の物語」にも書きましたが、和佐さんは体に障害(首から下が動かない)を抱えながらも、17歳という若さでネットビジネスで1億円を稼いだ方です。肉体的制限、物理的制限がありながらも「自分の力でどうやって稼いでいくか」「自分が社会に提供していける価値は何なのか」を真剣に考え、健常者でさえ難しい偉業を成しえたのです。


こちらのドキュメンタリー動画を見れば、和佐さんの雰囲気が伝わってくると思います。





今では「彼の手掛けるビジネスで成功しないものはない」「関わる人をどんどん成功に導いている」と言われるほどの存在です。


たいていの人は手動きますよね? 足動きますよね? 自分で箸をもって食事できるはずです。職場や家の中を自分の足で移動できるはずです。


和佐さんは、首から下が動かないので、割り箸を口にくわえてキーボードを叩いています。僕は試してみましたが難しいし疲れるので続きません。でも和佐さんは「稼がなくてはいけない」という気持ちでやっているわけです。健常者が言い訳することなんてできません。


和佐さんのお話しを聞いたらたいていの人が「出来ない理由」なんて考えなくなると思います。僕の場合「出来ない理由」を考えたり、それで時間を浪費していた自分が情けなくなりました。同時にどんな困難をも乗り越えてやる、といったやる気がみなぎってきました。


個の時代に移行していくのは不安もありますが、自分の個性や天分を磨くチャンスという見方もできます。苦難を避けていてはいつまでたっても成長しません。立ち止まっている暇もありません。「出来る理由」を考えながら行動していきます。


p.s.
和佐さんのメルマガはこちら
>> 和佐大輔物語・絶望篇&希望篇
>> 割り箸1本で10年連続1億稼ぎ続ける方法
>> RESET:本当に生きたかった人生を取り戻す方法
>> 凡人のためのBreak Rule 2016
>> 和佐大輔の1億稼ぐ最強のチーム論
すべて無料です。


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


松下名言!自分の仕事は人の助けなくして一日も進み得ない! [ご縁・感謝・調和]


『自分の仕事は、人の助けなくして、 一日も進み得ないのである。』 -松下幸之助-



全くのその通りですね。それぞれの部門でそれぞれ役割を果たしてくれる方々がいるからこそ、自分の仕事が成り立つわけです。自分ひとりで仕事は成り立ちません。感謝の気持ちなしに仕事をすることなどできません。


周りに感謝しながらいい仕事をしていくためには「全てが自分に関係のあるもの」「全てはつながりの中で分かち合うもの」という意識が大事だと僕は思います。


ジャンプするビジネスマン.jpg


具体的には、
・お互いの仕事をよく理解すること
・その努力に感謝し気持ちを伝えること
・情報を共有する仕組みを作ること
・行き詰ったときには互いに歩みより助け合うこと
・目標を達成したときには互いに喜びを分かちあうこと


こういう意識で仕事をすることにより、組織の調和が生まれ、発展もしやすくなるのだと思います。お客様からも好感をもたれやすいと思います。


現代は誰もが忙しく、ストレスも多いので、自分のことだけで精一杯になりがちですが、自分の都合だけを優先しても、冷えた組織が形成されていくだけです。


人生は出会う人達と創っていくもの。一人でも多くの人たちに良い影響を与えていこうとする意識が、組織のためであり、自分のためでもあると思います。


[関連記事]
仕事が楽しくなるマインドセット-「仕事の報酬は〇〇」
謙虚で温厚な鍵山秀三郎氏でさえ怒ってしまう事態とは?
ブラック企業にはメリットがないと思う理由


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


良書だと言われている「夢をかなえるゾウ」が本当に良書だった [挑戦・試練・自助努力・継続]


書籍レビュー


 
自己啓発の分野ではとても有名な本です。
 

2人の登場人物が対話しながら進んでいくという自己啓発本としては珍しい形式。
 

ある日突然、ダメダメなサラリーマンの前に、「ガネーシャ」という像の姿をした神様が現れ、なぜか上から目線で、ギャグを言ったり、ちょっかいを出したりしながら成功法則を教えていくというストーリーとなっています。
 

ここに出てくる成功法則というのは、世の自己啓発本や成功哲学本によく出てくるものを網羅的に扱っています。
 

2人の掛け合いに、笑いや怒りがあったり、偉人たちのサイドストーリーがあったり、意外と深いことも言っていたり、楽しく読み進めていけます。
 

主人公が試行錯誤しながら成長していく姿や、ガネーシャとの絆が深まっていく姿も見どころです。
 

全体的にユーモア満載の本ですが、たまに感動的な部分があり、そこが筆者が強調して言いたいところなのかな、という印象を受けました。
 

自己啓発の世界では、「いくら本を読んでも、大抵の人は行動しないから成功もしない」と言われることがありますが、この本は、軽快なタッチで楽しく読み進めていけるし、主人公の成長と重ねることでイメージも湧くので、行動しようとする気持ちが生まれやすいと思います。(人は理屈よりも、感情で動くものです。)


最後は泣けます。




[関連記事]
奇跡のリンゴ!自分の苦労なんて大したことないと思える本!
後悔ない人生を歩みたい人は読むべき「死ぬときに後悔すること25」
これを知らないと本当に損します!目標は紙に書くと実現する!


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


なぜ豊かさが人を不幸にするのか?なぜ欲望が人を苦しめるのか? [反省・改善・自分の責任]


『一切の不幸せは、貧しさや不足から生じるのではない。あり余る所から生ずるのだ。』 -トルストイ-



現代人は豊かさゆえに欲望が暴走し、それが自らの不幸を招いているように思います。


人間というのは、欲望が暴走してしまうと意識が外側に向いてしまい、内省しなくなるのです。「なんか足りない」「もっと欲しい」という考えに支配されて、次第に自分の都合でしか物事を考えなくなっていくのです。


桜.jpg


これは自他ともに不幸になりますね。周りに支えらていることに気づけなくなるし、相手の立場になって考えるということも出来なくなります。度を越してしまえば、すでにある恩恵を壊してしまう場合もあると思います。なぜ壊れたのかも分からないまま。


トルストイが伝えたいことは「人間は自分の欲望に苦しむ」ということだと僕は解釈しています。


お金、物、地位など、欲望を刺激されやすい現代、安易に欲望に振り回されるのではなく、自分を顧みる時間を持ちたいものです。「自分はどれだけの恩恵を与えてもらっているのか」「自分の都合を優先していないか」とよく考えたいです。


物を作ったり、植物を育てたりする場合は、いろいろ手間や時間かかったり、苦労もするものですが、心を豊かにするには、一瞬の悟りさえあれば一気に変わるものだと思います。


僕は、感謝の気持ちを忘れないようにと、毎晩「ありがとう日記」を書くようにしています。


その日の出来事を振り返り、その中で感謝すべきことを、10個くらいピックアップしてノートに書きとめるのです。


これを習慣にして以来、様々な恩恵の中で生活をしていることを思い知るようになり、欲望からは解放されました。イライラしたりクヨクヨすることもなくなりました。


[関連記事]
欲に苦しむ人はこれを読んで!足るを知ればみんなで幸せになれる!
小林正観氏の言うパラダイスとは?ユートピアとは?
満たされないと感じる方へ!ありがとう日記の効果を知ってほしい!


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


物事は見方次第!現状に苦しむ人はRASの働きを理解して! [反省・改善・自分の責任]


『マイナスをプラスに変える発想を---自分に苦手なことがある、不利な条件がある。だからといって何もしない、できないというのでは少しの進歩も望めない。物事にはさまざまな見方がある。表から見ていたものを裏に回って見たならば、あるいはまったく新しい世界が開けるかもしれないのである。工夫を重ね、マイナスをプラスに変える妙味を味わいたい。』

引用元:PHP研究所ー松下幸之助 成功 日めくり



生きていれば、試練や矛盾と対峙したり、何かにとらわれ悩み苦しむこともありますが、それでも、見方を変えながら、前向きに取り組んでいく姿勢を持つことが精神の強さであり、人間を豊かにしていくように思います。


「見方を変える」ということについて考える場合、脳の神経系にあるRAS(網様体賦活系)の働きを理解すると便利です。これは、五感から得られたたくさんの情報の中から、意識しているものだけを選び、脳に認識させようとするフィルターのことです。

 
具体例を3つあげると、
例1)新しく自分の車を購入したら、同じ車種の車ばかりが町で目につくようになる。
例2)歯が痛くなってきた途端に、ネットや広告などで歯医者に関する情報ばかりが目につくようになる。
例3)問題と対峙したとき、難しいと感じてしまうと、脳は勝手にできない理由ばかりを探してしまう。


つまり意識していない情報は、RASが勝手に遮断しているわけですが、逆に言えば、常識を疑ったり、思い込みや偏りを是正したり、欲望や損得勘定を手放せば、このフィルターが変わることになり、それまで認識できなかった新しい情報が脳に入ってくることになります。 
 

どんな物事も多面的であり、見方次第です。行き詰まりを回避するためには、様々な角度や発想から物事を見ていきたいですね ^^


p.s.
今回は「松下幸之助 成功 日めくり」の言葉をシェアしました。これは有料アプリですが、こちらのFacebookページで無料で見れます。
>> Facebookページ-松下幸之助『道をひらく』


p.p.s.
物の見方を養う場合、松下幸之助さんの書籍「物の見方・考え方」がおすすめです。レビューはこちらに書いてあります。
>> 経営の神様!松下氏の物の見方を学びたいならこの本!


[関連記事]
ピンチはチャンス!復旧・復興のためにはこの見方!
孫子の兵法より!利益と損失の両面から考えましょう!
松下名言をシェア!運命を受容すれば余計なことを考えずに済む!


★ブログランキングに参加しています!!
 クリックしていただけると嬉しいです ^^
 ↓↓↓↓

自己啓発 ブログランキングへ


脳力サポート