So-net無料ブログ作成
検索選択

天は自ら助くる者を助く!スマイルズ著「自助論」のレビュー! [挑戦・試練・自助努力・継続]


書籍レビュー




英国の著述家、サミュエル・スマイルズが書いた古典的名著「自助論」の現代語訳です。世間に広く知られている「天は自ら助くる者を助く」という言葉はこの本の序文にある言葉です。


成功するためには、才能や環境とかよりも、継続的な努力と優れた人格を形成してくことが何よりも大事であるということを、偉人達の言葉やエピソードを交えながら説明しています。


労力や時間を抑えて最大の結果という効率性や、表面的なノウハウやテクニックなどが重要視されてしまう現代、学ぶべきところはたくさんあると思います。


自分を律し、人のせいにせず、時間も無駄にせず、コツコツと継続していくことが努力の本質であり、成果もでやすく、結果的に人生を豊かにするということを教えてくれます。つまり「努力に勝る天才なし」ということ。いつの時代も原理原則は変わりません。


目標に向かって努力している人が読めばモチベーションの向上に、なんとなく過ごしてしまっている人が読めば自分を変えたくなるようなきっかけが得られると思います。


僕の場合、成功者の考え方やパターンを自分と照らし合わせることで、自分の弱点や認識の甘さに気づけたし、努力を積み重ねていくためのマインドや習慣の作り方についてもたくさんのヒントをもらいました。


自分の可能性に挑戦していきます!!




脳力サポート