So-net無料ブログ作成
検索選択

やる気が出ない時はこういう見方も大事!感謝は人を強くします! [ご縁・感謝・調和]


この1年、プライベートもなく課題に専念しています。失敗ばかりだし、プレッシャーもありますが、目標もなくだらだら過ごすよりは充実しています。


辛くて苦しいときは、家族、友人、恩師など、支えてくれる人たちに感謝の気持ちをもつようにしています。「この人たちがいなければ、今の自分はない」と考えることで、喜びや恩報のパワーを引き出し、苦難に立ち向かう原動力にするのです。
 

こういう見方は、苦しみをやりがいに、疲れを清々しいものにしてくれるし、苦難から得らえたものが、周りの人たちにも活かされていくように思います。


かつて、体が思うように動かなかった時期があります。自分のことだけでなく、周りのことも考えなくてはいけない立場でありながら、「自分のことさえまともにできないのか、、」と落ち込んでいました。


これを思えば、苦難に立ち向かえる体があるだけ有難いのです。死にかけてみて健康の有難さを知りました。健康を取り戻すことで働けることの素晴らしさを知りました。


僕は絶対に諦めません。これまでの自分に決定的に足りなかったものが、この苦難を乗り越えた先にあるような気がしています。


どんな明日が待っているんだろう.jpeg


p.s.
これまでの人生、苦難に対峙して「ここまでか、、、」という気持ちになっても、諦めずに何度も立ち上がってきたつもりです。それを乗り越えて今の自分があることを考えると苦難も必要だったように思います。恵まれた環境で自分を鍛えるなんてできません。


タグ:禁欲生活
脳力サポート