So-net無料ブログ作成
検索選択

対応の悪いバス運転手を見て「それ自分に跳ね返るよね」と思った話 [引き寄せの法則・鏡の法則・潜在意識]


『投げかけたものが返ってくる。投げかけなければ返らない。愛すれば愛される。愛さなければ愛されない。嫌えば嫌われる。嫌わなければ嫌われない。』 ―小林正観―



人は鏡ということですね。


かつて住んでいた地域に、「対応が悪い」と有名なバスの運転手さんがいました。いつも不機嫌な顔、質問にちゃんと答えない、運転が雑など、


バス.jpg



「上司が見ていないから」「どう対応しようが給料が変わらないから」と考えて、あのような態度をとるのかなと勝手に解釈していました。(これは自分にもそういうところがあって、それを運転者さんに投影したのかもしれません。)


これは、自分より立場が下の人や、利害関係のない人に横柄な態度をとってしまう人にも通じるのですが、結局自分が損をするんですよね。


態度が悪ければ、お客さんの気分も不快になり、必然的に運転手さんに対する態度も悪くなっていくので、運転手さんは余計に仕事がつまらなくなっていきます。


お客様が離れていくし、現状を改善して仕事を楽しくするような情報も入ってきません。


そして、そういう雰囲気が地域だけでなく、上司にも伝わるような気がします。同乗しないからこそ、そういうところにアンテナを立てるし、それが真の人事評価として影響してくるのです。


つまり、自分がしたことは自分に返ってくるということ。


逆に、お客さんに元気な挨拶をしたり、丁寧なサービスをしていれば、周りからの評判がよくなって、素敵な人や有益な情報が集まるようになり、仕事が楽しくなっていくものだと思います。


人は鏡なので、これも自分にとっての学びだと思います。小林正観さんの言葉を肝に銘じます。


※目に見える世界の現象として説明しましたが、目に見えない世界でも多分同様で全て返ってくるんです。目に見えない世界の必然は目に見える世界で偶然の如く現象化する、ということです。


脳力サポート