So-net無料ブログ作成

冷えは万病のもと!なぜ現代人は冷えやすいのか? [健康・体質改善・気分転換]


健康にとても関心があり、これまであらゆる理論や方法を調べ、人体実験を重ねてきました。僕が特に関心をもっているのは、体の冷えと健康の関係についてです。


現代は誰もが冷えやすい環境で生活しているため、体温が下がっているんですよね。(50年前の日本人の平均体温は36.9℃あったが、現在は現在は36.1~3℃。)


冷えとりや温活を専門とする先生方(進藤義晴先生、石原結實先生、川嶋朗先生、安保徹先生など)は現代人の低体温があらゆる心身の不調や社会問題を引き起こしていると警笛を鳴らしています。


冷えやすいというのは、


◆運動不足・筋肉不足:筋肉の収縮や弛緩が十分に行われず、血行が悪くなる。
◆ストレス社会:ストレスがかかると、アドレナリンやノルアドレナリンなどの緊張ホルモンが分泌され血行が悪くなる。
◆飽食:食べ過ぎると、消化吸収に血液が使われてしまうため、筋肉の血行が悪くなる。
◆冷暖房依存:冷暖房に頼ることで本来備えている体温調節機能が低下する。
◆社会毒:食品添加物、農薬、化学薬剤など不自然な物質は体内で代謝されにくいので血行が悪くなる。
◆冷たい食べ物・飲み物:そのまま内臓が冷える。


などです。


実は、これは医療利権にも通じるのですが、現代主流の西洋医学は冷えを病気として扱わないんですよね。だから現代人は知らず知らずに冷えていくし、体調も悪くなっていくのです。


かつての僕は「冷えなんて自分には関係ない」と考えていましたが、冷えとりや温活に関する本を読んでから、いろいろと気づきがありました。


それ以来、体を温めるために、半身浴、靴下の重ね履き、陽性食品の摂取、筋トレなどを取り入れるようにしましたが、劇的に体調が改善しました。


例えば、

・スタミナや筋力が強化された
・熟睡できるようになった
・冷暖房依存から脱却した
・体に悪い食べ物を自然と避けるようになった
・頭の回転が速くなった
・思考がポジティブになった

など


以前から鍼灸、整体、ヨガなどに取り組んでいたのですが、それらのどんな療法よりも劇的な効果をもたらしてくれました。


冷えは万病のもと


現代人の体は知らず知らずに冷えています。病院に行っても治らない体調不良は冷えが原因かもしれません。


脳力サポート