So-net無料ブログ作成

7つの習慣!成功に必須だが忘れがちなものとは? [挑戦・試練・自助努力・継続]


『「原則」を忘れ、テクニックだけに集中することは、学校で詰め込み式の勉強繰り返し、中身を丸暗記しようとするようなものである。その場かぎりであれば、何とかやっていけるかもしれない。ときには、良い成績を取ることもあるだろう。しかし、日々勉強を積み重ねるというしかるべきプロセスを怠れば、真の意味で学習課題をマスターすることはできないし「教養ある人間」になることもない。』

引用元: スティーヴン・R・コヴィー著「7つの習慣」



最近は苦労せず結果を出したいために、表面的なテクニックばかりが往行しているように思います。


例えば、

・射幸心をあおっているだけのゲームやギャンブル
・人の気をひくための美容整形
・番組の視聴率をアップさせるためのやらせ
・他人の成果をコピペしてレポートとして提出する大学生

など


結果さえ出ればそれでよいと考え「日々勉強を積み重ねる」というプロセスを怠れば、潜在能力も個性も引き出せませんね。学びの真価がわからないし、自分に自信がつくこともないと思います。


引き寄せの法則で言えば「自分の力では結果を出せない」という意識が潜在意識に刷り込まれるため真の成功からは遠ざかります。


書籍「7つの習慣」にもよく書かれていますが、真の成功は原則(人間の普遍的真理、自然界の法則など)ありきだと思います。


具体的には、勇気、主体性、勤勉、自助努力、内省、忍耐、誠実、節制など、これら原則に基づき行動して結果を出せれば、自分に自信がついてくるし、成功体験として周りに伝えていくこともできるのです。


誤魔化しや堕落などは永続的な成功をもたらしません。永続的な成功を治めている経営者やスポーツ選手などを見ればわかるはずです。


僕も原則に基づき、精進していきます。


Winter_Little_girls_Snow.jpg


p.s.
今回はスティーブ・R・コヴィー氏の書籍「7つの習慣」の言葉をシェアしました。コヴィー氏は世界的に高い評価を受ける経営コンサルタントで、この「7つの習慣」は企業研修でもよく使われる有名な成功哲学本です。成功に関する文献を調査、分析、整理し導かれた普遍的な原則を「7つの習慣」として体系化し、経済的にも精神的にも成功をおさめていくための生き方を提言されています。テクニックではなく、原則に沿った生き方の大切さについて考えさせてくれます。


タグ:7つの習慣
脳力サポート