So-net無料ブログ作成
検索選択

体質改善に取り組むことで体に悪いコンビニ食はやめられました [健康・体質改善・気分転換]


コンビニにはもう行かなくなりました。


かつては弁当、惣菜、インスタントラーメン、スイーツ、炭酸飲料などを買っていたのですが、今はもう食べたいと思いません。


自然療法・民間療法などによる体質改善で、本能を取り戻せたのか、感性や味覚ががらっと変わり、上記のようなものは体が受け付けなくなったのです。


商品の裏表示などを見ればわかることですが、コンビニに売っているものは、化学調味料、人工甘味料、香料、着色料など不自然なものがたくさん入っているんですよね。


みんなその不自然なものに食欲などを刺激されてしまうのです。麻薬と同じで、脳の報酬系が毒され中毒を起こし「やめられないとまらない」になってしまうのです。


コンビニや食品添加物に限ったことではないですが、今は不自然なものばかりが流通して本物を探す方が難しくなってきていますね。偽物を本物だと思い込んでいる場合、また世代によっては本物を知らずに育ってしまう場合もあると思います。


怖いですよね。


本物と偽物を見分ける方法は複数あると思いますが、体の声を聞くことが(原始的だが)本質的な方法だと思います。つまり本能に従うということ。またそのために偽物に毒された状態から本能を取り戻すということ。(我々の常識や生活習慣というものが変わっても、悠久の歴史で刻まれてきたDNAは、そう簡単に変わるものではないと思います。)


本物と偽物を見分ける力がなければ、社会から本物が減り続けます。欲望を刺激されて偽物で満たそうとすれば無駄な消費が増えていくし、子供たちに本物を継承できなくなります。


自分の経験から得た知恵や教訓を周りに伝えていこうと思います。


和定食.png


p.s.
かつては理由もなくなんとなくコンビニに寄ってしまうこともありました。今思えば時間とお金の無駄。余計なものに執着すると、本質的なものに集中できなくなりますね。そういう意味で今は楽です。選択肢の多い現代は捨てていく発想が大事だと思います。


脳力サポート