So-net無料ブログ作成
検索選択

西郷隆盛の名言をシェア!利己と利他のバランスをとる意識が大事! [ご縁・感謝・調和]


『己を尽くして人を咎めず。我が誠の足らざるを常にたずぬるべし。我を愛する心を以って人を愛せ。自己を許すが如く人を許せ。人を責めるが如く自己を責めよ。』

引用元:西郷隆盛著「南洲翁遺訓」



人は誰しも自分が一番可愛く、自分の思い込みや利益で生きているものです。たいていの人は、利他よりも利己を優先しているのではないでしょうか。


しかし、人は一人では生きてはいけない。つまり人生というものはみんなで生きていくもの。周りの方々に支えられて、自分があることを考えれば利己ばかりを優先していくことも避けたいですね。


上記の西郷隆盛さんの言葉に「自己を許すが如く人を許せ。人を責めるが如く自己を責めよ。」とありますが、自分のことを他人のことのように、他人のことを自分のことのように考え、利己と利他のバランスを取るような意識があれば、お互いの心が通いやすくなり、自他ともに幸せに生きていけると思います。


例えば、相手の話を聞くようにしていれば、相手も話を聞いてくれるようになるし、また、自分の間違いを見直すような人には、周りもその人のことをを見直すし、自分も見直さなければ、という気持ちになるものです。


人は一人で生きていくことは出来ないのに、一番面倒なのが人間関係。利己を優先したい、と願うのが人間かもしれませんが、それは結局自分が苦しみます。なぜなら自分にエゴがあるように、相手にもエゴがあるからです。不思議なもので、相手の思い通りにしようとすればうまくいくのです。


脳力サポート